Shift_empathy
d0055469_11242727.jpg日産の試乗イベントに顔を出したら「共感力」(Empathy)という言葉を聞いた。これ、仕事はもとより、日常生活でも重要なキーワードだぞ! 画像の書籍もあるみたい(未読。イメージとしてお借りしました)。

要するに、他人の気持ちに共感することで、そのウォンツ、ニーズを汲み取ってコミュニケートする能力、ってことになんのかな。読んで字のごとし。他者と接する時に共感できているかいないか、これでその関係性は大きく変わります、と。

日産人事部では「共感」をキーワードにした人材育成に注目し始めてるんですと。簡単な共感力テスト(国語のテストみたいだったけど)をさせてもらいましたが、やっぱり人の気持ちを察する事ができるか、みたいな内容。主観、先入観、偏見を排除して相手の意見を尊重する事。人間関係の超基礎だね。ちなみに脳科学的にいうと、言葉を理解する場所と言葉を作る場所は同じらしく、相手の言う事を理解できる→上手にリアクションできる=共感力がある、ってことになるらしい。

なんせオレ、人に会って話聞くのが大きい部分を占める商売。芸能人も業界人も一般人も初対面だらけだし、その性格は当然、千差万別。その日どんなテンションなのかはわからない。そんな方々とよりよいコミュニケーションを取るために。意識してるのは、いかに相手が喋りやすい環境を作るか。どうやって気持ちよく口を開かせるか。質問の仕方、口調、表情、リズム、言葉と合わせる動作、話題の流れ・展開、ジョーク、ツッコミ、その他イロイロ。どうやらそれは「共感力」と密接に結びついてたのかも。

改めて考えさせられた「共感力」。もう一度自分を見直すうえでいい勉強させてもろたわ!
[PR]
by april_foop | 2006-08-04 00:00 | 生業
<< 感想/マッチポイント(試写) 感想/狩人と犬,最後の旅(試写) >>