タグ:日本映画 ( 162 ) タグの人気記事
感想/銀色のシーズン(試写)
d0055469_17563525.jpg雪山熱上昇は約束できます。『銀色のシーズン』1月12日公開。桃山町のゲレンデの何でも屋、銀、佑治、次郎の3人。コース外滑走はもちろん、詐欺まがいの悪さまでやりたい放題の3人に目を瞑る町の面々。そんなある日、町おこしの一環として企画した雪上結婚式の記念すべき第一号花嫁がやってきた。スキーのできない彼女のコーチをひょんなことから銀がやることになり…。
映画「銀色のシーズン」オフィシャルサイト2008年1月12日(土)全国ロードショー

まあ作りは浅いですけど、エンタメ作品と割り切ればこれでいいんだろね。別にキャラ造形に新しさはないし、ストーリーは思わせぶりなわりに意外性とかも特にはなし。リアリティもあるとは言い難いかなー。でもテンポはいいし、スキーシーン、笑い、恋愛といった見せ場要素が万遍なく盛り込まれてるから、なんか古くささはあるものの、ぼんやり観てる分にはそれなりに楽しめるんじゃないかしら。

オープニングは雪山のイメージ映像のごとく非常に爽快かつ迫力あったし(皮肉にも同じ雪山舞台の『ミッドナイトイーグル』より!)ね。雪山景色は、ボーダー心をくすぐってくれますよ。あー早く滑りに行きたいなー。ちなみに瑛太君たちはスキー初心者だったけど合宿してがんばったそうです。去年の撮影で雪不足に相当悩まされたらしいけど、とはいえ山頂の撮影は寒くてキツかったとか。

軽い気持ちでエンタメ映画。オレ的には趣味じゃないけど、たまにはいいんじゃないでしょーか。
[PR]
by april_foop | 2007-11-30 00:00 | 映像
感想/魍魎の匣(試写)
d0055469_8411927.jpgホントに豪華で見応え十分! 『魍魎の匣』12月22日公開。箱詰めにされた少女の死体バラバラ事件。人の不幸を箱に封じる祭司。不可思議な方形の館。怪しい人物と箱をめぐる不可解な事件を、古書店・京極堂、作家・関口、探偵・榎木津、刑事・木場たちが追う。
魍魎の匣【もうりょうのはこ】

『姑獲鳥の夏』を観てなければ、原作シリーズを1冊も読んだ事ない京極堂素人状態での鑑賞。いやいや、これかなり面白かったですのよ。なんつってもまずキャラクター。主要メンバーみんな愛すべき変わり者で、しかも役者さんたちが巧くて巧くて。堤さんはホントすごいし、阿部さんもキャリア一番のハマり役に思えました。関口は永瀬さんから椎名桔平に変わったらしいけど、初めて見るオレにはまったく違和感なし。その他端役まで豪華、豪華、見目麗しいわ。しかもそのかぶせまくりの掛け合いが見事。いいテンポ。熟練の技。

そしてもうひとつの見どころは、不思議なロケーション。これどこ? と思ったら一部中国ロケだそうで、戦後の不思議な時代感と、虚実入り混じったような空間は観てるだけでなんだか異次元トリップ。物語の怪異的なムードとよくリンクしてたと思うのよね。だから、古語やら陰陽道やらペラペラよく喋るキャストが時々なにいってるかわからなくても、十分楽しかったですわ。

ミステリとしてというより、純粋に物語性を楽しめたし、あれこれ推測する間もなくどんどん話に引っ張られて、最後まで興味津々のまま見終えられたよ。これは見せ方のうまさも多分に影響していたと思われ、尺の長さ以上に濃密な味わい。時々ちょっとチャチに映るところもあるにはあったけど、ほとんど気になんなかったなー。やっぱキャストの力が大きいわ。

原作読了者がどう思うかは別だろうけど(かなりイジってるらしいので)、期待以上に楽しめた2時間ちょっと。こりゃ『姑獲鳥』もチェキらねば!
[PR]
by april_foop | 2007-11-28 00:00 | 映像
感想/グミ・チョコレート・パイン(試写)
d0055469_16363481.jpgいいぞ、オタッキー! 『グミ・チョコレート・パイン』12月22日公開。会社をクビになって実家に戻った賢三。思い出のアイテムと、憧れだった同級生・美甘子からの遺書を読み、ふと高校時代を思い出す。自分はクラスの低俗連中とは違うと思い、アングラバンドに憧れ、そして美甘子とみた名画座での映画…。ケラさんが大槻ケンヂの青春小説を映画化!
映画『グミ・チョコレート・パイン』公式サイト

いやいや、おもしろかったぜ! クラスのマイナー男子の狭っくるしくて後ろ暗い青春。今のヲタとは似てるようでまったく非なるオタッキーの世界。わかってる感じだなぁ、ケラさんよ。くだらないんだけど、そのくだらなさがなんともいえずイイ、っていう青春時代だから許される感じったら、男子的にはたまらんもんがあるね。女子にはちょっと縁遠いかも?

増量したという石田卓也くん、今もっとも高校生男子がハマるね。柄本佑君なんてこの若さにして、イロモノ俳優になりつつあるという腕前。そして黒川芽以ってこんなにいい演技する子だったんだ! 80年代にもぴったりで、この子は大事にしてあげたいわ。

青春モノの善し悪しって、なによりもリアリティにかかってると思うけど、この映画にはそれがばっちりありました。原作もそうなんだろうし、ケラさんもそれに共鳴してる感じのする演出だったね。時代はちょっとズレるけど、オレも共感できましたよ!
[PR]
by april_foop | 2007-11-20 00:00 | 映像
感想/Little DJ〜小さな恋の物語(試写)
d0055469_102947.jpg前半はなかなかの名作。『Little DJ〜小さな恋の物語』12月15日公開。1977年、高野太郎13歳、中学一年生、野球部。特技はラジオの野球中継のモノマネで、好きなラジオ番組は「ミュージックエクスプレス」。病を患い入院することになった太郎。院長先生の部屋で発見したマシンを使って、院内のDJを務めることになった!
「Little DJ〜小さな恋の物語」オフィシャル・サイト

いやいや前半、光石さんのエピソードまでは上々の立ち上がりで、このままいったら泣かされるなぁ!なんて期待してたんだけど、後半は中身的にも、ひたすら泣かせを連打する構成的にも『セカチュー』になってしょんぼり。どこまでもベタな泣きの話ではあるんだけど、まあそれなりによくできてて、実際試写室では鼻を啜る音がそこかしこ。オレ的には、後半のこれでもかっていう演出過剰なシーンが気になったなー。葬列のシーンとかあざとすぎて冷めるのよ。

大人になる前の神木君、天才!とまでは思わないんだけど、達者だわ。DJが少しずつ上手くなっていく様子とか、すごくよく考えて演じてるなぁ、って感じ。一方、福田麻由子ちゃんは、かなり強烈に演じてます!なキャラで鼻についたなー。監督の指示もあったらしいけど、とにかくオーバーアクトで、こんな女子、もんのすごく嫌なんですけど。そして太郎より1コ年上の設定なんだけど、全然神木君より年下に見えたわ。谷村美月か志田未来(ほら、ぴったり『14歳』じゃない)くらいがちょうどよかったんじゃないのかね。

後半の作り方によっては大感動作になったような気がするけど、さすがにあざとさが過ぎてフツーの良作止まり。でも良作なことは確かです。惜しいぜ。
[PR]
by april_foop | 2007-11-06 00:00 | 映像
感想/スマイル~聖夜の奇跡(試写)
d0055469_8502599.jpgいい作品とはいえないけれど、嫌いになれない映画なの。『スマイル~聖夜の奇跡』12月15日公開。膝を壊してタップダンサーの道を諦めた修平。カノジョのいる北海道に押しかけて、ひょんなことから弱小少年ホッケーチーム「スマイラーズ」を率いることに。メンバーたちのがんばり、そして初恋。スマイラーズは「奇跡」を信じて、道大会の優勝をめざす!
映画「スマイル」公式サイト

脚本的な見所はほとんどなし(意外に布石は全部回収してるけど、展開自体は見え見え)。これでもか!な王道スポ根をど真ん中ストレートで攻めてくる。その球がさ、球威もキレも別にないんだけど、なんか勢いはあるんだよね。もともとスポーツものが好きってのはあるんだけど、こういう話に弱いのよ。ギャグは滑ってるし、捻りもないし、子役くんたちは演技素人だけあって褒められたもんじゃないってのに。

森山未來は、若々しい勢いのある監督像を披露。この手の先生って、ベテランだったり元プロだったりするのが王道だけど、修平は少年たちと一緒になってはしゃぎ、勢いつけてくれるいいアニキ分。コーチとしての威厳はないし、いってることはこれ以上ないくらいベタなんだけど、やっぱね、ゲームの熱気にほだされてしまうわ。

試合内容もこれまたベッタベタなんだけど、スピード感はグッド。身体接触が好きな性質につき、アイスホッケーって興奮。ネタとしては『Little DJ』と半分だだかぶり。あっちはかわいらしく、こっちは熱く、って感じでどっちを観るかはアナタ次第!? なんか陣内さんてこういう人なんだろうな、って頷ける映画でした、ハイ。
[PR]
by april_foop | 2007-11-05 00:00 | 映像
感想/ミッドナイトイーグル(試写)
d0055469_0384375.jpgスリル・迫力・リアリティ欠乏症。『ミッドナイトイーグル』11月23日公開。元・戦場カメラマンの西崎は、3年前より星空ばかり撮っていた。ある夜、偶然にも撮影した謎の墜落飛行機は、なんとアメリカ軍のステルス機! 新聞記者の落合とともに墜落現場の北アルプスへ吹雪の中を向かうと、そこには日本を揺るがす恐るべき秘密が隠されていた!!
ミッドナイト イーグル

スケールの大きい山岳アクションの迫力に期待していたんだけど、全然大したことねー。コトのデカさに反して、やけに狭いテリトリーの中だけで性急に話が進むし、緊張感を覚える前にどんどんと展開。秘密も機密もツルツルツルっとあっちゅー間に民間人にじゃじゃ漏れ。こうなるとスケールが大きいんじゃなくて、単に大味なだけだわ。

各キャラクターに一応のドラマはあれど、これまたミサイル級のスピードで駆け抜けるもんだから感情移入することも叶わず。展開を端折ってるせいなのかやたらと説明くさいセリフが続き、その上、演出も野暮ったいもんだから、なんだか白々しくってさ。中盤には完全に興ざめモード。

そんな中でも大沢たかおは唯一万全で、彼の見せ場では引き込まれるんだけど、そんな熱は玉木君がすぐに冷ましてくれまして。吉田栄作も地味にいい味出しているのに、これまた玉木君がかき消してくれまして。てな具合に全体的に浅さが目立つ感じで、なんのエモーションもえられず。拍子抜けすること確実の1本でしょー、これは。
[PR]
by april_foop | 2007-10-20 00:00 | 映像
感想/ALWAYS 続・三丁目の夕日(試写)
d0055469_16285521.jpg前作は前作として、今作もいい映画。『ALWAYS 続・三丁目の夕日』11月3日公開。茶川のもとに再び川渕が訪れ、淳之介を引き取ろうとする。抵抗する茶川は、淳之介に人並みの生活をさせることを約束し、再び芥川賞をめざして書きはじめることに。六ちゃんもすっかり一人前な鈴木オートには、一平のいとこの美加がやってきた。お嬢様育ちの美加は鈴木家の暮らしになかなか馴染めず。その頃、ヒロミは…。
ALWAYS 続・三丁目の夕日

三丁目、健在! あのなんともいえず温かい空気。ポジティブすぎるといわれようが、やっぱりいいものはいいと思うなー。クライマックスでは思わず、うるり。現場はすんごく楽しかったらしいと聞いたけど、そんな空気が伝わってくんね。須賀くんが随分大きくなってたりして2年経った感じもなんだかリアル〜(劇中は4カ月しか経ってないけど)。なにげに上川隆也とか、貫地谷ちゃんとか、ナイスな新入りズもフィットしてるしね。

今回もいいエピソードの切り貼りだし、泣かせどころが前作と同じじゃね?っていうところはあるものの、達者な役者さん&スタッフさんたちが、ディテールまで丁寧に愛情もって作ってるのがよ〜く伝わるよ。やっぱり温かくなれちゃうよ。前作のようなエポックメイキングな感じこそないけど、超える超えないっていう比較とか無意味なのではないかな。いろいろ突っ込んだり、ネガティブチェックなんざ必要なっしんぐ。

"会いたい人がいる"ってコピーのとおり、茶川&ヒロミをはじめ、則文とトモエの昔だったり登場人物それぞれの会いたい人がしっかり紡がれてる。昔はよかった、なんて懐古趣味ではなく、これを観て誰かに会いたい、誰かのためにがんばろう、って思えればそれで十分。前作ほどの大ヒットをするのかどうかわからないけど、期待を裏切ることはないと思うし、まったく質は落ちてないと断言したい! オープニングの楽しさも前作にひけを取りませんて!!

d0055469_10514411.jpgd0055469_10513253.jpgなにげに東宝スタジオさんのセットにもちょいお邪魔してきました(今年の3月だっけか?)。セットは一度完全にバラしたらしいけど、それらを再度かき集めてきたらしく、さらに微妙に鈴木オートが拡張されてたり。プレスシートにも美術さん、VFX班、衣装さん、メイクさんたちの苦労話が延々つづられてたよ。笑 相当タイヘンだったのね。そんな苦労を味わったり、役者さんたちの息づかいを感じたりして、楽しいひとときでしたわ。
[PR]
by april_foop | 2007-10-15 00:00 | 映像
感想/転々(試写)
d0055469_1292390.jpgユル系東京ロードムービー! 『転々』11月10日公開。借金を抱える大学8年生の文哉。返済の期限が迫ったとき、借金取りがある提案をする。「オレと一緒に散歩につきあえば100万円やるよ」。いやおうなく珍妙マンツー東京散歩がスタート〜。
映画「転々-てんてん-」オフィシャルサイト

三木聡は、やっぱり原作ものを撮らせたほうがいいと思うなー。小ネタをばらまきながらも、話を進めなきゃいけないから、ストーリーを主にしつつそこに三木流のユーモアを加える、とね。これも、おそらく大幅に原作(未読)をいじってるようだけど、それがうまくハマってて、全体的にクスっとできてちょっと温かい良作でしたぜ。今までになくいい意味で広く受け入れられそうだわ。

東京散歩が題材の都市型ロードムービーだから、いろんなところを巡る。吉祥寺に始まり、日暮里で愛玉子を食べたり、阿佐ヶ谷や新宿を歩いたり。その各地で必ずひと笑い。このテンポがい〜感じ。歩いて笑って休んで、歩いて笑って休んで。最後にはちょっぴり切なくなっておしまい。ラストの潔さもナイス!

三浦友和がとにかく巧くて、オダジョーとの相性もばっちり。キョンキョンも中途半端さがフィットしつつ、今日の掘り出し物は吉高由里子ちゃん。オバカキャラのテンションにズバリで、鼻にかかる声とあわせてコメディエンヌの素養あり。園子温さんお気に入りのようで、『時効警察』や『紀子の食卓』に出てましたわ。チェキ、チェキと。

ということで、秋の東京散歩ついでに劇場へどうぞ。三日月しずかもカメオで登場! 損させませんせん。
[PR]
by april_foop | 2007-10-08 00:00 | 映像
感想/やじきた道中 てれすこ(試写)
d0055469_10591265.jpg年長者向けなのかなー。『やじきた道中 てれすこ』11月10日公開。幼なじみの弥次さん喜多さんが、落ち目の花魁、お喜乃の足抜けを手伝うことに。お喜乃の実家のある沼津へ3人の珍道中のはじまりはじまり〜!
やじきた道中 てれすこ

「てれすこ」をはじめとした落語ネタを散りばめた人情劇。んー、なんにも悪いところはないと思うんだけど単純に面白くはなかったな。人情とかちょっとした機微とかを描いているんだけど、心を動かすほどの物はなく。勘三郎&柄本さんに言うことあるはずもなく、キョンキョンもいつも通りおきゃんな感じだったのだけど。

時代劇を時代劇として撮ってて、そもそもが多分、年配の方向けだと思うんだよなー。『水戸黄門』的な。もちろん今の時代を意識はしているんだろうけど、笑いのテイストも普遍的なうっかり系、話の流れもステレオタイプな感じ。残念ながらオレの琴線に触れるモノは皆無でした。

キャストや時代劇のファンが、その鉄板な感じを安心して楽しんでくださいね、ってとこでしょーな。
[PR]
by april_foop | 2007-10-06 00:00 | 映像
企画倒れなのか!? YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100(劇場)
d0055469_1352147.jpg笑い好きの人はごぞんじ? 吉本芸人100人が映画撮っちゃったよ企画! ひっそりと7月にスタートして知らない間にどんどん消化されてってるぞ〜。これ、1人制作費500万円(!)で、「笑い」をテーマにした30分ほどの短編映画を撮るという企画。今をときめく吉本芸人たちがそれぞれの世界観をカメラに収めてます! 役者を起用する人、自ら主演を張る人、脚本家を立てる人、その使い道もまたおもしろいぜ! てことで先日行ってきた、神保町花月。平日12時の回とはいえ、客はなんと!!!
YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 〜100人が映画撮りました〜

0人!

d0055469_1381333.jpg2本立ての1本目、庄司智春監督『I LOVE MARILYN』。ごぞんじのとおり、お笑いにまったく向いていない庄司君。やっぱりこの世界もどうしようもないぐだぐだコント。最初の「斬」だけ、ちょっと笑ったけどあとはなんか汚いやらクドイやら。痛々しいばかりで、早く終われと願うばかり。冷房強かったこともあってかお寒い限りですとも!

d0055469_1382475.jpgで、も! お次に待っていたのは堤下敦監督の『Love Rider〜Until I find the key to her heart〜』。このしょうもないタイトルでまずひと笑い。堤下が出てくるだけでひと笑い。セリフいうだけでひと笑い。ズルいよね、このキャラ。で、どうでもいい話が続いて最後、なんと堤下のキスシーン! これがやりたかったのかと思わせるほど長い!! で、最後のオチへ。アホらしいけど笑っちゃうんだよなー。「水、ガバガバ飲むんだよ!」。笑

上映期間は各人わずか1週間のみ。なので目当ての芸人の作品はチェック怠るべからず。もちろんあとからDVD化するんだろうけどね、とはいえお客入ってなさすぎ。微妙にシネコンでもかけはじめてるみたいだから、も少し話題になってもいいような気がするけど。

コアな映画ファンには怒られるけど、笑い好きなら要チェックの企画ですぜ。1000円だし、気軽にゴーゴー。カラっと笑って元気になれますよ。神保町花月のほか、ヨシモト∞ホールルミネtheヨシモトでもやってるよ!
[PR]
by april_foop | 2007-10-05 00:00 | 映像