タグ:日本映画 ( 162 ) タグの人気記事
感想/チーム・バチスタの栄光(試写&文庫)
d0055469_23483785.jpgこのミステリーがすごくない! 『チーム・バチスタの栄光』2月9日公開。"愚痴外来"と揶揄される科に勤務する医師・田口の元に意外な指令が届いた。それは、病院が誇る「チーム・バチスタ」の内部調査。バチスタ手術26連勝という奇跡的偉業を成し遂げていた彼らが、突如として3例続けての術中死を引き起こしたからだ。チームを構成するのは各専門医師&看護士7名。果たしてこれは事故なのか、それとも殺人なのか。謎の厚生労働省の役人まで現れ…。
映画『チーム・バチスタの栄光』公式サイト

病院舞台の医療サスペンスでテンポ良く進むんだけど、特筆するような面白みには欠けるかなぁ。特に凝った布石があったり、ミスリードがあったりするわけでもないし、キャラクターもいまいち立ち切らない。悪くはないけど良くもないの。ただそこに事件があって、調べて、最終的に解決した、というだけの話。

でも、『アヒルと鴨』で名を上げた中村監督の腕前はなかなかいいと思うわ。前回と同じように原作のプロットを活かしながらもほどよく組み替えて、面倒くさい説明をうまいこと省いて興味を損なわせずにエンターテインメントとして最後まで成立させていると思います。キャストたちもそれぞれにソツなくこなしてるから、変なダルさはないかなー。

ではなぜイマイチなのか?

d0055469_23591297.jpg実はいちばんの問題はそもそもの原作。2/3くらい読んだところで映画を観て、それから残りを読み切ったんですが、全然おもしろくなかったんですけど。これが『このミス』大賞? とにかく文章のリズムが肌に合わなくって、ちっともテンポがあがらず、比喩表現もあまり感情移入できないんだよね。田口はクセばっかり強くて軸がブレてて愛せない。白鳥なんてもっとダメ。チーム・バチスタの面々も、リアリティを感じないんだ。

捜査といってもほとんどは問診で、ずいぶん都合良く判断材料が集まっちゃう。謎解きもなければ心理戦もないからミステリとしての側面はかなり弱く、単に医療知識を使って物語を組み立てたに過ぎないように思えたなー。同じ医療サスペンスなら断然『使命と魂のリミット』でしょ。映画にするにしてもこっちのほうが数千倍おもしろくなるんじゃないのかと。

でも、映画のチーム・バチスタがたどりついた最後のケース33(あれ34だっけ?)はすごく良かったと思います。映画版は、こういう良心でもう少し掘り下げてもよかったのかもしれませんね。
[PR]
by april_foop | 2008-01-16 00:00 | 映像
感想/奈緒子(試写)
d0055469_2442961.jpgあーあ、RUNの素晴らしさがまったくわかってません! 『奈緒子』2月16日公開。長崎県波切島。海に転落した少女・篠宮奈緒子を助けようとして、壱岐健介は命を落とす。健介の息子・雄介は、父を奪った奈緒子を許さなかった。時は流れ、高校生になった奈緒子は、ある陸上の大会で雄介と再会。雄介は、長距離走者となっていた。
映画「奈緒子」オフィシャルサイト

いやー、これはもう原作うんぬんという問題ではないと思うのです。確かに膨大な原作を2時間でおさめなくてはいけない厳しさはわかる。原作をアレンジしててもいいと思う。けどそういうの関係なく、雄介と奈緒子のキャラクターがまったく立ってこない。雄介は中途半端に天然なキャラ造形で、なんか不気味。上野樹里ががんばって少ないセリフで内面を表現しても、奈緒子って何者なのかわかんねー。個々が描けていないから、もちろん2人の言葉にできない関係性なんて伝わるはずもない。ドラマもサブキャラも総崩れで、この映画はいったい何を描きたかったのか甚だギモンです。

もっと問題なのは、ハイライトになるべきはずのRUNシーンが決定的に迫力不足。長距離走者の魅力も、駅伝レースの緊迫感もまったく伝わってこなかったし、突然マンガちっくなレース展開とか出てきたたときには呆れるを通り越して、失笑もパスして、どうしようもなくショックだったよ。にわかランナーが観てもあれは許せねーぞー! 黒田が全然強そうに見えねーぞー!!

なにも東京マラソンの前日に公開しなくてもいいのにね。期待値は低かったけれどそれを遥かに下回りました。原作好きを差し引いてもこれはナシかな。
[PR]
by april_foop | 2008-01-09 00:00 | 映像
2007 Most Valuable Cinema 10
今年公開した映画の中から、最も心に残った10作品を発表!で2007年を締めくくり。
(鑑賞数/外国映画131作品、日本映画70作品)

#10/アフター・ウェディングある愛の風景
スサンネ・ビア監督と出会えた歓びを込めて、2本セット(+『しあわせな孤独』)で。人間の抱えるさまざまな淋しさを切り取りつつ、でも救いがあって、今年の"ネクラ受け大賞"。

#9/フリーダム・ライターズ
青春×熱血=明らかにツボ。ベタなんだけど、ペンとノートってのがまたいいじゃない。誰もがヒーローの"the most 事実は小説より奇なり"。

#8/厨房で逢いましょう
毒っ気のあるユーモアに魅せられた1品。キッチュとしかいいようなく、一部の人だけ喜ぶ絶妙な味わいをくれた"隠れ三ツ星リストランテ"。

#7/俺たちフィギュアスケーター
今年最も笑った、滑る"すべらない映画"。くだらなすぎて涙が出るよ。初笑いにもぴったりの現在公開中。

#6/ラブソングができるまで
"ロマンティックが止まらない"部門第1位。ドリューのキュートさが最高! 『ホリデイ』より断然上!!

#5/ボビー
映画として以上にボビーという人物に大感動。人生観、正義観すら変えてくれる本年度"座右の銘画"第1位。

#4/4分間のピアニスト
天才ジェニーの格好よさったらないぜ! 音楽もスーパークール。ラスト4分間の戦慄は今年の"ベストシークエンス"!

#3/世界最速のインディアン
"青春 of the year"はなんとぼやきジジイ! さわやかな涙がキラリの万人が感動できる好編。

#2/再会の街で
"一番泣いた映画"。喪失と喪失感の物語に、深く深く想いを寄せることができた。絶望や失望の中に一筋の希望があって、とても勇気づけられる。さあ、今すぐ劇場へ!

#1/バベル
人と人は確かに繋がっているという人間社会の本質を、逆説的ながらも鋭く、力強く、痛切なまでにメッセージ。想像力を要求されることは確かだけれど、"今、世界にもっとも必要な1本"。圧倒的!

d0055469_1215597.jpgなんだかマイナー志向なラインナップ? 残念ながら邦画は外れ年。いい作品もあったけど。共感、反感、その他ありましたら、じゃんじゃんお寄せくださいませ。来年も素敵な映画に巡りあえることを楽しみにしてます(もうすでに何本か出逢ってる)。

※去年の10本→2006 TOP10 CINEMA

さて、今年はブログ名も変更した当サイト『EDITOREAL』。多くの人にご高覧いただき、多謝でございます。来年も"1min.で読める"をモットーに映画やらなんやら、ちまちませこせこ書き連ねたいと思いますので、どうぞよろしく!
[PR]
by april_foop | 2007-12-31 00:00 | 映像
感想/L change the WorLd(試写)
d0055469_116459.jpg観たかったLとは違うかなー。『L chenge the WorLd』2月9日公開。キラを止めるため、自らの名前をデスノートに記したL。残された時間は23日間。ワタリ亡きあとも未解決事件を1人解き明かすところに、ある1人のBOYがワタリのもとに送られてきた。彼の生まれた村が謎の凶悪ウィルスによって壊滅したらしい。時を同じくして、そのウィルスのワクチンを研究していた男が殺され、その娘もまたワタリを訪ねてくる。残された日数はあとわずか。Lの最期の戦いがはじまる。
『L chenge the WorLd』公式サイト

はい、『デスノート』のスピオンオフですね。まず、『デスノート』を期待していたのがそもそもの間違い。あの心理戦は展開されるはずもなく、世界観はまったく別物。当たり前だけどデスノートとはまったく関係のない、地球規模のバイオテロという若干ロジカルとは離れたようなストーリーの中で、Lがどう行動し、そしてワタリを亡くしたLがどう事件を解決していくのか。そこで見えてくるLは良くも悪くも『デスノート』のそれとは違う。子供に戸惑うわ、ママチャリに乗るわ、"L走り"まで見せてくれるわ。

そういう面は、決して意外すぎはしない、とは思うんですよ。ひょっとこお面じゃん、なんたって。冷静沈着×頭脳明晰なだけが魅力じゃなかったもんね。あの座り方、激烈甘党、そんなトリッキーさがよかったわけですから(あのケータイつまみあげ通話が見られなかったの超〜残念!!)。

けどなー……それを踏まえても、今回のLはカリスマ性なさすぎ! 慣れない子供相手でも、苦手分野であっても、そこはひょうひょうと何食わぬか顔でやりきってこそLでしょーと、Lファンのオレは思ってしまうんですが。なんか最期までココって見せ場もなく中途半端なL像で終わってしまったような気がしました。松山クンはそんなLをよく咀嚼してたようには思うけどね(しかし髪が前作ほど伸びてないのは物足りないぞ)。

そして周辺キャストがなんとも苦々しく、そこもLの世界と食い合わせ悪過ぎ。盛り上がる山も大してなく、どうせデスノ&Lファンのための映画なんだから、もっともっとL押しでいってよかったんでは? 23日間のカウントダウン感もまったくなかったしね。残念。

d0055469_0471886.jpgd0055469_0472972.jpgd0055469_0474722.jpgd0055469_0475712.jpgなんて偉そうにいいつつ、『デスノート』観たのはついこの間DVDにて。話のおもしろさはもちろん、L・松山ケンイチに心底惚れたわ。大ブレイクもスピンオフも大納得。しかし周辺キャストの弱さはこっちも一緒で、作りは微妙か。んー。

映画版を観てから原作コミックを読了。噂通りの激おもしろ。しかしLの死後は、月が後手踏んでばかりなのが淋しかったね。苦し紛れも多かったし。終わらせるためとはいえ。それにしても月だけがノート&ルールを知っていたという絶対的優位と主導権を奪ったLはスゴイぜ。『スラムダンク』の10倍は読む時間かかったぜ。
[PR]
by april_foop | 2007-12-28 00:00 | 映像
感想/東京少年(試写)、東京少女(試写)
d0055469_12264853.jpgBS-iモノ2本出し〜。1本目『東京少年』2月2日公開。祖母と2人で暮らし、コンビニでバイトして、同い年のナイトと文通をするみなと。ある日、コンビニのお客さん・シュウに告白され恋をするが、みなとには、一時的に記憶をなくしてしまう障害があった。また記憶をなくして目を覚ますと、シュウの態度が冷たくなっていた。みなとはナイトに会いたいという手紙を出すが、彼は現れなかった。
東京少年|TOP

ビミョ〜。堀北ファンは必見でしょうが、とにかく設定がなにやら古めかしいよ! 事故で両親亡くしたトラウマとか、気持ちはよくわかるけれど、あまりにもステレオタイプすぎて、特に感情が揺さぶられることもないし、キャラも中途半端で感情移入もしづらい。なにかもう少し背景を感じさせるフックを入れるなりで、みなとの抱える疎外感や自責感を演出してほしかったなぁ。恋の描写も浮き浮き感があんま出てなかったし。時系列を入れ替える構成自体は悪くないと思うけど。

登板過多気味の堀北は、相変わらずしっかりお芝居できてるのが救い(そして相変わらず垢抜けない)。石田クンはこういうお人好しな反抗期的青年ポジションがすっかり定着したね。『グミチョコ』もそうだし待機作の『死神の精度』とか『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』でもがんばってましたわ。

てことで、キャストのファン以外にはあんましおすすめできない感じ。

d0055469_1226582.jpg2本目『東京少女』2月23日公開。高校1年の未歩。ホテルの階段で落とした携帯がなぜか見つからない。電話をかけてつながった先は、なんと明治45年の時次郎なる男のもとだった。どちらからともなく互いの悩みを打ち明けるうちに、100年近い歳月を超えてつながりはじめる2人の心。が、いよいよ携帯の充電が残り少なくなり…。
東京少女|TOP

こっちも話として決して目新しいものでもないし、ある程度先は見えるとは思うけど、タイムスリップとケータイを媒介にしながら人と人の心の交流を優しく描いていて、とても清々しく観られたわ。明治の男がやけに今っぽい口調なのとか、まあ細かく突っ込めちゃうところはあるけど、大筋は意外にしゃんとしてるのね。ボクは携帯電話とかインターネットとか、イマドキツールをネガティブに受け止めることが嫌いなので、こういう心をつなぐ使い方をしてくれるのは大歓迎します。

夏帆はもうたまらなく止まらなく可愛く、相手役の佐野君も純情っぷりが明治っぽくも見えて悪くなかったなー。2時間ドラマっぽさは否めないけれど、優しいファンタジーを案外楽しめる1作。個人的にクライマックスで時次郎のナレーションがあればさらに盛り上がった気がするけど、安っぽくなるかしら?

なにはともあれ、こっちは意外に拾い物って感じ。もうどうにもこうにも夏帆ラブが止まりません! 『うた魂♪』もサイコーでしたわ。
[PR]
by april_foop | 2007-12-27 00:00 | 映像
感想/歓喜の歌(試写)
d0055469_20382446.jpg応援したくなるんだよね、こういうのさ。『歓喜の歌』2月2日公開。年の暮れも押し迫った12月30日のとある市民文化ホール。大晦日には、「みたま町コーラスガールズ」のコンサート予定が入ってて…、え、なに、ガールズじゃなくて「みたまレディースコーラス」? 違うよ、ガールズって書いてあるよ、ってなに、これもしかしてダブルブッキング!? もう明日だってのにどうすりゃいんだよ…。。
映画『歓喜の歌』公式サイト

ほのぼのあったか小さなコミュニティのお話〜。落語が原作ってだけあって、市井の人々の人情の炙り出し方がさすがにお上手。キャラ造形もどうにも憎めない人たちばかりで、小林薫の小役人ぷりから、無敵の微笑みを繰り出す安田成美(聖母的ですらある!)、その他カメオ的に集まった豪華出演陣の目白押し。松岡組コネクションとシネカノンブランドの成せる技か。個人的には北京飯店の娘がヒット。あのフツーっぽさ、たまりません。

肝心の話の筋は、いろんな人がちょっとずつ助け合って一生懸命に暮らしてる、そんな姿を丁寧にすくいあげたもの。誰の隣にもある、ちょっとミスったり、面倒だったり、邪魔くさかったりみたいな、そんな小さな小さななんでもないドラマを積み重ねて、最後にはあっぱれな大団円に。今の時代、もっとギスギスしてドライなのが実情かもしれないけれど、でもこういうあったかさが決して消えてなくなってしまったわけではないと再確認させてくれます。その証拠に、観たあとはほんのり温かい気持ちになれるから。

宣伝文句にあるようなコメディ感はさほどなかったけど、ほどよいテンションの市井の人たちが作る、味のある良品。ある程度年齢層高めにはどストライクだろうし、多くの人たちに届けてあげたい1本です。4月5日には合唱ハイスクール物語な『うた魂♪』(面白かったヨ)もあるし、合唱ブーム来ちゃうかな!?
[PR]
by april_foop | 2007-12-23 00:00 | 映像
感想/全然大丈夫(試写)
d0055469_0493915.jpgそこそこOKのヌル系。『全然大丈夫』1月26日公開。古本屋の息子・照男。好物・恐いもの。趣味・怖がらせること。友人・久信の上から発言に腹立てて、ついでにブッ立てた夢は、世界最恐お化け屋敷を作ること。2人の前に現れたのはスーパー不器用女・あかり。知らぬ間に灯った恋の灯り。さて3人はどこへ行く? 奈良に行く?
全然大丈夫

平たくいってしまえばユルいよ。ユルユル。今時のユル系。あまりにキワキワで笑うに笑えなくて前半はイラっとしてたけど、そんなふうに眉間にシワ寄せてたのも、段々どうでもよくなってくるんだよね。ふわふわと流れるハワイアンに乗せられてさ。オレ、なにいちいち突っ込んでんだよ。このくらい許せなくってどうするんだよ。てな具合にさ。この映画は多分、ユル系笑いを提供するっつーよりは、ちっとも笑えないユルさをいつの間にか許させてしまう、そんな感じなのよ。途中で寝ちゃっても多分オーケー。

d0055469_8563277.jpg荒川良々(ナニ? まだ33歳!?)じゃないとできそうもない、このいわゆるキモカワ人間。と思ったらこれ当て書きでしたか。納得。周りの役者もちょうどいいヌルさ。岡田君も木村佳乃もよかったと思うし、蟹江さんのウクレレ、すごい好きでした。三木聡組とは似て非なる感じで、くだらないけどこんなのもまあいっか、って気分。写真は、劇中にも出てくる小物です。THEキモカワ。

多分、ごく限られた人にしか喜ばれないであろうヌル系ムービー。別段好みではないけれど、まあそれでも大丈夫。て感じです。あうー。
[PR]
by april_foop | 2007-12-17 00:00 | 映像
感想/子猫の涙(試写)
d0055469_0263524.jpg悪い話じゃないんだけどなー。『子猫の涙』1月26日公開。私の父親はメキシコオリンピックの銅メダリスト・森岡栄治。プロ引退後はロクに働きもせず夜のクラブ活動を楽しむ毎日。母は愛想を尽かし家を出て行き、残された私は父のダメっぷりにため息の日々。え、何よこのドラ猫みたいな女は? ……一緒に暮らす!? そんなの絶対にイヤ!!!
映画『子猫の涙』オフィシャルサイト

こういってしまうとなんだけど、何を一番伝えたかったのかよくわかんなかったよ。森岡栄治の生き様はわかった。けれど、その中の何を見せたかったのか。ボクシングへの想い? 家族への愛情? 栄光と挫折の人生? なんか、年表的に事件だけを羅列された印象で、盛り上がるポイントはあれども抑揚がなく、箇条書きちっく。娘視点のナレーションがさらにドライさを生んだ気がするし、ちょっとメリハリに欠けたなー。

役者たちはそれぞれに持ち味を出していて、武田真治は中学生から最後60歳過ぎかな?まで演じてたし(ビジュアルには無理あるけど、違和感はさほどなし)、広末も昭和のお水をよくがんばってたいたとは思う(でも昭和顔じゃないんだよね。どうやっても)。子役ちゃんは愛らしさと上手さが両方あってよかったし。なのにそれを活かしきれんかった見せ方のまずさ。ちょっと報われないなー。

タイトルも特には意味なかったし、もう少し盛り上がるような、なにか違う見せ方があったような気がします。
[PR]
by april_foop | 2007-12-15 00:00 | 映像
感想/陰日向に咲く(試写)
d0055469_9113462.jpgやばい(いや、やばくない)、泣けた! 『陰日向に咲く』1月26日公開。バス運転手の男。ギャンブルで借金を重ね、ついにオレオレ詐欺に手を染める。彼が浅草で出逢った女。かつて漫才コンビを組んでいた母の思い出を探す。秋葉でイベントをするがけっぷちアイドル。集まったファンはたったの3人だった。公園のホームレス。新入りがモーセと呼ぶ男には、プロ野球選手になった息子がいた。
映画「陰日向に咲く」公式サイト

まず謝ります。ボク、原作を読んだとき、映画はちょっと滑りそうだな、って思ってたの。そこにも書いたように、人々のささいな日常をサラっと描いていたから。でも大外れ。すごく良かった! カラっとした原作の行間に秘められていた市井の人々の想いを、これだけきっちり汲み取って仕上げてくれたなんて嬉しい驚き!! これこそ原作→映像化のあるべき形のひとつといってもよいのではないでしょうか。

登場人物を絞ったり、原作の設定を一部アレンジしているので、状況としてはだいぶ窮屈になったし、それによって群像劇の繋ぎ方がわざとらしい、と思ったのは確か。だけれど、そんなことも最後の最後にはまったく気になりません。なぜならそれ以上のエモーションを各キャストがしっかりと表現してくれたから。

西田さん、三浦さんはもう鉄板で、それぞれのキャラクターが歩んだできた"思い通りにならない人生"を滲ませてくれます。塚本君と平山あやは、誰もが経験する"どうにもできない間の悪さ"を等身大に感じさせてくれます(個人的にこのエピソードが好きなんだなー)。宮崎あおいは、相変わらず愛らしく健気に"人を想うこと"を見せ、とどめは岡准! キレと泣きの両ベクトルを目一杯演じてくれて、"大切な人のために"ある熱さに完全にヤラれましたとも。いやー良かった。

あまり期待していなかったとはいえ、いい作品に仕上がってました。話題性はもちろんだしょうが、それに負けない中身のある良作。ツウ好みではないものの、ミーハーを敬遠したりせずぜひお楽しみあれ。きっと感動できるはず。
[PR]
by april_foop | 2007-12-12 00:00 | 映像
感想/人のセックスを笑うな(試写&単行本)
d0055469_11584298.jpgなんて愛すべき人たちなんだ~! 『人のセックスを笑うな』1月19日公開。39歳のユリと出会った19歳の美大生みるめ。ユリは大学の臨時講師だった。ユリから絵のモデルを頼まれたみるめは、やがて彼女に惹かれ始める。みるめの同級生のえんちゃん、堂本を巻き込み描かれる青春"極甘"ラブストーリー。
人のセックスを笑うな公式サイト

もう大好きすぎる世界! 青春で純情、音が聴こえてきそうな恋愛! 最初から最後まで終始淡々としているのに、胸に残るあったかさと痛さと切なさよ。これぞ青春映画ですとも! 映画では原作の設定のみ活かされてて、ディテールやストーリーはけっこう別物。同じセリフはなかったらしいかんね。注目はカメラ位置。ほぼ正対もしくは真横から捉えられ、あたかもその場でまさに今起きていることを定点観測しているような不思議な感覚にさせてくれる。本当にありふれた会話、なにげない仕草、それが延々と続いていく。

そんなカメラが捉える松山クン、蒼井優、忍成クンはまさしく大学生を体現。みんなもったいなく思っちゃうくらいに自然に自然を、フツーにフツーを演じていてすごくいい感じ(ボツになったらしい蒼井優の側転が観たかった!)。そして永作さんは謎の無邪気系罪な女を怪演。スーパーかわいすぎ。これで今年37歳? 驚異的だよ、ホント。で、みるめとユリの超甘ラブモードは本気としか思えない熱の入りようで(実際松山クンはかなり永作さんラブだったしね)、なんだかうらやましくなるほどに、優しさと色気と甘ったるさとくすぐったさをくれるんだなー。いやん、ばかん!

タイトルに込められているのは、傍から見れば滑稽なものだとしても、本人には切実だというようなこと。だって、お前らだってそうだろ? ってか。終わり方がこれまたアッパレで、「ここで終われ!」って思ったところでピタリと終わってくれました。テキスト貼り付けは評価がわかれそうだけど、原作未読のボクにはズッパマリでしたよ。

d0055469_10535989.jpgてことで、映画を観てから読んだ原作。ここも淡々と綴りながら、ポイントポイントで痛いようなくすぐったいような。なるほど映画と原作は、空気感を共有しながらそれぞれ別の世界を作り上げてて、すごくいい関係になってるんだね。この本を元にして(短いし!)あの映画にした井口監督、大したもんだなー。「逢えないからって終わるようなもんじゃないだろう」の決め台詞、撃たれました。

青春モノ、恋愛モノ好きな文系さんには是が非でも薦めたい、私的イチオシの一作(でも関東1館のみ)。松山クンが永作さんにデレデレだったのもわかるわ~。生で会っても本気で可愛かったもの。

★どうでもいい小ネタバレ。忍成クンが運転してた軽トラ、ナンバーが「0470(オシナリ)」でした★
[PR]
by april_foop | 2007-12-07 00:00 | 映像