タグ:外国映画 ( 276 ) タグの人気記事
感想/私の頭の中の消しゴム(劇場)
d0055469_222287.jpg「春の雪」とどっちを観るか迷った末に韓流を選んでしまひました。。きっとオレがコリアンだからでしょう(嘘)。
私の頭の中の消しゴム

前情報は入れないようにしてたけど、タイトルからして大筋は読めますな。ま、公式サイトでも思い切り触れてるんでぶっちゃけますが、つまりは若年性アルツの話。妻がすべての記憶を無くしていくという現実を前にした夫婦の愛と苦悩の物語。

前半が弱い。これは「僕の彼女を紹介します」でも感じたけど、なんかイマイチ。韓流のセオリーなのか? 若干の布石はあるものの、台詞少ないし、なんか印象に残らない。アルツの前兆とか、主人公2人のキャラや馴れ初めをもーちっと丁寧に描いてほしかった。なんか退屈してしまったよ。早く本題に入れ! みたいな。

でも。後半はやっぱり泣ける。ご承知の通り、この話はアルツありき。そりゃー観てて悲しくなるのも切なくなるのも当然なりよ。とわかっていながらも、スジンがバッティングセンターで告白するシーンや、手紙のシーンは、そのやりきれなさに目頭が熱くなる。劇場内からも鼻をすする音がかなり聞こえるあたり、みんなグッときてるもよう。が、あまりにも周囲が浸りすぎてると、逆にひいてしまうボクはひねくれものかしら?

ということで、超ストレートなストーリーだけに、素直に心打たれます。身の回りであまり多くは起こらないであろう悲劇を疑似体験するって感じ。細かい部分で、あれ?ってのもなくはなかったけど、時代に即した純愛モノでした。記憶に残るタイプの映画ではないと思うけど、楽しめたよ。ちなみに公式サイトのストーリーをチェックすると、すごい勢いでネタバレしてますわ(キーになるシーンまで観れる)。ので、特に観にいく気の無い人は、これで大筋を掴んでおけば普段の会話には困らないかと。逆に観る予定アリの人はスルーしとくことをオススメします。
[PR]
by april_foop | 2005-11-03 00:00 | 映像
感想/CROSS OVER 〜WOLDWIDE BASKETBALL〜(DVD)
d0055469_226428.jpgバスケットボールのドキュメンタリー映画、「CROSS OVER」てのがあるんすわ。2004年、アメリカ、ギリシャ、セルビア、イタリア、スペイン、フランス、南アフリカ、台湾合作。これが、9月17〜24日にテアトル新宿で8日間限定ロードショーされんの。でもって、9月23日に世界初のDVDリリース。てことで、そのサンプルを観たので感想やらなんやら。

バルセロナオリンピックで初代ドリームチームが与えた衝撃を皮切りに、マジック・ジョンソン、バークレー、マローン、デビッド・ロビンソン、ジェリー・ウエストなどのインタビューを交えながら、国境を越えるバスケの今を見渡す。ヨーロッパ、台湾、アフリカ、それぞれの事情とNBAへの道。カルチャーとしてのバスケ、エンターテインメントとしてのバスケ、生き方としてのバスケ、ビジネスとしてのバスケを、子供〜若者にスポットをあててドキュメントする。

ヨーロッパではNBAレベルの選手がどんどん出てきている。戦争地域からも。そしてNBAを目指すもの、故国に残るもの。ドラフトの裏側。アメリカからヨーロッパへ行く者。アフリカでは、子供たちが裸足と手製のボールでプレイする。NBAに進み、莫大な契約金を手にすることで無数の命が救われる。台湾はアメリカを模倣する。その精神性とは。

あくまでドキュメンタリーだから、娯楽的には弱い。つーかマジメ。掘り下げ方も微妙。各国のストリートや、ユーロリーグなどの映像を散りばめながらインタビューを中心に展開。でも子供たちが楽しそうにバスケに興じるのを観てると、無性にバスケしたくなるのは確か。って思うのはオレがバスケ好きだからか。勝手にバスケ愛高めちまいました。
バスケに縁のない人が観て楽しめるのかはちょっと微妙かなー。

てな感じで、今週末のバスケのモチベーション急上昇! BASKETBALL WITHOUT BORDERS!!
CROSS OVER
[PR]
by april_foop | 2005-09-14 00:00 | 映像
感想/コーチ・カーター(試写)
d0055469_2214818.jpgヤラレタ! チャリ撤去されました。あー、今日の占いカウントダウン、最下位だったことが瞬時に思い出された。超不覚。。

気を取り直して。昼間、試写会へ。8月6日公開の「コーチ・カーター」。なんでもアメリカの実話をもとにしたという、ハイスクールバスケの物語。多分「ミリオンダラー・ベイビー」を観たときかなんかの予告でやってて、ちょっとひっかかってたのよね。まあバスケ好き、アメリカ好き、青春好きですから。タイミングよく試写の案内がきたもんで意気揚々と乗り込んできたのです。

内容は、素行の悪いメンバーが揃った弱小バスケ部を、新任コーチのカーターが奮闘の末に更生させて建て直す、というもの。あれ、それってスクールウォーズですよね? みたいなストーリー。実話ベースとはいえ、ちょっと出来過ぎ感はあるかも。

選手たちは、バスケだけが取り柄で、衝突も多い超セルフィッシュな問題児たち。だがカーターは、バスケだけを教えるのではなく、一人の人間としての規律を教え込む。それを守れないものにはコートを去れ、と言い放つ。言葉どおりに去っていくメンバーもいれば、渋々言うことをきく(フリをしてる)メンバーも。こうして新生リッチモンド高校バスケ部はスタート。紆余曲折を経た上でカーターは信頼を勝ち取り、チームはひとつになっていく、と。うん、ベタ甘ならぬ、ベタ爽(さわ)ですな。

印象的なのは、生徒たちをバスケット選手としてではなく、いち人間として成長させていくこと。最終目標は決して勝利することではない。生徒の親や学校は "この子にはバスケしかないんだから、バスケットだけをやらせてくれ" と言う。が、カーターは "それはプロ選手に向かって言うことだ。彼らにはバスケット以外にも可能性がある" と突っぱねる。

さらにカーターは、トラブルメイカーのクルーズに問う。"一番恐れているものは何だ?" 真意を測りかねていたクルーズだが、最後に答えを見つけだす。"一番恐れているのは、自分の中にある無限の可能性だ——"うんぬん、てね。ココけっこうシビれたっス。かっけー。

ということで、すごく面白いとはまったく言えないけど、まあ、そこそこの青春ドラマ。バスケ好きなら楽しめるかもね、って感じでした。主演のサミュエル.L.ジャクソン、熱が入っててよかったよん。
コーチ・カーター

この試写、ガラガラだったんだけど、次の上映が「宇宙戦争」で、人がわんさか来てたのがなんかシャクだった。。

<追記>
アメリカの貧困や黒人の生活、プロスポーツを目指す若者の挫折とかそういった社会問題やバックグラウンドを知ってるともっと深く感動できるんだと思います。
[PR]
by april_foop | 2005-06-23 00:00 | 映像
感想/ミリオンダラー・ベイビー(劇場)
d0055469_2203097.jpgなんとAM7時からフットサル@舞浜。一昨日急に誘われて、二つ返事で行くとは言ったもののさすがに眠かったね。でも楽しかったからいっかー!

映画『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞。言わずと知れたアカデミー賞4部門受賞の超話題作。劇場はほぼ満員。やっぱ注目度高し。
女性ボクサーのマギー(ヒラリー・スワンク)とそのトレーナーであるフランキー(クリント・イーストウッド)、そしてトレーナーの友人で元ボクサーの"スクラップアイアン"(モーガン・フリーマン)を軸に、女性ボクサーの栄光と挫折、そしてあまりにも壮絶な運命を描いた物語。
ミリオンダラー・ベイビー

早起きがたたって、導入部でウトウトしてしまったけど、ファイトシーンからは完全覚醒。前半、『ファイトクラブ』並のスピード感と疾走感はかなり爽快。軽いユーモアと、マギーのサクセスは観てて素直に気持ちイイ。
が、後半からラストに向かってストーリーは急展開。前半のテンポのよさが、逆にボディブローのように重くのしかかってくる。頂点を目前にしながら、いたずらな運命がマギーを奈落の底へ突き落とし、マギーとフランキーに突き付けられる無情な現実と究極の選択。ギリギリのところで問われる、絆の深さと生命の重さ。人間にとって普遍的なテーマがストレートに描き出され、それが本能的、直接的に心を揺さぶる。
スクラップはフランキーに、自分を責めることはないと言った。マギーに悔いはなかったはずだ、と。その言葉がフランキーの迷いを消して、引き金を引かせたっていう皮肉な運命も痛い。

なんか観てて不思議な感覚に 支配された。どこがどう面白かった、とかじゃなくて、映画全体からズシリと圧力がかかってるような感じ。栄光と挫折、命の価値、ってあたりのテーマは特に目新しくもないのに、こんだけ胸に響くってのは、細かいエピソードがうまく効いてるのと、役者たちの演技がよかったからかも。

とにかく、かなり余韻の残る映画だったなー。泣きこそしなかったけど、ラストは目が離せなく、かなり目頭熱くなった。見終わっても胸がいっぱいでしばらく立ち上がれなかったし。DVD出たらもっかい観てしまいそうな、期待どおりのイイ作品。オススメですわ。
[PR]
by april_foop | 2005-05-29 00:00 | 映像
映画の備忘録
記録に残してるもので、ブログ開設以前に鑑賞したもの

映画
☆2003年
『めぐりあう時間たち』
『8mile』
『恋愛冩眞』7.19
『パンチドランクドラブ』8.18
『死ぬまでにしたい10のこと』10.31
『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』12.13
『ラストラムライ』12.22

☆2004年
『半落ち』2.15
『花とアリス』3.17
『JAM FILMS 2』3.30
『ランドリー』3.30/DVD
『バーバー』4.4/DVD
『IN THE CUT』4.5
『きょうのできごと』4.6
『ユー・ガット・メール』4.11/TV
『39 刑法39条』5.3/VHS
『下妻物語』7.31
『茶の味』8.12
『ジョゼと虎と魚たち』8.13/DVD
『love acctually』8.13/DVD
『イージーライダー』9.5/DVD
『スイングガールズ』9.12
『誰もしらない』10.17
『ハウルの動く城』11.27
☆2005年

『インストール』1.4
『僕の彼女を紹介します』1.5
『サマリア』5.1
[PR]
by april_foop | 2005-05-20 00:00 | 映像
シネマインデックス(外国映画)
申し訳ありませんがページの性格上、こちらへのTBは削除いたします。よろしければ各作品にお願いいたします。
「※」のつくタイトルは、簡易レビューです。


アース
アイム・ノット・ゼア
明日、君がいない
あなたになら言える秘密のこと
アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生
アフター・ウェディング
アポカリプト
アメリカを売った男
アメリカン・ギャングスター
ある愛の風景
あるいは裏切りという名の犬
あるスキャンダルの覚え書き
硫黄島からの手紙
イカとクジラ
石の微笑
イタリア的、恋愛マニュアル
いつか眠りにつく前に
いのちの食べかた
イルマーレ
イングリッシュ・ペイシェント
インサイド・マン
インベージョン
インランド・エンパイア
ヴァージン・スーサイズ
ウィンターソング
ヴィーナス
ヴィットリオ広場のオーケストラ
ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた
ウォーク・ザ・ライン 君に続く道
うつせみ
ウルトラヴァイオレット
X-MEN ファイナルディシジョン
エディット・ピアフ 愛の讃歌
M:i:Ⅲ
エリザベス:ゴールデン・エイジ
Elephant
エンジェル
女帝[エンペラー]
王の男
王妃の紋章
大いなる陰謀
オーシャンズ13(※オーシャンズ12)
オール アバウト マイ マザー
オール・ザ・キングスメン
オーロラ
オフサイド・ガールズ
俺たちフィギュアスケーター


カーズ
輝ける女たち
カサノバ
肩ごしの恋人
悲しみが乾くまで
華麗なる恋の舞台で
カポーティ
狩人と犬,最後の旅
カンナさん大成功です!
カンバセーションズ
消えた天使
記憶の棘
傷だらけの男たち
君のためなら千回でも
君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956
キャンディ
キンキーブーツ
キングダム-見えざる敵-
キング 罪の王
グアンタナモ、僕等が見た真実
クィーン
グエムル —漢江の怪物—
グッド・シェパード
crash
CROSS OVER 〜WOLDWIDE BASKETBALL〜
敬愛なるベートーヴェン
毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
恋とスフレと娘とわたし
恋の罠
恋は足手まとい
コーチ・カーター
コールドマウンテン
ここに幸あり
50回目のファーストキス
この道は母へとつづく
コマンダンテ
今宵、フィッツジェラルド劇場で
こわれゆく世界の中で


再会の街で
Sad movie
サムサッカー
さよなら。いつかわかること
さらば、ベルリン
サルバドールの朝
The ROYAL TENENBAUMS
サンキュー・スモーキング
しあわせな孤独
幸せのちから
幸せのポートレート
幸せのレシピ
ジェイン・オースティンの読書会
ジェシー・ジェームズの暗殺
JELLYFiSH
sisters
シッコ
シャーロットのおくりもの
ジャケット
上海の伯爵夫人
ジャンパー
主人公は僕だった
シュレック3
ショートバス
人生は、奇跡の詩
親密すぎるうちあけ話
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
スーパーマン リターンズ
スクール・オブ・ロック
スクリーミング・マスターピース
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー
スターダスト
ステップ・アップ
ストリングス ~愛と絆の旅路~
スパイダーウィックの謎
スパイダーマン3(※1、2)
スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい
SLEUTH
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
世界最速のインディアン
絶対の愛
潜水服は蝶の夢を見る
ぜんぶ、フィデルのせい
ゾディアック
その名にちなんで
それでも生きる子供たちへ


ダーウィン・アワード
ダージリン急行
題名のない子守唄
太陽
ダ・ヴィンチ・コード
タラデガ・ナイト オーバルの狼
タロットカード殺人事件
団塊ボーイズ
地上5センチの恋心
父親たちの星条旗
チャーリーとパパの飛行機
厨房で逢いましょう
長江哀歌
ツォツィ
つぐない
DAISY デイジー
ディスタービア
ディセント
ディパーテッド
デート・ウィズ・ドリュー
デジャヴ
デス・プルーフ in グラインドハウス
デッドマン・ウォーキング
テラビシアにかける橋
トゥモロー・ワールド
トゥヤーの結婚
talk to her
とかげの可愛い嘘
トランスアメリカ
ドリームガールズ
ドレスデン、運命の日
トンマッコルへようこそ


ナイロビの蜂
ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー
ナチョ・リブレ 覆面の神様
ナルコ
ナンバー23
21グラム
2番目のキス
ニュー・シネマ・パラダイス
ノーカントリー


パーフェクトストレンジャー
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
はじらい
拍手する時に去れ
バス男
裸足のギボン
初恋のきた道
パフューム -ある人殺しの物語-
バベル
パラノイドパーク
ハリウッドランド
春夏秋冬そして春
バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び
パンズ・ラビリンス
バンテージ・ポイント
非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎
ヒトラーの贋札
ピンクパンサー
ファクトリー・ガール
フィクサー
譜めくりの女
プライスレス 素敵な恋の見つけ方
プライドと偏見
FLY BOYS
ブラインドサイト〜小さな登山者たち〜
プラダを着た悪魔
ブラック・スネーク・モーン
ブラック・ダリア
ブラッド・ダイヤモンド
プラネット・テラー in グラインドハウス
フリーダム・ライターズ
BRICK
ブリッジ
プルートで朝食を
ブレイブ ワン
ブレス
プレステージ
プロヴァンスの贈りもの
ブロークバック・マウンテン
ブロークン・フラワーズ
フローズン・タイム
ヘアスプレー
ベティ・ペイジ
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ペネロピ
ペルセポリス
ヘンダーソン夫人の贈り物
ボーン・アルティメイタム(※アイデンティティー、スプレマシー)
僕の、世界の中心は、君だ。
僕のピアノコンチェルト
ぼくを葬る
墨攻
ホテル・ルワンダ
ボビー
ホリデイ
ボルベール<帰郷>


マーサの幸せレシピ
マーダーボール
迷子の警察音楽隊
マイティ・ハート -愛と絆-
マイ・ブルーベリー・ナイツ
マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
マッチポイント
魔法にかけられて
ママの遺したラヴソング
マリア
マリア・カラス 最後の恋
マリー・アントワネット
マルホランド・ドライブ
Mr.&Mrs. スミス
ミスター・ロンリー
ミス・ポター
ミリオンダラー・ベイビー
ミルコのひかり
麦の穂をゆらす風
燃えよ!ピンポン
モーツァルトとクジラ
森のリトル・ギャング
MONGOL モンゴル


やわらかい手
ユア・マイ・サンシャイン
ユナイテッド93

酔いどれ詩人になるまえに
善き人のためのソナタ
夜顔
夜の上海
4ヶ月、3週と2日
40歳の童貞男
4分間のピアニスト


ライフ・アクアティック
ライラの冒険 黄金の羅針盤
ラストキング・オブ・スコットランド
ラスト、コーション
ラッキーナンバー7
ラッキー・ユー
ラフマニノフ ある愛の調べ
ラブソングができるまで
リーピング
リトル・チルドレン
リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ランナー
ルワンダの涙
レッスン!
レディ・チャタレー
レミーのおいしいレストラン
恋愛睡眠のすすめ
レント|RENT
レンブラントの夜警
ロード・オブ ドッグタウン
ロスト・イン・トランスレーション
ロンリーハート


私たちの幸せな時間
私の頭の中の消しゴム
悪い男
once ダブリンの街角で
[PR]
by april_foop | 2002-12-21 00:00 | 映像