タグ:外国映画 ( 276 ) タグの人気記事
感想/チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
d0055469_151072.jpgプロパガンダか!? 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』5月17日公開。下院議員チャーリー・ウィルソンは、アフガンからのテレビ中継に違和感を感じていた。そこで出会った女性から、アフガン支援をけしかけられた彼は、現地の視察に。アフガンの惨状を知ったチャーリーはCIAの変わり者と組み、表立ってソ連と戦えない裏で、アフガンを支援するよう画策する。
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 2008年5月17日(土)公開

事実ベースなわけで、映画の内容自体に特に突っ込むべきところはない。トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの主要3人を筆頭にしたキャストは磐石だし、序盤の語りが説明っぽすぎて退屈したこと意外は、テンポも決して悪くはなかったと思う。難民キャンプのリアリティには胸も痛くなった。

アフガン侵攻は動かしようのない歴史的事実であり、それを終結に導いたのがチャーリー・ウィルソンの尽力によるものだというのもわかった。それが秘密戦争で、武力支援によるものであったことも、もはやいまさら何を言ってもはじまらないかもしれない。だけど、このアメリカは正しかったという風に思わせる映画を、今こんな時期に作ったことはかなり謎。おまけ程度に最後に、学校も作りたかったと付け加えたところで、なんの効果があるというのか。

つまるところは、湾岸戦争もイラクへの介入も、アメリカはこんなにも正義でした、ということを謳ってるだけとしか思えず、よく今の世界情勢の中でいえるなぁ、という気持ちにしかなれず。これはもう、チャーリー・ウィルソンという人物がどうということでも、映画のよしあしでもなくなっちゃうけど、ものすごく後味悪かったですわ。
[PR]
by april_foop | 2008-05-18 00:00 | 映像
感想/マンデラの名もなき看守
d0055469_1433856.jpgお勉強になります。『マンデラの名もなき看守』5月17日公開。南アフリカ初めての黒人大統領、ネルソン・マンデラ。若き時代、27年もの間囚われの身であった彼の側にはある白人看守グレゴリーがいた。彼は、その時代には当然の人種差別者であったが、マンデラを見るうちに自分の中の変化に目覚め始める。
映画『マンデラの名もなき看守』ネルソン・マンデラ生誕90周年

名前しかろくに知らなかったマンデラと、南アフリカの歴史。いやー勉強になります。1960年代にどれほどの人種差別が横行し、黒人を見下すことが当たり前で、しかしマンデラはそれで揺るがない人格者であったということ。をたっぷり味わおうと思ってたら、意外とマンデラのカリスマ性は断片的にしか描かれてないのでやや拍子抜け。

だってこの映画は看守が主役だから。とはいえ、やっぱ少し説明不足。あの時代で、自らの価値観を根底から覆し、なおかつリスクを冒させるほどにマンデラの人間力があったのかどうか、映画だけからはあと一歩わからなかったわ。そもそも、グレゴリーがどのくらいのレイシストだったのか。妻の側は多少描かれてたとはいえ、その辺もいまいち足りなかったような。

もちろん、史実を捩じ曲げてまで過剰なドラマを演出するのはちょっと違うと思うけど、27年がたったか駆け足になってしまうよりは、なにかひとつのエピソードをもっとじっくりじっくり染み込ませるように描いてほしかったです。

映画としては不満な点もあるけれど、マンデラとグレゴリー一家の交流には素直に感動。マジメな一作でした。ダイアン・クルーガー、美しいぜ。
[PR]
by april_foop | 2008-05-17 00:00 | 映像
感想/戦場のピアニスト
d0055469_136290.jpg感動系じゃなかったのか。『戦場のピアニスト』DVD鑑賞。1939年、ナチスによるポーランド侵攻。ワルシャワにいたピアニストのシュピルマンは、ゲットーへと移住を余儀なくされ、その後も戦渦の中を命からがら渡り歩く。九死に一生を得ながら身を隠すシュピルマンだが、ついにある晩、ドイツ将校に見つかってしまう。
戦場のピアニスト

これが実在の人物の話だなんて隔世の感すらあるよ。戦争のムゴさ、ユダヤ人のあまりにも悲惨な運命、そしてその中で生き延びたシュピルマン。常に死がすぐ隣というか、目の前というか、喉元にある逃亡生活の苦しさが、もうやめてくれって思うほどに伝わってくる。

主演男優賞のエイドリアン・ブロディ。繊細な悲劇のピアニストがぴったりで、落窪んだ目なんてもう遣る瀬なさでたまらなくなるわ。ラスト、ドイツ人将校との出会いはなんとも皮肉な運命で、シュピルマンは辛くも助かったもののすでに多くのユダヤ人は命を奪われ、彼らを迫害したナチスもまた命を落とすことになり、結局なにも残さなかった戦争の傷跡にはため息しか出ず。

こんなにシビアな作品とは知らず、ダメージを被りました。が、なるほど評価が高かったのはわかる気がします。
[PR]
by april_foop | 2008-05-16 00:00 | 映像
感想/最高の人生の見つけ方
d0055469_11182142.jpgおひとりさまよりおふたりさまで。『最高の人生の見つけ方』5月10日公開。勤勉系自動車整備士のカーター。自己中心型病院長のエドワード。2人が出会ったのは病院の隣同士のベッド上。そして共に宣告された余命6ヶ月。"棺桶リスト"に、死ぬまでにやりたことを書き連ねるカーターに、エドワードも便乗。悔いのない最期を迎えるための、奇妙な2人の旅がはじまる。
映画『最高の人生の見つけ方』公式サイト

今さら何をっていうくらい超普遍的テーマなんだけど、それを笑いとテンポで軽やかにまとめてて、死を扱うことで生をメッセージしてくれるナイスな1本! クドくならない程度に2人の背景は説明しているから、薄っぺらくはないし、寄り道しないでテーマと向き合ってるから間延びもしてない。終始、気持ちがいいんですわ。ちょっと『世界最速のインディアン』を思い出したほど。

2人のキャラ、そして2人の名優、このコラボレーションが絶妙で、対照的な2人が影響しあうバディ感もベタだけどすごくいい。「世界一の美人とキス」とか「他人に親切にする」とかリストの回収もなかなか気が利いてるし、秘書の存在も意外といいアクセント。最後にはホロリとさせられるけど、気持ちよく送り出せるんだよね。

悔いのない人生のためになにをすればいいのかは人それぞれだろうけど、素晴らしい友人とかけがえのない家族こそ、だね。心底そう思えたわ。そして、もし死期がわかったら絶対にスカイダイビングをやろう。今はビビってできないけれど。
[PR]
by april_foop | 2008-05-11 00:00 | 映像
感想/ハンティング・パーティ
d0055469_21373821.jpg軽いタッチがいいじゃないか。『ハンティング・パーティ』5月10日公開。5年前、ボスニアからの中継をきっかけに前線から姿を消した戦場ジャーナリストのサイモン。かつて彼と組み、今や売れっ子となったカメラマンのダックが、ボスニアの平和式典に参加。そこに表れたサイモンは、ある特ダネを持ちかける。ダックは再びサイモンと組み、若手プロデューサーのベンを連れ、危険を承知でセルビアへ侵入する。
映画「ハンティング・パーティ」公式サイト

小気味いい展開で、おもしろかったですぜ。キャラクターがわかりやすく、ボスニア紛争の構図も頭に入りやすいように噛み砕いてあって、冒頭から物語にすんなり入り込めました。かといって単純過ぎるわけでもないし、ユーモアの軽妙さもいい具合。リチャード・ギアにテレンス・ハワード、持ち味を存分に発揮してたんじゃないかな。

事実ベースらしいけど、まさに小説より奇なすごい話。紛争地域のシビアすぎる現実は本当に目を背けたくなるばかり。ネタがネタだけにアンタッチャブルなゾーンがあるんだろね、最終的になにかを告発するまでには至っていないと思うし、社会派というにはややボカさざるを得なかった部分も目につく。だけど、うちら一般人がテレビを通して観ていることなんて真実のごくごく一部でしかないってこと、よくわかるわ。

複雑な社会問題をほどよくエンターテインメント化した良作。軽量化した分、重厚さはなくなったけど、オレ的にはいい感触でした。広く問題提起するには丁度いいかも。
[PR]
by april_foop | 2008-05-09 00:00 | 映像
感想/ブレス
d0055469_21182036.jpgハァ、ハァ、これはまた難しいぜ…。『ブレス』5月3日公開。夫の浮気に悩む主婦ヨン。テレビで流れる死刑囚チャンジンの自殺未遂ニュースを聞いたヨンは、面会に訪れる。なぜか会うことを許されたヨンは、面会のたびに「春」「夏」「秋」「冬」を贈りはじめる。
ブレス|オフィシャルサイト|キム・ギドク監督&チャン・チェン主演

ん、なんか雰囲気変わった? 引退騒動のあとだったからか?? とか勘ぐりつつも、やっぱり翻弄されたギドクワールド。率直にいって今作は難しかったなー! 観てすぐには落ちてきませんでした。「ブレス」かぁ、とか思いながら見つめるシークエンス。呼吸。息。命のメタファーともとれ、温もりのメタファーともとれ、ため息とか、声とか、死生観から愛情までいろいろあるんだもん。

チャンジンの背景は終盤にひと説明あるだけで、セリフもなし。鋭い眼光と、ヨンと会うことによる変化がありつつも、その胸の内はなかなか読み取れず。死刑を前にして喉を傷つけるのがまた印象深い。一方のヨンは、失われた愛を求めるようにチャンジンに四季を贈る。夫と出会った「秋」。吸い込んだ息は、同じだけ吐き出さななくてはならない。それをしないと生きていけない。そこに人生や愛を重ねたのかなぁ。

さらに今作はギドク本人がチラリと登場。全体を俯瞰するポジションもまたどう捉えていいのやら。少し時間をかけて解釈してみたいところです。

d0055469_21344713.jpg『受取人不明』をDVDにて。ギドクにしては長い120分もの。最近の作品とは若干テイストが違うけど、暴力的な描き方をした行き場のない人たちが痛々しかったわ。中盤まではなんとも苦しかったけど、後半の畳み掛け方はさすがギドク。「受取人不明」、すなわちどこへ行っても突き返される、居場所をなくした若者3人の、時代によって歪まされた青春。救いもなにもないだけに、いい映画とはいいづらいけれど、鮮烈なことは確か。
[PR]
by april_foop | 2008-05-05 00:00 | 映像
感想/アイム・ノット・ゼア
d0055469_2042516.jpgアイキャン・ノット・アンダースタンド。『アイム・ノット・ゼア』4月26日公開。今なお多くのアーティストたちに影響を与え続ける、生ける伝説ボブ・ディラン。彼の生涯を6つのキャラクターに投影して6人の俳優たちが演じ分けた。ロックスターであり、牧師であり、映画スターでもあった彼の肖像を追いかける。
映画『アイム・ノット・ゼア』公式サイト

いやー、わからなかったなー。試みは面白いと思うし、意図してるであろうことも伝わってはくるんだけど、では果たしてボブ・ディランとは、となったときになかなか上手く応えられませぬ。でもまだまだ現役アーティストだもんね、それでいいのかも。言葉で語られでもしたら本人も納得いかないだろーし。知りたければディランを聴けばいいのか。

6つのキャラクターが入れ替わり立ち替わりって感じの構成で、特に混乱はしないけれど、それぞれのパートで描きたかったものを感じ取れるかどうかがこの映画の評価の分かれ目。最終的には、監督トッド・ヘインズの意図みたいなのもチラっと見えた気がするよ。でも、ディラン知識もまるでないオレには、なかなかハードル高し、でった。

時代的なリンクはもちろん、『ファクトリー・ガール』のイーディちゃん(ここではニコの名前)も登場。2本あわせて60sカルチャーに浸るのもアリでしょ。
[PR]
by april_foop | 2008-05-03 00:00 | 映像
感想/スパイダーウィックの謎
d0055469_1527588.jpgこの妖精、気色悪っ! 『スパイダーウィックの謎』4月26日公開。長らく放置されていた叔母の家で暮らすことになったジャレッド一家。少年はある隠し部屋を発見し、そこで古い書物を目にする。それは彼の曾祖父スパイダーウィックによる妖精についての観察記だった。すると現れた書を守る妖精シンブルダックと、書を狙う無数のゴブリンたち! ジャレッド一家の運命は!?
映画『スパイダーウィックの謎』公式サイト

妖精系ファンタジーだっつーから、もう少し可愛らしいのかと思っていたら、けっこうグロテスク系の造形にまずビックリ。ドラクエのキャラデザをイメージしてたら、FFだった、って感じね、なんとなく。テンポよく話は進んでさっくり90分だし、なんにも難しいことはないからすんなり世界に入れちゃう。がしかし裏を返せば、スケールが小さくて世界観の広がりはあんまりないってこと。基本はこの屋敷の周辺で起きることだからね、ドラクエ3でいえばアリアハン止まりってことですわ。その辺、大人が楽しむにはちょっぴしモノ足りんかも。なんせ敵のほとんどがゴブリン。そのスケール、推して知るべしってか。

この映画のポイントは、モンスター退治の大冒険じゃなくって、信じる心の大切さ。妖精は目に見えない存在で、ジャレッドたちも魔法の力でその存在を確認。しかしそんなもの信じるはずもないマザーには、説明してもなんのこっちゃかわからない。そもそもこの一家には不協和音が響いていて、お互いを信頼していないところから話がスタート。妖精の存在を通して、身近な存在を信頼することと、目に見えない存在(妖精から、人の気持ちまで)を信じること、を掛け合わせてメッセージしてくれます。このへんが原作がベストセラーたるゆえんだろね。

フレディ君は兄弟2役を演じ切って芸達者っぷりを披露。髪型でキャラを変えつつ、まだまだ愛嬌あるお年頃ですわ。まあやっぱり大人が観るにはちょっと物足りなさを感じるけど、深すぎず重すぎず、サラリと楽しめる類いではありますな。『ライラ』以上、『テラビシア』未満て感じ。
[PR]
by april_foop | 2008-05-02 00:00 | 映像
感想/さよなら。いつかわかること
d0055469_1794216.jpgええ話やなぁ。『さよなら。いつかわかること』4月26日公開。スタンレーの元に届いた、イラクで軍役についている妻の訃報。ショックを隠せず、2人の娘に母の死を伝えることが出来ないスタンレーは彼女たちを連れ、フロリダのテーマパークへとクルマを走らせる。まるで自分の動揺を紛らわせ、押し殺すかのように。
映画「さよなら。いつかわかること」オフィシャル・サイト

イラク戦争を背景にした、家族の深い愛情と悲しみ、そして再生の物語。ポイントは、戦死するのが妻であり母であるという点で、遺された夫をジョン・キューザックが好演。混乱しつつ、本人は事実をある程度受け止めながらも、娘たちへの伝え方を見出せない様子に深く深く感情移入。父親としての責任感よりも喪失感が勝って、ついナーバスになってしまう態度がなんともリアルで胸を揺さぶるんだなぁ。

戦争の在り方とか、自分のコンプレックスとか、バックグラウンドはいろいろ用意しながらも話を変に広げすぎず、85分の中身を父と娘2人に焦点を絞ったのが成功。シンプルな物語は、反戦映画であり、ロードムービーでもあるけど、家族愛というものが軸にしっかりと収まってるからブレることなくこちらに感動が届くね。新人だという娘っ子たちもよかったわよ。

「魔法の森」を抜け出した先でついに向き合い、見つめた現実。父娘たちの前に降ってわいた哀しみが一気に形を成し、カランと空白の中に落ちてきて、その音が心の中に響く気がして、胸が熱くなりました。ラストも感動的な良作映画。オススメできます。
[PR]
by april_foop | 2008-04-30 00:00 | 映像
感想/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
d0055469_22314581.jpg狂気! 鬼畜! 暗黒! 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』4月26日公開。1900年台初頭、金塊掘りだったダニエル・プレーンヴューは、石油を掘り当て富を成す。そんな折、ある男が、石油の情報を持って現れた。情報を買ったダニエルは息子のHWを連れ、早速現地へ向かう。そこには確かに石油が眠っていた。地元で信仰を集める牧師イーライとの確執を深めながらも、地上げをはじめるダニエル。奇才ポール・トーマス・アンダーソンが富と権力に塗れた彼の腐敗した人生を壮大に描く。
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

PTA監督大好きなオレですが、この超ダークサイドにはほとほと参ったぜ。なんとも筆舌に尽くし難いこの世界は、ホラーかと思うほどの狂気。ダニエルがオイルという名の黒い液体に塗れていく姿は、なんというか悪魔的! それをダニエル・デイ=ルイスがまたすんごい演技して魅せちゃうの。後半の物怪っぷりはこの世のものとは思えないほど! そもそもこの男には悪魔が宿っていたのか。それとも富と権力が彼を狂わせたのか。人間の奥底にこんな暗闇が潜んでいるのかと思うと、身悶えするわ。

それに対するポール・ダノ演じるイーライもヤバイ。牧師でありながら、そこには無垢さがまったく感じられず、常に嫉妬と欲望の陰が見え隠れ。ダニエルと同じドス黒い血を感じさせるんだよね。そしてそれらを包み込むロケーション。荒涼とした大地に緊張させる音楽、そして沸き上がる真っ黒な濁流! 燃え盛る業火!! 天の裁きか、悪魔の咆哮か、っつー世界には畏怖の念すら覚えますわ。

決してこんなのを期待していたわけじゃないけど、心の奥底にズサリと侵食してくるPTAワールド。絶対に娯楽としては観られないけど、いやはやスゴかったです。くわばら、くわばら。

d0055469_12424738.jpgそして『ブギー・ナイツ』をDVD鑑賞。ポルノ映画のスタッフたちを抜き出した群像劇。性を売り物にした特殊な世界でも、そこにかかわる人たちに流れてるのはごく一般的な感情なんだよね。「ひとつくらい取り柄があるはず」「消費されるものではなくて長く残るものを作りたい」「子供に会いたい」などなど、夢、希望、嫉妬、欲望、被差別、劣等感などなど。

長いんだけど、なぜか目が離せないのがPTAの手腕か。これといった盛り上がりも、特別なオチもないんだけど、観終わって不思議と少し気分がよくなるようなね。オープニングとエンディング、ワンカットでシーンをつなぐという演出もなんだか印象的だったっス。
[PR]
by april_foop | 2008-04-26 00:00 | 映像