「ほっ」と。キャンペーン
タグ:バスケ ( 66 ) タグの人気記事
バスケット、それは青春の呪文
d0055469_126437.jpg『スラムダンク』って文字を見るだけで、つい手に取っちゃうよね。これこそキラーコンテンツというんだろーなー。『Sportiva』を買ったのってどのくらい久しぶりだろ? 表紙買いする人が多そうなネタですよね。
web Sportiva

テーマは90年台バスケで、柱は『スラムダンク』とマイケル・ジョーダン。井上雄彦のインタビューは面白かったけど、多分今までにもいろんなところで出てる内容な気がするから、コアなファンには物足りなそう。スラムダンク奨学金第一号の並里君や田臥のインタビューはちょっと心惹かれつつ、タレントたちの『スラムダンク』大好き宣言はどうでもよし。どうせなら、このフックを皮切りにしてもう少しバスケットそのものにフィーチャーして話を聞いてほしかったなー。どうでもいいけど『スラダン』という略し方は嫌いです。

マイケル・ジョーダンとドリームチームに関しては、あんまり新鮮な情報がなく、あの人は今だけで終わっちゃった感じ。『Sportiva』のターゲットって、けっこうコアなスポーツフリークだろうから、もっとディープに掘り下げてもよかったのでは。これに限らず一冊まとめて焼き直し記事が多かったしね。過去ネタは切り口が本当に難しいと思います。が、90年台の情報ってネットではあまり出てこないだけに、編集する意義ってあると思うんだけれど。

オレは、後期スリーピートの最後くらいからNBAを観始めたわけだし、バスケは昼休みに遊びでやってただけだし、『スラムダンク』は欠かさず読んでたとはいえ、90年台がバスケと共にあったわけでもなく。でも確かにきっかけはこの頃にあったわけで、原点てほどのものはなんにもないけれど、条件反射で気になってしまいますな。

次はバスケットの未来を読みたいな。とりあえずはNBA Playoff、大変楽しく拝見しております。
[PR]
by april_foop | 2008-04-24 00:00 | 文字
2008プレイオフスタート
d0055469_23414728.jpg08/04/19 PHX115-117SAS(2OT)
のっけからスゴイの観ちゃったなー!
2008 Playoff

いよいよ始まった2008プレーオフ。初っ端は毎年当たってるような気がするPHX×SAS。シャックは早々にファウルトラブルながらも、序盤のペースを握ったのはPHX。アマレを中心にして着実に得点。しかしこれ、SASのディフェンスを崩し切っていたわけではなく、あくまで100点以下のペース。点差が開いたのは、SASのオフェンスがよくなかったから。しかし外が入らないとみるやすかさずバリー投入のポポビッチ。これがまんまと当たって、即3Pを沈めてみせるバリー。このへんの層の厚さと、リズムが崩れても慌てないのがSASの強さよね。

一時2桁のリードがあったPHX。しかし、追い上げられながらも簡単には逆転を許さず、追いつかれてなお一進一退を繰り返し、3点リードで最終盤。残り20秒、SASが最後のオフェンスを託したのは……、フィンリー! そして起死回生の同点3P〜〜! 最近めっきりシュートが入らないフィンリーだけど、クラッチシューターっぷりは健在でした。そういえばこの少し前にも同点3Pを決めてたっけ。とにかくPHXから勝利がこぼれ落ちた瞬間。

がしかしオーバータイム開始早々ナッシュがジャンプシュートを突き刺して、このままでは引き下がらない決意を表明。やはり3点リードしてついに残りは15秒。ジノビリのドライブからパスアウトした相手は、アークの外に立ったダンカン! そして起死回生再びの同点3P〜〜〜!! これなんと今シーズン初めて成功したダンカンの3P(アテンプトは5回目)。誰も予想しなかったろうけど、ボールが渡った瞬間入ると思ったわ。そのくらい本気のダンカンは凄かったもの。で、ダブルオーバータイムへ。

ついに流れはSASに行きながらも食らいつくPHX。SASが2点リードして残り時間は20秒。ファウルゲームに持ち込み、バリーが1投落として3点差。ここでナッシュが電光石火で起死回生の同点3P〜〜〜〜!!! まだもつれるのか!と思った矢先にジノビリがドライブから決勝シュートをねじこんでTHE END。最後の最後までどっちが勝つかわからない、手に汗握るグレイトなゲームでった。

しかし本気モードに入ったダンカンは圧巻。シーズン最後のUTA戦でも感じたけどプレイレベルが段違い。まったくシーズン中はどんだけ手を抜いてるんだって思うほどの40pt、15reb。点差はわずか2点でPHXもやはり強いけれど、SASが4-1くらいで勝ち抜けそうです。連覇の可能性はズバリ55%(ズバリなのか?)。
[PR]
by april_foop | 2008-04-20 00:00 | 体育
WJBLファイナル2008!
d0055469_22483686.jpg実は秘かに注目しているWJBL。といってもたまのテレビ中継と結果しか追いかけていないけれど、5戦目までもつれた富士通vsJOMOのファイナルがついに決着!
::::: WJBL official site :::::

昨年と同じ顔合わせの今ファイナル。雪辱に燃える富士通と、レギュラーシーズン1位のJOMO。ちなみに1月のオールジャパンも同対戦で、富士通が勝利。個人の運動能力はJOMO。シュート力と高さは富士通といったところで、1、2戦は手に汗握る大接戦。どっちも交互に流れをつかんで、なかなか決定的なリードは奪えずおもしろかったわ。3、4戦はそれぞれ後半に爆発して、ワンサイドゲーム。そろそろお互いの戦術も出し切って、疲労もピークって感じ。てのが昨日までの展開。戦力はかなり拮抗してるように見えたな。

JOMOは山田が入ると、シャックの入ったPHX(ごめん、NBAネタ)がなんとなく頭に浮かぶ(って1ゲームしか観てないけど)。Wチームを呼ぶ力はあるけど、ディフェンスやスピードでブレーキかかっちゃう短所があり。富士通は全員が3Pを打てて、中に起点はないけどとにかくパスをつないで外が空いたところでズドン。わかっていてもなかなかつききれない威力。

そして運命の最終戦! と意気込んだのに録画ミスによって3Qからしか観られず。。しかもすでに富士通が15点リード。それ以降点差が詰まることもなく、富士通が逃げ切って、初優勝! あぁ、なんだこのオレだけ不完全燃焼は…!

シーズンMVPのJOMO大神は、個人技に磨きがかかって抜群だなー。熱くなったときにやや焦りが出るのは相変わらずではあるけど、MVPも納得。対する富士通のエース矢野は依然最強。1対1もできるし、勝負強さは抜群だし、当たり出したらとまらないしで、ホントにクール。チームメイトを叱咤激励する姿にも意外なリーダーシップを感じてみたり。個人的に注目はJOMO吉田。パスセンスが光って運動量豊富。アウトサイドが安定したら日本代表クラスのPGになりそうだけど、どうでしょう。吉田が富士通にいたらすっごい強くなりそう。

なにはともあれ、カラーの違うチーム同士の接戦が観れて、NBAとはまた違う楽しさがあった今ファイナル。優勝し涙を流す富士通の選手たちを観て、ああガチンコのチームスポーツがやりたい!と心底思ったぜ。草スポーツでいいから、あの緊張感あるフィールドに立ちたい! 初級レベルのバスケorフットサル大会に出んぞ!!

話は飛ぶけど、ヤオ・ミン疲労骨折で全治4ヶ月だって! 北京にはなんとか間に合うらしいけど、残念だなぁ!!
[PR]
by april_foop | 2008-02-28 00:00 | 体育
NBA ALL STAR 2008 オリンピックが楽しみだ
d0055469_12547.jpgカラダはガタガタだけど、オールスターは欠かせませんネ。今年はニューオーリンズで開催〜!
NBA.com: ALL-STAR 2008

今年はBS-1が、前日にオールスター特番を設けてくれて、そこで本戦以外のアトラクションのハイライトを流してくれたのはかなり嬉しい。できれば各種目の競技は全部流してほしかったけど、あまり贅沢もいえないか。とにかくD.ハワードの3本のダンクは全部度肝抜かれました。とんでもない運動能力だなー。モンスターです、間違いなく。

で、本戦。ここ数年のトレンドは、前半は大技狙いのお祭り騒ぎ、後半から本気モードという流れだけど、今年もまさにそれ。アリウープ連発やトリッキーなプレイで華やかに盛り上げつつ、いつの間にやら1点勝負の攻防になっていておもしろいわ。キッドtoレブロンtoハワードのWスカイアリウープには痺れたな〜。け、ど、個人的には本気モードのプレイが好きでっせ。4Qでベンチ含めてほとんど誰も笑ってなかったのはさすがにちょっとやり過ぎかもと思ったけれど(と思った瞬間、ヤオ・ミン半笑いを抜かれる)。

光ったのはご当地プレイヤー、C.ポール。オールスター軍団を率いてもその支配力は少しも曇ることなく、瞬殺系の派手めパスから、ポストに確実に入れる地味めパスまでボールの出し入れは自由自在。ドリブルも隙はないし、シュートもスティールもいけちゃうんですからね。素敵過ぎます。常連組はさすがな感じ。久々のR.ウォレスは左手3Pを連発。しかも1本入れちまう上に、フォームが美しいんだからスゴイ。ゾーンに入ったR.アレンもさすがだなー。ボストンじゃ控えめにプレイしているけど。B.ロイ君はスマートなプレイヤーだね。エースタイプじゃなさそうだけど、チームを支えるグッドプレイヤーだわ。

d0055469_1124160.jpgてことでラスト1分までもつれた勝負はイーストが勝利。MVPはオールラウンドに活躍したレブロン。なんだか覇王的なオーラ。ふと思ったのは、キッドとかナッシュとか、それこそポールとか、優れたPGと同じチームにいたら、レブロンのプレイってさらに進化しそうな気がするんだけど。なんかまだ完全にチームプレイをコントロールしきってはいないように思うから。まあサポートのメンバーにもよるか。

さてさて、北京に行くメンバーはこの中から多く出てくるだろうけど、非常に楽しみだわ。ここんとこ世界大会を制せてないアメリカ。一体どんなメンバーでどんなゲームをするのか。その前に、大トレード乱発のレギュラーシーズン。プレーオフに向けてどうなっていくのか、目が離せません!
[PR]
by april_foop | 2008-02-18 00:00 | 体育
NBAマガジン2007-12月号
d0055469_0424261.jpgBS1、ありがとう! ついにわがニューオーリンズ・ホーネッツのゲームを放映してくれました。今回はこのゲームレビューを。
NBA.com Hornets at Bobcats Game Info

もうMVPはこの人にすればいいじゃない。CP#3ことクリス・ポール! 久しぶりにゲームを観たけど、めちゃくちゃ成長してんじゃないか! 元々ボールハンドリングもパスセンスも図抜けていたけど、今や完全なるフロアリーダーでプレイメーカーで、ゲームを支配しきってましたわ。格下チーム相手とはいえ圧巻のプレイぶり。

とにかく視野が広く、キープ力とバスのスキルがしっかりしてるので、ディフェンスにまったく的を絞らせない。そのうえドライブも巧い。ドリブルテクとチェンジオブペースで翻弄しまくって、置き去りにされたディフェンスが慌てたところをあざ笑うかのようなパス。シュートもいつでも行ける状態でパス。パスを防ごうとすればレイアップありスクープショットあり。あげく、間合いを空けたら3Pがズドン! 速いけど速さに頼らず、戦況とディフェンスを見極めきった上でのプレイの選択が絶妙。チームをコーディネートするその能力はすでにナッシュ級。

なにがすごいって、3年目のこの小さな大エースをチーム全体が信頼しきっていること。どんなシチュエーションでもまずCPにボールを入れることですべてが始まる。リバウンドとったら必ずCP。前が空いていてもとにかくまずCP。このチームとしてのイズムの統一、大黒柱があるということがすべての戦術を支えていますわ。

サポートキャストも役割をしっかり果たしてました。チャンドラーは、まだまだ荒削りだけど、ディフェンスは一生懸命やってたし、なによりよく走ってオフェンスにも参加。チームのセットにしっかりフィットしてました。ストヤコビッチはもう少し確率をあげてほしいけど、やっぱり3Pがあると思わせることだけでも魅力的。モーピーは相変わらずオフェンスセンスを感じないけど、ディフェンスで意外と力を発揮できたりするし、5人目の先発としては合格点。とどめは生え抜きのウェスト。シュート力はもちろんだけど、パス含めたボールの扱いが巧いのなんの! 中でも点取れるし、なんて頼りになる男。4Qの3連続得点は素晴らしかった。

オフェンスもディフェンスも組織でプレイができてて、これはなかなかにバイロン・スコットの手腕かも。ゲーム運びで甘さがときどき見られたのが引っかかるけど、それは徐々に改善されてくと信じましょう。

ただし、シャーロットは弱過ぎた。オフェンスは1on1頼みでたまのノーマークも落としがち。リバウンドは目も当てられず。ディフェンスはチームとしてほとんど機能せず、チャンドラーに何本ダンクされてんだって具合。J-RICHのダンク見れたのはよかったけどね。

12/30現在、我がNOHは20勝10敗の好成績。主力の故障さえなければプレーオフはまず確実。カトリーナ級の旋風をリーグに起こすのだ! もちろん指揮するのはCP#3で!! いやー興奮するゲームだった。
[PR]
by april_foop | 2007-12-29 00:00 | 体育
リアル(7)戦う意志にハンデは無用
d0055469_019586.jpgようやく1年が経ったのか。『リアル』7巻読了。新刊出るたびに通刊読み直してしまう性よ。。この年1冊ペースで、井上センセに終わりは見えているのか? このまま10年続けても、到底オチがつくとは思えないけど、まあいってもはじまらないね。

はい、面白くてあっという間。実質15分でフィニッシュ。バスケットシーンも多く、新キャラも出てきて楽しいけれど、高橋登場回数ゼロ。今頃どうしているのやら。夏美なんてもう二度と出てこないんじゃないか? ヤマが日に日に衰弱しているのも気になるぜ。

さて、収録された6話の中でも障害者たちのハートの強さが前面に押し出されてました。井上センセーは例え体を傷つけられても変わらずに残る(いやむしろ鋭敏にすらなる)人間の尊厳を描きたいのかな、やっぱり。と同時に弱さを認めることをメッセージしたいのではないかと思わされる。例え足がなくても体が動かなくてもそれはもはや個性でありアイデンティティ。そこんとこバスケシーンでも象徴的に描かれていて、二重に投げ掛けてくるのはサスガです。

大事なのは逃げないハート。それがあれば道は開ける。タイガースの、野宮の未来があと1年観られないなんて苦痛だぜ!
[PR]
by april_foop | 2007-12-04 00:00 | 戯画
NBAマガジン2007-11月号
d0055469_128443.jpg早く書かなくちゃと思っているうちに開幕から早くも1カ月弱! 今年はBSの放送が週3ペースと去年よりも増で、嬉しい限り!(追いつけてないけど) 楽しませてくれておりますNBA07-08シーズン。
NBA.com
何試合か観た中の印象をとりとめもなく。

開幕はPOR@SAS。王者は連覇に向けて盤石のスタート。何も変わらずただただ鉄板。パーカーはさらにアンストッパブルになりつつあって驚異だわ。それよりサプライズはPOR。オルドリッジがかなりいい! ランドルフ放出も納得。このまま成長すればかなり楽しみ。ただ、コーチが欲しいのはJ.オニールではない、ということだけはいっておきましょう。T.アウトローやM.ウェブスターあたりももう少し伸びてくると面白いけどね。

DET@MIA。ウェイド出てなくてつまらん。DETは年々迫力がなくなっていて、強いのはわかるけど優勝は厳しそうだなぁという印象。ラシード、もっとがんばれ。ビラップスも安直なシュートは止めて! ウェイドが帰ってきても低迷中のMIA。気合いを感じるのはモーニングだけか。

WAS@BOS。大トレード断行のBOS。チームとしてはまだまだ全然機能してないのにビッグ3の能力が高過ぎて超強くなってる。。ビッグだけどアンセルフィッシュな3人は、それぞれを殺すことなく今まで通りのスタッツを残しちゃってるよ。この3人がいるだけでサポートキャストのスタッツも向上。ロケットスタートに成功して、この先ケミストリーが整ってきたらどこまで強くなるんだ!?

DEN@NYK。DENは相変わらずディフェンスがザル(ジョージ・カールどうした?)で、結局アイバーソン&メロってあんまり有機的なデュオじゃないんだよね。で、ネネはいつ化けんのよ? タレントは揃っても未だチーム力のないNY、まだまだ低迷は続きそう。このチームにシステムを構築できるコーチ、いないの? アイザイアじゃ無理だってば。

DAL@GSW。去年の大アップセット再現か?といわんばかりの大接戦。なんとか勝ったけど、DALは完全に苦手意識? にしてもバロン・デービスはすごすぎ。リバウンドダンクなんて思わず飛び上がっちゃったよ。DALは今年優勝できないとそろそろ下降線が見え始めそうで怖いです。キューバンもなんだか元気なし。

CLE@SAC。CLEが強いと思ったことって一度もないんだよね。レブロンは凄いんだけどさ。どうもサポートキャストにIQを感じられないわ。レブロン頼みでプレーオフは行けても優勝は当分ないでしょう。SACはガタガタなんだね。ブラッド・ミラーの覇気のなさはびっくりするよ。あんなに熱いプレイヤーだったはずなのに。。でも全員帰ってくればそこそこ強いはず。

LAL@SAS。力の差、歴然! フィル・ジャクソンをもってしてもいかんともし難いのか!?

ごひいきのNOHは好調なスタート。ケガ人が出ないうちにゲームが観たいぞ。あとはメンフィス入りした世界選手権でベタ惚れしたファン・カルロス・ナバーロが観たい!! さあ、半年間みっちり楽しませておくれ!
[PR]
by april_foop | 2007-11-23 00:00 | 体育
NBA FINALS 2007 SWEPT AWAY!
d0055469_38179.jpgNBA FINALS 2007はSASが4連勝フィニッシュ! 予想通りということですなー。
NBA.com:FINALS 2007

完全に地力の差が出たGAME1と2。3と4はCLEもSASのオフェンスに慣れたようで、なんとか接戦には持ち込めたものの、結局SASのディフェンスを崩せないままで、4戦平均81.5点しか取れず。点差以上の完敗というしかないね。

キングは最後まで迷いを振り切れず。これはやはり若さゆえか。GAME4の終盤、ドライブからすべてアシストに切り替えた時間帯だけ迷いがなくなってて、これは新しい姿かもしれないと思ったけど、長続きせず。てかやっぱエースは点取らないとダメか。最後までボーエンの守り方は徹底されてたなー。

SASにも穴がなかったわけではなく、確率の高いプレーを求めるあまり、自分たちからオフェンスを重くし過ぎる傾向があり。オープンなのにパスを回して、ズレた相手ディフェンスローテが自然修復しちゃったり。それでも要所で3つのオフェンスオプションを持ってるのは強みね。ダンカンのインサイド、パーカーのドライブ、ジノビリの1on1。そしてベンチは日替わりで誰かしら活躍。そうそう、フィンリーはパブロビッチに抜かれ過ぎ。34歳、老け込むには早過ぎるってば。

これならPHXやDALに勝たせてあげたかった気すらする。UTAとCLEでいい勝負だったのかなーと思いやす。ただ、キングにとってこれはさらなる進化のきっかけになるでしょう。来季に期待。ただし、CLEは今のメンツじゃこれ以上の伸び代はない。ギブソンはシュート力を来年も維持して、ちょっと久しぶりの2巡目スターになれるかな?

ま、なにはともあれ1年間おつかれさま。また11月に会いませう!(ジャパンゲームやってよ、そろそろ)
[PR]
by april_foop | 2007-06-15 00:00 | 体育
NBA FINALS 2007 スイープの可能性
d0055469_23221252.jpgd0055469_23222374.jpg昨日スタートしたNBA FINALS。下馬評通り、SASが先勝!
NBA.com:FINALS 2007

点差こそ9点だけど、内容はSASの完勝に近かったような。ノーマークのジャンプシュートがもう少し普通に入っていれば、もっと点差は開いてたように思うぜ。というくらい、SASのディフェンスが完璧。これはスイープの可能性も少なくはないなー。

まずレブロンはボーエンがさすがのマンマーク。Wチームのタイミング、どこまでを誰が追うのかの指示が徹底されてたのが見事。それをしっかり体現できるチームディフェンス。さすがっす。ローテーションした分、グッデンやパブロビッチに少し点数取られたけど、大局には影響なし。しかしボーエンの反応は素晴らしい。ナッシュに付けなかったのは、スクリーンの掛け方、使い方の上手さなんだな、やっぱり。

レブロンは簡単にドライブできないことでリズム悪し。オフェンスのセレクトも遅れ気味。外を棄てられたからには、ある程度ジャンパーを入れて行かないとどんどん中を固められちゃうよなー。にしてもダンカンもスマートかつタフなディフェンスするよ。そしてSASのディフェンスリバウンドも特筆事項。G陣もちゃんと取りに行く&ティップするもんだから(結果的にインサイドが取るんだけど)、常に数的優位に立ってるもんね。こういう積み重ねができるのがチーム力なのね。

ということで、CLEにはスノウの起用を薦めます。ダンカンにはすべてWチームして、あとはパーカーにドライブさせないこと。そして外が落ちるのをひたすら祈るってのが基本になるのでは。レブロンの反攻にも期待しませう。

スイープ、十分にありえます。
[PR]
by april_foop | 2007-06-09 00:00 | 体育
NBA PLAYOFFS 2007 キング戴冠。その先に待つもの
d0055469_7434367.gif海外へ行ってる間にNBAはいよいよ最終決戦目前! チーム史上初のファイナルに進んだレブロン率いるCLEとここ10年のファイナル常連SAS。さあどうなる!?
NBA.com:FINALS 2007

ついにイースト頂点に立ったCLE。オフェンスは改善されないけどディフェンスを一生懸命がんばった結果かな。にしてもレブロンの破壊力はすごかった。CSFのゲーム5は驚異的。多分細かいテクやジャンパーのバリエはコービーのほうがあるんだろうけど、それを凌駕するみなぎる速さと強さ。ボディコンタクトしてからがレブロンのゾーンて感じだもんね。

でも、まだ頂点に立つには早いだろー。チームはまだ欠陥があって、やっぱりレブロン以外が物足りな過ぎる。ギブソンがラッキーボーイ化してるけど、ちょっとしっかり守られたら消されそうだしね。とりあえずここはファイナルで惨敗して出直してもらいたいです。

一方のSAS。プレーオフに入って本気を出すダンカンはやっぱり大黒柱。UTA相手ではダンカンが頑張らずともジノビリにエンジンかかってきて一蹴。経験の差と合わせて、CLEに4つ負ける気はしないなー。とはいえレブロンは止められない気がするけれど。

ファイナルを前に思うのは、やっぱりDALが一回戦負けしてしまったことが勿体なかったな、ということ。ウェストのCFがあっさり決まってしまったのもここが原因だもんね。まあいっても仕方ないけどさ。

ファイナルは日本時間8日から。熱い戦いと超絶プレーを期待します!
[PR]
by april_foop | 2007-06-02 00:00 | 体育