ローテク大好き
d0055469_0183319.gif朝イチでサンプルセールに参戦。causeのスニーカーを2足ゲット。しめて6000円(定価はそれぞれ1万5000円オーバー)、のところ、日頃よくしてもらってる美人プレスさんの一声でさらに安くしてもらって5000円に!  ハイカットは初めて買ったよ。なんせこの値段だからチャレンジもしやすいやね。満足満足。

スニーカーつながりじゃないけど、仕事でちょっとピストルズの調べものしてたらこんなサイトに。
デストロイ・エキサイト
ピストルズの写真展についてなんだけど、"シドが愛したコンバース"なんつって、コンバースのミュージックスニーカー診断なんてものが。ものすごいあっさりした診断だけどね。強引なタイアップだなぁ。。

で、その足でコンバースのサイトに。今年も色とりどりなモデルが出てるなー。なんだかんだでカワイイよね、コンバース。とかいいながら一足も買ったことないんだけど。で、このサイトの中のミニゲームがかなり熱い。てかムズイ! ついつい熱中してしまった。問題は、クリアしてもらえるものがコンバースの特製壁紙っつー全然いらないものってこと。モチベーション下がる。。
converse

おニューのスニーカー買って気持ちいいって話でした。お粗末!
[PR]
# by april_foop | 2005-06-09 00:00 | 閑話
感想/対岸の彼女(単行本)
祝! サッカー日本代表、ドイツワールドカップ出場決定! 正直、予選は全然応援してなかったけど、本戦はしっかり応援しますので。

直木賞作「対岸の彼女」を読了。角田光代氏の本を読むのは初めて。なんとなく面白そうだな、というイメージを持って読みはじめたわけだけど、やっぱ面白かった。最初は低めのテンションで、重たいかなーと思っていたけど、表面から内側に浸透するように、徐々に徐々に掘り下げられていくうちにどんどんのめり込んでいきました。
d0055469_22321740.gif
主人公の女性二人を交互に語る構成は、現在と過去にも分けられ、それが少しずつ少しずつ交錯し、ラストで一つの結論に見事落とし込んだテクニックはお見事でしょー。斬新とは言えないかもしれないけど、これだけ流麗にまとめられるのはスゴイなぁ。

学生時代から社会に出て、そして家庭を持つようになってまでの女性間のコミュニティを二人の主人公の目を通して描いた物語。完全女性視点で女性の世界を描いているから、すべてを理解できるってわけでもないけど、自分のすぐ隣にある世界なわけだし、実際にこの話に登場するようなシーンも目の当たりにしてきたわけだから、親近感かなりある。

この本のいいところは、コミュニティと自分の繋がりというのを切り口にして、そこから人間同士の係わりみたいなものを問うているところ。甘過ぎず辛過ぎず、クールにその機微を切り取ってるところがいい感じ。人間はなかなかわかりあえない。それどころか、誤解されてばかりなうえ、時に傷つけられたりもする。

↓引用。響いたセンテンスです。

"なぜ私たちは年齢を重ねるのか。生活に逃げこんでドアを閉めるためじゃない、また出会うためだ。出会うことを選ぶためだ。選んだ場所に自分の足で歩いていくためだ"

歳を取ると、今まで積み重ねた経験と財産で人間関係をやり過ごせてしまったりする。関わりを避けることだってできる。手持ちの友達とうまくやったり、新しい出会いに対しても過去の経験則だけで行動していたり。でも人は一人一人違う。それぞれの過去があって、現在がある。この人はこういう人だ、っていう思い込みで生きてちゃいけないんだなー、と思わされました。

川は途方もなく広いものもあれば、飛び越えられるものもあり、流れが急なところも緩いところも深いところも浅いところもある。橋があるかもしれない。橋を架けられるかもしれない。そもそも対岸は近いのか遠いのか、何があるのか、何もないのか。んー、深いぜ。ホント面白かった!
[PR]
# by april_foop | 2005-06-08 00:00 | 文字
面接アドレナリン
週間予報見るとほとんど曇り&雨じゃないスカ。こりゃいよいよ梅雨入りですか。何が嫌だってチャリ通できなくなることっすよね!

本日、先日応募した求人の面接にいってまいった(書類が通ってたのよー)。夕刻6時の面接に向けて会社を抜け出すオレ様。道すがらいろんな思いをはせる。なんだかんだで現職に未練があるのだね。なんせファッション誌業界、相当華やかで楽しいのです。それにひきかえスポーツ誌はしょせん専門誌。これ、意外に世間に認知されにくい性質だったりするのです。オレん中に同居してるミーハー心とヲタ心が葛藤。揺れる編集者心。

とかいいながらも、ついに現場へ! 5分前に到着すると、前の受験者が面接中。パーテーションで仕切られただけの応接スペースでやってたために、受験者の顔がチラリと見える。ふん、オレのほうがデキがよさそうだ。ってこんなこと大学受験の頃からずーっと思ってるな。どんだけめでたいんだ、オレ?(笑

で、いよいよ出番。ほどよい緊張感を持って臨む。昔はかなり緊張したもんだけど、もはや転職も2度目。それ相応のキャリアも積んでますから、自信を持って質問に回答。むしろアドレナリン大噴出。なんだこれ、すげー気持ちいいぞ。この面接独特の"試されてる感"がたまんねーなー。必要以上に喋りたくなる。もっと聞いてくれ! そして冗談の一つも言いたくなる。てか言ってみる。面接官失笑。あれ、ツボ外した?(笑

すったもんだして、約25分間の面接終了。けっこう長々とやった気がするなー。終わってみると、面接官の質問に答えただけだったかも。もっとドンドンぶっちゃけて、自分で流れ作っちゃってもよかったかもなー。でも妙に清々しい気分。なんか本気で楽しかったわ。結果はどっちに転んでもいいかも。御縁がありますかどーか。

帰社して、同僚に報告(面接受けに行ってることはすでにカミングアウト済みexcept編集長)。とりあえず気分すっきり入稿作業に勤しむこと深夜1時まで。結果は来週、書面でくるとのこと。続報を待て!
[PR]
# by april_foop | 2005-06-07 00:00 | 生業
どこまで行けるか。
ナイキのサイトが面白げなことやってるー。
naikebukatsu.jp

なんかPCとケータイを使ったゲームみたいだね。テーマは部活。「ナイキ部」なるものに入部(登録)して、いろんなクイズやらなんやらを楽しむ模様。すごいところは、チーム登録することでより部活感を出してるところ。チーム全員でクイズに答えたり、目標を設定したりできるらしい。

とりあえず登録してはみたものの、チーム登録しないと盛り上がらない感じ、なのかな? まだイマイチ理解しきれてないんだけど、興味あるヒトいたら一緒にやろーぜー。ちなみに称号診断なるものがあって、オレは"突撃アツイ奴"でした(笑

ナイキのこーゆー試み、すごい好きですな。「部活」なんつーアスリート心をくすぐるモチーフも流石。ナイキ契約選手たちのメッセージとかも随時アップされるんだけど(田臥とか上原とか為末とか)、彼等を"センパイ"と呼ぶあたりも徹底してるよねー。このダサカッコよさは見習いたいと思います。とりあえず一度みなさんご覧アレー。
[PR]
# by april_foop | 2005-06-06 00:00 | 体育
粗相しまひた。。
今日は戦前の予想を覆して晴れ。よかったねー、なんせ多摩川河川敷にてBBQですから! てことで午前10時過ぎに現地集合ー。すでにBBQ客いっぱい。中には11時過ぎには食べ終えている強者も。それ朝飯かい! そのほか、金魚放流イベントなぞもやってたみたいで子供たちもわんさか。アイスキャンデー売りもチラホラ。

ほどなくウチらも火起こし部隊と買い出し部隊にわかれて準備は着々。予定どおり昼過ぎには飲食スタート。すっかり空は晴れ渡り、気持ち良くビールを飲み、肉汁したたる肉を喰らう。んー、ジュースィー。女性陣がラジカセまで持ち込んでくれたおかげでさらに気持ち良さ倍増。

調子に乗ってガンガン飲む。酔っ払う。だいぶ上がる。気が付くと、あれ、なんかスゲーふらつく。トイレに立とうとすると足がもつれる。あ、これヤバイかも、とか思う間もなく頭グルグル。本気でマズイ……。そこまでは飲んでないと思うんですけど。

気が付けば草むらに座り込んで動けなくなるオレ。どのくらいたったのかわかんないけど、そろそろお開きらしく、友達が見つけてくれて介抱してくれてるっぽい。なんとか動こうと思ったら案の定といいますか、あえなく嘔吐。あー、河川敷を汚して本当にすみません。。ノットエコロジーな僕を許して。どうしようもなかったんだもん!

てことで後半まったく記憶がないまま、友達に手を引かれるように電車に乗り込んで帰宅したのが多分18時半とか。即、爆睡。否、昏睡。目覚めたのは翌朝7時半。ホントひどい目にあったぜ。
d0055469_1135367.gif
27歳の教訓/青空ビールに浮かれるな。
この写真撮ってたころは元気だったんだけど。。
[PR]
# by april_foop | 2005-06-05 00:00 | 閑話
一周忌
去年の5月に急逝した高校の友人の一周忌がすぎたので、今日は同級生たちとお墓参りに。あの急な出来事からもう1年経ったということに驚く。そういえば一人暮らしをはじめてから、実家のお墓参りにもまったく顔を出してないから、お墓参りって相当久しぶりかも。

墓石を洗い、お花を供え、お線香をあげる。そして手を合わせる。この1年、ふとしたときにこいつのことを思い出すことがあった。手を合わせながら思ったけど、思い浮かぶのはたいがい笑顔で、そういえばこいつスゲーよく笑ってたんだなーとか思ったりもする。通夜のときの最後のお別れの顔もまったく忘れられないんだけど。

どうしても、死んだ人間のことって話題にしづらいけど、もっともっと思い出すためにも、いろいろとみんなで話したほうがいいのかもしんねーなー。

帰宅してジムへ。一緒に陸上部で走ってたことを思い出しながら走ってみました。
[PR]
# by april_foop | 2005-06-04 00:00 | 閑話
mean machine
以前仕事でお世話になっていた人が独立して、この秋冬からブランドを立ち上げた。その名も「mean」。今日はそのmeanの展示会へゴー。

ベーシックなウエアの中に、サーフ&ロックなデザイナーの感性が落とし込まれて、かなり面白いディテールが満載。シルエットや、カット、加工など、あんまり見たことなかったギミックがあってけっこういい感じ。決して奇抜なわけでもないし。

ブランド名の由来は、"すべての出来事には意味がある"というデザイナー自身の哲学から。日々の出来事は、ネガティブなものにさえなにかしらの意味がある、って考え方。例えば財布を落とす。かなりの損失だし、いいことじゃないけど、そこから反省したり、拾ってくれた人と出会えたり、とか、とにかく何かしらをもたらすはずだ、って感じね。無意味なことなんて何もないと。これはスゲー共感できる。

つーか、意味があるかどうかは実際のところ大した問題じゃないし、極論すればあってもなくても構わないんだけど、あると思って生きてくほうが楽チンだし前向きだよねー。何やっても「あー無意味だ」とか思ってたらスゲーつまんないもん。そんなん気分悪いし。

てわけで、meanの洋服のディテールには、すべて何かしらの意味を持たせてるんだって。好きですよ、そーゆーの。ま、意味があるっていってもなかばこじつけなんだけどね。そーゆーのも好きっす。

今日、渋谷で朝まで飲んだことも何かしら意味があるに違いない。うん、違いないさ!
[PR]
# by april_foop | 2005-06-03 00:00 | 閑話
感想/サヨナライツカ(文庫)
d0055469_126566.jpg"ハブる"とかの"ハブ"って"省く"が語源だと思ってたら、"村八分"の"八分"が出どころなんだって!  今日のびっくり発見でした。

「サヨナライツカ」を読了。辻 仁成を読むのは「冷静と情熱のあいだ」以来。なんとなく本人のキャラクターがあまり好きではなく(漠然としたイメージしかもってないけど)、なかなか手が伸びなかったけど、同僚の「絶対泣けますから!」という強い推薦の言葉に押されて文庫を購入。

正直、引き付けられた。別段泣くような話でもないけど、心に響くものはあったなー。設定そのものは強引というか、出来過ぎ感もあるんだけど、そういうのはこのお話では問題じゃない感じ。とにかく主人公2人が秘め、燃やし、叩き付け、想い続ける感情の波の強くて激しくて高いこと。ひたすらに燃やし続けられる情熱は、読み手の持っている恋愛感情を刺激して、時に助燃作用すらもたらすみたい。だから、涙が出る人も多いんでしょう。

別に奇をてらうでも、うまいこと言うでもない文章なのに、どんどんとのめり込むのは、多分、作家の魂が乗り移ってて、それがもろ伝わるから。あと気が気じゃなくなるような焦らしのテクね。そもそもこの物語、まったく美談でもなんでもないし、けっこう無茶でまどろっこしいことやってるのに、描かれてる愛情に尊さすら感じさせちゃうんだからすごい。でもってかなりエゴイスティック。人間くささ満点。

って、これ、中山美穂で映画化しようとしてたけど、2人が結婚しちゃったから公開中止になった、っていわくつきだったのね。知らんかった。ますますもってエゴイスティックですね、辻センセーってば(笑
[PR]
# by april_foop | 2005-06-02 00:00 | 文字
いいことあったぜ!
ついに念願叶いました!

ってほどのことじゃないんだけど、相武紗季ちゃんに会った。いや、会ったというより見た。ミスドの新商品記者発表会にて。いやー無茶苦茶かわいかった! さすがはポスト広末! 10年に1人の逸材!!(某週刊誌記者談) はっきりいって、この子、写真写り悪いのかもしんない。雑誌とかで見るとどうもイマイチだったりするもんね。映像だと死ぬほどカワイイのに。てか、生で見るのが一番ですね。確信した。この子はもっとブレイクする!! はず。。
d0055469_905293.gifd0055469_91722.gif
発表会の内容は、夏の新商品群の発表と、ミスド35周年のキャンペーン紹介。でCMキャラクターの紗季ちゃんが登場して、一部プレゼンしたわけ。衣装は創業当時のユニだそーで。なんかミスド、今、台湾で大人気らしーっす。毎日お客さん殺到らしーっす。

登場したドーナツ類は、カリーパンやパイもの含めて17種。すべて試食させてくれて、もちろん美味しかったんだけど、食べきれるわけもなく、1口ずつかじって後は全部残した。もったいなかったけど、どうしようもない。朝からそんなにドーナツ食えないって。一押しは「ポン・デ・フロマージュ」と「焼きいもセサミパイ」かなー。あ、9月からおかわり自由のカフェオレを投入するんだって。これ、スゴイよね。

気になるキャンペーンは、6月29〜7月3日の期間中、600円以上お買い上げでミスドの復刻グラスをプレゼント。これ欲しいわー。数に限りアリ&お一人様1個限りだそうなのでお早めに。あと、35周年にちなんで、「35文字のドーナツエッセイコンテスト」も開催。タイトルどおり、35文字でミスドにまつわるエッセイを寄せるというもの。優秀賞および特別賞には旅行券10万円分などなど。オレも応募してみよーっと。

て感じで、「いいことあっるぞー♪」のコピーどおりの発表会でした! 相武紗季、本気でカワイイ!
ミスタードーナツ
相武紗季
[PR]
# by april_foop | 2005-06-01 00:00 | 生業
編集長の苦悩
昼間、日産の新型セレナ発表会へ。らしいデザインになったなー。シートアレンジの簡単さは特筆点。5ナンバー最大の広さを謳い、定員は8人だけど、さすがに8人乗車はきつそう。でもよさげなクルマでした。レジャー派にオススメですな。
d0055469_9374350.gifd0055469_9381878.gif

んで夜は、ライターの先輩と飲み。久しぶりにブクロで飲む。豚料理(美味かった!)といろんな話を肴に。仕事、家庭、社会、などなど。同業者の話はやっぱり聞いてて参考になること多し。
とんちゃらり

ほろ酔い気分のところで、誰か呼ぼうかという話になり、前の会社の人に電話。もう23時だったけど、仕事がまだ終わらないから会社に来いというお誘いをいただく。ノコノコと訪ねる。前副編集長だった先輩はこの春から編集長に就任。ものすごく苦労してるみたい。本はまずまず調子いいみたいだけど、会社と部員の間にはさまれてニッチもサッチもいかないらしい。

こういう中間管理職的苦悩ってすごいんだろうね。今の会社の編集長もいろいろと社内的な板挟みでしんどそうだし。長の責任の重さたるや、いかばかりでしょーか。てか自分が編集長とかになるイメージがちーとも湧きませんや。早い人は同い年でもじゃんじゃんやってるだろーに。
結局1時30分くらいまで懇談。改めて飲みに行きましょうね、と告げて失礼しました。

全然関係ないけど、「ブクロ・ブログ」なんてどーでしょ? 語感的にね。。
[PR]
# by april_foop | 2005-05-31 00:00 | 閑話
感想/とげ(単行本)
d0055469_1373841.gif嫌な雨だけど、電車通勤なら本を読めるってのがメリットだよねー。

てことで、「とげ」by山本甲士を読了。主人公・晴之は関西の地方都市で地方公務員を勤める男。仕事に家庭に次々とふってわいたトラブルに追われ、あちこちで抱える矛盾やストレスに関西弁で毒づくドタバタ奮闘記。"小学館に勤める知り合いがイイって言ってましたよ"なんつって同僚に渡されたんだけど、この本、版元が小学館じゃんね。それ信じていんすか? みたいな(笑

文章はどうってことないけど、いろんなエピソードを並べてる割には特に破たんもなく、展開はとてもスムーズ。会話の関西弁も手伝ってかテンポもよくて読みやすい。晴之は、役人の体質や旧態依然のシステムに物申してみたり、かと思えば迎合してみたり、見事なまでの等身大小市民。しかし絶え間なく連鎖するトラブルが晴之を少しずつ焚き付けて、最終的にはドエライことになってた。

けっこう無茶苦茶なトラブルの中で主人公は痛快なまでに立ち回り、ラストでは見事などんでん返しを見せてくれるから、一応はハッピーエンドな感じで面白い。なんだけど、晴之はかなり狡猾でえげつない手段を取ってるもんだから、どうしてもキャラとして愛しづらいところがあるんだよねー。
なんか弱きが強きを挫くっていう古典的王道をベースに、あえて現代的に毒を含ませてアレンジしたって感じだけど、一応の正義感ある身としては、それを受け入れることに抵抗アリ。なんか人をネタにして笑いを取る芸人のような、一抹の後味の悪さがあるかなー。

とかいいながら、微妙にこの人の別の作品を読んでみたかったりもする。
[PR]
# by april_foop | 2005-05-30 00:00 | 文字
感想/ミリオンダラー・ベイビー(劇場)
d0055469_2203097.jpgなんとAM7時からフットサル@舞浜。一昨日急に誘われて、二つ返事で行くとは言ったもののさすがに眠かったね。でも楽しかったからいっかー!

映画『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞。言わずと知れたアカデミー賞4部門受賞の超話題作。劇場はほぼ満員。やっぱ注目度高し。
女性ボクサーのマギー(ヒラリー・スワンク)とそのトレーナーであるフランキー(クリント・イーストウッド)、そしてトレーナーの友人で元ボクサーの"スクラップアイアン"(モーガン・フリーマン)を軸に、女性ボクサーの栄光と挫折、そしてあまりにも壮絶な運命を描いた物語。
ミリオンダラー・ベイビー

早起きがたたって、導入部でウトウトしてしまったけど、ファイトシーンからは完全覚醒。前半、『ファイトクラブ』並のスピード感と疾走感はかなり爽快。軽いユーモアと、マギーのサクセスは観てて素直に気持ちイイ。
が、後半からラストに向かってストーリーは急展開。前半のテンポのよさが、逆にボディブローのように重くのしかかってくる。頂点を目前にしながら、いたずらな運命がマギーを奈落の底へ突き落とし、マギーとフランキーに突き付けられる無情な現実と究極の選択。ギリギリのところで問われる、絆の深さと生命の重さ。人間にとって普遍的なテーマがストレートに描き出され、それが本能的、直接的に心を揺さぶる。
スクラップはフランキーに、自分を責めることはないと言った。マギーに悔いはなかったはずだ、と。その言葉がフランキーの迷いを消して、引き金を引かせたっていう皮肉な運命も痛い。

なんか観てて不思議な感覚に 支配された。どこがどう面白かった、とかじゃなくて、映画全体からズシリと圧力がかかってるような感じ。栄光と挫折、命の価値、ってあたりのテーマは特に目新しくもないのに、こんだけ胸に響くってのは、細かいエピソードがうまく効いてるのと、役者たちの演技がよかったからかも。

とにかく、かなり余韻の残る映画だったなー。泣きこそしなかったけど、ラストは目が離せなく、かなり目頭熱くなった。見終わっても胸がいっぱいでしばらく立ち上がれなかったし。DVD出たらもっかい観てしまいそうな、期待どおりのイイ作品。オススメですわ。
[PR]
# by april_foop | 2005-05-29 00:00 | 映像
作文お受験
朝イチで出かける予定だったのに、早朝帰宅して仮眠したら目覚ましのセットに失敗。待ち合わせ時間にかかってきた友達の電話で起きたものの、二日酔いで動けず。やむなく予定をドタキャン。ホント申し訳ない。。てか、こんな情けない理由のドタキャンは生まれて初めて。

二度寝して起きたのが13時。頭痛は残ったけど、せっかくあいた時間なので、こないだ発見した求人に応募するために必要な作文を書くことに。一昨日ざっくりと下書きしたものをじっくりと推敲する。いつもこーゆーのって時間ギリギリに書きなぐること多かったけど、今回はマジですぜ。

でもこの手の作文って、いつもどうしていいかわかんないんだよね。いまいち何を求められているのかつかめなくって。ただ書くだけならソッコーできるけど、ニーズを考えると迷いが出る。個性を出すようにいろんな言い回しをしたほうがいいのか、単純に読みやすく一通りの情報を詰め込んだほうがいいのか。悩んだ末に今回は後者をとることに。奇をてらわずにテーマに応じたアピールをする。んーこれでいいのだろーか。

就職に限らず、学生時代から作文っていろんなところで出会ってきたけど、いったい何を測られてるんだろーね。まあ小さい頃は単純に文章力なのかもしれないけど、大学受験や採用試験の場合はそれに限らないような気がして困っちゃうよ。

ま、あとは運を天に任せるだけ。通るといいなー。
やることやったので、友達と夜から合流して、友人宅で手巻きパーティー。すっかり体調も回復してビールとともにいただきました。美味、美味!
[PR]
# by april_foop | 2005-05-28 00:00 | 文字
おつかれさまでした。
アメリカンラグシー(ってアメラグ? ラグシー?)のサンプルセールで、タンクトップとバッグをお買い上げ。しめて4000円だからオイシイでしょー。

会社の同僚女子(1歳下の5年目)が今月いっぱいで退職する(現在有給消化中なので事実上退職済み)ので、今日は編集部で送別会。21時半スタートなのに、集まりが悪い。結局みんなそろったのは23時半くらい。。会場は新宿の「黄金の豚」。ゆで豚タンがサイコーなのでご賞味あれ。
黄金の豚

天然キャラのユニークな人なので、いなくなってしまうのはけっこう寂しい。てか、イジられキャラがいなくなると困るんだよねー。オレが一緒に仕事はこの半年くらいだけだし、席も一番離れてるんだけど、わざわざ声張ってツッコむ仲でした。

現役のみならず、ずっと前に退職してる編集部のOBさんたちも集まって賑やかな会に。その人たちとは初対面だったけど、これまた愉快な方たちで楽しく和やかに飲めたなー。当初の予定では、二次会は卓球かカラオケ大会、って話だったんだけど、スタート遅かったこともあって結局朝まで飲みっぱなし。

寂しくなるけど、新天地でもその天性のキャラクターでガンバってください!  餞別に贈った観葉植物、大事にしろよー。
[PR]
# by april_foop | 2005-05-27 00:00 | 閑話
Nippon Basketball Association
今日はロケ。ものすごいイイ天気で爽快な撮影。けっこう焼けた。日焼け、全然イヤじゃないからいいのだけど。男の子はそこそこ焼けてないと不健康デスカラ。
d0055469_14033.gif

で、カメラマンと話してたらbjリーグが話題に。これ、今秋スタートする日本初のバスケのプロリーグ(JBLとは違うのよ)。ニュースはチェックしてたけど、正直オレもあんましわかってないのでちょこっと調べてみた。
bjリーグ

なるほどねー。でも前途は多難だろーなー。だってNBAのほうが面白いだろーし。Jリーグだってかなりの赤字経営って言うし。サッカーですら難しいのがバスケで上手くいくか、っていうと厳しいのでは、と言わざるをえないような。。もちろんそんなこたー関係者諸氏は重々承知のうえで、日本バスケ界の発展のために力を尽くしてるんだろうけど。

バスケって競技人口はけっこういるんだろうから、リーグ成功のポテンシャルがないわけではいはず。田臥もかなり注目されていたわけだし。必要なのは目玉となるスター選手、エンターテインメント性、そしてプロモーション。そういやJリーグは最初ジーコ呼んだもんね。んじゃジョーダンか? ピッペンか? レジー・ミラーか?(笑

なんだかんだいっても、いちバスケフリーくとして応援したいのです。リーグ始まったら絶対観にいこっと。JBLともちゃんと折り合いつけてよね! つーか、bjリーグってネーミングはかなりイマイチでしょー!
[PR]
# by april_foop | 2005-05-26 00:00 | 体育
500万円の愛だの恋だの
待望の広末女優復帰! 7月スタートの月9だそうだが、ただでさえ妻夫木&深津で楽しみだったのに、輪をかけて期待してしまいますわ。

smart読んでたら目に入った広告がコチラ↓
日本ラブストーリー大賞

宝島社とエイベックスが企画したものらしいけど、恋愛小説の賞金が500万円ってすごすぎじゃねぇ? しかも書籍刊行はともかく、映画化まで内定だなんて、どんだけカネかけてんのよ! そりゃ純愛ブームで小学館がガッポリ儲けたからって、いくらなんでも……。ねぇ?

でも俄然そそられるなー。いつかは小説書いてみたいなんて漠然と思ってたけど、こんなわかりやすい人参ぶらさげられたら、どこまでだって走りますよって。学生諸君、夏休みは恋愛小説を書くに限るよ、こりゃ(笑 社会人だって寝る間を惜しむ価値ありでしょー。つっても恋愛ものってのはホント難しいかんなー。どんだけ応募集まるのかしらないけど、どーせなら大賞以外もどっさりまとめて形にしてほしいもんだね。いろんな意味ですんごいのがたくさん読めそうだもん。

なんのネタも思い付かないけど、なんとかトライしたいっス。万が一当選しなかったら(笑)、ここでお披露目すりゃー無駄にはなるまい。よーし、使える恋愛エピソードあればご一報あれ。

てか審査員微妙だな。。
[PR]
# by april_foop | 2005-05-25 00:00 | 文字
Gの革命
ヤフーのヘッドラインに出てたから読んだ人も多いだろうけど、オレも便乗〜。
20歳ガングロ社長の「ギャル革命」

要するにギャル(狭義の)が、スゲーがんばって起業したつー話ですね。世間一般のギャルに対する偏見に疑問を感じ、それを跳ね返すべく奮闘しているというドキュメント。中身はとりあえずおいといて、10代にして起業してみせたってエネルギーはやっぱりすごい。

まーギャルに偏見あるのは仕方ないよ。偏見までいかなくとも、好みじゃない、って人がたくさんいるのはね。趣味趣向の違いですから。ジャニーズが好きって人もいれば、メンズエッグが好きな人もいて、オダジョーを好きな人もいるってね。それと同じ。人それぞれ。ギャルであることは何も悪くないけど、マイノリティであることは認めざるをえないっしょ。

まあGALだろうがGANGだろうがGAYだろうがGOTHICだろうがGIRI-GIRI BOYSだろうが、なんだって構いやしないのよね、結局。もちろん第一印象ってのはあるけど、それをひっくり返せるだけの中身を持ってればさ。第一印象悪いってのはどうしてもハンデにはなるけど、すべてを決定付けるほどのもんじゃないってこと、このシャチョーが見事証明してくれてんじゃんね。あ、Gakurekiもあんま関係ないね。

ひとつ引っかかったのはあまりにもギャルに固執しすぎてること。ギャルのイメージを変えたい、ギャル同士力を合わせてがんばりたい、壁に当たってるギャルを救いたい、的なヒロイズムにかられすぎてるような。その気持ちが原動力になってはいるんだろうけど、もっと公平な哲学じゃないけど、いつか足下すくわれちゃうんじゃないかな、って思ったりもする。

実際問題、今、彼女がウケている(成功している?)のは、ギャルという偏見のおかげもあるのでは。「ギャルなのに」というギャップが多くの人の興味を引き付けているんだと思う。もちろん強い意志や行動力、純粋なひたむきさは得難いものだろうし、それがあったからこそ今のギャル革命があるんだろうけど、その気持ちだけでビジネスが成り立つのかは疑問だったりもする。ギャルというくくりを超越したパーソナリティがないと長続きしないかも。

なんとなく、川嶋あいとダブるんだよね。路上ライヴが口コミで広がって一気に知名度があがった彼女。そしてブログから火がついた今回のギャル社長。真価が問われるのは多分これから。個人的にこの手のサクセスストーリーはわりと好きだから(じゃなきゃこんなん書かないし)、ぜひとも一時のブームで終わらせないような活躍を見せてほしいっス。

ギャル革命
↑公式サイト
ギャルの革命
↑ブログがライブドアってところがタイムリーで痺れるねー。
[PR]
# by april_foop | 2005-05-24 00:00 | 閑話
比較三原則
レッサーパンダ直立にわく今日この頃。個人的流行語「おつかレッサーパンダ」が生まれました。声に出すとかなり気恥ずかし&長いので、メールや掲示板のタイトルに適かと思われます。お試しあれ。

さて、価格.comが停止してはや10日。どうやら明日の午後にようやく再開するようです。てか、発覚したのが今月11日で、サイトの閉鎖が14日。その直近で閲覧していたかどうかは微妙だけど、少し前までオフィスから頻繁に見ていただけに気にはなる。幸い何事もなく稼働してくれてるから大丈夫だったんだろうけど、不正アクセスはどのくらい前に行われたんすかね。

比較サイトってのはほかにもかなりたくさんあるってのは今回初めて知ったよ。引っ越し、プロバイダ、保険、化粧品、クルマなどなど。もはやネット比較なくして購入ナシですかね。ネットの口コミ情報もなにげにかなり参考にしてしまうし。そいうえばボード行くにもヤフーのスノー情報をかなり参考にしたもんなー。

知識アリとナシでは買い物の結果に大きく差が出るのは明白。ある程度の予備知識を持ったうえで売り場に出向くのが正解っすかね。てわけで、買い物するなら、検索する、比較する、検証する、は欠かせないな、と強く認識するのでしたー。

価格.com
[PR]
# by april_foop | 2005-05-23 00:00 | 電脳
転職&天職

いまだにYUKIの残像と残響に包まれております。BGMはYUKIライブラリをシャッフル。次はどの曲だ? っていうライヴ感を細々と楽しみつつ(笑

日中ダラダラと過ごし、ネット徘徊。久しぶりに朝日新聞の求人をウェブでチェック。すると! 来たよ来たよ、ついに!! ずーっと待ってたこのオファー。大好きな雑誌が募集してるじゃありませんか。いやー、なにげなく見ただけなのに、これは御縁があるのかしら??

でも内心いろいろと微妙だったりもする。今の編集部かなり好きなんだよね。居心地もいいし、仕事的にも楽しいし。これを捨てるのは正直かなり惜しい。入ってみないと分からないだけに天秤にかけることすらできないし。

といっても進むしかないっス。その新しいところに入りたいって気持ちは嘘じゃないし。といっても入れるかどうかは運を天に任せるしかないかんね。とりあえず履歴書をしたためまひた。あと作文も書かないとなー。採用されますように! 採用されますように!! 採用されますように!!!

夜ジムで汗を流し、NHKのサンデースポーツを見る。日本代表は惨敗といっていいのでは。昼間少し見たけど、パっとしないサッカー。阪神はソフトバンクにも勝ち越し、ひと月ぶりの単独首位。これで交流戦10勝5敗。リリーフを酷使してるのが気になる。金本のホームラン、すごかったな。

[PR]
# by april_foop | 2005-05-22 00:00 | 生業
人を見る眼
というわけでエッセイアリーをブログにすることにしました。タグで書くのが面倒だったというよりも、過去記事検索することを考えるとこっちのほうが便利かなーって思ったので。あと、より多くの人に見てもらいたいって気持ちもあったし。本当は6月1日からにしようと思ったんだけど、その日はきっと忙しくて余裕ないだろうと予想し、思い立ったが吉日行動することに。なるべくブログ的にしたいけど、そうはいってもまあ今までどおりでしょーな。今後ともよろしくデス。

今日はバスケ。こないだ買ったニューボールの感触を確かめつつ精力的にプレイ。調子は上々。終盤足に疲労がきてシュートが乱れる。てかいよいよ体育館蒸し風呂化季節到来だわ。水分補給はしっかりね。

終わってから男2、女2で飲み。いろいろと話す。会うの2回目だけど、女の子はどっちもユニークで面白い。メインテーマは「男を見る目」について。2人とも男運がないらしい。人を見抜くっつーのも難しいところだけど、だいたいわかりそうなもんだけどね。まあ見る目っていうよりも、結局好みの問題だと思うんですが。要するにダメ男を見抜けないんじゃなくって、そもそもダメ男が好きなんだよね、そーゆーコってさ。てことで、結論。一生それは直りません!

スポーツして気持ち良く飲めて酔っ払って、幸福な土曜日ですわ。
[PR]
# by april_foop | 2005-05-21 00:00 | 閑話
映画の備忘録
記録に残してるもので、ブログ開設以前に鑑賞したもの

映画
☆2003年
『めぐりあう時間たち』
『8mile』
『恋愛冩眞』7.19
『パンチドランクドラブ』8.18
『死ぬまでにしたい10のこと』10.31
『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』12.13
『ラストラムライ』12.22

☆2004年
『半落ち』2.15
『花とアリス』3.17
『JAM FILMS 2』3.30
『ランドリー』3.30/DVD
『バーバー』4.4/DVD
『IN THE CUT』4.5
『きょうのできごと』4.6
『ユー・ガット・メール』4.11/TV
『39 刑法39条』5.3/VHS
『下妻物語』7.31
『茶の味』8.12
『ジョゼと虎と魚たち』8.13/DVD
『love acctually』8.13/DVD
『イージーライダー』9.5/DVD
『スイングガールズ』9.12
『誰もしらない』10.17
『ハウルの動く城』11.27
☆2005年

『インストール』1.4
『僕の彼女を紹介します』1.5
『サマリア』5.1
[PR]
# by april_foop | 2005-05-20 00:00 | 映像
書籍の備忘録
記録に残してるもので、ブログ開設以前に鑑賞したもの

書籍
☆2003年
『ぷちナショナリズム症候群』
『バカの壁』7.13
『キャッチャーインザライ』7.26
『グリーンベンチ』7.28
『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』8.6
『蹴りたい背中』8.26
『リセット』9.2
『世界の中心で、愛をさけぶ』9.22
『群青の夜の羽毛布』10.1

☆2004年
『アムリタ』1.6
『結婚願望』1.13
『蛇にピアス』1.14
『笑う招き猫』1.30
『バッテリー』2.18
『ランドリー』2.24
『パーフェクトブルー』2.29
『リトル・バイ・リトル』3.14
『今夜は眠れない』3.22
『800』3.27
『夢にも思わない』3.28
『魔術はささやく』4.4
『ステップファザーステップ』4.18
『もうひとつの恋愛冩眞』4.25
『クロスファイア』5.2
『鳩笛草』?
『スナーク狩り』?
『龍は眠る』5.5
『レベル7』5.11
『火車』5.16
『アッシュベイビー』5.24
『ねじまき鳥クロニクル』6.14
『模倣犯』6.23
『東京下町殺人暮色』6.27
『海辺のカフカ』7.18
『いま、会いにいきます』7.26
『深夜特急』11.1
『MISSING』12.11
『アフターダーク』12.22
『春、バーニーズで』12.23
『ウエハースの椅子』12.27

☆2005年
『東京タワー』1.24
『スウィートリトルライズ』1.28
『号泣する準備はできていた』2.4
『ロックンロール』3.15
『パイロットフィッシュ』4.11
『アジアンタムブルー』4.13
『天使の梯子』4.25
『ナラタージュ』5.5
『パレード』5.16
[PR]
# by april_foop | 2005-05-20 00:00
シネマインデックス(外国映画)
申し訳ありませんがページの性格上、こちらへのTBは削除いたします。よろしければ各作品にお願いいたします。
「※」のつくタイトルは、簡易レビューです。


アース
アイム・ノット・ゼア
明日、君がいない
あなたになら言える秘密のこと
アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生
アフター・ウェディング
アポカリプト
アメリカを売った男
アメリカン・ギャングスター
ある愛の風景
あるいは裏切りという名の犬
あるスキャンダルの覚え書き
硫黄島からの手紙
イカとクジラ
石の微笑
イタリア的、恋愛マニュアル
いつか眠りにつく前に
いのちの食べかた
イルマーレ
イングリッシュ・ペイシェント
インサイド・マン
インベージョン
インランド・エンパイア
ヴァージン・スーサイズ
ウィンターソング
ヴィーナス
ヴィットリオ広場のオーケストラ
ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた
ウォーク・ザ・ライン 君に続く道
うつせみ
ウルトラヴァイオレット
X-MEN ファイナルディシジョン
エディット・ピアフ 愛の讃歌
M:i:Ⅲ
エリザベス:ゴールデン・エイジ
Elephant
エンジェル
女帝[エンペラー]
王の男
王妃の紋章
大いなる陰謀
オーシャンズ13(※オーシャンズ12)
オール アバウト マイ マザー
オール・ザ・キングスメン
オーロラ
オフサイド・ガールズ
俺たちフィギュアスケーター


カーズ
輝ける女たち
カサノバ
肩ごしの恋人
悲しみが乾くまで
華麗なる恋の舞台で
カポーティ
狩人と犬,最後の旅
カンナさん大成功です!
カンバセーションズ
消えた天使
記憶の棘
傷だらけの男たち
君のためなら千回でも
君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956
キャンディ
キンキーブーツ
キングダム-見えざる敵-
キング 罪の王
グアンタナモ、僕等が見た真実
クィーン
グエムル —漢江の怪物—
グッド・シェパード
crash
CROSS OVER 〜WOLDWIDE BASKETBALL〜
敬愛なるベートーヴェン
毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
恋とスフレと娘とわたし
恋の罠
恋は足手まとい
コーチ・カーター
コールドマウンテン
ここに幸あり
50回目のファーストキス
この道は母へとつづく
コマンダンテ
今宵、フィッツジェラルド劇場で
こわれゆく世界の中で


再会の街で
Sad movie
サムサッカー
さよなら。いつかわかること
さらば、ベルリン
サルバドールの朝
The ROYAL TENENBAUMS
サンキュー・スモーキング
しあわせな孤独
幸せのちから
幸せのポートレート
幸せのレシピ
ジェイン・オースティンの読書会
ジェシー・ジェームズの暗殺
JELLYFiSH
sisters
シッコ
シャーロットのおくりもの
ジャケット
上海の伯爵夫人
ジャンパー
主人公は僕だった
シュレック3
ショートバス
人生は、奇跡の詩
親密すぎるうちあけ話
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
スーパーマン リターンズ
スクール・オブ・ロック
スクリーミング・マスターピース
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー
スターダスト
ステップ・アップ
ストリングス ~愛と絆の旅路~
スパイダーウィックの謎
スパイダーマン3(※1、2)
スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい
SLEUTH
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
世界最速のインディアン
絶対の愛
潜水服は蝶の夢を見る
ぜんぶ、フィデルのせい
ゾディアック
その名にちなんで
それでも生きる子供たちへ


ダーウィン・アワード
ダージリン急行
題名のない子守唄
太陽
ダ・ヴィンチ・コード
タラデガ・ナイト オーバルの狼
タロットカード殺人事件
団塊ボーイズ
地上5センチの恋心
父親たちの星条旗
チャーリーとパパの飛行機
厨房で逢いましょう
長江哀歌
ツォツィ
つぐない
DAISY デイジー
ディスタービア
ディセント
ディパーテッド
デート・ウィズ・ドリュー
デジャヴ
デス・プルーフ in グラインドハウス
デッドマン・ウォーキング
テラビシアにかける橋
トゥモロー・ワールド
トゥヤーの結婚
talk to her
とかげの可愛い嘘
トランスアメリカ
ドリームガールズ
ドレスデン、運命の日
トンマッコルへようこそ


ナイロビの蜂
ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー
ナチョ・リブレ 覆面の神様
ナルコ
ナンバー23
21グラム
2番目のキス
ニュー・シネマ・パラダイス
ノーカントリー


パーフェクトストレンジャー
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
はじらい
拍手する時に去れ
バス男
裸足のギボン
初恋のきた道
パフューム -ある人殺しの物語-
バベル
パラノイドパーク
ハリウッドランド
春夏秋冬そして春
バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び
パンズ・ラビリンス
バンテージ・ポイント
非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎
ヒトラーの贋札
ピンクパンサー
ファクトリー・ガール
フィクサー
譜めくりの女
プライスレス 素敵な恋の見つけ方
プライドと偏見
FLY BOYS
ブラインドサイト〜小さな登山者たち〜
プラダを着た悪魔
ブラック・スネーク・モーン
ブラック・ダリア
ブラッド・ダイヤモンド
プラネット・テラー in グラインドハウス
フリーダム・ライターズ
BRICK
ブリッジ
プルートで朝食を
ブレイブ ワン
ブレス
プレステージ
プロヴァンスの贈りもの
ブロークバック・マウンテン
ブロークン・フラワーズ
フローズン・タイム
ヘアスプレー
ベティ・ペイジ
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ペネロピ
ペルセポリス
ヘンダーソン夫人の贈り物
ボーン・アルティメイタム(※アイデンティティー、スプレマシー)
僕の、世界の中心は、君だ。
僕のピアノコンチェルト
ぼくを葬る
墨攻
ホテル・ルワンダ
ボビー
ホリデイ
ボルベール<帰郷>


マーサの幸せレシピ
マーダーボール
迷子の警察音楽隊
マイティ・ハート -愛と絆-
マイ・ブルーベリー・ナイツ
マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
マッチポイント
魔法にかけられて
ママの遺したラヴソング
マリア
マリア・カラス 最後の恋
マリー・アントワネット
マルホランド・ドライブ
Mr.&Mrs. スミス
ミスター・ロンリー
ミス・ポター
ミリオンダラー・ベイビー
ミルコのひかり
麦の穂をゆらす風
燃えよ!ピンポン
モーツァルトとクジラ
森のリトル・ギャング
MONGOL モンゴル


やわらかい手
ユア・マイ・サンシャイン
ユナイテッド93

酔いどれ詩人になるまえに
善き人のためのソナタ
夜顔
夜の上海
4ヶ月、3週と2日
40歳の童貞男
4分間のピアニスト


ライフ・アクアティック
ライラの冒険 黄金の羅針盤
ラストキング・オブ・スコットランド
ラスト、コーション
ラッキーナンバー7
ラッキー・ユー
ラフマニノフ ある愛の調べ
ラブソングができるまで
リーピング
リトル・チルドレン
リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ランナー
ルワンダの涙
レッスン!
レディ・チャタレー
レミーのおいしいレストラン
恋愛睡眠のすすめ
レント|RENT
レンブラントの夜警
ロード・オブ ドッグタウン
ロスト・イン・トランスレーション
ロンリーハート


私たちの幸せな時間
私の頭の中の消しゴム
悪い男
once ダブリンの街角で
[PR]
# by april_foop | 2002-12-21 00:00 | 映像
シネマインデックス(日本映画)
申し訳ありませんがページの性格上、こちらへのTBは削除いたします。よろしければ各作品にお願いいたします。
「※」のつくタイトルは、簡易レビューです。


愛の流刑地
蒼き狼 地果て海尽きるまで
悪夢探偵
明日の記憶
あしたの私のつくり方
明日への遺言
あの空をおぼえてる
アヒルと鴨のコインロッカー
ありがとう
アルゼンチンババア
アンフェア the movie
いちばんきれいな水
犬神家の一族
犬と私の10の約束
イン・ザ・プール
うた魂♪
UDON
L change the WolLd
大奥
ALWAYS 三丁目の夕日
ALWAYS 続・三丁目の夕日
オリヲン座からの招待状


カーテンコール
怪談
害虫
陰日向に咲く
下弦の月
カスタムメイド10.30
ガチボーイ
河童のクゥと夏休み
紙屋悦子の青春
カミュなんて知らない
亀は意外と速く泳ぐ
かもめ食堂
歓喜の歌
聴かれた女
キサラギ
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
キトキト!
キャッチボール屋
キャプテントキオ
嫌われ松子の一生
銀色のシーズン
空中庭園
グミ・チョコレート・パイン
暗いところで待ち合わせ
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
クワイエットルームにようこそ
ゲゲゲの鬼太郎
ゲド戦記
恋する日曜日 私。恋した
恋するマドリ
恋空
恋の門
幸福な食卓
子猫の涙
この胸いっぱいの愛を


サイドカーに犬
彩恋
サウスバウンド
酒井家のしあわせ
さくらん
サッド ヴァケイション
サマータイムマシンブルース
幸福のスイッチ
ジーニアス・パーティ
自虐の詩
7月24日通りのクリスマス
69 sixty nine
渋谷区円山町
しゃべれども しゃべれども
シュガー&スパイス 〜風味絶佳〜
少林少女
神童
Sweet Rain 死神の精度
スウィングガールズ
図鑑に載ってない虫
スキージャンプ・ペア -Road to TORINO 2006-
スクールデイズ
スクラップ・ヘブン
ストロベリーショートケイクス
砂時計
スマイル〜聖夜の奇跡
世界の中心で、愛をさけぶ
全然大丈夫
それでもボクはやってない


大帝の剣
大日本人
タイヨウのうた
ただ、君を愛してる
ダメジン
チーム・バチスタの栄光
憑神
手紙
DEATH NOTE(前後編)
鉄コン筋クリート
天使
天使の卵
転々
天然コケッコー
東京少女
東京少年
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
遠くの空に消えた
TRICK2劇場版2
ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ
どろろ


奈緒子
涙そうそう
NANA
NANA2
虹の女神 Rainbow Song
ニライカナイからの手紙


博士の愛した数式
パッチギ!LOVE&PEACE(※パッチギ!)
ハチミツとクローバー
初恋
初雪の恋 ~ヴァージン・スノー~
花田少年史 幽霊と秘密のトンネル
花よりもなほ
パビリオン山椒魚
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式
犯人に告ぐ
ヒート アイランド
HERO
眉山
人のセックスを笑うな
秘密
武士の一分
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
FLY,DADDY,FLY
フラガール
フリージア
プルコギ
ブレイブストーリー
ベクシル -2077日本鎖国-
変身
ぼくたちと駐在さんの700日戦争
僕は妹に恋をする
星になった少年


舞妓Haaaan!!!
松ヶ根乱射事件
間宮兄弟
ミッドナイトイーグル
蟲師
めがね
メゾン・ド・ヒミコ
魍魎の匣


やじきた道中 てれすこ
夕凪の街 桜の国
ゆれる
陽気なギャングが地球を回す
YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100
夜の上海
46億年の恋


Life 天国で君に逢えたら
ラストラブ
ラフ
ラブ★コン
Little DJ〜小さな恋の物語
リンダリンダリンダ
檸檬のころ
恋愛寫眞


笑う大天使【ミカエル】
ワルボロ
[PR]
# by april_foop | 2002-12-21 00:00 | 映像
リンクス
【好ブログ】
読書からはじまれ
私の観察日記
ラムの大通り
ソウウツおかげでFLASHBACK現象
映画コンサルタント日記
てんびんthe LIFE
CINEPHILIA〜映画愛好症〜

【友ブログ】
hajime
徒然なるまろにー。@大阪
mi blog
フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE
演劇と本とTVと漫画とかにまつわるエトセトラ
マサヒコ☆のそれはそれとして、
サッカーは創造力
kicksのけっぱるブログ

※ページの性格上、こちらへのTBは削除いたします。ご了承ください。
[PR]
# by april_foop | 2001-12-21 00:00 | 自白