<   2008年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
【重要】活動休止のお知らせ
みなさんこんにちは。
当ブログ『EDITOREAL』は本日より無期限の活動休止に入ります。サザンオールスターズに影響されてのことです。

このweblogがスタートしたのは2005年の5月21日。そう、今日で満3周年なのです。
昔、私の高校時代の恩師はいいました。
「3年間日記を書き続けた人は何かを成し遂げる人だろう。30年間日記を書き続けた人は何かを成し遂げた人だろう」
恩師自身の言葉だったのか、どこぞの受け売りだったのかは定かではありませんが、私はこの言葉が好きです。
それを聞いてからは随分時間がたちましたが、日記じゃないけど30年やってやろうじゃないの!と思ったものです。

実際のところ、今の調子とはいかないまでも、なあなあで書き続けることはおそらく可能だと思います。
しかし、どうもそれはイマイチな感じになってきました。今、このblogは、いろんな意味でのバランスを逸し始めています。それはひとえにauthorの不徳の致すところではありますが、まあこんなもんといえばこんなもんです。

おっと、そろそろ1分が経過しますね。

俗悪なblogではありましたが、多くの人に訪れて頂き、決して少なくない数のコメント、トラックバック等いただけたこと、心より感謝申し上げます。
3年間、ありがとうございました!

april_foop
[PR]
by april_foop | 2008-05-20 00:00 | 閑話
感想/丘を越えて
d0055469_153448.jpgいい雰囲気なだけに惜しい! 『丘を越えて』5月17日公開。どんどんと西洋文化が流入する昭和初期、細川洋子は文芸春秋社・社長の菊池寛の秘書となる。彼の人柄を慕いつつも、朝鮮人編集者・馬にも惹かれる中、洋子たち3人はそれぞれに"丘を越え"ていこうとする。
〜 丘を越えて 〜

モダンボーイ、モダンガールな時代で、まずは池脇千鶴の「モガ」なファッションがカワイイわ。昭和なヘアスタイルもお似合いだし、おいおいやけに服買い過ぎだろ!って気はするものの(菊池寛に買ってもらったのかな?)、目を楽しませてくれます。西田敏行、西島秀俊もそれぞれにシャレた装いですなー。新鮮、新鮮。

肝心のお話は、ちょっと核になる部分が見えてこなかったんだよね。菊池寛の生き方なのか、細川洋子の恋なのか、馬海松の運命なのか。それとも単にこの時代を映したかったのか。どれももっとガッツリやったら面白そうな素材なのに、どれをとっても中途半端。奥ゆかしいと言えばそうかもしれないけど、さすがに消化不良というほうが近い気が。雰囲気はとっても好みだっただけに、惜しいなあ!

でも、ジャーナリストとしての菊池寛の顔は、同業者として興味深い部分ではありました。やっぱここをもう少し深く見たかったね。
[PR]
by april_foop | 2008-05-19 00:00 | 映像
感想/チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
d0055469_151072.jpgプロパガンダか!? 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』5月17日公開。下院議員チャーリー・ウィルソンは、アフガンからのテレビ中継に違和感を感じていた。そこで出会った女性から、アフガン支援をけしかけられた彼は、現地の視察に。アフガンの惨状を知ったチャーリーはCIAの変わり者と組み、表立ってソ連と戦えない裏で、アフガンを支援するよう画策する。
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 2008年5月17日(土)公開

事実ベースなわけで、映画の内容自体に特に突っ込むべきところはない。トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの主要3人を筆頭にしたキャストは磐石だし、序盤の語りが説明っぽすぎて退屈したこと意外は、テンポも決して悪くはなかったと思う。難民キャンプのリアリティには胸も痛くなった。

アフガン侵攻は動かしようのない歴史的事実であり、それを終結に導いたのがチャーリー・ウィルソンの尽力によるものだというのもわかった。それが秘密戦争で、武力支援によるものであったことも、もはやいまさら何を言ってもはじまらないかもしれない。だけど、このアメリカは正しかったという風に思わせる映画を、今こんな時期に作ったことはかなり謎。おまけ程度に最後に、学校も作りたかったと付け加えたところで、なんの効果があるというのか。

つまるところは、湾岸戦争もイラクへの介入も、アメリカはこんなにも正義でした、ということを謳ってるだけとしか思えず、よく今の世界情勢の中でいえるなぁ、という気持ちにしかなれず。これはもう、チャーリー・ウィルソンという人物がどうということでも、映画のよしあしでもなくなっちゃうけど、ものすごく後味悪かったですわ。
[PR]
by april_foop | 2008-05-18 00:00 | 映像
感想/マンデラの名もなき看守
d0055469_1433856.jpgお勉強になります。『マンデラの名もなき看守』5月17日公開。南アフリカ初めての黒人大統領、ネルソン・マンデラ。若き時代、27年もの間囚われの身であった彼の側にはある白人看守グレゴリーがいた。彼は、その時代には当然の人種差別者であったが、マンデラを見るうちに自分の中の変化に目覚め始める。
映画『マンデラの名もなき看守』ネルソン・マンデラ生誕90周年

名前しかろくに知らなかったマンデラと、南アフリカの歴史。いやー勉強になります。1960年代にどれほどの人種差別が横行し、黒人を見下すことが当たり前で、しかしマンデラはそれで揺るがない人格者であったということ。をたっぷり味わおうと思ってたら、意外とマンデラのカリスマ性は断片的にしか描かれてないのでやや拍子抜け。

だってこの映画は看守が主役だから。とはいえ、やっぱ少し説明不足。あの時代で、自らの価値観を根底から覆し、なおかつリスクを冒させるほどにマンデラの人間力があったのかどうか、映画だけからはあと一歩わからなかったわ。そもそも、グレゴリーがどのくらいのレイシストだったのか。妻の側は多少描かれてたとはいえ、その辺もいまいち足りなかったような。

もちろん、史実を捩じ曲げてまで過剰なドラマを演出するのはちょっと違うと思うけど、27年がたったか駆け足になってしまうよりは、なにかひとつのエピソードをもっとじっくりじっくり染み込ませるように描いてほしかったです。

映画としては不満な点もあるけれど、マンデラとグレゴリー一家の交流には素直に感動。マジメな一作でした。ダイアン・クルーガー、美しいぜ。
[PR]
by april_foop | 2008-05-17 00:00 | 映像
感想/戦場のピアニスト
d0055469_136290.jpg感動系じゃなかったのか。『戦場のピアニスト』DVD鑑賞。1939年、ナチスによるポーランド侵攻。ワルシャワにいたピアニストのシュピルマンは、ゲットーへと移住を余儀なくされ、その後も戦渦の中を命からがら渡り歩く。九死に一生を得ながら身を隠すシュピルマンだが、ついにある晩、ドイツ将校に見つかってしまう。
戦場のピアニスト

これが実在の人物の話だなんて隔世の感すらあるよ。戦争のムゴさ、ユダヤ人のあまりにも悲惨な運命、そしてその中で生き延びたシュピルマン。常に死がすぐ隣というか、目の前というか、喉元にある逃亡生活の苦しさが、もうやめてくれって思うほどに伝わってくる。

主演男優賞のエイドリアン・ブロディ。繊細な悲劇のピアニストがぴったりで、落窪んだ目なんてもう遣る瀬なさでたまらなくなるわ。ラスト、ドイツ人将校との出会いはなんとも皮肉な運命で、シュピルマンは辛くも助かったもののすでに多くのユダヤ人は命を奪われ、彼らを迫害したナチスもまた命を落とすことになり、結局なにも残さなかった戦争の傷跡にはため息しか出ず。

こんなにシビアな作品とは知らず、ダメージを被りました。が、なるほど評価が高かったのはわかる気がします。
[PR]
by april_foop | 2008-05-16 00:00 | 映像
アートピア金沢04_超奇才『ロン・ミュエック展』
d0055469_20444830.jpgd0055469_20445858.jpgすごいものを観てしまった!!! 21世紀美術館で現在開催中の『ロン・ミュエック展』。
ロン・ミュエック展

アートへの造詣の浅いオレなので初めて耳にした名前だったけど、世界的に知られる気鋭のアーティスト、ロン・ミュエック。日本で総合的に展示されるのは初めてだそうで。これがまた声を失う凄さ。最初ビジュアルを資料で観ていて、イロモノっぽいなーと思っていたけどそんな先入観は瞬殺木っ端微塵! 圧倒的だった!!

まず驚くのが作りの精巧さ。肌質、毛髪、筋肉や表情、瞳、その他すべてのディテールがとんでもなくリアル。今にも動き出しそうな、って形容があながち的外れじゃないほどにね。プラス、その不思議なサイズ感。やたら巨大だったり、写真じゃわからないけど実は超ミニマムだったり。ファーストインプレッションはかなり鮮烈。といってもそれだけなら、やっぱりイロモノ止まりなんだろうけど、そうじゃないの。

なんかね、メタファーを強烈に感じるのよ。表情が、微笑んでいるようにも憂いているようにも見えて、果たしてこのフィギュアが何を訴えかけているのか。すごいパワーで観てる人に迫ってくるのね。別に重苦しくはないんだけど、そこになにかしら人間同志の関係性だったり人間が持つ社会性だったり、そんなのが透けて見えてくるような気がするんだわ。人間の持つ根元的な滑稽さや、それでいて時に神秘的にすら思えてしまうところまで。大げさじゃなく何時間観てても飽きない作品。

これは写真じゃ絶対にわからないので、ぜひ生で観て! もし近いうちの国内旅行を考えるなら、ぜひ金沢をプッシュしたい!!
[PR]
by april_foop | 2008-05-15 00:00 | 旅情
アートピア金沢03_金沢21世紀美術館
d0055469_182950.jpgてわけで金沢のランドマーク、ここに来ないとはじまんねー! 21世紀美術館。
金沢21世紀美術館
ものすご楽しかったわ〜〜! なんかわかんないけど、わくわくしちゃって仕方なし。去年行った青森もそーだったけど、最近の美術館ってばホント楽しーのね。

なんかもうテーマパークみたいなのね。外周は芝生がキレイで、建物は珍しい円形。ガラス張りと白基調の建築は自然光も解放感もたっぷり。まず単純に気持ちいいっす。で、建物内部の外周に沿ったエリアは無料ゾーンで、ただで観られる展示や、ライブラリーなんかがあって、ここだけでもかなり満足。

一番人気の「スイミング・プール」は、上から見れば水中に人の姿! 水中にも入れて、上を見れば人の姿がゆらゆら+晴れてれば光のシャワー。作りはこれでもかってくらい単純なのに、この発想から広がる世界の無限っぷりったらすごいよ。ここにいるだけで数多のインスピレーションが落ちてきそうに思えるほど。いやーアートってすごい。

ウサギイスも、加賀友禅モチーフの壁画も、「ブループラネットスカイ」も、刺激たっぷり、感性に訴えかけてきます。家族や普通にランチ休憩しにきてるリーマン&OLの姿も。市民に愛されてるところがまた素晴らしいじゃん。なんでも10月には、美術館主催で金沢を巻き込んだ大アートプロジェクトがあるらしい。普通に空き家とか公園とか公共施設を使って、アーティストたちがいろんな作品を展示するんだって。そりゃ最高に楽しそうだわ。秋もまた行きたいなー!


d0055469_1195213.jpgd0055469_1202474.jpgd0055469_1203579.jpgd0055469_1204753.jpg
[PR]
by april_foop | 2008-05-14 00:00 | 旅情
アートピア金沢02_食べ歩き
d0055469_0575143.jpgd0055469_0581667.jpg大好き金沢。なんてたって魚介が美味いよ。海のあるところってこれだからいいよね、なんて思ってたら山も近いよ、だって。確かに。加賀野菜も美味しいもんね。幸せだー。でもグルメの写真は全然撮ってなかった。。

FULL OF BEANSはおにぎりカフェ。竪町通りの路地を入ったところで、古民家を改装。インテリアは古家具&リメイクもので統一してておっしゃれ〜。おにぎりもシンプルだけど美味。シャケとかの定番から、卵焼きとか海老天とかいろいろ、いろいろ。しかも安い。

近江市場は冷やかしたものの入らず、駅の近くの回転寿司へ。別になんにも名が通ったところじゃないようだけど、地元の人にすればどこでも美味しいよ、とのこと。確かに。ネタが大きくて新鮮で幸せだわー。東京だったらいくらするんだか。あと、五郎八さんにも。のどぐろやら、ホタルイカやら、あーあと名前忘れたけど地元モノらしい川魚に地酒。全然情報になってなくて申し訳ないけど美味しかったよ、と。

それからまったくノーマークだったケーキ屋さん、WEEK DAY。プディングショコラが抜群に美味かった! 東京におみやげを送ったほどに。これは絶対行く価値アリ。

いやー食べ物が美味しいってスバラシイですね。だから金沢、好きですわ。
[PR]
by april_foop | 2008-05-13 00:00 | 旅情
アートピア金沢01_街歩き
d0055469_0474170.jpgd0055469_048683.jpg初めての金沢滞在。通りかかったことはあったけれど、じっくり観て回ったのは初めて。これがすごくいい街でしたわー。

小松空港からシャトルバスで40分、金沢駅へ。なんじゃこの駅は!? 比較的最近できたらしいけどすごいインパクト。鼓をモチーフにしてるとか。でもスタイリッシュすぎるという意見もあるらしくて、タクシーの運ちゃんはあんまり好きじゃないってさ。まあ言いたいことはわからんでもない。

しかしなんだろねー、この気持ちよさは。駅前はそれなりに都会で、商業ビルもあるし、ホテルとかも増えてるそうで。だけど、それもほんの駅周辺だけで、基本的にのんびりムードが充満してるのよ。空は広いし、人は穏やかだし、なんとも肌に馴染んで、いっぺんに大好きになりました。この日は駅のレンタサイクルを利用して街巡り。チャリがあれば主要なところは楽々回れちゃうコンパクトさもいいところ。

犀川は京都の賀茂川みたいな雰囲気で、あれよりもさらに穏やか。犬の散歩も、ランニングも超〜気持ちよさそ。茶屋街はレトロ感たっぷりでプチ祗園てところか。さすが小京都。でも京都とほど賑々しさがないのが金沢らしい奥ゆかしさね。古い家屋がかなり多いのは、戦災被害がなかったから。スウェーデンも確かそんな話だったけど、古いものがそのまま残っているというのは本当に素敵な話。今後もずーっと残っていけばいいのにね。

いやー、これは1年くらい暮らしてもいいくらい好きだわ。まだまだ楽しみたいと思います。
[PR]
by april_foop | 2008-05-12 00:00 | 旅情
感想/最高の人生の見つけ方
d0055469_11182142.jpgおひとりさまよりおふたりさまで。『最高の人生の見つけ方』5月10日公開。勤勉系自動車整備士のカーター。自己中心型病院長のエドワード。2人が出会ったのは病院の隣同士のベッド上。そして共に宣告された余命6ヶ月。"棺桶リスト"に、死ぬまでにやりたことを書き連ねるカーターに、エドワードも便乗。悔いのない最期を迎えるための、奇妙な2人の旅がはじまる。
映画『最高の人生の見つけ方』公式サイト

今さら何をっていうくらい超普遍的テーマなんだけど、それを笑いとテンポで軽やかにまとめてて、死を扱うことで生をメッセージしてくれるナイスな1本! クドくならない程度に2人の背景は説明しているから、薄っぺらくはないし、寄り道しないでテーマと向き合ってるから間延びもしてない。終始、気持ちがいいんですわ。ちょっと『世界最速のインディアン』を思い出したほど。

2人のキャラ、そして2人の名優、このコラボレーションが絶妙で、対照的な2人が影響しあうバディ感もベタだけどすごくいい。「世界一の美人とキス」とか「他人に親切にする」とかリストの回収もなかなか気が利いてるし、秘書の存在も意外といいアクセント。最後にはホロリとさせられるけど、気持ちよく送り出せるんだよね。

悔いのない人生のためになにをすればいいのかは人それぞれだろうけど、素晴らしい友人とかけがえのない家族こそ、だね。心底そう思えたわ。そして、もし死期がわかったら絶対にスカイダイビングをやろう。今はビビってできないけれど。
[PR]
by april_foop | 2008-05-11 00:00 | 映像