「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
感想/タロットカード殺人事件(試写)
d0055469_1354456.jpgこれはまたしょーもない…。『タロットカード殺人事件』10月27日公開。ジャーナリスト志望のアメリカ人学生・サンドラ。マジックショー出演中に、どいうわけか3日前に死んだ新聞記者からのタレ込みを聞く。そのネタは、なんでも巷を騒がすタロットカード連続殺人事件の犯人があのイケメンセレブってゆーじゃない! サンドラはスクープのため、手品師のシドニーと共に件の男ピーターの懐に飛び込む!!
タロットカード殺人事件 ♥ ♠ ♦ ♣ SCOOP

こういうのを小粋というのか正直ビミョーですけど、軽〜いノリの会話劇。ちょいと斜に構えた笑いのポイントと、ビミョーに捻ったテンポ命のテキストが、ロクに緩急もなく最初から最後まで。いってしまえば「くっだらねー!」、ですわ。別段笑えもしなければ、特に風刺的ってわけでもなく、とにかくウディ・アレンが鬱陶しくて仕方なし。そこまでしてスカーレットと絡みたいのか!? 90分だからまだ許容範囲だけどね。

スカ嬢はメガネ&スク水姿を披露して、オッサンキラーっぷりを遺憾なく発揮。今作は憎めないヌケサク女子大生を愛らしくも演じてて、触れ幅広いよなーと感心。これこそ小粋と呼ぶべきか。ヒュー・ジャックマンも役にぴったり。ニットとジーンズがよくお似合いで。

最初は、なんて酷い!と思った邦題も、カードをめくってみて納得。このくらいのナメたタイトルがお似合いのスノッブ映画(といったら怒られるか)。『マッチポイント』を期待してしまっていたので、びっくりするぐらい守備範囲外でした。ウディ・アレンの映画をほとんど観たことがないのでわからないのですが、ファンはこういうのがお好み?
[PR]
by april_foop | 2007-09-30 00:00 | 映像
シベリアに咲いたタンポポ
d0055469_95422.jpgd0055469_9564665.jpg待ってました、蒼井優×高橋ヨーコの写真集第二弾! 今度はシベリア鉄道でロシアを行く〜!!
蒼井優-ダンデライオン
蒼井優-トラベル・サンド

前回は西海岸だけに、陽気な2人旅感がすごく強かったけど、今回は対照的に物哀しさとか裏ぶれた感じとか、そういう雰囲気がたっぷり。『トラベル・サンド』を陽とするならこっちは陰だろ−なー。ま、そこまでどんよりしているわけじゃないけど、場所からくる空気感がね。で、若干22歳にしてそれが似合ってしまうのが蒼井優の蒼井優たるゆえんでもあるわけで。そのしっとり感が味わい深いんですわ。

比較的笑顔は少なめで、フォークロア×ロシアみたいな衣装がめちゃめちゃカワイイ。本人は「すごく楽しかった」と書いているけど、そんなアッパーな印象はなく、おそらく現地の人たちとの触れ合いも多くなく、蒼井優ワールドの中でロシアを咀嚼して楽しんでいるんだろーなーって感じ。てかめちゃめちゃ寒そう! 高橋ヨーコさんはそれをしっかり切り取ってますね。なにげない光の感じとか、素敵やわー。

今回は全体通してプライベート感が少なく、写真集らしい写真集だな、という印象。巻末に本人キャプつきのフォト日記が並んでるけど、こういうのをもっと大きく見たかったような気はする。そこはやや残念だけど、見返せば見返すほど、なんとなく蒼井優の世界が透けてくるような気はするから不思議だね。ファンはたっぷり楽しめます。

ロッキンオンのウェブから注文したら、2冊をまとめて入れられるケースみたいなオマケがついてきたけど、紙のショボイやつだった。要らねー!w
[PR]
by april_foop | 2007-09-29 00:00 | 閑話
感想/ブレイブ ワン(試写)
d0055469_1254058.jpgそれは勇気ではなく…。『ブレイブ ワン』10月27日公開。FMパーソナリティのエリカは、結婚目前のフィアンセと夜道を歩いているところを3人組の暴漢に襲撃される。病院で目覚めたエリカに知らされたのは、3週間意識が戻らなかったこと、そして最愛の人の死。退院してもショックから抜け出せないエリカは、自らを守るため衝動的に銃を手にする。
ブレイブ ワン

全身全霊がぐったりするほどに完全なる社会派。テーマはずばり「私刑」。何度も何度も繰り返し論じられてきているテーマだけど、こういう描き方は堪えます。。予想に反してある1つの究極的な答えを提示したラスト。極端な回答例を1つ出したことでがぜん問題提起度が上がるんだね。これはもう頭抱えるしかないわ。

誰だってエリカの立場になれば彼女を責めることもできないし、かといってその立場で物事を見る必要もなく、善悪は自らの価値観によって測るしかないもの。報復殺人を認めてしまえば社会は成り立たず、それは『キングダム』にも描かれていたっけ(スケール違うけど)。

ジョディ・フォスターの魂の演技、NYという都市の捉え方、各キャラクターの背景など描き方は秀逸。秀逸だけにずっしりと重く、これだけできていれば「許せますか、彼女の選択」なんていう煽りコピーは無用だった気がするよ。そんなのなくても、いやがうえにも考えざるをえないもの。ちなみにボクの答えはNoです。

「ジョディ、久しぶり~」なんて軽い気持ちで観ると完全に打ちのめされるので、心構えのうえご観賞ください。
[PR]
by april_foop | 2007-09-28 00:00 | 映像
感想/once ダブリンの街角で
d0055469_0542095.jpg青春×音楽×恋だの愛だの。『once ダブリンの街角で』11月3日公開。ダブリンのストリートで歌う男。それを聴いて話しかけるチェコ移民の女。男は過去の恋人への想いを歌い、女は家庭の事情に縛られていたが、共に音を奏でるとき、2人は幸福感を得始めていた。男は夢を追ってロンドンへ行くことを決意し、女とともに最初で最後のレコーディングに臨む。
:::: once ダブリンの街角で ::::

そりゃー爽やかで甘酸っぱいってば。ミュージカルじゃないけど、かなり多くの部分を楽曲に乗せ、リリックで想いを伝えてくるとはねー。ちょい歌もの初期レディオヘッドっぽい感じがあったりして、わりと好き系メロディ。話の内容はまるっきり青春ラブで、昔の恋と今の恋、でもって音楽という夢。いくらでも転がってる話だけど、すっごいこじんまりしててイヤらしさ全然なし。未練がましかったり軽率だったりっていう男のちょいダメなところが、男からは共感を、女からは母性を引き出しちゃう感じ? わかるわー、みたいなザ・等身大。

歌詞の和訳が例のごとくストレートすぎるのが個人的にはちょっと抵抗あるんだけど、それを抜きにすればほとんど全編好印象。なんせ女の子がカワイイ! 素朴だけどそこがまたいいんだよね。撮影時17歳ですって。男の方は35歳、っておい! 年齢設定は出てこないけどちょっと幻滅するじゃないか!

てわけで、ちょっぴり恋したくなるような切なめ秋映画。サントラ欲しくなるし、アイルランド行きたい心もくすぐられます。

::::以下ネタバレ!::::

+++

女がチェコ語で返す言葉は「あなたのことを愛してる」、ですって。観終わってから教えてもらったけど予想通りでした。わかっちゃうオレってロマンチスト?
[PR]
by april_foop | 2007-09-27 00:00 | 映像
感想/オリヲン座からの招待状(試写)
d0055469_827147.jpgもはや目新しさはない昭和の味。『オリヲン座からの招待状』11月3日公開。別居中の夫婦のもとに、京都の小さな映画館オリヲン座から、最終上映の招待状が届いた。子供の頃、たくさんの思い出をもらったオリヲン座。2人を家族にしたオリヲン座がいちばん元気だったあの頃、劇場を守り続けた男女がいた。
映画「オリヲン座からの招待状」オフィシャルサイト

加瀬君は現代青年も合うし、戦中ボウズもよかったけど、昭和レトロもすっぽりハマるわねぇ。りえ様は相変わらず細すぎるけど、それがまた昭和っぽさともマッチするわねぇ。という感じで、小さい小さい人情&愛情の物語で、数年前から増えてる系譜の作品。特別なものはないけれど、普通にいい話。原作未読ですが、浅田次郎らしい雰囲気は醸してます。

2人の素朴で奥ゆかしい生き方はいかにも古きよき昭和って感じのヴァイブスを放射してる。丁寧さは感じるし話も無理はないんだけど、どうも少し浅い印象が。それは地味だからってんじゃなく、2人の映画への情熱を感じさせるエピソードが意外と少なかったから。そこをもう少し厚くしてくれたらもっと留吉に感情移入できただろうし、トヨとの関係性にもさらに深みのある距離感が出てきたような気がするけど。

それでも最終上映のシークエンスは、やっぱりちょっといいな、って思っちゃったり。それは原田芳雄のチカラだったり。盛り上がりに欠けるので薦めはしないけど、いい話なことは確かなので、なんとなくホロリはできるよ。まっとうな役での田口トモロヲ(もう50歳なのか。年齢不詳だ)の起用はマルです。

d0055469_0225811.jpgd0055469_023747.jpgちょい話変わって、りえ様は『Dear』創刊号と『FRaU』10月号のカバーでだだかぶり登場。ビューティーは圏外なので内容については言及のしようもないけど、『FRaU』の「顔」インタビューは面白かったよ。麻生久美子、永作博美、山田優、というわかってる感じのラインナップもグーね。ギャルズはぜひご一読あれ〜。
[PR]
by april_foop | 2007-09-26 00:00 | 映像
美食百花 dish38 となりのきゃくはよく牡蠣くうきゃくだ
d0055469_23244010.jpg牡蠣好きってわけでもないけど、知人のご招待でオイスターバーへ。

<<恵比寿/オイスターバー
東京オイスターバー 恵比寿 Tokyo Oysterbar Ebisu / かき

恵比寿駅東口から徒歩5分。喧噪を離れたところにたたずむこちら。1歩足を踏み入れるとそこはなんだか海中のようというか、水槽の中というか、そんなマリン空間。白基調のインテリアと、青みがかった間接照明、でもって天井にはさまざまな牡蠣の貝が貼付けられてんのね。おしゃれなのかなんなのかって感じではあるけれど清潔感は上々です。
(HPがダサイのが泣ける)

d0055469_23245191.jpgまずは生ガキから。世界中から常に旬の牡蠣を集めてるってことで、この日もいろんな産地の牡蠣がずらり。4種類ほどいただいたけど、どこ産だったか忘れてしまった…。輸入牡蠣の90%以上は韓国らしいけど、もっとオシャレな香りのする国産だった気がするよ。南米とかフランスとか。まあ産地はともかく、どれも微妙にテイストが違って、なかなかウマイ。苦手な人も少なくない牡蠣だけど、生臭さはそれほど気にならず。タレ類もレモン、ポン酢ほかいろいろあって楽しめたわ。

さらにはフライ、焼き物、ステーキなんてのもあって、生牡蠣以上に食べやすくグッドテイスト。パエリアも美味かったね。はじめてのオイスターバーだったけど、牡蠣尽くしってのもたまには悪くないもんで。探せばあちこちにあるオイスターバー。またどこかで出逢いませう。

ところで、よく「あたる」といわれる牡蠣。ボクはあたったことないけど、オイスターバーとかってそういうクレームきたりすんのかしら。今度尋ねてみよう。
[PR]
by april_foop | 2007-09-25 00:00 | 美食
夏合宿2007 NYへ行きたいかー!
d0055469_21321152.jpg三連休は恒例バスケ合宿。ユル系バスケ団体に所属して、かれこれ4年半。合宿参加も4回目。今年のテーマはあの伝説の番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』。開催地はもちろんアメリカ!

なわけもなく房総の体育館付き合宿所に2泊三日。バスケ、イベント、バスケ、イベント、バスケって感じのスケジュール。『ウルトラクイズ』を元ネタにしながら11のチェックポイントが設けられ、3日間通してクイズやらなんやらやってました。ダラダラする時間ほとんどなし。あいかわらずの企画力、そして実行力。海でどろんこになったり(クラゲにさされる人いたり)、小島よしおもどきが出てきたり、単なる遊びを超越してマス。破壊的に面白いデス。

30人以上の団体をまとめるってのは普通に考えて非常に難しい作業。勝手知ったる仲間とはいえ、その難しさは基本的には変わらない。がしかし、この団体のメンバーたちは、能動性と協調性のバランスがいいのでなにもかもがスムーズ。自分のポジションを理解しつつ、時にそれを逸脱することも厭わず、いい信頼関係できてますわ。年々熟成度が上がってるし、こんな居心地のいい場所はそうそうないと思われ。

もちろんバスケを思う存分できて楽しかったし。優勝はできなかったけど、そこそこ満足できましたわ。体力はやっぱり少しずつ落ちてきてる気がしてちょっとコワイけれども。てことで、幹事の2人、徹夜作業おつかれでした。メンバーのみなさんありがとうございました。また来年会いませう。
[PR]
by april_foop | 2007-09-24 00:00 | 閑話
感想/僕のピアノコンチェルト(試写)
d0055469_2245178.jpgいけすかない天才小僧! 『僕のピアノコンチェルト』11月3日公開。ヴィトスは幼少の頃より破格IQ天才児。ピアノの腕前も大人顔負け、両親の期待は最高潮! が、それゆえに大好きなベビーシッターをクビにされ、ピアノの先生も変えられ、「普通」ではないことに苦悩する。唯一心を許す話し相手のおじいちゃんに相談した数日後、ヴィトスはマンションから転落し後遺症が出てしまう。
映画『僕のピアノコンチェルト』公式サイト

うーん、悪くないと思うんだけど、ヴィトスが好きになれなかったー。天才児ゆえの苦悩というよりはこの子の性格の悪さって気がしてしまってやや乗り切れず。演技自体ももうひとつだったような。この子が実際の天才ピアニストで演技は初めてという先入観があるからそう見えたのかもしんないけど。

ヴィトスはピアノに限らずあらゆる面で天才で、その全知全能っぷりはあまりにマンガ的。ここまでになると、天才ゆえの苦悩なんて吹き飛んじゃうんじゃないの? キャラの掘り下げが中途半端なのかな。いろんなエピソードでその能力と想いを描いてるけど、そこにいたる心理的プロセスが足りない。ピアノに深い思い入れがあるようには見えなかったし、両親やおじいちゃんとの関係性も感情移入するほどは描かれず。ラストだって、話はきれいにまとまってたけど、なんでそこに帰ってくるわけ? と思いましたわ。

天才の話も数知れずあるだけに、その中でこの作品のヴィトス君に魅力があったかといわれると、残念ながらノーでした。設定は面白みがあるけど、そこにどうしても引っかかってしまいまひた。同時期公開のピアノ物語ならば100対0で『4分間のピアニスト』を薦めます。
[PR]
by april_foop | 2007-09-23 00:00 | 映像
感想/レディ・チャタレー(試写)
d0055469_16283416.jpg大人のロマンスつーより昼メロ? 『レディ・チャタレー』11月3日公開。チャタレー夫人は、戦争により下半身に障害を負った夫の看病や、夜会の世話に明け暮れる鬱々とした日々を送る。姉の助言により看護士を雇ったことで自分の時間を得た夫人が出会ったのは、森の番人。そして2人はめくるめく愛の世界へ。
レディ・チャタレー公式ホームページ

戦前の官能小説の代名詞みたいなやつが原作だそーで、実際何度か映画化されたやつもエロ満載だとかなんとか(もちろん知りませんでした)。でも今作ではエロスを前面には出さずに孤独を抱えた男女の愛のお話しになっております。抑うつの中で生きてきた貴婦人と、孤独にしか生きられなかった下人のロマンスがどんな風に燃え上がるのかと思いきや。

思ったような情熱的恋愛ドラマは展開されず、心象風景が森の景色とあいまって淡々と、そして湿度をもって展開される詩的ストーリー。ちょいちょい出てくるラブシーンは、肉体に生まれつき備わっているべき官能性の再生みたいものを感じさせて、なんだか青春のやり直しみたいな描き方? さすがに初恋と呼ぶには濃厚だけれど、そんな雰囲気が醸されてるの。

だけど、オレにはそんないいもんに映らんかったぞ! 命あるものとしての肉体を求めたご婦人と、孤独からの解放として欲情に溺れた中年男が行きずりアヴァンチュールしちゃっただけにしか見えなかったぞ。あとからプレスシートを読んで、なるほどそういう美しいものとして鑑賞すべき物語だったのか、と気付かされたけど、もっともっと溺れる前段階とか過程の葛藤も描いてくれないとわかんないなぁ。てか切なさが皆無。恋愛にはやっぱり切なさを求めてしまう自分。

とまあ美意識に欠けるというか下世話な感想になっちまいました。無粋でゴメンネ。
[PR]
by april_foop | 2007-09-22 00:00 | 映像
感想/アフター・ウェディング(試写)
d0055469_0492671.jpgついにキタ、オトンの愛! 『アフター・ウェディング』10月27日公開。インドで孤児院をひらくヤコブは、巨額の寄付金の話が舞い込み祖国デンマークへ。謎の寄付主に招かれた結婚式、花嫁の母親はかつて交わりを持った女性であり、花嫁の父親は自分であることが知らされる。そして…。
『アフター・ウェディング』公式サイト

オカンの物語はいたるところで見かけるけど、ちっとも出てこなかったオトンのお話。デンマークからついにきたねー。2人のオトンを中心にした家族愛の物語。泣くあと一歩手前って感じだけど、観客の興味を惹き付けるプロットと、印象的な映像でじわりじわりと感動できる良作!

花嫁アナの義父であったヨルゲンは、家族を守るために体を張る。妻、そして娘への愛情は本当に泣けるし、彼の"昼であり夜であり…"という言葉はすばらしく胸を打つよ。一方、ヤコブもまた、突然登場した娘と、インドに残した息子同然の孤児プラモドとの間で葛藤する姿も、親子愛について考えさせてくれるぜ。一見あっけないように思えるラスト、プラモドの振る舞いはアナとの相似であり対比。親子関係のおもしろい見せ方だわ。

やたらと瞳のアップを抜くんだけど、これがまた心をつかむ。哀しい目、苦しい目、戸惑う目、そして愛する目。目は口ほどにものをいうとは言うけれど、こういう使い方もできるのだなぁと感心、感心。細かめのカット割りとか、映像の質感もよかったね。アナがどことなくオリエンタルなドールフェイスでかわいいのも観どころデス。美少女ラブ。

女性監督スサンネ・ビアは過去2作がハリウッドリメイク中だとか。そのうちの1本『ある愛の風景』(12月1日公開)も絶対観よっと。そのくらいセンス感じました。

てことで、世界中のオトン、もっとがんばれ〜!(この映画もがんばれ~)

<10月27日追記>
『ある愛の風景』も鑑賞。スゴイな、これも。
[PR]
by april_foop | 2007-09-21 00:00 | 映像