<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
吉本オールスター! LIVE STAND 07!!
d0055469_1311597.gif行って来たったで「LIVE STAND 07」!! 知らないアナタのために説明すんで。それは吉本興行がロッキンオンと組んで仕掛ける、史上初のお笑いフェス! 吉本芸人目白押しステージが28〜30日@幕張メッセで繰り広げられるGW特大イベントや〜! 詳細決まるのが遅れて、宣伝告知も行き渡らへんかったから、下馬評は低かったらしいけどな、豪華な出演陣でおもろかったわ〜。
LIVE STAND 07(ライブスタンド07) OFFICIAL SITE

要するにあれや、お笑いライブ垂れ流しやな。会場を3つのステージにわけて、同時進行で13〜20時の7時間ぶっ通し! お目当ての芸人の元へと、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ、お笑い難民やわ(裏を返せば、出番になった途端、客がはけよるシビアな現実を見る芸人さんもぎょうさんおるっちゅーことや)。実際、さんま、紳介、ダウンタウンとナインティナイン以外のほとんどが3日間のうちにステージに立ってたんちゃうかな。いやほんま、吉本の層の厚さを感じるで、これ。出演者詳細はウェブを見たってーな。

わい的におもろかったんは、トータルテンボスやろ、麒麟やろ、フットボールアワーやろ。あとチュートリアルのネタも初めて観たし、中山功太とか天津とか、名前も知らんかった芸人もおもろかったで。だいたひかるは、こないだウチの社内イベントに来た時とまるっきり同じネタやったな。いやしかし、同時進行やさかい、全出演者を観られへんかったのがほんまに悔しいわ!

なんや7時間があっとゆーまやったわ。わいはテレビでバラエティとか観ぃひんから、芸人にも持ちネタにも疎いねんけど、逆に新鮮な気持ちで笑かしてもろたわ。ネタの善し悪しやったり、好みやったりはあるけどな、みななにかしら笑いを提供してくれるし、ゆっても1組の持ち時間なんて多くても10分やから、全然飽きひんかったな。まさにオールスター言うてええんちゃう。その分、広く浅くにはなるけど、かめへんかめへん。わいみたいなビギナーにはちょうどええて!

今日の入場者数は15000人らしーで。多分、目標よりはだいぶ少ないんやろけど、第一回やしとりあえず成功ちゃうんかな。ぜひ来年もやってほしーわ。きっと観に行くで!
[PR]
by april_foop | 2007-04-30 00:00 | 閑話
NBA PLAYOFFS 2007 バロン イズ バック!!
d0055469_154339.gifプレイオフファーストラウンド、ウェスタンはけっこう波乱含み。その筆頭がリーグ1位のDAL@滑り込み西8位のGSW。オレが最も好きな選手2人がGSのバロンとJ-RICH。でもチームはDALが好き。いやだ、どっち応援したらいいの!?
NBA.com:PLAYOFFS 2007

1勝1敗で迎えたゲーム3。GSはホームで1Qからスパーク。というか、シーズン終盤の勢いそのままに溌剌アグレッシブプレー。全員ゲームに集中してオフェンスもディフェンスもよく走る。ハングリーな選手ってのはやっぱ強いんだよね。リバウンドやルーズボールにその魂が如実に表れてたよ。

d0055469_15394242.gifで、やっぱりグレートだったバロン君。ホーネッツ時代もプレイオフに強く、ここ数年ケガに悩まされてたけどこれで再びスターダムか? ペネトレイトからのディッシュアウトとレイアップをDALは止められず。しかもTOはゼロ。そしてディフェンスも本当に勘所を押さえてる。スクリーンにも上手く対応するし、全体のバランス見えてるし、シュートチェックもいい。身体能力をスマートに活かせるプレイヤーって本当に好きだわ。個人的に今、ナッシュに付けたい人ナンバーワン。

d0055469_1540380.gifこの日はJ-RICHも当たり。相変わらず技術はさほど高くないけれどジャンパーが好調で、微妙なシュートも勢いでねじ込んで30点。バロンとあわせて54点か。スバラシイ! その他のメンバーも勢いに乗って次々とシュートメイク。接戦だとボロが出そうな粗さはあるけど、3Qまですべてリードして、相手に流れを渡しませんでした。これはドン・ネルソンの手腕でもあるんだろーなー。

さて、雲行きが怪しくなって来たDAL。全体的に後手に回って、1対1をしっかり守れず。とにかく気持ちで負けちゃダメ。なんだかんだで勝ち進むと思ってるんだけど、選手にそういう慢心があるとアップセット起こりかねない感じ。FTまで悪くなってたのは集中力が欠けてる証拠。とにかくゲーム4は負けられませんな。

いやーやっぱりプレーオフは面白い。熱戦をもっと!
[PR]
by april_foop | 2007-04-29 00:00 | 体育
感想/プレステージ(試写)
d0055469_1181296.jpgド派手なイリュージョンかと思いきや地味な化かし合いは、けっこう見応えあり。『プレステージ』6月9日公開。19世紀末ロンドン、アンジャーとボーデンはそれぞれマジックに人生を賭けていた。しかしアンジャーの妻がトリック中に事故死。アンジャーはその原因がボーデンにあると考え2人は決別。互いに憎み合うようになった彼らの、命を賭けた復讐という名のショーが幕を開ける。
映画『プレステージ』公式サイト

プリンセス・テンコーみたいな大イリュージョン合戦だと思ってたんだよね、最初。でも全然違って、2人のマジシャンが自らの奇術ライフ×ライバル心×復讐に心血注ぐ話で、いかんせん19世紀末だけにそのトリックはいたってアナログ。てかまあ手品ってタネを明かしてしまえばそんなもんか。そしてこの映画もオチを観てしまうと…、とまではいいません。よくよく観てると、生涯賭けて技を磨く半ば狂気じみたプロ根性は一見の価値あったね。

お話は、アンジャーの死からスタート。そして回想でひとつひとつ2人の歴史を紐解いてく。各シーンごとにトリックが登場し、それを明かしていく横糸と、最後どこに着地するのかという縦糸が意外とうまく交差してて、なにげに気の抜けないプロット。しかも時制に捻りあり。まあ最後の最後はかなり力技なオチだけど、うまく展開したおかげで、こっちも押し切られたわ。よくありそうなドンデン返しも見抜けなかったし。あ、ヤラれた!みたいな。

スカーレットの無駄にエロいアシっぷりが一服の目の保養(セクシーさ以外にスカーレットである意味がないのが切ないところ)。地味ながら新鮮なモチーフの秀作でけっこう満足できました。
[PR]
by april_foop | 2007-04-28 00:00 | 映像
UT、買いますか?
d0055469_274732.gif4/28satオープン! ユニクロさんちのTシャツ・メガストア「UT」でございます。
ユニクロ UT

原宿・明治通り沿いにあったユニクロ原宿店がリニューアルしてTシャツ専門店になりました。本日そのレセプション。LEDでギラギラした近未来的インテリア。Tシャツがボトルにパッケージされて陳列されてます。これ、Tシャツのコンビニをイメージしたんですと。そう、コンビニの飲料売り場がデザインソースになってるってことね。

d0055469_2184878.gifd0055469_219013.gifなんでも500型くらいラインナップするようで、メンズ、レディス、キッズなどが3フロア内に振り分けられる。こんだけあれば、ユニクロで起こりがちな"他人とかぶる"も防げるかもね。プライスは1000〜1500円がコアの模様。webからももちろん買えます(けどけっこう重い。そして探しづらい)。てか、このパッケージングだと店舗でプリントがよく確認できないけど大丈夫なのかしら? どうでもいいけど、今日のレセプション、ホスピタリティがまったく感じられず。音楽うるさいしね。

d0055469_2192688.gifしかし、これができるとビームスTとか大打撃かもね。graniphもだよねー。Tシャツなんて1シーズン着倒せばOKと考えるとこのプライスは魅力。デザインもけっこう気が利いてるしね。さあみんな、この夏のTシャツはUTでまとめ買いしちゃうかー!? オレも1つくらい買おうかな。ボディのクオリティも気になるし。

ちなみにUTとは関係ないけど、ユニクロのオンラインで7分袖ラグランTが500円で販売中! さらに3枚買うと1290円!! 7分袖大好きフープは即発注したら送料が525円。なんかフクザツ…w でも、色バリでもう3枚オーダーしそう。
[PR]
by april_foop | 2007-04-27 00:00 | 生業
感想/恋する日曜日 私。恋した(試写)
d0055469_1625896.jpg祝・堀北映画初主演! 『恋する日曜日 私。恋した』6月9日公開。17歳のなぎさは余命いくばくもないことを宣告される。衝動的に飛び出し向かったのは、かつて暮らした海の近くの街。そして、幼なじみの聡の家へ。彼への淡い恋心を抱くなぎさだったが、聡は家庭のある女性を愛していた。
恋する日曜日 私。恋した
BS-iの人気ドラマの劇場版第二弾。らしい(知らんかった)。

死と初恋が隣り合わせにあるというなんとも皮肉な切ない物語。そんな薄幸の少女役がぴたりとハマる堀北。決して彼女の持つ憂いムードだけではなく、演技でもしっかりと魅せてくれる。特にクライマックスのバスの中の告白は胸を打つものがあったぜ。死を覚悟しているからこその、含みのあるセリフが本当に痛いのよ。

とはいえ、話自体はとても小さく、狭く、幼い。なんせ17歳の半生で、初恋ですから。最終盤まではなかなかそこに入り込めなかったんだよなー。前半にももう少し山場がほしかったところ。初恋相手の聡は、ステレオタイプな近所のいいお兄ちゃんキャラで、薄いのよね。キャラ弱いうえに幼さが残り、急に子供じみた言動を取り始めたりで、おそらく死を前に達観しつつあるなぎさとの対比なんだろうけど、ちと愛せなかったわ。不倫という設定もリアルなんだか安易なんだか、あまりいいとは思えなかったな。

空気感は嫌いじゃなかったし堀北は良かったけれど、今ひとつ。しかしこのチラシ…。ヨコイチ写真で逆さにレイアウトされる堀北。これ、なんのメタファー!?
[PR]
by april_foop | 2007-04-26 00:00 | 映像
NBA PLAYOFFS 2007 アリゾナ乱射劇
d0055469_11382135.gifあっちゅーまにNBAはプレイオフに突入。シーズンのゲームはあまりチェックできてないまま録画ストックになっちゃってます。てことで、LAL@PHXのゲーム2をBS観戦。こんな写真をアップしてますが、LALを応援してます、ボク。
NBA.com:PLAYOFFS 2007

結果、フェニックス圧勝。ゲーム1は3QまでLALがリードっていうから、そこそこ接戦になるかと思ってたけど、とんでもない。1Qこそかろうじて僅差だったけど、2Qからはゲーム崩壊。ナッシュをまったくストップできず、この日6th man awardを受賞したバルボーサにかき回されて一気に20点差。後半は点差を詰めようと早打ちを繰り返すだけで芸もないままジ・エンド。

d0055469_11451322.gifナッシュのパスセンスは本当にすばらしく、空間把握もすごいけれど、パスのスキルが桁違い。バウンドパスにしろなんにしろ、ディフェンスの動きを見切った上でベストのパスルートを選択できるその技は本当にすごい。ジャンプしながらバウンドパスってなかなか出来ないよね。ゲーム最初のオフェンスでそれやられて度肝抜かれましたもの。その直後の股抜きパスも見事。シュートだって相変わらず正確。年齢による衰えは今のところ感じられず。

d0055469_11455030.gifで、今日はゲームハイの26点をあげちまったバルボーサ。不思議なリズムとスピード感と、思った以上によく入るアウトサイド。パスするときはとっととパスだし(これはチーム特性かもしれないけど)、ブラジリアンだからか独特のテンポでするすると駆け回る。今のPHXにはドンピシャのプレイヤーですな。よそに行ったらどうなるかわかりませんが。

さて惨敗のLAL。コービーは、1Qこそ我慢してたものの点差がついてからは悪い癖が出て自滅。早めに追いつこうと焦り過ぎ。頭に血が上ると考え過ぎちゃうのは相変わらずだなー。もっと余裕しゃくしゃく上から見下ろしてればシュートも入るだろうに。オドムももう少し生かしたいし、ディフェンスのローテーションは最悪。オールスイッチならそれはそれでもうちっとついていかないとイカンのじゃないのかなー。って実践するのは難しいか。てことですんなりPHXが勝ち進みそうなシリーズ。どうする、禅マスター!?

次の放送は土曜日のDAL@GSW。プレイオフにも強いバロン君がチョー楽しみです。
[PR]
by april_foop | 2007-04-25 00:00 | 体育
感想/アポカリプト(試写)
d0055469_13144199.jpgアクションにさほど萌えないオレも燃えた! 『アポカリプト』6月9日公開。マヤ帝国崩壊前夜の中央アメリカ。狩猟民族の長の息子ジャガー・パウは森の中で平和に暮らしていた。そこへ突如現れたマヤ帝国の兵士によって村は焼きうちにあい、パウたちは生け捕りにされ、都市へと連行される。そこで彼らは干ばつを鎮めるための生け贄とされるのだった。
アポカリプト 6/9(土)有楽町スバル座先行上映、6/16(土)全国ロードショー

序盤はちとダルイなぁ、と思ったけどジャガー・パウの大脱走が始まってからはかぶりつき。ジャングルの中を走る走る、全編ファイト一発状態のサバイバルっぷり。「頭脳ではなく本能に訴える」っていうコピーも納得の、食うか食われるかの原始的逃走劇にアドレナリン大噴出ですわ。映像とかの煽り方もうまくって、これだけ徹底されるとアクション映画も見応えあるなぁ! すごいね、メルギブ。

さらに全編マヤ語だし、衣装メイクも凝ってるっぽいし(整合性なんかわかるはずもない)、なによりキャストたちの体つきがまさにジャングルを生き抜くそれ(いや、むしろ体ができすぎかも)で、かなりのアスリート萌え。グロテスクなシーンも盛り込まれてるので、女子とかにはキツイ面もあるかもだけど、食うか食われるかを如実に映し出してます。獣、滝、底なし沼、毒矢、蜂の巣といったプリミティブすぎる障壁も、これだけの大迫力だとプラス方向に作用して、アドベンチャー心をビシビシ刺激してくれたわ。

この時代をフィーチャーしたことにもちょっとした意味を感じ取れるかもしれない、よくできたアクション映画。アクション映画の領域を出ることはないだろうけれど、堪能できましたわ。

<4/28追記>
主演の人、ロナウジーニョをイケメンにした感じです。
[PR]
by april_foop | 2007-04-24 00:00 | 映像
感想/gift(単行本)
d0055469_146251.gifついに読んだぜ古川日出男! 知らずに手に取ったら短編集でした。と思ったら、掌編集というらしい。すなわち短編よりもさらに短いものをさすみたい。ほほう。

形式はどうでもいいか。とにかく、面白い! なるほどこの人ハルキチルドレンなのね。シュールなファンタジーの19連打にサクサク手が進みました。最初は各編、いろいろと解釈を持ちながら読んでたけど、段々それも無用な気がして、ただ文体に身を任せたら、サラサラと流れてきましたとさ。いいセンスしてんなー、これ。

ハルキよりもコンテンポラリーな感じと男性的な匂いがして、著者の独自性も感じられる。フラッシュアイデアのような観念的な話が多いので、意味不明なこともあれば、スムーズに響くセンテンスとかもあって、バラエティ豊か。奇想天外なものもあれば、話によってはちょっとあざといかも?と思ったり。

面白かったけれど、この一作だけじゃ古川日出男を語れそうもないね。ものすごく興味をそそられたことは間違いナシ。多少、人は選びそうだけれど、軽いから誰でも多分読める。小すすめ。こりゃ早く長編を読まねば!
[PR]
by april_foop | 2007-04-23 00:00 | 文字
コトリとベイビー
d0055469_1312574.gif愛すべきフォトグラファー川島小鳥氏のファースト写真集が4/15に発売されたのだ。題して『BABY BABY』。こてこて80'sな装丁と、銀杏ボーイズ峯田氏による帯が目印ナリ!

ある1人の少女をひたすら撮りまくってる写真集で、やたらピュアというかプラトニックというか、とにかく邪なものが一切感じられない無邪気なポートレート。少女は素人で、多分10代後半の数年間なんだけど、本当に無垢な目でこっちを見てるの。どこか脆さと儚さを同居させてて、微妙に切ない気持ちにさせてくれる。なんともいえない距離感です。

決して笑顔を振りまくわけじゃなく、表情を作り込むでもなく、ただカメラを視る少女。無表情ともちょっと違う。カメラの前でこの顔って、できそうでなかなかできないもの。さながら会話を交わさなくても、ずっとずっと側にいられる、そんな信頼感を思い起こさせるような直視。それがなんかこっちの心を揺さぶるのです。近づきたいけど踏み込めない、そんなもどかしいような、このままにしておきたいような。

オレもこんな風に誰かを撮りたいなー、と思ってしまった永遠の少女の物語。どこか少女性のあるものに惹かれてしまう人にぜひ見て欲しい一冊!
[PR]
by april_foop | 2007-04-22 00:00 | 閑話
感想/あるスキャンダルの覚え書き(試写)
d0055469_21104070.jpg思った以上にプライベートな話なのね。『あるスキャンダルの覚え書き』6月2日公開。老女バーバラは孤独なうとまれ教師。そこへ赴任して来た美しい美術教師シーバ。彼女に近づき、"友達"になろうとするバーバラは、シーバが15歳の教え子と関係を持つのを目撃し、それをネタにシーバを支配し始める。
映画「あるスキャンダルの覚え書き」公式サイト

老醜&乾いた女のごくごく個人的な話で、オレ的にはもっと社会的な広がりのある話を勝手にイメージしてたから、なんとなく肩透かし。まあ大女優2人の狂気じみたバトルは観応えあるかもしれないけどね。ストーリーはわりと単純で、核をなしてるのは要するに嫉妬。そしてないものねだり。そこに大人の女性の孤独感だったり人生観みたいなのを盛り込んではいるけど、やっぱり行動が極端過ぎて、どっちのやり口も肯定できなかったなー。共感できなければ、教訓も得づらいところ。

まあでも、女性に多いといえるかもしれない(偏見?)、同性の友達と寄り添おうとするんだけれど、本音の中の本音は見せない的なムードが出てて、もしかしたら女性は共感できんのかも。あの感じ、クラスとかでよく見かけたんだよなー。でもいい歳した大人がそれやっちゃダーメ。

90分ちょっとの尺なのに、無性に長く感じた終盤。音楽も妙に大きかった気が…。
[PR]
by april_foop | 2007-04-21 00:00 | 映像