<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ワビサビだっ茶
d0055469_2455377.gif子供の頃は日本茶ってあんまり好きじゃなかったけど、今じゃすっかり好きになっちゃって。大人になったのか老け込んだのか。で、表参道におもしろ和カフェがありましたよー。
日本茶のソムリエがいる和カフェ 茶茶の間

日本茶インストラクター(参考/日本茶インストラクター協会)なんて資格があって、それを持ってる店長さん(若い!&獅童風?)が自ら"日本茶ソムリエ"なんて名乗ってるの。表参道のDiorの脇を入って少し行ったところ。こじんまりと佇んでやがりました。外観は打ちっぱなしコンクリでイマドキだけど、中はけっこう和を意識。静かだしわりと落ち着く。

d0055469_2464714.gifなんたって日本茶ソムリエが目の前で茶を入れてくれるのが醍醐味。もちろん茶葉もうなるほどあって、どれ選んでいいかわかんないから相談。オレがいったときは気分がよかったのか、オーダーしてないお茶もひと口ずつ入れてくれたし。ひとくちにお茶っつってもメチャメチャあんね。もちろんお茶をいれる手さばきも流れるようで要注目。

お食事もお茶にあわせてかかなりヘルシー。有機野菜使ってる。この三色丼、たっぷりお野菜と鶏そぼろがあわさってすっごい美味しかったし。十菜汁もグッド。ほか甘味も並ぶし、なんならご自宅用の茶器、茶葉もラインナップ。なかなか癒しの空間でした。

何はともあれ、とりあえず日本茶ソムリエとお茶トークしてみちゃってよ。ちなみにこの店の2Fは箱貸しの雑貨屋で「和の間」なんてのがありますので、お気軽にお立ち寄りあれ〜。
[PR]
by april_foop | 2006-10-31 00:00 | 美食
感想/ありがとう(試写)
d0055469_13233162.jpg阪神大震災がモチーフの実話ベースムービー『ありがとう』11月25日公開。震災の恐怖と街の復興、そしてこの大災害を通して一念発起、プロゴルファーをめざし始めるひとりの実在の父親にフォーカスして、その愛と勇気と家族の姿を描く。
ありがとう

序盤で震災の恐ろしさを改めて目の当たりにする。焼け野原と化した街が示すその恐怖は凄まじく、決して他人事とは思えないのよね。それはいつこの惨事が自分に降り掛かって来てもおかしくないから。「災害は待ってはくれない」というセリフが突き刺さる。けど、あれだけ壊滅的な状態になっても街は再生する。多くのものを失っても、そこから這い上がる力が人間にはある。それを思うだけで感動できるわ。

実話だけに話のオチは見えてるし、奇をてらうような演出もないから、非常に平坦なストーリーではある。けどその中で生きてきた人たちの背中を応援せずにはいられないんだな。そしてこの映画、すごくたくさん「ありがとう」の言葉が出てくる。誰しもが誰かに生かされて生きている。そんな当たり前を思い出させる「ありがとう」のひとことがじんわりと染みる。

娯楽感動作って位置づけるのはちと不謹慎な気もする誠実な作品。周りの人に感謝して生きていこう、素直にそう思える映画でった。まずは拙い文章を読んでくれたみなさんにアリガトウ、なのです。
[PR]
by april_foop | 2006-10-30 00:00 | 映像
ドラマ中継2006年10月クールPART2
粒ぞろいの今クール、2〜3話終わったところで再び中継。
ドラマ中継2006年10月クール

d0055469_0134442.jpgセーラー服と機関銃/金10 TBS
長澤まさみでリメイク〜。初回(視聴率17%だっけ?)観逃して、2〜3話観ました。面白い! テンポのいいコメディで、わかりやす〜いヤクザ話を楽しく見せてる。カット割りは堤さん風味あり。長澤まさみは順調に成長を見せ、かなりの好演。啖呵切ったり、熱の入るシーンも板に着いてて、普段のノーマル女子高生とのギャップがしっかり出せている。もちろん堤真一の力も大きい。あと中尾明慶君は上手だね。貴重な若手脇役だ。ちなみにこの枠、7話で終了(だからテンポいいのかな?)。その後3週間をしずちゃん主演のラブコメが引き継ぎます。
TBS『笑える恋はしたくない』
これ、鈴木おさむ氏脚本で相当おもしろいらしい。期待大。

d0055469_0185710.jpg役者魂/火9 CX
松たか子3年ぶりの連ドラ登場。今クール最後の登場となったのが痛かったのか低調なスタート。確かに初回はテンポ悪かったけど、2回目は面白かった。松さんも、藤田まことも、香川照之もメチャメチャ達者でサスガでっせ。人間みな何かしらの役を演じてる、って考え方はけっこう好きだし、人生のドラマ性をユーモアたっぷりに見せてくれそう。観る価値ありとみました。

で、他のその後。
『のだめ』はこなれてきたというか、見慣れてきたというか、とにかく役者たちが楽しそうにやってるのが伝わってけっこうおもしろしくなってきました。

『14才の母』はしっかりヘビーな路線を進んでて、ある程度話の想像がついちゃうけど北村一輝がかき回してくれるに違いないと信じてます。そこで話が広がらなかったら観るのやめるかも。

『コトー』はなんか予定調和すぎるんだけど、蒼井優のシーンがどんどん多くなってくのは嬉しい。どうも彼女のためのドラマになってしまいそうな気もする。

『たったひとつの恋』はやたらにテンポがよく、今クール唯一のラブストーリーってことで意外と楽しくみれてます。むずかゆラブだけど、もたもたしなくてよし。このスピード感を保てるなら最後まで観られそう。くだらんところで足踏みしたら消します。

『鉄板少女アカネ』もマンガと割り切れば観られるけど、得るものなし。堀北は、声を張るのが上手じゃないのでキャラにマッチせず。そろそろ観るのやめるか。

ということで粒揃いですよ。どれも観どころあり。ベストを揚げろと言われたら、今のところ『機関銃』と『役者魂』かなー。『僕の歩く道』は観ないまま録画を消去。諦めました。
[PR]
by april_foop | 2006-10-29 00:00 | 映像
Tune my Run で Turn the Fun!
d0055469_1491433.jpgd0055469_1492611.jpgついに日本上陸! NIKE×Apple〜!! ナイキスニーカーとiPod nanoが連動しちゃってrunがもっと楽しくなる〜♪
NIKE+

7月にアメリカでリリースされて、すでにNYあたりだと装着してrunしてる人をけっこう見かけるらしいくらいの反響。で、今日いよいよ日本でもドロップ! 対応ナイキシューズに専用センサーを入れて、iPod nanoにレシーバーをセット。で、そのシューズで走った数値がiPodに送信されるわけ。走行距離、スピード、消費カロリーなどを一目で把握できるほか(一体どんなシステムなんだ?)、それらを音声で教えてくれる。もちろん音楽はいつもそばに。

そしてそれらはiPodをMac(PC)につないだだけでオートsyncされ、データがすべてアップされる。ので、各自のrun履歴が残るわけ。さらには世界中のユーザーのデータがストックされるので、それらとのランキング比較、目標設定他もろもろできちゃうの。これはデータ好きゲーム好きにとっては中毒性ありそーね。インターフェイスも素敵〜。

d0055469_22915.gifで、本日リリースを記念してアップルストア渋谷、丸井渋谷、ナイキ大阪、アップルストア心斎橋の4カ所でイベント開催。写真はゲストの宇野薫。デモンストレーションを見てるとホント楽しそうで、これは絶対ほしい! ランナーならば絶対楽しめマス!! シューズは12600円〜でiDによるカスタマイズもあり。レシーバーキットは3400円。オレはnanoを持ってないから、このためだけに買う事になりそ。所有欲を激しく刺激する逸品です。耐久性だけは心配だけども。

テンション上がって本日のジムrunも軽やかだったぜ。
[PR]
by april_foop | 2006-10-28 00:00 | 電脳
感想/トゥモロー・ワールド(試写)
d0055469_8513645.jpg2027年、地球にはもう18年間子供が生まれていなかった。生殖能力とともに希望を失った人類の近未来を描いたSF大作『トゥモロー・ワールド』11月18日公開。
トゥモロー・ワールド

さぞ派手なSF作かと思ってたら、とんでもない! グレイッシュな映像と、希望のない設定で超ダウナーな物語。子供が生まれず自暴自棄的な紛争が起こる中、セオはキーという娘をある組織に連れて行く。追っ手が迫り、銃弾が飛び交う近未来を通して生命の尊さを謳ってんだけど、とにかくそこにいたるまでがあまりにもホープレスだわよ。

そして何よりも堪えたのが、武器を捨てさせる希望の光である声さえも、結局は銃声に掻き消されてしまったこと。いわゆるSF的なハイテク系近未来の映像はごくわずかで、テーマ性を出すための設定とはいえ、こんな破滅的な未来は哀しすぎるぜ。

役者とか映像とか優れてるものはたくさんあるんだろうし、立派な作品なのかもしれないけど、まったく愛せず。このテーマと設定でも、もっともっと救いを見せて欲しかった、ってのが本音かな。
[PR]
by april_foop | 2006-10-27 00:00 | 映像
サッポロイチバン!
d0055469_23474531.gif祝・日本ハム、日本イチ!
なんて収まりのいい結末か。札幌の一番・新庄が引退を口にした時から、ここまでのストーリーをどこかでみんなにイメージさせてました。ものすごっ。

新庄と坪井という元阪神コンビがいるので、けっこう好きなの、ハム。森本の父親は在日だし。八木は神様だし。正田の甲子園優勝とかすごい観てたし(今年全然ダメでしたが)。と言いながらゲームは全然観られてないので、選手のことは評価のしようがないんだけど(セギノールがスウィッチだったの初めて知ったしw)、オメデトウだわ。

勢いで勝ち切ったってのはあるにしても、とにかくピッチャーがよく投げました。5試合で8失点。ヒットは打たれてたけどよく粘って、精神的なものがすごく大きい感じしたね。ファンの力ですか。新庄が抜けてもこの勢いを維持してほしいもんです。小笠原、胴上げされちゃったけどFA移籍ってことデスカ?

よそのチームはさておき、わが阪神。今岡の不振と怪我につきるかな、やっぱ。他の個々はよくやったと思うし。新戦力が伸びてこなかったのが哀しいけど、林は使えるメドたってよかった。桧山の後継者だな。来年こそ能見、江草、三東、中村泰、筒井、岩田ほか伸び悩みサウスポーたちが独り立ちすることを願います。井川はもう行かせていいよ。代わりに黒田、ウェルカム。

長くて短いプロ野球シーズンがこれにて終了。でも来週にはNBAが始まっちゃうんですねー。スポーツの秋、冬春夏、続いていきますどこまでも。
[PR]
by april_foop | 2006-10-26 00:00 | 体育
感想/プラダを着た悪魔(試写)
d0055469_1431564.jpgジャンル問わず女性誌がこぞって特集中。ガールズ&レディスは必見『プラダを着た悪魔』11月18日公開。新卒アンディちゃんはジャーナリスト志望。縁あってNYの最高峰ハイファッション誌「RUNWAY」のカリスマ編集長ミランダのアシスタントになるけど、あんたダサすぎ!と一蹴されます。テンポ良くってメンズが観てもおもしろ!
映画『プラダを着た悪魔』公式サイト

アン・ハサウェイの変身っぷりが見目麗しいわ〜。垢抜けない田舎娘が、いきなり最先端モードを次々と身にまとうようになるその姿にうっとり。映画自体がファッションショー! ぱっちりオメメ、大きなお口、パッツン前髪はメイク映えするし、並みいるハイブランドがまた似合いまくり。対するメリル・ストリープも当然、相当ステキ。高慢高圧「That's all」のひと言はM心くすぐりまくり。

いわゆるシンデレラストーリーで、クセ有り偏屈上司の下でコキ使われる主人公が、がんばっていつか報われる、みたいな。両主演が女性の仕事&生き方を体現するからばっちり共感。そんで、とにかく華のあるハイファッションのきらびやかさに惚れ惚れ。クライマックスでは、ひと捻りも加わって楽しいわ。話の流れ自体は斬新とはいえないけど、やっぱこの上流感がイマドキよね。

にしても試写が混みまくり! 満席で2回も門前払いを喰ったつーの(この徒労感たらないぞ!)。普通の試写には出没しないモデルとかアパレル関係者がこぞって観に来てたためと思われます。ちなみにコレ観ると激しく物欲がわくので、浪費家はご注意を〜。
[PR]
by april_foop | 2006-10-25 00:00 | 映像
感想/ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー(試写)
d0055469_91410100.jpgハリウッド女優をめざす娘の冴えない日々を描いた『ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー』11月11日公開。主演のナオミ・ワッツの半生と不思議なシンクロする物語なりー。
ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー

エリーが受けまくるオーディション風景とか、エリーのダメっぷりとか、イカれたまわりの人物とか、リアルっちゃリアル。マンガ的といえばマンガ的。なのに、半端にドキュメンタリーちっくで盛り上がりに欠けんのよ。手持ちカメラのザラついた映像も低予算な感じだし。緑ゲロ路線を生かしてもっとぶっ飛び系にしちゃってもよかった気がしますが。

なんでもこの映画、ナオミが売れる前に撮り始めたらしいけど、撮影中に売れっ子になっちゃってクランクアップまで5年も費やしてるそーな。ハリウッドのシンデレラストーリーを地で行った遅咲き女優自身のくすぶり期をなぞるような作品。そういう味わいを楽しみたいのに、なんかエリーに肩入れできないのは、キャラに魅力が足りんから。設定はおもしろいのにネ。
[PR]
by april_foop | 2006-10-24 00:00 | 映像
美食百花 dish16"ハレの日"のための「(汁)ハレノヒ」
d0055469_1594673.gifまだまだ行けるよ鍋シリーズ!
中目黒/ダイニング
(汁)ハレノヒ 【ぐるなび】

中目黒から徒歩5分。目黒川沿いから角を曲がったところにあるこのお店。場所柄オシャレなお店だなーと思ったら、アディダスやらスタバやらの広告デザインをしてる会社が絡んでるそーな。客層もなるほど中目黒に出没しそうな小じゃれた連中が集ってます。ちなみに今年の6/1にオープンしたんだけど、けっこう人気っぽいね。

d0055469_212441.gifここんちの目玉はその名もビューティー鍋。コラーゲンたっぷりのスープと、健康お野菜でお肌ツルツルってなもん。内容は基本のセットに好きな肉、野菜、しめをチョイスするプリフィクス方式を採用。スープは白濁食で、うん、フツーに美味しいじゃん。おかげで次の日は化粧のノリも良くってね!ってなるかい、そんなもん! てか知らんわい!! ぜひ女性陣お試しあれ。アラカルトも美味しいよ。

健康にどのくらい効果的かはともかく、小ぎれいな空間とよろしい食事がわりとリーズナブルにいただけるので、買い物帰りの立寄をオススメしたく。ちなみにボク"ハレの日"って単語をきちんと理解してなかったんですが、民俗学的言葉なのね。"ハレ"に対して"ケ"があり、さらに"ケガレ"を加えた三項対立なる考え方まであったとは勉強になります。ビューティー鍋で脳みそまでツルツルになるかと思ったけど、どうやらそれは防げたみたい。ヨカッタ、ヨカッタ。
[PR]
by april_foop | 2006-10-23 00:00 | 美食
感想/麦の穂をゆらす風(試写)
d0055469_9153612.jpgカンヌでパルムドール穫りました『麦の穂を揺らす風』11月18日公開。1920年アイルランド。独立闘争に揺れ動くある兄弟の生き様を描く。カンヌじゃスタンディングオベーションだったらしいデス。
ケン・ローチ監督作「麦の穂をゆらす風」公式サイト

アイルランドに関する知識がないせいか、最初は時代背景が掴めなくて取っ付きづらい。話が進んでくうちになんとなく英国と独立の構図がつかめてくるんだけど、それぞれの行動の意味は大まかに想像するしかなく、ちょっと入り込みきれなかったところもあり。とはいえ、最初は自由を獲得するための純然たる戦いだったものが、情勢の変化や数々の選択を迫られるうちにどこか変容していく様は超リアル。

誰のために戦うのか、何のために争うのか。時間も空間も遠い極東のオレからすれば、争いを避けられない彼らの姿は、哀しく、そんで愚かしい。なんでそうなる? なぜ撃たなくてはならない? けど、世界はそんなすれ違いであふれてるわけで、主義主張の違いで人は対立し、それが高じると争いが起きるんだよな、と納得する気持ちも半分。そんな人間の生臭さを撮ってる。

これ、今年話題の兄弟の物語でもある。主人公である弟と、義勇軍のリーダーである兄。互いを認め合い、同じものをめざしたはずの2人が、やがて別の道を選ぶストーリーは見応えあり。かなり重苦しくって、楽しい映画じゃないけど、高い評価を得るのは納得。さすがにスタンディングオベーションまではしないけど、拍手は贈りたいすね。
[PR]
by april_foop | 2006-10-22 00:00 | 映像