「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
感想/木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(試写)
d0055469_10542318.jpg3日連続でお届けした10.28邦画決戦! エントリー#3『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』10月28日公開!! キャストは言うまでもないっすね。 
木更津キャッツアイ|ホーム

3年ぶりだあぁぁぁぁっ!ってもう3年も経ってたことに愕然としちゃったけど、とにかくキャッツが帰ってきた。ぶっさんが死んでバラバラになったキャッツ。ひとり木更津に残っていたバンビに、謎の声が聞こえて来た。「それを作れば彼は帰ってくる」。声の主は? その真意は? キャッツはどうなる!?

期待を裏切る事なく初っ端から「お帰り」な感じで、笑、笑、笑! 今まで通りのノリ。てか塚本君と、佐藤隆太の演技がすごい上手くなった気がする。2人ともいろんなとこで引っ張りだこ。成長したなー。そういうのを感じられるのもキャッツという「ホーム」があるからか。て感じでドタバタ話は進み、後半からはなにげにけっこうしんみり。完全にぶっさんとばいばいするモードにシフト。最後は笑わせる事なく終わってきます。磯山Pの意向らしいけど、個人的には最後まで笑わせて終わってほしかったナ。。

『TRICK』同様、ファン向け娯楽作品で、キャッツフリークなら普通に楽しめるでしょ。つーか今作、マスコミでのネタバレ禁止が激しく、NGワードだらけ。そこも触れちゃダメなの!? ってわけで、どんな媒体でもほとんどストーリー掴めないと思うので、あとは劇場でお楽しみあれ〜。ちなみに岡田君、相変わらずのパーフェクト美男子でした。

『ただ君』(東映)、『虹の女神』(東宝)、そして『キャッツ』(アスミック・エース)と話題の邦画が同日決戦! 勝つのはどれ!? 映画としては『虹の女神』を押すけど、娯楽としては『キャッツ』なのかなー。
[PR]
by april_foop | 2006-09-30 00:00 | 映像
感想/虹の女神 Rainbow Song(試写×2)
d0055469_10532121.jpg昨日に引き続きお届けする10.28邦画決戦! エントリー#2『虹の女神 Rainbow Song』10月28日公開!! 市原隼人×上野樹里。
映画『虹の女神』公式ページ

待望の岩井俊二!と思いきや今作はプロデューサーとしての参加。監督はお弟子の熊沢尚人。映像制作会社のADとして働く智也が、あおいと出会った大学時代から現在までの淡い恋と青い夢を描く青春回顧ストーリー。大学の映画サークルって設定も新しくないし、ドラマ自体にも斬新なインパクトはない。だけど、脚本と絵作りがとても誠実で、浸れます。感情を示唆するさまざまなカメラアングルが印象的。てことで、ふたをあけたらやっぱ岩井ワールドでキラキラしてた。岩井さんの名前ばかり前に出ちゃって監督としてはフクザツ?

そんな世界に命を吹き込む役者の輝き。市原君は『天使の卵』より断然よかったし、上野樹里もやっぱイイわ〜。未成熟さ、無邪気さ、葛藤などなど内面をリアルに表現。佐々木蔵之介や蒼井優(今回は盲目の妹。シーンは多くないけど絶品)、酒井若菜(役者として貴重なポジション。もっと使って!)といった脇役もしっかりしてるから説得力も出る。そこが『ただ君』との最大の差か。

過ぎ去った時間を俯瞰して初めて見えてくる日常の輝き。失うまでは絶対にわからない感傷。ボクの好きな"青春の陰と陽"が入ってて満足できました。岩井組はいつも、なんでもない事象、他愛もない日々を、とてもキレイなかけがえのないものとして抜き出します。

初めて会った市原君、まるっきり小僧なやんちゃキャラだけど、やたらキレイな肌と目をしてて、ものすごい好印象。精神年齢、いい意味で中学生クラス。弟にしたくなりマシタ。

<10月4日追記>
どうしてももう一回観たくなって二度目の試写。前回以上に浸ってしまいました。これやっぱすっごいイイっす。同年代も、すでに青春時代を過ぎた大人もいろんな想いを募らせることができるんじゃないかなー。相田翔子のくだりにある「本当の事を言ってたらつきあってくれた?」ってセリフは、そのままあおいの心情を表しているように思いました。青春って毒だよね。オススメです。
[PR]
by april_foop | 2006-09-29 00:00 | 映像
感想/ただ、君を愛してる(試写)
d0055469_10494484.jpg今日から3日連続でお届けします10.28邦画決戦! エントリー#1『ただ、君を愛してる』10月28日公開!! 宮崎あおい×玉木弘。 
映画『ただ、君を愛してる』公式サイト

私的ベスト恋愛小説『恋愛冩眞 もうひとつの物語』の映画化(もろもろ経緯はコチラ参照)。不器用男子・誠人が大学で出会った不思議ちゃん女子・静流。コンプレックスを抱える2人は互いに一番の理解者となるが…、なファンタジック恋物語。原作は超泣けます(泣いてないけど)。ストーリーはやっぱりいいんだけどキャストの力不足で映画としてはもうひとつ……。

無難に原作を実写にしてるから、ストーリーだけでもそこそこ感動できるんじゃないかなー。テンポも悪くないし。絵も普通。だけど、キャストがややアウト。イメージうんぬんじゃなく演技力の問題だわー。

今作もおそらく高評価を得るだろう宮崎あおい、上手いし激カワイイけど、オレからすると静流にはなりきれてない。同級生に「変人」呼ばわりされて敬遠されるほどの"ちょっとオリジナル"な感じや浮き具合は、セリフ頼みで演技としては表現しきれてないっす。あれじゃ誠人じゃなくたって恋するって。と思うのは原作に思い入れがありすぎるからか。で、終盤の主軸となる玉木君とメイサ、この2人が切なさを煽れるかどうかのキーマンなのにどうにもモノ足りず……。矛盾してますが、最終的には宮崎あおいに救われた感じ。

生あおいちゃんは、さすが勢いがあるつーか芯が強い印象。自分基準が明確なようで、アンテナにひっかかったものは貪欲に追求しようっていう姿勢がうかがえる。いい意味で欲がある状態だそう。あおいちゃんのナレーションは本人も「好き」って言ってるだけあって上手だね。きっと想いを言葉に乗せるのが好きなんだろうなー、って思いました。

しつこいようだけど、原作、超オススメ。映画は原作を知らないほうが楽しめる気がするな。
[PR]
by april_foop | 2006-09-28 00:00 | 映像
その輝き、いまだ曇らず(写真集)
d0055469_1094451.gif25日、講談社からすんごいの出ました。『audrey hepburn treasures』。文字通りオードリーのお宝大全! 190ページを越えて秘蔵写真と、お宝グッズが盛り込まれて7350円! オードリー百科ですわ。先輩が購入したので見せてもらいました。

とにかく幼少期から死ぬ直前までの写真がズラリ並んでて、まあキレイなことキレイなこと。ガキの頃からすこぶる愛らしいし、お年を召されてもお美しい。もちろん絶頂期の美し可愛さといったらないね。見とれて当然。

さらに驚きなのはお宝グッズたち。本人のパスポートや、戦時中の指紋入り身分証明書、プライベートな手紙などなど、そんなん出しちゃっていいの?ってアイテムの複製がてんこもりで封入されてます。見たいか? と言われたら別に見たかないけど、なんとなく体温が伝わってくる代物。遠くにいる人が身近に感じられるような。そんな生きた証たち。もちろん、各時代のいろんなエピソードも満載。ファン垂涎とはまさにこのこと。

実はオードリーのことをあまり知らないのですが(出演作もほぼ観てない)、それでも惹き付けられるものありあり。永遠の輝き。この本、部数限定で在庫僅少らしいので、欲しい人は急げ!
[PR]
by april_foop | 2006-09-27 00:00 | 閑話
感想/天使の卵(試写)
d0055469_242680.jpg村山由佳の原作が大の苦手なのに、観た。結果→観なくても良かった。。『天使の卵』10月21日公開。美大志望の浪人生・歩太は、同級生の彼女の姉・春妃に恋をする。夫の死以来心を閉ざしていた春妃は、歩太の真っ直ぐな想いにやがて心を開くのだが…。 
::::天使の卵::::

原作の4年後って設定で、回想ベースで話が進む。続編の『天使の梯子』(これもOUT)との中間。基本的にはかなり原作に忠実といってよさそう。歩太のキャラはもっと繊細な印象だったけど、市原君はかなり強めに演じてました。監督の指示だったらしいけど、原作イメージと随分離れたなー。

小西真奈美はよく演じてたと思うし、沢尻エリカも似合わないショートのヅラで奮闘してたけど、原作同様ストーリーが堪えられません。ありえん展開オンパレードで、とても自然には受け入れられず。お泊まりした時に限って妹が訪ねてきちゃう、ヌードを「生まれたままの姿」って言っちゃう、そのへんどーなわけ? 画像見てわかるとおり、ソフトフォーカス大好き映像も、このストーリーと合わさると粘着質に思える。演出の問題なのかもしんないなー。

ちなみに公開翌日の22日に、テレビ朝日系列で『天使の梯子』を2時間ドラマでやるんですと。キャストはミムラ&要潤。うーむ。
テレビ朝日|天使の梯子

コニタンは、思いのほかとても責任感の強い女性。真摯な仕事ぶりが好印象。スラリ長身&顔が小さすぎて逆にアンバランスに見えるという神業の持ち主でした。
[PR]
by april_foop | 2006-09-26 00:00 | 映像
美食百花 dish14 正体見たり、ねぎま鍋!
朝晩冷え込むようになってきたので、いち早く鍋喰ったったワ!

d0055469_371185.gif<<浅草/大江戸料理
酒膳 一文(ぐるなび)

TX浅草駅から徒歩数分(銀座線田原町駅からは10分弱)、西浅草3の交差点から一本路地を入ると「ねぎま鍋」の提灯がゆらめいてる。こちら一文は、囲炉裏あり土間あり水車ありの古き良き江戸を再現した店構え。メディアでもいろいろ取り上げられてる有名店みたい。

d0055469_3164134.gifd0055469_316223.gifそれはさておき、お目当てはズバリねぎま鍋ヨ! ねぎま? 鶏かい? って思ってたら「ねぎま」っつーのは、正しくは「葱鮪」と書くらしく、そもそも庶民料理だったネギ・マグロ鍋を指すんだそーな。それが串焼きとなり、いつしか鮪が高級化して鶏が取って代わったんですと。こりゃ目からマグロ、じゃないウロコ(ちょっと用法間違えてます)。はい、ビフォア(写真左)アフター(同右)! この肉厚なトロが激ヤヴァ旨す。しょう油ベース出汁(おいちい)の中をサササと軽く潜らせれば、ホラとろけるとろける。何コレ、超美味いんですけど!!

その他馬刺、くじら刺、お造りなど生肉がどいつもこいつも美味い。締めのおうどんもこれまたかなりデリシャス。ちなみにお鍋は銅鍋使ってましたー。

ちなみにココ、独特の会計システム。入店後オーダー前にまず円を「文」に換金する。レートは1文100円。予算にあわせて「文」を買ってから、そいつを使ってフードドリンクを注文するのだ。生ビール6文!みたいな。さながら遊園地の回数券。4000円分ついてて、あれ乗ってこれ乗ったら足りなくなったちゃう!?的な。もちろん不足したら買い足し、あまったら円に再換金て寸法。過剰に注ぎ込んだ江戸前風うさんくさげインテリアとあわせて、どこか垢抜けないテーマパーク状態。

ネタとしても使えるけど、ねぎま鍋は本気で美味い! 人に教えたくなる名店ですわ〜。
[PR]
by april_foop | 2006-09-25 00:00 | 美食
『純情きらり』ファイナルウィーク!
d0055469_0144640.gif『純情きらり』がいよいよ最終週に入るぞ〜! 朝ドラをこれまで25週間、1話も欠かさずに観たのは自分史上初。途中で投げ出せない体質なの。最終回を待ってからレビューしてもいいんだけど、最終週を観てくれる人が増えるかもしれないので、あえてこのタイミングでリリースします。 
連続テレビ小説『純情きらり』

ざっくりあらすじ。時は大正、愛知・岡崎に三女として生まれた桜子(宮崎あおい)は、音楽大好き娘。いろいろお騒がせしつつ東京の音楽学校に進むも、事情により中退、帰郷。高校時代は居候の斉藤先生(劇団ひとり)、上京後は幼なじみの音楽仲間である達彦(福士誠治)、達彦が出征中は姉婿の冬吾(西島秀俊)に、それぞれ恋するけど、最終的に戦地から帰って来た達彦と結婚、そして妊娠。姉妹を中心に周りを巻き込みつつ、第二次大戦の戦火を乗り越え命カラガラようやくここまできましたって感じ。でも前週で結核を患ってることが判明! 桜子ちゃん死んじゃ嫌だ!?

朝ドラ、毎話15分だから話の展開が速い速い! 最初の1分で降ってわいた難題が13分後にはめでたく解決してるからね。このテンポはすごい。それにしても家族全員揃いも揃って波瀾万丈。視聴率は徐々にアップして、先週は24%越えも達成したそう。これはけっこう褒められた数字らしい。確かにここまで飽きずに楽しめました。

宮崎あおいは『NANA』でもそうだったけど純情きらり少女がハマるね。セリフの発し方というか発声が巧い。声優とかやらせても面白いかも。どんな役も明るく可愛くなっちゃうという弊害はなきにしもあらずだけど、不自然さはない。来年は大河のヒロイン!って丸1年拘束されちゃって大丈夫? 仕事の選び方が偏り過ぎてない? 別にいいけど。

あおい効果もさることながら、寺島しのぶとか西島秀俊、戸田恵子など脇がしっかりしてたのも良かったっすね。ラスト6話、楽しみです。

↓ドラマ開始1週間時のレビュー
新・朝の日課『純情きらり』

<9月27日追記>
このドラマ、音楽を前に押し出してるけど、観てて音楽やりたい!って気にはまったくならなかったなー。口で言ってるほど音楽への情熱は感じられませんでした。そこは不満。
[PR]
by april_foop | 2006-09-24 00:00 | 映像
感想/幸福のスイッチ(試写)
d0055469_945162.jpg上野樹里モノは全部観たい勢い。和歌山県田辺市を舞台に、小さな電気屋一家を描いたスモールストーリー。父に反発して上京するもうまくいかない娘の元に「父さんが倒れた!」という電話。慌てて帰って実家の電気屋を手伝うことに。親の心子知らず、をまんま描いた物語〜。『幸福のスイッチ』10月14日公開。
『幸福のスイッチ(しあわせのスイッチ)』公式サイト

今時考えられないくらいベタな話。田舎を飛び出す娘、すぐ怒鳴るガンコ親父、ステレオタイプな三姉妹、で母は他界、ってもろ定番家族モノじゃん! さらには量販店に押される個人商店、密かに娘のためにお金を積み立てる親、そんなこと知るよしもない娘、でも見た事なかった一面に触れて見直しちゃった…。って小学生の作文かい!! タイトル「働くお父さん」ってか。

でもそんな家族のお話をバカ丁寧に作ってあります。少しずつエピソードを積み重ね、その布石をちゃーんと後ろでフォローして、すべてのセリフ、シーンを有機的に消化して「人を思いやる心」というメッセージをきっちり伝えてくる。目新しさやインパクトは望めないけど、しっかり温かくはなれます。コレ、本も書いた監督の性格だろうね。「社会の大事件ではなく、取るに足らない個人の小さな大事件を描きたい」って言ってるくらいだから。

個人的にはあまりにも丁寧に拾い過ぎるのでちょっと苦手ではある。なんか気を回し過ぎてくれて逆に付き合いづらい異性、みたいな。いいヤツ過ぎて気が引けるんだよな!って感じ。にしてもジュリーがいいよ。薬師丸ひろ子とかもそうだけど、往年のアイドルがいいおとん、おかんに進化するのってすげーカッコイイことと思います。



本作と関係ないっすが、今日『フラガール』観て来ちゃいました。感想追記しましたので興味ある方はドゾ。
感想/フラガール(試写&劇場)
[PR]
by april_foop | 2006-09-23 00:00 | 映像
内装飾り付け屋のお仕事
d0055469_23402677.gifちょっと前に初めてインテリアスタイリストさんとお仕事。ほほ〜っと新鮮だったワ。

ハウススタジオで、ベッド周りにモデル置いての撮影。当初はスタジオのデフォルトでいいや〜くらいに思ってたんだけど、どうもそういうもんじゃないらしいってことに気付いて、1週間前に慌ててインテリアスタイリスト様に発注。打ち合わせしていざ当日!

いやー、見違えた! シーツから布団から総取っ替えするのはもちろん、ベッド周りの椅子やチェスト、照明までリースしてくれんのねー。殺風景だったスタジオがあっという間におしゃれルームに早変わり! いい仕事しますね。いるといないじゃ大違い。なんせ初体験だけに手際いい仕事っぷりにただただ感心。

でも、やっぱその陰で地味な仕事してんのよ。シーツやカバーはアイロンかけてひとつずつ出しては飾ってして、終わればまた丁寧にしまって。もちろんクレジット系もチェックして。小物やら雑貨やらは洋服と比べて壊れ物が多いだけに余計に神経使いそう(これはロケバスさんも同様。かさばるから積み込みにも要テク)。几帳面じゃないとできないお仕事だわ〜。

久しぶりにフープのお仕事日記でした。オソマツ。
[PR]
by april_foop | 2006-09-22 00:00 | 生業
感想/マーダーボール(試写)
d0055469_131029.jpg車いすラグビー(ウィルチェアラグビー)のUSA代表をメインに追っかけた戦慄のドキュメンタリー映画登場! 体育会系マインドの持ち主はもちろん、そうでなくてもこいつらのパワーはぜひチャージしておきたいっス。『マーダーボール』10月7日公開。  
映画『マーダーボール』公式サイト

出だしはやっぱヘビーでさ。重度の障害を持つ車いすユーザーが次々出てくるから、その傷跡ばかりを目で追っちまう。けどこの映画は、そんな感傷を欲しがってるわけじゃない。あくまでアスリートとして頂点を目指す男たちの魂に照準を絞ってる。車いすはハンデじゃなく武器であり鎧。そこへ至る経緯は様々で、乗り越えて来た絶望もいろいろだからこそ、辿り着いた境地がイカすのなんの!

USA代表選手数人と、元USA代表であり現カナダ代表コーチの関係を入り口に、アメリカ対カナダの2002年世界選手権、2004年アテネパラリンピックのマッチアップを取り上げる。さらには彼らの姿を見てはじめて車いすラグビーと出会う者。彼らの周辺に居る家族、恋人、友人。観てるうちに段々彼らの傷ついた肉体が異質に写らなくなるから不思議。

ドキュメンタリーらしい出来過ぎてないラストもすごく好き。健常者であろうとなかろうと、自らの宿命を受け入れて、振り切って、何かを手に入れにいく姿はカッコイイわ。観て良かった一本でした。

ちなみに今週の情熱大陸は奇しくもプロ車いすバスケ選手がフィーチャーされる。これも要注目。
岩野博|情熱大陸
[PR]
by april_foop | 2006-09-21 00:00 | 映像