<   2006年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
感想/パビリオン山椒魚(試写)
d0055469_3103068.jpgオダジョー先生と香椎由宇のぶっ飛び映画。意味不明で好み真っ二つに分かれるだろうけど、フープ的には面白かったよ。『パビリオン山椒魚』9月16日公開。タイトルからしてクレイジーでしょ。  
パビリオン山椒魚  

えーっと、説明しづらいストーリーだな。二宮家は、かつてパリ博覧会に出てた山椒魚のキンジロー君を保護する財団。二宮家の四姉妹の末娘があづき(香椎由宇)。自称天才レントゲン技師が、謎の黒幕にキンジローのX線撮影を依頼され、あづきと出会う。ってのが一応のはじまり。

登場人物があづき以外どいつもこいつも奇天烈で、終始妙なテンション。笑うところなんだか流すところなんだかって感じ。で、話もキンジローから始まって、家族の話になって、恋の話になって、事件が起きて、後半はオダジョーのキャラクターがまるで変わっちゃったりして、掴みどころない。このシュールさは、起こりえないことがどんどん起きちゃう誰かの夢の世界みたいな感じ(誰かっつーか監督の、だな)。

あんまり教訓やメッセージは感じないけど、雰囲気映画として楽しめばいいんだよね。現場はオダジョーや高田純次のアドリブがすごかったらしいよ。香椎由宇ちゃんに会ったけど、ものすごく凛々しいお顔立ち。サバサバ系のキリリ女子でした。海が好きで1人でふらりドライブしちゃったりするんだって。で砂浜でセリフ覚え、っておいおい格好良すぎだろー。笑 ちなみにオダジョーのスタイリングを知り合いがやってることをクレジットで知って、立派になったなぁ、なんて感心しちゃうオマケもついてましたとさ。
[PR]
by april_foop | 2006-08-31 00:00 | 映像
オヤスミ、relax
d0055469_391660.gif『relax』9月号は睡眠特集。長澤まさみの寝顔に吸い込まれるように拝読〜。  
relax|TOP (このサイトもいつまであるか…)  

とりあえずカバーからしてキレイやわ〜。で、見開きどどーんと敷いた写真の中に小さくひっそりと長澤まさみの寝姿。俯瞰なんだけど、これをやるにはどんだけ上から撮ってんの?って感じ。こんな高さのあるスタジオもあるんだなー。そしてこの贅沢な誌面の使い方もうらやましっ!

中身は毎度というか、やっぱりどっかトランスした世界。目の保養にはなるけど、庶民には手の出しづらい空間だよねー。スペインのビーチで昼寝〜、とか、イタリアの食う寝る遊ぶな生活~、とか、瞑想〜とか(井村空美がモデル!!)、あまり現実味はないね。ただただぼんやりと憧れるのみ。戸田恵理香や松山ケンイチ、市川実日子、藤岡弘とかの寝姿ショットも新鮮で、作り手としてはイカすな〜って思います。あ、パンダとひつじの昼寝もカワイイねー。

こういうアートっつーかサブカルっつーか、な雑誌は見た目気持ちいい。読み物としてもそれなりに面白い。けど、ターゲッティングが難しいんだろーね。ロハスとも違うし。さらに言えばここから読者に何を感じ取らせるかっていう着地点も微妙だし。なんてのが関係あるかどうかは知んないけど、実は『relax』はこの号で休刊。永い眠りについたのでした〜(休刊だから眠り特集にしてる気がする。そういう洒落心が好きだよ…)。

メジャーな雑誌が消えていくのはとても寂しいです。出版業界の明日ってどっちよ。。
[PR]
by april_foop | 2006-08-30 00:00 | 文字
感想/X-MEN ファイナルディシジョン(試写)
d0055469_257666.jpgアメコミ映画の最終章。前作観てないこともあってかイマイチ。『X-MEN ファイナルディシジョン』9月9日公開。もろ続編だから、前作知らないと節々で理解不能に陥ります。  
X-MEN Final Decision  

ミュータントの能力を消せる薬が開発されて、それを巡っての戦い。チカラを維持したいミュータント、普通の人間になりたいミュータント、ミュータントを恐れる人間、とそれぞれの立場でバトります。VFXすごいところもあるけれど、基本的に能力がしょぼいよ。。

だってさー、炎を出すとか、氷を出すとか、すごいパワーで壁を突き破るとか、壁をすり抜けるとか、そのレベルだよ? 一番すごいやつで、川の激流をねじ曲げるほどのテレキネシスとか、クルマを放り投げるとかだよ?? でバトルはどうかといえば、炎と氷の真っ向勝負だったり、クルマに火をつけて放り投げるとか。能力生かせてない接近肉弾戦も多くて全然IQ使ってないんだもの。「スタンド」とか、『幽遊白書』の能力とか、「デスノート」とか知ってるオレらに、その能力に魅力を感じろといわれてもねぇ。。

ということで、どんなに派手に見せてもそもそも原作の設定が愛せないんだと思います(もっとも原作は、人種的マイノリティに対するテーゼとかがあるらしいけど)。当然映画も楽しめず。子供が観ればよろし。いくら人間模様だの能力者の悩みだの描かれても、心動かんよ。あ、注目子役のキャメロン君が出てるけど『ウルトラヴァイオレット』とまるきり同じ役どころってのもドウナノヨ!

てかなんだこのラスト。続編あり?
[PR]
by april_foop | 2006-08-29 00:00 | 映像
美食百花 dish12 アフリカに思いを馳せて
2週間ぶりにイタダキマス。美食百花もはや12号となりました。本日はアフリカの風をお届けします。

d0055469_2251731.gifd0055469_2321992.gif<<新宿/アフリカ料理
=Rose de Sahara=

新宿南口から徒歩5分、甲州街道沿いの2Fに佇むのはアフリカ料理専門店のローズ・ド・サハラ。有名みたいだから、行った事ある人も多いかもね。ちと映画会社の人とゴハンするのに使いました。色々と食べてみたいメニューを見かけたもので。なんせこのお店はオープンから26年つーけっこうな老舗。店主はサハラに住んでたこともあるっつーから本格派でしょ。アフリカ大使館とも多少関係があるとかないとか。

d0055469_2355340.gif注目は肉料理。ダチョウ、ワニ、ラクダといったワイルドなやつらがラインナップ。オーダーしたのはダチョウのタタキ(写真左)、ダチョウのサイコロステーキ、カンガルーの唐揚げ、エジプトサラダ、クスクス(写真右)、それから焼きアイスクリーム。どれも食べていいのか!?って感じだけど、なるほど食べた事ない感じながら全然クセがなくていけちゃいます。身構える必要まるでなしのフツーに美味しい料理って感じ。あ、アフリカンビールもあるからこれもせっかくだからオーダーしたいね。

なにげアフリカ人と思しき店員さんもいて、片言ながら親切接客してくれて好感度大。写真撮れば良かったぜ。って感じでネタものとして使ってみるのにグッド。新宿にマンネリしてる人、まだ行った事ない人いたら連れてってあげたいお店デシタ! 新婚旅行をアフリカでお考えの人にもオススメかもよ!?

次号は9月11日。巻頭特集は「馬肉はタテガミを喰え」の巻!
[PR]
by april_foop | 2006-08-28 00:00 | 美食
DUNKSHOOT外伝 vol.3【Live!】
いよいよ世界バスケも決勝Tがスタート@さいたまスーパーアリーナ! てわけでもちろん乗り込んで来たぜ。興奮が冷めないうちにリポートスタート!  
2006FIBA世スケットボール世界選手権  

d0055469_0121053.gifGER78-77NGR
ドイツ、常に10点近いリードを保ちながらも、ナイジェリアは突き放されかかると3Pとオフェンスリバウンドで食い下がる。そして4Q、ナイジェリアが流れを掴んで猛スパート! ノヴィツキーがディフェンスリバウンドをキャッチしたかに見えたところを、#5が飛び込んで来て空中でそのボールをもぎとってそのままダンクでねじ込むなんつー「スティール+リバウンド×ダンク」みたいなインクレディブル・プレーまで飛び出す始末!  魂が震えました。ラスト8秒1点ビハインドのナイジェリアは、あわよくばファウル狙いのドライブインを試みるもレイアップが外れファールもなしで万事休す。第一試合からメチャメチャ盛り上がりました。

ノヴィツキーは随所にらしさを見せはしたものの全般的には低調。ナイジェリア#7のPGがいいなーと思ったら、NBAプレーヤー(NYK所属)だった。そして前述の#5はメリーランド大のプレーヤー。てことはNBA入りの可能性もなくはない。#13の連続3Pも痺れました。ナイジェリアはFT落としまくったのが悔やまれるところ。

d0055469_0122045.gifUSA113-73AUS
待ってましたアメリカ! 選手の体つきが明らかに違う。あの肉体だけでビビりそうだ。ゲームは1Qこそオーストラリアが善戦したものの、2Qで一気に突き放されてあとは流しておしまい。アメリカはパスが速いね。楽勝だったので本領発揮とはいえないけど十分堪能させてくれました。オーストラリアは、A.ボガッドがすごくよくてびっくり。走れるし、シュートレンジ広いし、ボールハンドリングも上々。さすがは去年のNBAドラ1。強さがついたらオールスター級ですわ。

d0055469_0122929.gifFRA68-62ANG
フランスがグッドDでアンゴラを寄せ付けず4Qまでくるも、ここから急に粘り始めるアンゴラ。ナイジェリアといいアフリカンパワー炸裂で、1点差まで詰め寄りながら、こちらもFTのミスで逆転のチャンスを逸する。アフリカ勢、個々の能力はかなり高いんだけど、すげームラがある。集中してできてるときと、妙に雑でミスるときがあるんだよなー。でも終盤かなり盛り上がって楽しいゲームでした。第一試合といい、観客はついつい負けてるほうを応援しちゃいます。

好きじゃないけど、フランスのディアウ、バランスのいい選手ですね。トニー・パーカーも観たかったよ。あと、シドニー五輪でヴィンス・カーターの"人間越えダンク"をくらったフレデリック・ワイスがいた! 今日はさすがに飛び越えられる事はなかったけどw てかあれを飛び越えてダンクって今更ながら異常過ぎ…。

d0055469_0123865.gifGRE95-64CHN
ヤオ・ミン登場! あまりにも風格のあるスーパースターっぷりにびっくり。会場はチャイニーズ多くて中国のホームみたい。で1Qから存在感ありまくり。ディフェンスではポストでポジションを取らせず、ドライブインにはそれこそ万里の長城のごとく立ちはだかる。オフェンスもボールが入ればあっという間にスコア。サイズだけじゃなくプレーも規格外になってんな。。マジでほれたぞ。

がしかし、チーム力はギリシャが断然上。2Q終盤、フルコートでプレスをかけると中国のガード陣はミスを連発して逆転を許して前半終了。後半はずーっとプレスをかけられ、山王VS湘北状態に陥って、完全に戦意喪失。ギリシャはヤオにボールを入れさせない守りをし、たまに入ってもすかさずトリプルチームで、ヤオに仕事をさせない。中国G陣が弱かったことを差し引いても見事なディフェンスでした。オフェンスもよく組織されててシュート力はピカイチ。順当に行くと準決勝でアメリカと当たるけど、相当いい勝負しそうな気がします。

というわけで12時間アリーナに居続け世界レベルのバスケを満喫。さすがに1日4試合はしんどかったけど、楽しかった! 来週の決勝も行きますが、希望カードはアメリカVSアルゼンチン。さてどうなることやら!?
[PR]
by april_foop | 2006-08-27 00:00 | 体育
感想/弓(試写)
d0055469_1242438.jpg甘ちょろラブだけが韓国映画にあらず、と思わせる秀作その2! 奇才キム・ギドク監督最新作『弓』は独特の美しさを撒き散らして9月9日公開。狂気なのに耽美的な快作だ〜!!  
キム・ギドク監督最新作『弓』公式サイト

海原に浮かぶ船の上で生活する老人と少女。密室といっていい船上で、老人は少女を溺愛して彼女の17歳の誕生日に結婚する気満々。船の上の世界しか知らない少女にとっては老人こそがすべてで絶対。ところが、少女が釣り客の青年に恋をしたことで完結していた世界に歪みが生じる。決定的に何かが欠落した少女と、妄執的な愛情を注ぐ老人の愛の形を、パンピー青年をだしに炙り出す。タイトルになってる「弓」は武器であり楽器であり、少女と老人を繋ぐ絆だった。

すんごいセンセーショナル。。なんせ主役2人セリフなし。アブノーマルな背景とかも一切説明なし。その環境から心情からすべて想像するしかないんだけど、十分それを助けてくれる演技と演出で、まんまとのめりこんじまった。すげーよ。こえーよ。『サマリア』にも出てたハン・ヨルム、汚れなさと妖しさをあわせもつ見事な艶技。

愛の物語と言っていいのか、生き方の話なのか、人の絆を描いているのか。ギドク本人の言葉では「私は弓のように最後までぴんと張って生きたい」とかなんとか。老人にとって少女を失った生活なんて弦の切れた弓に等しかったってことか。形はどうであれ、生き甲斐をもって生きるということ、そしてそれを無くす事は死に等しいということを感じました。哲学性のたっぷり詰まった今作のクライマックスは奇跡的に純潔かつ淫靡! こんなの観たこと無い! 絶対絶対絶対必見のシーン!!!

色調の美しさやセリフのなさはたけしの『Dolls』を思い出させたけど、あれより断然響くものがあって、ギドクが放った矢が心に深く刺さりました。侮れませんなぁ、韓国その2!!
[PR]
by april_foop | 2006-08-26 00:00 | 映像
感想/グエムル —漢江の怪物—(試写)
d0055469_9372457.jpg 甘ちょろラブだけが韓国映画にあらず、と思わせる秀作! カンヌで大絶賛、本国でいろいろ新記録叩き出してる怪物パニックで家族愛を再確認せよ。『グエムル —漢江の怪物—』9月2日公開。
グエムル —漢江(ハンガン)の怪物—

悪〜い欧米人が川にポイした薬品(妙に安易な設定だけどけっこう風刺的よね?)がもとで、韓国の平和の象徴である漢江に突然変異の謎の怪物が出現しちゃってヒッチャカメッチャカってのが大筋。この怪物、強いのか弱いのかよくわからん。静止した画もないから姿もとらえきれないし生態がホント不明。いい感じでイマドキじゃない往年のモンスター感(一応、サバの化け物らしい)が意外とツボだったりしてキモカワ! 嘘、全然かわいくない!!

で、主人公であるダメ男の娘が怪物に拉致られちゃって、家族総出で救出大作戦に。そのプロセスで問題だらけだった家族が絆を取り戻すというところ。怪物のパニックシーンを中心に、お間抜けギャグあったかと思えば、いきなり家族の確執出てくるし、ちと風刺的な描写もあるしで、やったらごった煮なのに混乱はしない。なぜなら主人公がダメ男だから。クライマックスのペ・ドゥナ、かっこよろしい上に設定が生かされてて(コリアンのナショナリズムも感じる)魅力的でした。興味深い展開で最後まで引き込まれます。

なんとなく野暮ったいのに期待持たせるんだよね。スケール感なのか? 大好評のポン・ジュノ監督はハリウッドからのオファーがいくつも舞い込んでるとかなんとか。エンディングはかなり秀逸だと思われる独創的エンターテインメントです。侮れませんなぁ、韓国!
[PR]
by april_foop | 2006-08-25 00:00 | 映像
DUNKSHOOT外伝 vol.2
d0055469_1521233.gif2006FIBA世スケットボール世界選手権

JPN78-61PAN
序盤押され気味で、おいおい全敗する気かよ!と思いきや後半はペース掴んで離さず。というかパナマが集中力なさすぎるのか? どっちもさほどいいオフェンスしてるとは思わないけど、日本は外が好調。てか格下相手だと落ち着いてプレーするよね。まあ決勝Tに望みをつなぎました。

d0055469_1523322.gifJPN57-60NZL
絶句。最大18点、4Q残り6分でも10点のリードがありながら勝ちきれず。終盤3Pをポンポン決められたのは相手にツキがあったと言えなくもないけど、ミスも多かったし集中力欠如? 結局よかったのは1Qだけで、2〜4Qで31点しか取れてないって情けない。。同格の相手にこれだけリードして、しかも開催国なのに逆転されるって何事ですか? この時点で決勝T進出は絶望的。

d0055469_2574753.gifJPN55-104ESP
スペイン充実! いい選手いっぱいいたなぁ。こんなに強くなってるとはびっくり大発見。ガソル弟まで観れちゃったし。でね、もちろん大敗なんだけど、一番いいゲームをやっていたような気も少々。いいPGが育てばそんなに捨てたもんじゃないかもしれないとふと思った。日本のベスト5は、桜井、山田、竹内ツインズ、PGは…節政? にしたいと思います。

さ、強豪国たちの決勝Tを楽しみにしよっと☆ って決勝しか民放はナシ!? TBSさんよー、やる気ないなら権利買わないどくれ。NHKに任せときゃいいものを!
[PR]
by april_foop | 2006-08-24 00:00 | 体育
感想/40歳の童貞男(試写)
d0055469_1049216.gifなんだか下世話なタイトルにつき敬遠したくなりますけど、おもろいやんけ! 『40歳の童貞男』9月2日公開。フィギュア&ゲームオタクの40歳・アンディは童貞ってことが同僚にバレちゃって、よっしゃお前を男にしてやるぜ!なお話。ええ、タイトル通りですとも。オタクカルチャーを土台にしてるところが気分だわね。   
『40歳の童貞男』公式サイト

40歳ヴァージン男アンディのラブラブコメコメは、恋と性にまつわる青春エピソードをまんまオッサン主人公にしちゃったもの。もうコレだけで見事に勝利。話自体はわりとノーマルなのよ。ヲタ(おっさん)が恋して同僚は冷やかしつつ親身になってアドバイス(もちろん微妙に的外れ)。恋煩いの相手はけっこう素敵。でもセックスの仕方がわからなくて右往左往。童貞だなんて告白できず上へ下へ。ってね。そんなストーリーを達者な演技力とテキストの軽快さで愉快痛快に仕上げました。貞操キープな純愛ラブは、ほ〜らまさしく青春ストーリー! オタクにはコンテンポラリーを感じ、下ネタにはノスタルジーを感じで、いやー微笑ましい映画だ。

ラストはミュージカルの『ヘアー』を観てると笑えるらしいけど、ボクは未見につきその真髄を解せず。ちなみに童貞(DT)限定試写イベントなんてのが24日開催! DTか、DTマインド持ってれば参加オーケー。ゲストはDTの憧れ(?)飯島愛。さらにみうらじゅん×山田五郎のDTトークショーまであり。あ〜、行きたいぜ!! え? もちろん持ってますって、DTマインド!

こんな良作なのに都内で公開決まってるのは、ユナイテッド・シネマとしまえんだけ。洋画、苦戦してんなぁ。
[PR]
by april_foop | 2006-08-23 00:00 | 映像
立ち読みする? それとも"ちょい読み"する!?
d0055469_1533017.gif雑誌業界ではちょっとした話題のポータルサイトが昨日リリース。その名も「magabon」でござり。
【magabon】
仕掛人は電通。

d0055469_24538.jpg現状メインコンテンツは、雑誌の"ちょい読み"。ウェブ上で、表紙、目次、次号予告の他、誌面もパラパラと見られちゃうってわけさ(一部ちょい読み不可雑誌あり)。なるほろ確かにキレイ。今までは雑誌によって各々のサイトで中身を見られるところあったけど、こうして一覧に成るとまた便利っちゃ便利なのかもね。とりあえず、マガハ、学研、アシェットあたりはごっそり乗っかってんね。でも、ちょい読みのFlashちょっと重くね?

今後は、ここから直で雑誌を買えるようにしたり、さらにオリジナルコンテンツを作ってくってことで、どうなってくのかね。ウェブ編集は、紙じゃできない広がりがあって、それはそれで楽しそうだなと最近思ったりもする。ので要注目だなー、こりゃ。

だけどさ、やっぱり雑誌の醍醐味は書店コンビニで表紙を眺めて、引っかかりのあったものを手に取ってパラパラ立ち読みして、気に入ればその場で手に入る、っていうゆきずりのダイレクト感だと思うのよ。消費されてなんぼ。リサーチして買うもんじゃないような。ま、こういうメディアミックスがあってもいいけどね。いくらオンラインで買えても手元にくるまでのタイムラグで冷めちゃうと思うんだけど、どーよ読者のみんな? 試しにジャンプしてみてその使用感を教えておくれ!

ちなみに、これみてて『Z +』(ジッパー・プラス)なるものが創刊準備してるっぽい(?)ことを知りました。って立派に役立ってんじゃねーか!
[PR]
by april_foop | 2006-08-22 00:00 | 電脳