<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
BEDROOM ROCKERS
d0055469_2330352.gif4月21日のLAD MUSICIAN 2006-2007A/Wコレクション「BEDROOM ROCKERS」&展示会(26日)に参加。
LAD MUSICIAN WEB

今シーズンのテーマは、ベッドルームでの衣装、すなわちリラックスした日常着の"着心地"を追求。ロックが底辺にあるのはいつも通り。寝室とはいうものの、求めたのはあくまで上質な着心地で、登場するアイテムはすこぶるシック&クール。

目についたのは、スーパーショートのジャケット。ボレロ並の丈短で、スタイリング映えしそうな注目のアイテム。それとトレンチ。シルエットがかなり美しい。ファー付きブルゾンも暖かそうでいい感じ。着脱可能なリアルファー使用。シャツも色気があってカッコイイ。淡色使いがクール。本物のパジャマまで作ってたのはご愛嬌。

ベーシックながらちょっと遊びがあって好きなブランドです。シャープなシルエットが美しいんだけど、細すぎてオレは着こなせず。入荷は早くて7月末くらいから。お楽しみに。
[PR]
by april_foop | 2006-04-30 00:00 | 生業
本と散歩が似合う街には発見が一杯なのよ、ホント。
d0055469_18231598.gif無駄に長いタイトルは、連休の長さにかぶせてみたり。ボクはカレンダー通り出勤。

で今日は下町散歩。不忍ブックストリートの一箱古本市を冷やかしに。これ、要するに本のフリマ。事前応募者が段ボール箱に本を入れて(一人一箱)出品。店を出すのは、日暮里〜根津〜千駄木〜西日暮里あたりの不忍通り界隈にある、古書店、喫茶店、ギャラリーなどなど地元商店の軒先。スタンプラリーもあって、古本眺めながら散歩が楽しめちゃうという地域密着町おこし的なイベント。会社の先輩が、この一箱古本市に出店してるのだ。
不忍ブックストリート

初めてじっくり歩くエリアだけど、すっごい楽しかったワ。とりあえず古本市、安い。文庫本と普段は買わないビジネス書を購入。古書店にある本もバラエティ豊富で面白い。雰囲気のいい素敵なカフェも実は多いし、有名なそば屋とか革小物屋とかも。そういうのを覗いて行くのはとても楽しい。下町情緒、素晴らしい! 浅草ほど賑々しくないし、ある程度の範囲に集中してるから散策もしやすい。あいにくのお天気で、17時までの予定だった古本市が15時で閉店になっちゃったのが残念だったけれど(スタンプラリーは8/15止まり……)。でも十二分に楽しめた。

d0055469_18233091.gifランチは、ロシア料理の海燕。1000円ながら盛りだくさんで大満足。店員さんが親切で、傘を持ってなかったウチらに貸してくれたり。こういう触れ合いも、下町的でうれし。「青空用品店」「ギャラリーKINGYO」「いろはに木工所」「谷中カフェ」「いせ辰」「SHOP nakamura」などをブラブラ。店名を並べるだけでも、なんだかいい感じ。おみやげに買った「菊見せんべい」のせんべいも美味しかったワ。

ということで、下町気分にどっぷり浸かれて大満足。実は前々から文京区ってのは住みたいエリアだったけど、その思いが強まったのは言うまでもありません。来年は古本市に出店したいナー☆ みんなも足を運ぼう! 古本市は今日だけだけど、不忍ブックストリートはいつでも君を待ってるゼ!

<5月4日追記>
こちらの退屈男と本と街さんで関連リンクまとめておられます(ウチも入ってる!)。ご参照あれ。
[PR]
by april_foop | 2006-04-29 00:00 | 文字
感想/レント|RENT(試写)
d0055469_224145.jpg最近ちょいちょい見かけるミュージカルものですな、映画『レント|RENT』。試写ってきました。4月29日公開。明日じゃん。全編の85%歌いまくりの踊りまくりです。何やら向こうではトニー賞という権威ある賞の受賞歴もある、伝説的ミュージカルの映画化だそーな。ファンも多いみたい? ちなみにボク、ミュージカル経験値ゼロ。
『RENT』

'90年前後のNY。
/恋人をHIVで亡くしたオトコは自らもエイズ患者。過去を引きずり、次の恋に進めない&新恋人はドラッグ常用/ /ドキュメンタリー映像作家を目指す青年。お金のために売れ線の絵を撮るか、自分のポリシーを貫くか/ /エイズ患者ゲイ同士の恋。お互いを慈しむような愛情、待ち構える死/ /レズビアン。価値観の不一致と情のもつれ/
っつー家賃(=rent)滞納系のわけありマイノリティたちが集まるアパートでお話スタート。それぞれの葛藤とか生きる意味みたいなのを、NYって街に、そして偏見の目に、思い切りぶちまける。

とにかく出てくる人物がみな濃いめのギリギリな人たちなわけ。わめき散らすオカマ……って、おすぎとピーコ!? みたいな(ちなみにこの作品を特ダネでおすぎが絶賛したというウワサ。他人事じゃないから?)。そんな人たちがハイテンションで歌い踊るわけだから、かなりボリューミー。つられてテンション上がる反面、やや胸焼けする時間帯も。加えて10年前のミュージカルだから新しい感じは全然しない。

マイノリティの視点から訴えてるけど、つまるところは理解されなかろうが、先が短かろうが長かろうが、自分を大切にネ!ってこと。最後はキレイに収まって観後感は悪くない。当たり前だけど、お歌はサスガでラストを迎える頃にはミュージカル童貞なボクでもつい口ずさんじゃうんだな、これが。

<4.30追記>
久々に耳にしたHIV関連のニュース。
エイズ感染者2年連続で1000人越える
他人事だけど、無視はできないかな。
[PR]
by april_foop | 2006-04-28 00:00 | 映像
感想/天使の耳(文庫)
d0055469_8323198.jpg東野圭吾『天使の耳』=『交通警察の夜』改題、を読了。オール交通事故モチーフでまとめた短編集。素材が身近だから、すぐ隣にある感じがしてリアリティたっぷり。決して読み流せない現実も詰まってるので、ある種ノンフィクション的なスリルがあります。

表題作「天使の耳」
素晴らしかった! いわゆる体内時計のようなものを持つ盲目の少女の物語。二転三転するプロットは短編ながら氏の真骨頂。凝縮された密度の濃さと、クールな筆致に戦慄。タイトルすらも布石。

「分離帯」分離帯での事故。被害者の妻は、法で裁けない罪を自ら裁く。もっとも日常的とも言えそうな事故で人間関係の妙が詰まってて読ませる
「危険な若葉」煽られた若葉ドライバーの復讐劇。収録中もっとも娯楽性が強い一作。この若葉娘怖すぎ。付き合いたくない
「通りゃんせ」路駐が間接的に消した一つの命。被害者の復讐に共感するとともに胸が痛む。寸止めフィニッシュは著者の良心?
「捨てないで」ポイ捨てされた缶が後続オープンカーの助手席の乗員にヒット。不運にも視力を失う事に。オチは読める。一番フィクションっぽい感じで、一件落着に見えるが、被害者の目に光が差すことはない…
「鏡の中で」十字路での事故。微妙に食い違う証言が隠す真相とは。これだけオチの毛色が違うよ。

いつなんどき交通事故にあうかわからないし、そのきっかけは些細なもの。なのに加害者か被害者か、どっちの立場に立つかで世界は劇的に変わる。加害者はほとんどが軽い気持ち(過失ですらないと考える)なのに対して被害者の恐怖、傷、喪失があまりにも痛切。これが交通事故。一方がどれだけルールを守っても起こるもの。ついてない、なんて言葉では片付けたくはないけど、それ以上の言葉もないというのが現実。皮肉なことに、非情に面白い優れた短編集でした。
[PR]
by april_foop | 2006-04-27 00:00 | 文字
ロマン×テクノロジー!な「ダ・ヴィンチ・コード展」
d0055469_22482880.gifひと足早くプレスプレビューしてきてやったぜ、ダ・ヴィンチ・コード展! 明日から六本木ヒルズ森タワー52階にて開幕!!

面白かった! サクっと見て帰るつもりが1時間半たっぷり堪能。展示内容は、小説のカギとなる絵画や小物をストーリーに沿ってデジタルハイビジョンで展示(ようするに映像)。ルーヴルのグランドギャラリー&『ウィトルウィウス的人体素描』から始まって、『モナ・リザ』や『最後の晩餐』などなどが並ぶ。

これに加わるのが音声ガイドと解説ムービー。入り口でレシーバーを渡され、各展示前でボタンを押すといろいろなエピソードが聞こえてくる。それとは別に設置されたタッチパネルを操作すると、拡大図や、絵にまつわる謎にクローズアップした映像が流れる仕組み。小説に出てくる部分の補足説明を視覚的にたっぷりしてくれる。15以上もあって片っ端からチェックしたから時間がかかったのね。でもこれ聞かないと意味ナシ。

絵画の合間には、暗号解読ゲームや映画で使った小物、実在する秘密文書(シオン修道会のモノ!)のレプリカなども展示して、歴史ロマン心を刺激。実はダ・ヴィンチの名画っつってもじっくり見た事なかったから、小説の話もフ〜ンて感じでぼんやりとしかイメージできてなかった。それをこれだけわかりやすく検証できると、数々の伝承を体感できた気がして楽しいの。んー、ワクワクする。改めてこの小説、傑作。

てことで、楽しむためには小説読了は必須。もしくは映画を観てからでも間に合う6月23日までの開催。
ちなみにすべての映像機器はSONY製品(ちなみに映画はSONY PICTURESの配給)で、その高いクオリティにちょっと感動。めちゃキレイ。とにもかくにも楽しかった! グッズ売り場で危うく『最後の晩餐』ポスターを買いそうになったほどに!!

d0055469_22492132.gifd0055469_22493097.gifd0055469_22494119.gifd0055469_22495031.gif
[PR]
by april_foop | 2006-04-26 00:00 | 生業
じれっタイガー!
d0055469_23461176.gif5連敗中はまったく書く気がしなかったけど、ここ2試合快勝したからようやくキーボード叩く気になったよん。トラキチ・フープのタイガース通信!

開幕からはや1カ月弱。今日のゲーム勝って5割。悪くない。むしろ良い。不調だったのは今岡、矢野、能見、以上。それでも今岡はこの2試合結果出してトンネル抜けそうだし、矢野も今日はホームラン含む2安打。他の選手はみんな去年並みかそれ以上だもの。久保田? 去年もあんなもんだったって。ただし巡り合わせは悪し。江草の犠牲フライ2本負け、李のサヨナラホームランは象徴的。実はチーム防御率、チーム打率とも12球団1位。

去年も交流戦前までは5割前後で、交流戦で貯金を作ってから波に乗ったから、まだまだわからない。と言いたいところだけど、去年と唯一違う点。巨人、強っ!w なんなんだよー。李とJPが活躍してるとはいえ、変わり過ぎ。メンタルが改善されてるのは原監督のおかげってか? あーやだやだ。ボク、強い巨人を倒したいとかそういう願望ありません。弱い巨人が好き。阪神は強くても弱くても好き。

日曜日の巨人戦をテレビで見た感想。江草、どこが成長したのか不明。球威そこそこ、制球ばらつく。でもガンバレ。濱中は打席で余裕がある。外の変化球を追いかけ過ぎないのはスタメン起用効果。鳥谷君はもう一つ成長しないなー。野間口のど真ん中ストレートにもろ差し込まれの内野フライに涙。藤川の新フォーム、ダイナミックさが減ったけど、球威はそんなに減ってなさそう。去年並みとはいかなくとも、打ち込まれることもなさそ。

早く球場行きたいな、と。野球ネタ、書いててたのしー☆ 新庄の引退ネタはどこまで引っ張れる!?
[PR]
by april_foop | 2006-04-25 00:00 | 体育
美食百花 dish03
グルメルーキー・フープが隔週月曜日にお届けする『美食百花』。いやー2週間ってあっという間デスネ。

d0055469_2253255.gif<<銀座/イタリアンBAR
銀座SESTO

中央通り沿い、松坂屋の向かいらへんの地下1階。2月だか3月だかにリニューアルオープンしたばかり。店内はさほど広くないけど、その分カジュアルでよろし。ピッツァが上々のお味。あとイベリコ豚の串焼きも美味しかったです。なぜか店員がオジサマだらけだったのが気になった以外は素敵。お値段もほどほどで、アクセスよくて使いやすい。

d0055469_227543.gif>>池袋/ラーメン
竈@麺屋空海
麺屋空海
ラーメン屋の竈と麺屋空海が業界初のコラボして池袋に出店! 4月13日オープン。ラーメン屋って横の繋がりがあんまりないらしいけど、どこぞの対談企画をきっかけに実現。仲良しというよりはあくまでビジネスライクなパートナーシップだそう。両店舗オリジナルのメニューのほかに、目玉であるコラボラーメンを3種ラインナップ。

かなーりイケる! 特に魚介の塩がベスト。つけ麺と豚骨もグッド。場所はシネマロサ(ロサ会館裏手)の横。ちなみにオープン前日のレセプションに行ったんだけど、食べ放題で券売機が常時全点灯(サイドメニュー含めて好きなだけ注文できる)という夢のような状態。とはいえお腹的に2種しか食べられず、後日フツーに客としてもう1種食べてコンプリート。池袋まで足を運ぶ価値アリ。

d0055469_2295282.gif<<表参道/韓国料理
東京純豆腐(スンドゥブ)

こちらも4月半ばにオープンしたばかり。純豆腐(スンドゥブ)という鍋の一種をメインにした新しいお店。ボーク、ビーフ、海鮮、チーズ、みそバターなどがラインナップし、辛さは3段階からチョイス。海鮮とみそバターを食べたけどどっちも美味デス。チヂミがかなり美味しかった事も付け加えておきます。

軽い気持ちで店主に"ボク在日韓国人です!"なんてカミングアウトしたら、「じゃあやっぱりみそ汁感覚で純豆腐召し上がるんですよね?」と期待いっぱいの目で追いかけられる。面食らって、い、いやぁ、そうでもないかも。。と期待に応えられないションボリな返事するボク。ちょっと気を引こうとして変な愛国心(?)出してゴメン!

というわけで、新しめの3店舗でした。ではまた再来週の月曜日に!
[PR]
by april_foop | 2006-04-24 00:00 | 美食
ドラマリポート2006・2Qその2
d0055469_236592.gifはいな、4〜6月クールの連ドラリポートですたい。ナビゲーターはもちろんドラマっ子(嘘)フープ。

トップキャスター
あー面白かったー。往年の月9!ってバイブス感じたわ。奇をてらわず、小難しすぎず、元気いっぱいハッピー、ハッピー、ときどき恋。これでいーのだよ。型破り女キャスターが何年ぶりかに復帰。周りのスタッフ巻き込んでいろいろと影響与えながら体質を変えていくってね。ポジティブさが押し出され、力の入った勢いのある初回でした。視聴率も23%くらいだっけ? まずまず好調だった模様。次回からトーンダウンしないようよろしく頼もう。

天海祐希、大したキャスターっぷりで存在感ありあり。特に注目したことなかったけど、いい女優だね。美人すぎないところも好感度高い。さすが率の取れる女。生瀬さんは『ギャルサー』と掛け持ちとはびっくり。で、矢田ちゃんも松下奈緒もお美しい。松田翔太くん、ちょっと気に入ったかも。つーわけで合格点。でも途中で飽きる気がすごくする。

d0055469_2374230.gifアテンションプリーズ
『スチュワーデス物語』の原点といわれてる1970年のドラマ『アテンションプリーズ』をリメイク。オリジナルを知る由もないけど、多分まんま設定を現代におきかえてるっぽい。つまるところ、落ちこぼれスチュワーデス志望娘の奮闘物語。

ウエッティがカワイイよ、とにかく。ロック少女なカッコは別に好みじゃないけどキュート。やっぱウエッティはショートで元気はつらつぅ?してるのが一番。ドラマについて言う事は特になし。フツーにどうでもいい感じで、教訓なし、カタルシスなし。観てるうちに「オレ、一体何のためにドラマを観てるんだろ?」って考えさせられました。答えは出ていませんw

d0055469_2382129.gifおいしいプロポーズ
率の取れない女と言われてもハセキョーはやっぱり美しいと思います。小出君はお芝居もうひとつだと思います。これは悪い意味で往年のドラマ。口は悪いが腕はいい女シェフと、若造セレブが、最初は衝突しながら段々ひかれあうってか。女主人公と年下男、でもってセレブを入れこんだあたりが現代的な設定ではあるけど、全然目新しさはなし。今これをやる意味がよくわからん。もう見ません。

「弁護士のくず」は録画したけど気分が乗らなかったので消去。「富豪刑事」は興味ないけど、1回くらいは見てもいいかなーとか思ってます。ちなみに「ギャルサー」の第2話は初回と比べるとちょっとイマイチ。でも見続けるよん。そんなこんなで初回を6作も見ちゃったぜ。最終回まで生き残るのは果たしてどの作品か!? では6月の終わり頃までごきげんよう。
[PR]
by april_foop | 2006-04-23 00:00 | 映像
2006NBA Play off preview
d0055469_1436152.gif連日のNBAトピック。いよいよ明日からプレーオフがスタート! 1カ月以上の頂点への道のりを占いマス。

まずイースト。上位と下位の力の差は歴然で、1回戦でのアップセットはなさそう。で2回戦。CLEは安定してきたとはいえ、DETディフェンスを崩す破壊力はまだない。プレーオフ初出場のレブロンんがどんだけ爆発するかは楽しみ。逆ブロックは久しぶりプレーオフのビンス・カーターに注目。精神的なムラは解消されないけどツボにハマった時の爆発力は健在。相変わらずダンクもえげつないし。去年ケガに泣いたウェイドはかなりの危険人物。ビッグゲームにも強そう。接戦になりそうだけどMIAが抜けると予想。

てことで2年連続でDETとMIAのカンファレンスファイナル。DETディフェンスはシャックの守り方がメチャメチャ上手いから、やっぱDET有利は変わらなそう。ウェイドがゲームを支配できるとMIAにも勝機はあるか。ビラップス対策も必要。予想は4-2でDET。個人的には2年前のファイナルでビラップスをまったく止められなかったペイトンに注目してみたいところ。

一方のウエスト。SASとDALは1回戦は問題なさそう。PHOもそんなに苦戦しなそうだけど、とにかく今シーズンのコービーはミラクルなのでアップセットを期待したくもある。といっても4つ勝つのは難しいか。DEN対LACはアップセットの予感。DENはケガ人が多くて最後まで安定しなかったのに対してLACは久々プレーオフながら、キャセールやモーブリーなど経験者がいるのが心強いところ。もつれて4-3でLACか。ただカーメロのクラッチシュートがゲームを決める可能性も。

問題は2回戦。SASとDALもなんだか因縁めいてきたね。けどとにかくプレーオフで強いSAS。しっかりオーリーも帰ってきてるし、結局SASが上がりそう。反対ブロックはPHOが行きそうだね。とにかくどいつもこいつも気持ちよくシュート打って、しっかり入るというあのオフェンス力。PHOに入るとみんなシュート率が上がるところをみると、ナッシュのおかげというよりも、メンタル面が大きいんだろうな、と。とにかく思い切り打ってよし!っていうチームの方針がいい方向に作用してます。

てことでこっちのカンファレンスファイナルも2年連続でSASとPHO。ダンカンがいまいち元気ないけど、すっかりパーカー&ジノビリがゲームをコントロールするようになったので問題なし。前述の通りPHOのオフェンス力はポジティブシンキングに支えられてると思うので、SASのディフェンスを意識するとタッチが乱れてくると思われます。やっぱりSASが勝ちますよ。

あらら、結局去年と同じファイナルの組み合わせジャン!って感じだけど、レギュラーシーズンの1位と2位だし、波乱はなさそうな気がすんね。予想を覆す大波乱よ起こってくれ! 楽しみだぜプレーオフ!!

(アップセット=下位チームが上位チームを倒す事)
[PR]
by april_foop | 2006-04-22 00:00 | 体育
NBA05/06 regular season review
d0055469_1054057.gifあっという間にNBAのレギュラーシーズン終了! さくっとレビューしちゃうよん。

上位チームは順当にプレーオフ進出。DET、SASは今年もやっぱり強かった。というか強過ぎ! MIAはシャック復帰後はすこぶる順調で、PHOはアマレ不在を感じさせないオフェンス力。DALは今年も60勝しながらSASの後塵を拝す事に。このチームを支えてるのは多分J.ハワード。NJNはオールスター後の猛チャージで一気にディヴィジョンチャンプに。これはHCの手腕としか思えない。DENは結局波に乗り切れなかったけど、カーメロがめちゃめちゃ成長したね。一流スコアラーになりました。

下位チームで目を引いたのは、まずLAL。プレーオフ復帰はフィル・ジャクソンの力? 今季のコービーはホントに神がかってたね。突然の確変にビビった。LACも最後まで大崩れせずに久々のプレーオフ。これもHCのダンリービーを評価したいところ。イーストの下位争いはなんかレベルが低かったな。。こうして見ると、改めてコーチって重要だな、と。タレントでなら負けてないチーム、あるもんね。

ごひいきのNOHはオールスター直後の連敗を取り戻せず。でも本当にいいシーズンだったわ。クリス・ポールの新人王は間違いないし、デビット・ウエストもMIP候補にはなるだろうし。ここまで戦えるなんてまったく予想外。HCバイロン・スコット、意外といいのかも。ドラフトに期待だ。もういっこのごひいきGSWも、中盤以降失速。バロン君は今年もケガに泣きました。シュート率は改善されないしもうダメかも。でもJ-RICHは今年も成績アップ。来年こそオールスターに出てくれ!

その他来年に期待したいチームはまずORL。フランシス放出後、急上昇。ハワードは着実に成長し、ネルソンも得点力を発揮。ミリシッチはプレイタイムを得てから結果を出してるし、ターコルーのシュート力も健在。健康体のヒルがいたらかなり強くなりそうだけど、ヒル抜きでもやれるチームになりました。あとSEA。ここもトレード後にバランスがよくなった。ウィルコックスがなぜか好成績を収め(そんなに成長したとは思えないんだけど)、J.ペトロ、R.スウィフトの両センター合わせて15P10R3Bくらいの成績。ワトソン獲得でバックコートはさらに厚みが出たし、ローテ7人のバランスはかなりよさげ。どちらのチームもディフェンスを磨いてこのままのメンツ+いいルーキーを穫れたらかなり楽しみ。

最後にMVPについて。個人的にはコービーが本命。今年のインパクトはもの凄かったと思う。上位チームは全員バスケ型で、個人で目立ったのは少ないもんね。あとはレブロン。キングっつーか、もう大王の域。

取り留めなさすぎだなー。なんか全然書ききれないけどもう知らん! 明日はプレ−オフ予想!!
[PR]
by april_foop | 2006-04-21 00:00 | 体育