<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
感想/江國香織 とっておき作品集(単行本)
d0055469_22203994.jpg後輩に借りた江國香織の未収録作品集を読みました。デビュー当時の短編中編から、ビートルズの訳詞などなどが詰まってます。

若い頃の作品が多いせいか、最近の江國作品とくらべてすごいフレッシュな印象。健全でなんとなくホープフル。相変わらず記憶に残らない話ばかりだけど、フェミニンでウェットな表現力は際立ってんね。

でも一番よかったのは、父・江國 滋による「香織の記録」。誕生の日から妹が生まれる6歳までを捉えた、父親による子供(江國香織)の成長日記なわけだけど、いいわコレ。親の愛情って素敵なのね、ってのはさておき、4〜5歳児とは思えない言動の記録が残っててビビる。そんな子いるの?って感じ。神童じゃんね。まー実際に売れっ子作家になったわけだから説得力もあるけど。むう。

やっぱ子供の記録ってのは残しておいてあげたいね。子供が何したどうした、ってのはもちろん、それを見た親が何を思いどう感じたのか、ってのを後から子供が知れるとなんかスゴクよさそう。ムービーや写真だけじゃなくってね。ハートが大事っすよ。幸い今はブログなんつー便利なもんありますから。パパさんママさんぜひぜひご検討あれ。

って妙な感想になっちまった。江國ファンはけっこう楽しめる本だと思いますヨ。
[PR]
by april_foop | 2006-01-31 00:00 | 文字
ジャーナリスタ宣言。
d0055469_21404115.gifd0055469_21405539.gif朝日新聞の広告、あちこちで見かけるねー。ストイックな表現が心に刺さって秀逸だと思います。言葉のチカラを謳いながらも、写真の持つリアリティも言葉と同等以上に力強いあたり、新聞社として、そしてジャーナリストとしてのプライドを感じるわ。世界中で起こる様々な事象をいかにして伝えるか、みたいな。

ボクは、「言葉」が好きだ。単語としては普遍的でありながら、それをいかに組み合わせるかによって、その表現力は無限大に膨張する。この可能性がどうにも魅力的。同じ物を表現するにしても、天文学的な数の回答があって、正解もベストもない。時間の経過によっても言葉の持つ世界は変貌する。そんな単語の集合体は、時に芸術的とすらいえると思う。

文章って本当に十人十色。こんなに性格が露骨に投影されるものもないんじゃないかと思う。下手な心理テストするくらいなら、文章書かせたほうがよっぽど有効だったりするんでは。ってそれはオーバーか。キャッチコピー、手紙、タイトル、Eメール、小説、詩、原稿、日記、歌詞、会話。世界にあふれる言葉の一つ一つにチカラが宿ってるのです。

そんな言葉好きが高じて出版業界に身を置いてる。だから、この広告はひどく響いた。つーか共感した。自分の言葉で、少しでもどっかの誰かの感動を呼び起こせたらいいな。そんな気持ちが多分原点。転職してもこの気持ち(=夢)は忘れないように。扱うものが問題なんじゃない。何であれそこにあるものを、自分の言葉で伝えたいだけなのさー。と。
[PR]
by april_foop | 2006-01-30 00:00 | 文字
感想/スキージャンプ・ペア -Road to TORINO 2006-(試写)
d0055469_344452.jpg噂の映画『スキージャンプ・ペア』が昨日から公開中! オレっちは試写で観たんで出遅れちまったけど感想をば!
スキージャンプ・ペア

これ一昨年くらい?から話題になってたDVD作品の映画化。スキージャンプ・ペアという仮想の競技をCGで表現し、おもしろ技を垂れ流すという、イロモノ作品。前々から噂は聞いていたけど、この映画で初めて実際の映像を見る事が出来ましたぁ!

くだらな面白い! としか言いようがないっス。笑 映画版は、ドキュメンタリータッチの設定。ひょんなことからスキージャンプ・ペアというものにひらめいたある日本人大学教授。競技化にすべてを賭け、その普及に尽力した生涯を笑い豊かに描き出す。教授の努力が実り、ついにはトリノオリンピックでの正式競技に!って流れ。くっだらないことをマジメにやるおかしみに、細かいギャグをプラスして、最高にバカバカしい笑いを提供してくれちゃいます。

で、目玉はもちろん競技シーンのCG。DVDですでに登場済みの技もあったみたいだけど、かなり楽しめたわ。これも、どうしようもないことを言葉巧みに解説して面白みを出すというスタイル。

はっきりいて劇場で観るよーな映画じゃないけど、誰かん家でワイワイDVD観れば盛り上がりそう。何やらパチンコやゲームにまでなるっつーから、ネタ物とわりきって、一度ご覧になるがよろし!
jump-pair.com
[PR]
by april_foop | 2006-01-29 00:00 | 映像
素敵な休日の過ごし方
d0055469_23382666.gif9時起床。
11時買い物。
とあるブランドのサンプルセール。なにげに昨日も別の店のサンプルセール。2日間で写真のブツ+リュックを購入。しめて1万4000円也。おっ得〜。

13時バスケ。
なんと約ひと月半ぶり。別口でボードにも誘われたけど、バスケを優先。なんせ約45日ぶり。てわけで、きつかったわー。先週、先々週とジムで走ってはいたものの、ジョグとダッシュは全然別ものだね。しっかり脚力おちてました。でもまー後半はそこそこ頑張れた気もするよ。いい汗かけた。

18時飲み会。
バスケ連中と。お題はドラマチックな恋愛w なんだそりゃ。でも楽しく語らう。

22時さらに飲み会。
職場連中と。お題は転職あれこれ。送別会の前哨戦? でもないけど楽しく語らう。

買い物してるときに、スタッフさんに今日はこのあとバスケで飲み会なんですよー、なんつったら「それスゴイいい休日ですねぇ、うらやましーっす」なんて言われた。確かにかなり充実度ある。ちょくちょく「休みの日って何してるの」的なことを聞かれるけど、スポーツか飲みだな、だいたい。体育命。次のそんな素敵な休日は再来週かなー。待ち遠しいぜ。
[PR]
by april_foop | 2006-01-28 00:00 | 閑話
感想/ニライカナイからの手紙(DVD)
d0055469_9392524.jpgDVDサンプルを入手していながら、観たのは結局レンタル開始後になってしまった映画「ニライカナイからの手紙」。
ニライカナイからの手紙

主演は超大好きな蒼井優。舞台は沖縄の竹富島。幼くして母と離ればなれになり、母親との唯一の接点は毎年誕生日に送られてくる手紙のみという少女の成長と家族愛の物語。もーとにかく、沖縄の景色の美しさに始まり、最後は家族愛、隣人愛の素晴らしさで締めるという、どこまでもピュアで綺麗なお話。女子ウケしそうな作品。

娯楽性はないし、ストーリーも特別優れてるわけでもない。わりとありがちとも言えるけど、まーやっぱりハートウォーミングな話は観て悪い気しないんだよね。蒼井優を始めとして、同級生の金井勇太君(最近いろいろと出てるね。注目)や母親役の南果歩など役者陣のお芝居もよかったし。

ま、オレ的には蒼井優に尽きる訳で。どうしようもなくイイの。大好き。セーラー服姿も見られるので、ロリコン的にもたまらないハズw てか、なんだろうあの魅力は。お芝居そのものに加えて、その豊かな表情がツボなんす。笑い、泣きはもちろん、憂いとか儚さとか、もっと抽象的だったりネガだったりする感情まで、見事に演じきる。無にもなれる。多分、天性の表現力なんだなーと。ベタ褒め。

本筋と関係ないけど、カメラアシのあの虐げられっぷりはひと昔前って感じだなー。オレの知る限りではあそこまでの扱いは見たことないけど、ああいう厳しい師匠は昔は相当多かったみたい。それと、子役がやたら蒼井優に似ててビックリ。

てわけで蒼井ファンは必見。沖縄に行きたくなる映画でした。

<2月7日追記>
イオンのCMを見て思った。このコは伏し目がちな表情が最高に魅力的だ。
[PR]
by april_foop | 2006-01-27 00:00 | 映像
私的ラストダンス1
d0055469_9164193.gifすこぶるいい天気。ロケ日和。春物のコーディネートでも、そこまで寒くない。会うスタッフ会うスタッフ、とりあえず最後のお仕事、ってことでいろいろと感慨深い。そのへん踏まえてスタッフィングはお世話になった度を重視しつつ。

前半は、表参道のカフェunmarbleにて。場所は、表参道のロイヤルホストの奥、まい泉とかあるほうなんだけど、なかなかの素敵カフェ。ランチがドリンク、サラダ、ミニデザート付きで950円はお得でしょ。味も上々。夜もフードが美味しいのでオススメ。このあたりは場所的に喧噪からちょっと外れるしね。店名はmarble/大理石=固い、冷たいと反対のイメージ、つまりソフトさや暖かみを重んじる姿勢から。白とソフトベージュ基調の店内は清潔感あってステキ。けっこう広いし、写真のあがりもグッドでした。

後半は代々木公園。なにやら変なムービー撮影やってた。お姫様と、海賊に扮した人たちがキャーキャー言ってて笑えたぜ。この公園、ホントいろんな撮影やってたり、一般人でもおかしな人が多い。夏は半裸で昼寝してる"裸族"がいっぱいいるし。フラリとやってきて人間観察してても楽しめそうな公園。

予定時刻より大幅に早く、順調すぎるくらい順調に撮影終了。それもこれも素晴らしいスタッフ様たちのおかげ。ってことで、ホントお世話になりました。またどこかでご一緒できるようがんばります。
[PR]
by april_foop | 2006-01-26 00:00 | 生業
ミステリ作家Hの信念
d0055469_11525146.jpg文芸誌の「野性時代」を初めて買ってみた。東野圭吾特集だったから。巻頭インタビューと、読み切り短編他もろもろ。って、書店はどこも東野コーナーできまくり。ドラマ白夜行と直木賞受賞のWパンチ。すげー。

すっかり東野ファンな私ですが、彼のインタビューとかって初めて。作品の印象通り、かなり理知的。さすが理系作家。けっこうな酒飲みってのはわかる気がするけど、ボーダーだってのは意外だったな。彼の作品の核になってるのは、トリックでもSFでもなく、信念だと思う。犯人の、被害者の、遺族の、刑事の、容疑者の強い信念。罪であるかどうかを超越した人間の信念をリアルに描き切るから響くんじゃないかなー、と。

面白いのは、本人による全作品解説。とりあえず読了したものだけ目を通したところ、リアルな本音がのぞけて良かったわ。自分の中で各作品の位置づけをちゃんと把握してるあたりもやっぱ理系な感じ。裏話なんかもちょろりと入りつつ。早く未読作品を読んで、この本人解説を読みたくなるね。

スローで細分化で不透明なこのご時世、ブレることなく自らの信念を貫き通す東野圭吾の潔さがカッコ良く見えるのは必然かなーと思います。ファンなら軽く目を通しておくべきね、コレ。
[PR]
by april_foop | 2006-01-25 00:00 | 文字
スター誕生〜読者モデル編〜
d0055469_11262517.jpg雑誌を立ち読みしてて目に止まった広告がコレ。コスモ石油のセルフステーション「余計がない場所編」。なんのことはない、モデルのコが超好みだったから。で、ウェブで探してびっくり。

このモデル、海下真夕ちゃんつって、女性ファッション誌で読者モデルやってたコ。かなり人気あったけど、こんな企業広告にまで進出してるとは思わなかったなー。てことは今は事務所所属ってことかしら。

読者モデルって、街角ファッションスナップや、美容院のカットモデルとかで声かけられるのをきっかけに、雑誌モデルとして頻繁に登場するようになるってのがパターン。女性ファッション誌では読者のリアルなお手本として、かなりの人数が登場する。なので原宿GAP前あたりで美容師と雑誌編集者がモデルハントしまくってる、ってのはファッション業界では当たり前の話。要するにおしゃれは顔ってことです。

売れっ子読者モデルは芸能人顔負けにカワイイ。だから、このコみたいにいつのまにか職業モデルもしくはタレントになっちゃうパターンってのも最近チラホラ。木村綾子ちゃんていう、平成教育予備校とかに出てたコも読者モデルあがり。多分、芸能事務所的にも見逃せない現象なはず。だってホントにカワイイんだもの。タレントとして成功するかどうかは別にしてもね、今後かなり増えるのでは。男性ファッション誌でも読者モデル増えてるし。

ということで、明日のスターを夢見る若人のみんな! デビウするために自分を磨いて原宿ウロウロってのも一つの手かもよ?
[PR]
by april_foop | 2006-01-24 00:00 | 世相
感想/アジアンタムブルー(単行本)
d0055469_1525515.jpg大崎善生の「アジアンタムブルー」を再読。これ、先日書いた「パイロットフィッシュ」より後に書かれたものだけど、主人公や設定が基本的に同じ。時代は「パイロットフィッシュ」よりも少し前で、主人公の山崎が33歳の頃のお話。出てくるキーワードも前作とリンクするんだけど、はたして同じ設定と言い切っていいのかは微妙なとこ。オレはパラレルワールド的な別モノとして捉えてます。

で、これは再生の物語。前半は、最愛の恋人葉子を亡くした山崎が、葉子が死んでからの日々や、ずっと昔に起きた喪失体験を思い起こしながら、そのやり場のない感情に翻弄される。後半は、葉子と過ごした日々が語られ、やがてその死を受け入れ、少しずつ自分を再構築していく。失われた葉子というピースを新たに加えて。悲恋ベースの話だけど、比較的淡々と語られるのが逆に喪失感を募らせ、山崎と葉子の会話が幸福で愛情にあふれているほど、2人を待ち構える運命が痛々しい。

タイトルは、アジアンタムという観葉植物から。冬になると、アジアンタムの葉が枯れてチリチリになってしまう様子を"アジアンタムブルー"と呼ぶ。こうなると、ほとんど助からないんだけど、稀にそこから回復したアジアンタムは強く長く生き続けるんですと。そんなアジアンタムにひっかけてか、"憂鬱から生まれる優しさ"ってのがこの本の主テーマ。

挿入話的な部分が多く、いろんなモノを失ってきた人が多く登場し、それぞれの痛みを告白していく。どれも深い孤独や喪失を味わった人ならではの優しさが込められる。そんな優しさ、そしてそれを生成してくれる出会いそのものの尊さを作者は伝えたかったんじゃないかな、と。

個人的には「パイロットフィッシュ」のほうが好きだけど、より深く広いテーマを扱ったこの本もなかなかの良作といえそう。できれば「パイロットフィッシュ」を先に読んでから手をつけてほしい一冊ですな。確か比較的最近文庫化されたはずなので。

<2月5日追記>
コレも映画化だって。しそうだとは思ってたけど。阿部寛(濃すぎるよー)と松下奈緒(美人すぎるよー)か。イメージと違うなー。
[PR]
by april_foop | 2006-01-23 00:00 | 文字
アパッチのおたけび
d0055469_2252235.gif3度目のbjリーグ。本日は大分ヒートデビルズ@東京アパッチ。勝率2割と低迷する大分に対し、プレーオフ進出に向けて取りこぼせない東京。

1Qは軽い立ち上がり。どちらもテンポよく得点を重ね、取ったら取り返すの展開。2Qに入ると東京のピペン、ヘリコプターの両外人がブレイク。1on1から次々とスコア。決してディフェンスが甘いわけじゃなかったけど、難しいフェイダウェイも全然落とさない。逆に大分のシュートは外れ始める。あれよあれよという間に二桁点差がつき、前半終了時には19点差に。

後半に入っても流れは変わらず、20点前後の点差で推移。最終クウォーターになって大分がプレスをかけて多少流れを引き戻しかけるものの、ビハインドを取り戻すには至らずジ・エンド。順位の差がそのまま出て、東京の圧勝。

惜しまれるのは、ディフェンスの工夫が足りなかったところ。両外人にはダブルチームするくらいのことはしたかったし、簡単にボールを持たせないDもほしかったね。オールコートプレスは後半のスタートから仕掛けてほしかった。でも大分#1三友の3Pは見事だったなー。#6島袋も血気盛んなプレイが印象的。東京は前述の通り、両外人がアンストッパブル。#1仲西も調子よさそうだった。

会場は、少〜しずつだけどまとまりつつあるね。相変わらずMCはヘボだけど。とりあえず頑張れ東京アパッチ。GO アパッチ GO!
bjリーグ
[PR]
by april_foop | 2006-01-22 00:00 | 体育