<   2005年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
感想/十字屋敷のピエロ(文庫)
d0055469_17334530.jpg東野圭吾の「十字屋敷のピエロ」を読了。ホントは何書くかちょっと迷ったけど、今年は私的東野圭吾元年につきコイツで締めたいと思います。

ま、いわゆる本格ミステリー。金持ちの一風変わったお屋敷で起こった殺人事件。設定はちと古いか。主人公水穂の視点をベースにしながら、キーパーソン代わりにピエロの視点が挿入的、補足的に用いられる。ピエロはあくまでピエロなので、余計な推論等はなく、ピエロの目に映った事実のみが客観的に語られる。このピエロ、"不幸を呼ぶ"なんていわくつきなだけあって、作為的な感じは否めないけど、それを踏まえた上で、巧みに使いこなしてマス。思うにこれまでの東野作品もピエロがちょいちょい出てきてたね。

ヒジョーによくできたお話で、真犯人を導く過程はお見事。見るからに怪しげな現象と、なにげな−くスルーしちゃう言動等の中にキーワードがちりばめられて、それらが徐々に形を成していくプロットは、さすが。読んでる途中は、あの「オリエント急行殺人事件」的な印象を受けたけど、最終的にはちと違ったね。余韻の残し方も氏ならではの作風。事件解決で一件落着としないところが最大の魅力ですな。

さて、ネタバレですが、本作で一つだけ気になる事があって、真・真犯人はなぜすべてを知っていたかってこと。感受性が強いから、なんてのはミステリーとしては弱いでしょ。推測するに、車椅子からの視点は、健常者のそれとは異なっているはず。となると、ミラートリックの際も、入射角にズレが生じる関係で、どこかに違和感を残してたんじゃないのかなー。悟浄も、しゃがんだりしながら調べてたみたいだし。

なーんてちょっとかぶれた風を装いつつ、2005年を締めくくりたいと思います。定期的にのぞいてくださる方、たまたま辿り着かれた方、来年もAPRIL FOOLSをどーぞよろしく!
[PR]
by april_foop | 2005-12-31 00:00 | 文字
NBAマガジン11&12月
あっという間にNBAも開幕から2ヶ月。シーズンの1/3ほどが過ぎ、溜まってた録画も見終わったのでここまでの感想。

全体感としては概ね前評判通り。デトロイトとサンアントニオが二強だったけど、デトロイトが予想以上に無類の強さを発揮。なんとシーズン70勝ペース。スタメンが全員キャリアのピークを迎えるメンバーで(プリンスは伸びしろすらありそう)、チームとして円熟味を増している感じ。完成度高く、優勝候補の最右翼。

d0055469_175884.gifd0055469_1751826.gif個人的にうれしいのはごひいきのゴールデンステイトが善戦してるところ。ボクのプロフィール写真でジャージーを載せてるバロンとJ-RICHが揃って好調でチームも勝ち越し。バロンのシュート確率はひどいもんだけど、あとは概ね良さそうで、プレーオフ圏内。ピートルスが怪我しなければもっといい感じで回せただろうに。ダンリービーJr.の不調は気がかりですが。年明け早々にBS放送がついにあるので注目。

マイアミとクリーブランドはチームとしてのまとまりに欠ける気がするけど、個々の能力はやっぱ高い。ウェイドとレブロンは別次元。コービー、T-MACをすでに凌駕する支配力を発揮してます。レブロンにいたっては覇気ありすぎて怖いくらいだ。キングというより鬼神て感じ。

d0055469_176371.jpgもうひとつのお気に入り、ニューオーリンズはハリケーン被害でどうなるかと思いきや仮住まいのオクラホマのファンに支えられフレッシュなプレーを披露。大物食いまで見せ、負け越しながらも予想をはるかに上回る勝ち星をあげている。原動力は写真のルーキー、クリス・ポール。ゲームは1試合しか観てないけど、素晴らしい才能を持ったPG。スタッツも見事だけどパス優先のゲームメイクは、PGとしてのポテンシャルを感じさせます。ネットで観たハイライトでもセンセーショナルなプレイしておりました。新人王レース一番手。このままの調子で勝つのは難しいと思うけど、いい経験積んで数年後にチームとして成熟してほしいもんす。

その他気になるのは、ロン・アーテスト。去年の大乱闘の張本人で、改心したかと思いきやトレード志願でチーム構想から外れるありさま。こいつがどこに行くかで微妙なバランスが変わりそうだ。個人的にはNYでも行けばいいのにと思う次第。

いやいや、やっぱ楽しませてくれるぜNBA! GO WARRIORS,GO HORNETS!!
[PR]
by april_foop | 2005-12-30 00:00 | 体育
感想/間宮兄弟(単行本)
d0055469_12375985.jpg久しぶりの江國先生でござい。比較的最近の江國作品は、不倫ネタが多すぎてちょっと遠ざかってたのだけど、「間宮兄弟」はなかなか面白かったワー。

不細工、ダサイ、オタッキー、そしてありえないくらい不器用な間宮兄弟(平たく言って変人である。でも善人)の二人暮らしと、その周りに現れた女性たちの小さな日常を俯瞰する物語。江國作品でオトコ主人公ってかなり珍しいんじゃないかな。でも、瑞々しくてちょっと痛い感じは相変わらず。いつになく群像劇風なタッチが感傷的になりすぎなくて良かったと思う。

特にドラマチックなわけではなく、兄弟を中心にした円が、微妙に膨らんだり歪んだり触れ合ったりして、周りの人間にちょっとずつ影響を与える様子を心理描写中心に描く。変わりものではあるけれど、真っ直ぐな兄弟を見て、女性たちは自分の内面を省みる感じ。個人的には、直美の変化が一番気持ちよかったっス。

さて、この作品、来夏映画化。兄弟を佐々木蔵之介&ドランクドラゴン塚地が演じ、常磐貴子、沢尻エリカ、佐藤隆太などが共演ってかなり豪華ね。やりようではかなり面白くなりそうだけど、ダルダルで終わる可能性も十分アリ。試写観れるといーなー。
ミニパラ映画最新NEWS「間宮兄弟」
[PR]
by april_foop | 2005-12-29 00:00 | 文字
SWEET SWEET SWEET
d0055469_19132557.gif某ホテルにてファッション撮影。冬場はロケするのツライからね。室内でぬくぬくやりましょーよなんつってね。

で、借り切ったのはスウィート。120㎡もありやがる。テレビもベッドもソファもテーブルもやたらでけー。お風呂は総ガラス張りのシースルーだし、テラスも気持ちいいじゃねーか。初めてスウィートルームなるところに足を踏み入れたけど、やっぱスゲーなー。でもこんなん2人で泊まった日にはすっごいもてあますよね、なんて発想しちゃうあたり小市民です、ボク。これがフツーって階級にならねば。

そんなわけで、スタッフたちもテンション高め。撮影はいつにも増してスムーズ。クオリティーも期待できそう。そのままお泊まりしたかったけど、編集部の忘年会に顔出したりなんやかやうまくいかず断念。でも貴重な体験でしたわ。合い言葉は"いつかはスウィート"で。
[PR]
by april_foop | 2005-12-28 00:00 | 生業
応援します、リーボック
d0055469_23564487.gifd0055469_23565465.gifリーボックが元旦に新店舗をオープンさせるってことで、内覧会に行ってきた。場所はキャットストリートの表参道そば。ローソンとか交番の近く。要するに表参道ヒルズの端っこって位置づけみたいね。で、他テナントに先駆けて先行オープン。

個人的に好きよ、リーボック。多分NBAが好きだから、ナチュラルに好感を持ってるんだろーけど、あのロゴとかね、調子いいかなーと思うわけで。シューズも2足持ってるし(他に1足はきつぶしたものもあり)。日本だとちょっとしたマイノリティ感あるし。クルマでいえばマツダみたいなイメージか。そのあたりも惹かれる要素だったりする。

店内は、1階がウィメンズで、2階がメンズ。地下は限定系のアイテムが並ぶ。1階をレディースにする意味ってなんですか?って聞いたら、欧米じゃリーボックは女性向けのフィットネス系が強いんだって。メンズは放っておいても売れるんだとか。で、日本でも今ヨガやらなんやらブームだし、その辺を切り口に女性にも訴求して行く意味でのフロア分けだそうで。

コンセプトは、"i am what i am"。自分らしく。インディビジュアルを大事にするプロダクトってのがテーマだそうで、壁にはオリジナリティあふれる契約アスリート&アーティストの写真。ま、日本で突然リーボックが大ブレイクするとも思わないけど、ひとつの選択肢としてリーボック、いいと思いますぜ。バスケットボールを初めて販売するらしいけど、カッコよかったなー。

余談だけど、リバプール含めてトヨタカップにきてた3チームもリーボックの契約チームだったんですと。そういやイギリス本社なのにフットボールにあんま力入れてないのはなんでだろ。
Rbk
[PR]
by april_foop | 2005-12-27 00:00 | 生業
不道徳マンガすぎ。NANA(14)
d0055469_23422367.jpgちと出遅れたけどもNANA14巻購読。ますますもって泥沼になってくのね。もうノブが好きとか、タクミ嫌いとかいう次元じゃねーな。身内でここまでカオスれるなんてマンガとはいえ、手に負えないっス。こんな堂々巡りのストーリーでもまだファンは支持するのか!?

なんか時々ミョーに美談めいたセリフちらつかせて誤摩化してるけど、信じられないくらい倫理観のない登場人物たち。読んでてちっともドキドキしないし、清々しくもないし、もう何がいいんだかわかりません。昼ドラだな、昼ドラ。あれもいまいち何がいいのかわからんけど、ファンがいるわけだから、この非現実感がいいってことか。んー。

ヴィヴィアンが映画の衣装協力を断ったのもなんとなくわかる気が。安っぽいを超えて軽く冒涜してるよーな気すらしてきた。とか文句ばかりをいいながら、最後まで読み続けますよ、と。とりあえず、なぜか蚊帳の外のナオキはどーすんの!?
[PR]
by april_foop | 2005-12-26 00:00 | 戯画
メリーなスノー! 意外と地味にクリスマス編@ふじてん
楽しい時間ほど早くすぎ、そして終わりは来るもので。

散々騒いで目が覚めたのは11時半くらい。こりゃ今日はボードはなしだなーなんていいながら、のんびりと余韻を楽しむようにお片づけ。机にたれまくったロウを落としてみたり(ドライヤーで溶かしながら拭く戦法が有効)、食器洗ったり、飾り付けを外してみたり、掃除機かけてみたり。ひとつひとつ思い出をかみしめながらね。w

個人的にクリスマスよりも誕生日に重きを置いているため、これまでの人生で、思い出深いクリスマス、みたいなのがほとんどなし。プレゼントもらった記憶もちょっとしかないもんなー。だから余計にインパクトあるクリスマスだったわ。こんなに心に余裕のある3日間はそうそうないでしょー。なんせこれだけ遊んで1万円ぽっきり(ゲレ食のぞく)。さすが宿泊代&リフト券代無料!

帰り道もスムーズで、18時には帰宅。するとバスケ仲間から池袋飲み会のお誘い。連日よく寝ただけに疲れもあんまなかったので、軽く参加。大充実の3日間でございました。

参加者のみんな、ホントお疲れ&メリークリスマース☆
[PR]
by april_foop | 2005-12-25 00:00 | 閑話
メリーなスノー! イブにドッキリ編@ふじてん
何にも妨げられることなく眠り、目が覚めればすでに10時過ぎ。あきらかに自宅にいるよりリラックスしてる自分。

d0055469_01945100.gif軽い朝食を摂りつつ、ゲレンデについたら、あれ、もう13時じゃん。でもいーのリフト券タダだから。もちろん今日もサンタルック。現地でなにげに別友達カップルと合流。彼らはノーマルルック。残念だったね。ふっふっふ。今日は、クリスマス記念の花火つき。間近で見られる上に、けっこう大きい花火だったから超キレイ! 空気がキレイなのも追い風でした。15分程度にまとまってるのもポイント高し。

さて、ここからが今ツアーのクライマックス。実は♀メンバーの一人が、明日誕生日。これを祝うためのシークレットパーティを仕掛けなくてはならない。宿へ戻ってオレとへらの君が先行お風呂をいただき、入れ替わりで女性陣が入浴する間にセッティングスタート。密かに用意した電飾で部屋をかざりつけつつ、プロジェクターを設置して極秘ムービー再生環境を整える(動画作成:へらの)。ここまでを30分で終え、まだ戻ってくる気配がないので、特等席を用意したり部屋を片付けてみたり。ドリカムの「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」を流す準備もオーケー。部屋を真っ暗にしてスタンバイ。ドキドキしながら待ち(成功を祈りつつ)、いよいよ姫、登場!

(中略)てことで、姫は軽く涙がキラリ☆だったので大成功〜!って思ってたら、エクストラでオレの誕生日祝い動画まで用意されてた! 嘘でしょ!?って逆サプライズ。ほどなくケーキとキャンドル登場。いやーありがたい! 感動したよ、ホント。すげーびっくりした。

そこからは飲めや歌えや大騒ぎ。気がつけばなぜか大熱唱大会が始まり、ダンサーむっしゅ。指導のもと踊り狂い始め、4時半までノンストップ乱痴気騒ぎ。力つきるように眠りにつくのでした〜☆
d0055469_022966.gifd0055469_0221957.gifd0055469_022405.gif
[PR]
by april_foop | 2005-12-24 00:00 | 閑話
メリーなスノー! 天皇陛下おめでとう編@ふじてん
クリスマス連休を利用して、スノーボード遊びへゴー。友人むっしゅ。家所有のリゾートマンションにお邪魔したなり@山中湖。朝5時半集合の眠い目をこすりたおしながらレッツゴー。特にトラブルもなく到着してみたら、これがまた素敵なマンションでね。極寒だったけど。

d0055469_0132524.gif部屋を暖めるなりまずは仮眠。眠かったから。しばらくして起きてダラダラと着替え始める。タイツ履いて、ウエア着て、その上からサンタの衣装着て、と。そう、なんとクリスマス特別企画、サンタで滑ればリフト券無料!なのだ。そんな素敵なプランを用意してくれたのは、ふじてんスノーリゾートさん。いいよ、この企画! サイコーだぜ!! ということで、この日のためにドンキホーテで998円サンタを購入。みんなも独自ルートで用意してたみたい。前開きだったり、プルオーバータイプだったり、トナカイ風だったり、ヒゲつきだったり、ワンピだったり、みんな微妙にデザインが違ったからバラエティ豊かなラインナップ。

d0055469_0134230.gifd0055469_0135453.gifさぞかしたくさんのサンタがいるに違いないと思ったら、そうでもなく全体の15%くらいかな。確かにウェブ見ても大々的には告知してなかったしね。ふじてんよ、サービスいいんだか悪いんだかわからんぞ。って当方は思いっきり恩恵受けてますが。一緒にリフト乗った人に、「なぜにサンタ?」って聞かれたし。リフト券タダなんですよ、と教えたら悔しそうでした。ふふふ。

とりあえず天気も最高。小さなゲレンデだったけど、気持ちよく滑れましたわ。夜は鍋をたらふく食ったせいもあり、朝早かったせいもあり、0時頃には早々のご就寝。おやすしなさい。
[PR]
by april_foop | 2005-12-23 00:00 | 閑話
感想/浪花少年探偵団(文庫)
d0055469_23255890.jpg東野圭吾初の短編集になんのかな。「浪花少年探偵団」を読了。大阪を舞台に、しのぶセンセが次々事件を解決しちゃう学園系シリーズ物。

この手の本は、キャラが命。どんだけ魅力的なキャラクターを登場させるかで本の価値が決まる。トリックはキャラを活躍させるための仕掛けに過ぎないので、二の次ですわな。で、これはどうかというと、んー、もうひとつかしら。しのぶセンセはサザエさん的おてんばキャラ。美人だけど、コテコテ大阪人で考えるより先に口が動くタイプ。なんか造り物感がありすぎるんだよなー。セリフにいまいち説得力がないつーか、リアリティないかも。20年近く前の小説だから仕方ないか。当時は斬新だったのかも。

ま、テンポよくちゃっちゃか読めるので、少年少女が読むのがいいのでは。舞台も小学校だし。解説で宮部みゆきが誉めてるけど、宮部センセの短編集のほうがおもしろかった気がします。

ってそれより、これNHKでドラマ化されてたのね。主演が山田まりや。しかもなぜか太極拳コスプレ(原作はそんな設定ない)。なんかしょーもなさそうだけど、恐いもの見たさで気になるわ。DVD化希望!
NHKドラマ愛の詩「浪花少年探偵団」
[PR]
by april_foop | 2005-12-22 00:00 | 文字