「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
アヴァンギャルドTHEラフォーレ
昨日のお話にゃんですけどね、ラフォーレ原宿に行って参りました。なんか今シーズンからメンズを強化するらしく、いくつかのニューショップオープンに合わせて、その新店たちのファッションショーをやったわけですわ。場所は最上階にあるラフォーレミュージアム。そういえばここはかつて椎名林檎博覧会をやってたね。そんとき以来だなー。懐かしい。

ラフォーレつーとね、軽くエキセントリックな婦女が集まるところなわけで、それがしもほとんど入ったことありません。買い物したことももちろんナシ。ってゆー既存イメージを変えたいみたい。とはいえ新しくオープンするショップたちも、わりとエッジィな店ばかりなので、ま、ファッション大好きなコたちにしか引っかかんないだろーなー。

d0055469_10294319.gifd0055469_10295438.gifで肝心のショーは30分程度の短いものながら、昨今の売れっ子モデルたちが総出演。一緒に仕事したことあるモデルも数名。初めて生で見るモデルも。洋服はかなりエッジが効いてるけど、美しいハーフのモデルたちが着ればなんでもカッコよくなってしまうというこの動かしがたい事実。それが何を物語っているのか? つまるところ、"おしゃれは顔!" なんですよ。

このショー、招待状がないと入れないんだけど、どう見てもラフォーレのお客さんでしょーって感じのとんがった方々がわんさか。ハテ、どうやってインビテーションを入手したのやら。てことでね、一種異様な空間で、なにやら変にユニセックスな気分になったのでしたー。
[PR]
by april_foop | 2005-09-30 00:00 | 生業
JFK
d0055469_048478.gifゆーしょーでーーーーす! 阪神タイガース2年ぶりにV奪還!!

いやいや、マジック出てからはスムーズだったねー。足踏みほとんどナシ。今日は途中までネット観戦しつつ、9回は会社のテレビで観戦。胴上げの瞬間をしかとこの目に刻みましたとも。いやー、今年は何か不思議な感じだったけど、後半戦の安定感は凄かったな。井川、福原っつー両輪がピリっとしないなか、よくがんばった!

にしても甲子園で巨人を相手に優勝を決めるなんてサイコーです。しかも胴上げを日テレが中継するなんて! プププ!! ザ・快感! 昨日、今日と今年を象徴するゲームでした。井川はイマイチ、下柳は円熟、金本&今岡が仕事をして、JFKが締める。久保田は微妙に不安定、と。うんうん。すばらしい。

d0055469_0481720.gif今年、改めてスゴイと思ったのは同級生の37歳、下柳と金本。下柳には常に懐疑的だったんですが、それを見事裏切る充実ぶり。ほとんど大崩れすることなく、5〜6回をきちんと形にするという。もちろんJFKありきのピッチングではあるけど、だからって誰にでもできることじゃなし。ここまできたら最多勝を! 金本はなんとここにきて自己最多のホームラン&打点。それぞれリーグ2位、打率も現在ベスト5に入ってくるという、準三冠王な脅威の成績。大沢親分じゃねーけど、"あっぱれ"!

私的MVPはやはり藤川。ゲームの質すら変えてしまった究極のセットアッパー。先発はとにかく藤川に渡すまでの5〜6イニング投げればよく、クローザーは6回の時点で、点差が確実に計算できる。などなど存在感は抜群。岡田監督の一貫した姿勢も素晴らしかった。シーツが悪かった時も久保田がイマイチだった時も、決してチョロチョロ動かすことなくやりきった。んー、なにもかもが素晴らしく見える。

てことで、おうちで一人祝杯。テレビで見たビールかけはホントいい表情してたなー。赤星がレイザーラモン化けしてたんも良かった! テレビ用に「フォ〜」も欲しかったけど(笑
こうなりゃ日本シリーズ、今度こそ気合いでチケット取って応援行ったるわい! とにかくオメデトウ、アリガトウ、タイガース!! 
[PR]
by april_foop | 2005-09-29 00:00 | 体育
感想/プラナリア(単行本)
d0055469_0195178.jpg山本文緒の直木賞受賞作「プラナリア」がついに文庫化! ってことを知る直前に古本屋でハードカバー買っちまった。。値段的にも携帯性からいっても損してる!?
ま、まあいいさ。えーと5編からなる短編集です。んじゃ感想スタート。

「プラナリア」
乳癌によって乳房を切除した25歳女性主人公。その屈折した毎日を超リアルに綴る表題作。もうね、スゴイね。主人公のこの捻くれ方、理解できます。極端すぎると思う人も多いとは思うけど、そんなことないな。表出の仕方は違うとしても、根っこにある「何故私が?」っていう被害者意識は断然リアル。ちなみにオレ、乳房の再建手術のくだりを読んでて、気分が悪くなり一瞬本を閉じてましてん。苦手なの、内臓とかそーゆー人体にメス入る系。実際に自分の体に異変が起きてきてるような気がしてきて恐くなっちゃうのよね。どんだけ影響されやすいんだ、つーの。

ラスト、「出口はどっちですか?」という主人公の問いに対して、"店員は遥か遠くを指差した"で締めるあたりはテクを見せてますわ。

「ネイキッド」
順調だったハズの人生がいつの間にか思ってない方へ、ってのはわからんでもない。歳を取るほどに、思っていることをそのままに出せないやる瀬なさ。共感できる人は多いような気がする。友人の子供を使ってそーゆーのを浮き彫りにするスキルがさすがです。
「どこかではないここ」
タイトルからして好み。子に生き方を否定される母親。いつか子供も親になるのに。
「囚われ人のジレンマ」
 "損の種を撒いているのは往々にして自分"。その通りな彼と彼女。
「あいあるあした」
ラストにちょっとだけほっとする話だなー。

とまあものすごい駆け足ですが。基本的に描かれてるのは前に進めない人間たち。乳癌、離婚、家庭不和、逃避、迷い。どれもこれも山本文緒らしい、遠慮のないリアルさ。普段みんなが隠してる部分を容赦なく描き出す。見えないはずのところをバンバン引きずり出されるもんだから、ちょっと戸惑い、ちょっと痛く、自分を見直す羽目に。ともすれば後味の悪さすらあるけど、基本的に的を射てるだけにグウの音も出ないみたいな。

んー、やっぱさすがは山本文緒先生。リアルで面白かった!
[PR]
by april_foop | 2005-09-28 00:00 | 文字
オリンピックより貴重!?
昨日珍しく玄関のチャイムが鳴るも放置していたらポストに何かが投函された。後で見てみると、国勢調査の調査票が! そういえばチラホラとそんな話を聞いていた気もする。でも、今までこんなんあったかなぁ? と思ったら5年に一度なのね。5年前に回答した記憶もないけど、まーいつの間にか調べられてたんだろーな。

個人的に、回答モノってわりと好きだったりして。マークシートなんてのも久方ぶりだし。と意気込んではみたが、ロクな質問じゃないな。独創性を発揮する余地ゼロ。当たり前か。。むしろ昨今盛んにいわれる個人情報垂れ流し。勤務先まで書かせるんかい! 
国勢調査

d0055469_22532778.gifまあ何でもいいんだけど、5年に1度って少なすぎやしないか? 毎年調べたほーがいいような気も。せっかくわざわざ全世帯に配るんだったら、もっと根掘り葉掘りデータ取っちゃえばいーのに。とか思ってたら色々クレームあるみたいね。調査員が回収するからプライバシーが守られないじゃん! とか、未提出がたくさんいるから、統計資料としてどうなんだい! などなど。まあ確かにみんながみんな、オレみたいに乗り気で書くとは思えん。書いてみたオレにしても、「10月5日20時に回収にあがります」なんてメモがついてたけど、その時間いないよ……? しかも名前間違えてるし。。ヲイヲイ…。
国勢調査が分かる

国勢調査で検索かけたら、いろんなのがひっかかりました。"ヴァナディール国勢調査"ってなんじゃい、と思ったらオンラインのFFの国みたい。。しょうもない国勢調べなくてよろしい!
[PR]
by april_foop | 2005-09-27 00:00 | 閑話
貧弱ドライバー
合宿には日産自動車様からエルグランドを拝借して行ってきたわけで。コレ系のイベントにこのクルマを借りてくるのも、はや3回目。パッセンジャーのエルグランドに対する感動もずいぶん薄れたもんだ。最初は、ものすごい賞賛の声をもって迎えられたのに。って、別にオレが作ったわけでもなければ、オレの所有物ですらないんですが。

基本、クルマの運転、嫌いじゃないわな。別に大好きでもないけど、こうやってたまーのドライビンするのはけっこー爽快かも。つっても、合宿の往路はさすがは3連休初日な渋滞でまったく気持ち良くなかったが。実は帰りは若干眠気もあったりしたんだが。

d0055469_018358.gif気持ち良いといえば深夜の高速か。別に首都高バトルな趣味はまったくないけど、昨夜〜今朝未明にかけて、湾岸〜ベイブリッジ〜第三京浜をドライブスルーしてみたり。さすがにこの時間クルマもまばらで、夜景はギラギラで、なるほどドライブ好きの気持ちもわかるなー。だからといってカッ飛ばすわけでもなく、オレの場合こんだけクルマがいないと逆にのんびり安全運転しながら周囲に目をやってみたりする。なんせ免許の持ち点はラスト1点。

東京に住む限り、クルマを持ちたいって思うことはなさそーだけど、あ、いや、日産のクルマは買いたいさ。うん。えーと、たまーにこうして運転する機会があるってのは悪くないな、つーごくごく個人的な話でした。基本はやっぱチャリで!
[PR]
by april_foop | 2005-09-26 00:00 | 閑話
バスケ合宿2005! 参の巻
d0055469_23374721.gifさーいしゅーびー。
は、朝ご飯食べて片付けして帰るだけ。会計も最終的には、ピッタシカンカンな感じで完了。11時前に出発したら、渋滞にもまったくつかまらずにすんなり帰れたよ。

てことで超あっという間だった3日間ともろもろ準備の総括。

とりあえず、幹事団に混ぜてもらったものの、実は大して貢献できず。やる気はもちろんあったんだけど、それ以上にほかの3人がものすごいしっかりしてたから。多分オレ抜きでもほぼ問題なく回ってたね。いや、謙遜とかじゃなく客観的に見て。個人的には、議事録とかをちゃんと作るという処理実行能力にはビビりました。こういう緻密さはSEつー職業柄から来るものなのかもしんないけど、ホント見習うべきだな、うん。

まあまあ、それは置いといて、やっぱ今年もめちゃくちゃ面白かった! 幹事側から見る合宿もまた楽しいこと満載。いい緊張感があったし。いわゆる裏に回って初めてわかる苦労、みたいなのもあったけど、むしろそれ以上にスゲー感じたのが、メンバー全員の動きのよさ。時間は守るし、指示にきちんと従うし、手伝いやフォローもしてくれるし、ボケとツッコミが相当面白いし。40人近くいながら、スムーズに回せたのは、そんな協力のたまもの。いつも思うけど、みんな賢いんだよねー。イベントの楽しみ方がホント上手すぎ。まったくなんなんだこの能動的な集団は!?(笑

そして。この合宿最大のトピックス。オレ的にも最近気になっていたレイザーラモンHGが異常なまでに大流行。なんでも「フォ〜」をつければ面白い、みたいなクレイジーなテンションになっててメチャメチャ笑えた。慢性的に使うより、集団で集中的に濫用した方が面白いネタな気がするな、コレ。

ということで、今年もサイコー楽しかったっス。いまだに青春気分を引きずれるのはこの団体のおかげ。参加者のみんな、おつかれ&ありがとー! 幹事のみんな、至らないオレでしたが、おかげで楽しめました。おつかれ&ありがとー!! 打ち上げ、ガツンとやろう。

さてさて、ダラダラと書き殴っちまったけど、だいじょぶなのか、この文章。ちょいちょい読み返しながらこっそり追加修正するかも。ではこの辺で。ご拝読アザーーッス!
[PR]
by april_foop | 2005-09-25 00:00 | 体育
バスケ合宿2005! 弐の巻
あーさーだーよー。の二日目。
午前はバスケ大会の予選リーグ。うちのチームは1勝1敗。感触は悪くないので午後の決勝リーグに期待しつつ。なにげに、みんなかなり気合いが入ってて面白かったね。準備運動とか、シューティングとかいつになく念入りで。普段のラフなのもいいけど、たまのこーゆー締まったムードもまたいいもので。

で、エクストライベントその1。「体育館DEカルタ!」。去年の騎馬戦に続いてレトロゲーム趣向を継承。ハーフコートに同じカルタ3セットばらまいて、逆コートのエンドラインからダッシュしてカルタを取り合うという、ハードなゲーム。想定してたのはもっとゆるゆるのやつだったんだけどね、いざ体育館にまいたらカルタって意外と小さかったんだもん。もっとフルコート必要かと思ってたの。ちなみに、ジョーカー的に「蝉丸」を入れようって案もあったけど、入手できず却下。まったく必要なかったね。なんにせよ、大の大人がダッシュでカルタを取りにいく絵はそう快でった。(笑 午前の部は以上。

幹事団はランチを早々に切り上げて、午後一発目のエクストライベントその2の仕込みに走る。題して「筋肉ベー付」。はい、筋肉番付を文字ったのはオレでした。。とはいっても、筋肉番付みたいにストイックなもんじゃなく、むしろ体力差関係なく楽しんでもらおうという趣旨の、軽く体を使ったアトラクション。内訳はハンデ付きドリブル競争、フリスビー、浮き輪投げ、ダーツ、異種混合フリースロー、反復横跳びの全6種目。

なにげにどのアトラクションもきちんと概要を固めてたとはいえ、実際に試したのはこの日が初めて。つまりぶっつけ本番。てこともあってけっこう不安はあったものの、思った以上にスムーズに回って、予定してたタイムスケジュール通りに進行。ここでも幹事一同、内心で快哉をあげてましたわ。てわけで、幹事はまったくプレイしてないんですが、これ、楽しめました?

余興にしてはやけに手の込んだイベントを終えて、いよいよバスケ大会午後の部スタート。まずは予選の結果をもとに、上位リーグと下位リーグにわけるリーグ決定戦をしつつ、決勝の順位決定リーグへ。番狂わせ(?)もありながら白熱したゲームが繰り広げられる。今回のチーム分け、すごく均等になったと思うなー。接戦に継ぐ接戦で見ててホント面白かったし。

そして! なにげにオレのチームが優勝しちゃったりしてね。大して勝利に貢献できなかったけど、とにかくバランスがよかったよ、うち。絶対的エースこそいないながらも、みんながパス回して、みんなで点取って、一生懸命ディフェンスして、よく走って、声出して。ホント燃えたなー。ありがとうチームメイトのみんな! て感じで、午後の部も無事終了。

ココでサプライズ企画を一発。幹事団の1人が、婚約公式発表を合宿中にやるというので、内緒でフィアンセを連れてきてしまおう!つードッキリ。カノジョさん、何回か一緒に遊んだことあったからね。そもそも軽い気持ちで、どーせ婚約発表するなら、カノジョも呼んじゃいたいよねー→とりあえず声かけるだけかけてみるか→カノジョ、OKだってさ!→よし、じゃあ記者会見風にやろう!、って感じ。

カノジョには電車で河口湖まできてもらって、オレともう一人が買い出しのふりしてピックアップ。駅で、前フリ用のビデオレターを撮影。台本としては、幹事が婚約を発表→カノジョからのビデオレターです、ということでビデオを流す→しかしビデオが途中で途切れる→混乱の中なんと本人が登場しちゃう! って流れ。そのための撮影。もうひとつ、内緒で予約していたケーキを受け取ったんだけど、うっかり箱ごと倒してしまって、ケーキはボロボロ。とっさに浮かんだいいわけが「運転中に子犬が飛び出してきてそれを急ハンドルで避けたらケーキが。。。」。

このサプライズ、途中何度もバレそうになったんだけど、ギリギリのところでバレていなかったようで、なんとか成功にもってけたみたいで、良かったっス。カノジョさん、うちらの身勝手な企画にノってくれてホント感謝!

まだまだ終わらない二日目。最後はクイズ大会。なぞなぞ、曲当て、幹事の幼少時代&両親の写真当て、絵心伝言ゲーム、クイズダービーというラインナップ。絵心は笑えたなー。クイズダービーはまさかの全員全問不正解になるところを、坊ちゃんが救ってくれて助かりましたわ。

てことで、これまでの全イベントの成績を集計して結果発表。我がチームは見事総合優勝を果たし、これでよーーーやく、長い長い二日目のイベントがすべて終了。うちらもビックリするくらい予定どおりの進行ができたのは、みんなの適度なツッコミとスマートな理解力のおかげですな。いやいやほんとに。つーか、こうして書き留めてみると改めて、この日のボリュームに驚く。進行がうまくいくかどうかスゲー不安だったのも頷けるっつーのね。

書いといてなんだけど、最後まで読んでくれた人、ありがとう(もう一日分あるけど)。
[PR]
by april_foop | 2005-09-24 00:00 | 体育
バスケ合宿2005! 壱の巻
ということでね、毎年恒例(といっても参加は2回目)のバスケ合宿ですよ、えぇ。今日から二泊三日。でも去年とは大きく違う! なんせ今年は幹事団に入っちゃってますから。われらが「B輔」入団わずか1年半にしてここまできました。ゆっても、オレはオマケ幹事みたいなもんだったけど。

今回はメンズ4人で幹事。動き出したのは確かGW明けくらい? もーちょい後かな? に宿を押さえ、そっから各種企画等々の段取りをし始めた感じで。そんな長期に渡る準備の末の当日。予想どおりの渋滞に巻き込まれつつ、山梨県西湖へ。13時くらいに集合してまずはいつも通りにバスケ。そして明日のバスケ大会用にチーム分け。

なにげにこのチーム分け、ヒヤヒヤだったの。くじ引きで6チームに分けたわけだけど、明日用意してるイベント企画の都合上、幹事が同一チームに2人以上入ると実は非常に不都合。完全に運任せだったにもかかわらず、見事4人全員別チームになったときは、密かに幹事一同ものすごい胸をなでおろしてました。

d0055469_23374293.gif晩飯はチームごとにBBQ。その後宴会。各チームの紹介をしつつ、翌日のバスケ大会の順位を当てるダービーを開催。競馬的に連勝単式&単勝を予想。はっきりいって考えてもわからないので、うちは自チームを軸に総流し。これが結果的に功を奏したわけですが。

ちなみにこのダービー、お金を賭けるのはよくないだろうという見解のもとポイント方式となったわけで。今回の合宿がいくつかのイベントで総合点を競うことになった基礎は、なにげにココにあったかも。

て感じであっという間に初日は終了。いよいよイベントめじろ押しの二日目です!
[PR]
by april_foop | 2005-09-23 00:00 | 体育
THE IVERSON "i am what i am"
d0055469_637212.gifなんと! NBAを代表するスーパースターであるアレン・アイバーソンが来日してるってゆーじゃない。何やらリーボックのプロモーションで。で、そのイベント&記者会見の取材依頼が会社に来てたから、迷わずに行ってきたっす! 後から分かったことによると、某友達夫婦がハニムーンから帰国した便と同じ飛行機で昨日来日だったらしい。ザ・奇遇!

d0055469_641853.gifd0055469_6401816.gifまずはアイバーソンが中高生とバスケしちゃう、バスケットボールクリニック@ラフォーレミュージアム六本木。司会はリリーとかいう女子と、あの塚本清彦氏。塚本さん、やっぱよく喋る。って感じで散々引っ張って焦らしに焦らした挙げ句、ついに、ついにAI登場! 一気に上がる。自分でも思った以上に上がった! やっぱ小さいな。180センチはある感じだけど、日本人とかわらん! 顔小さっ! 手、長っ! で、なんのことはない中高生子女とAIが一緒に3ON3しちゃったりして。うらやましすぎる。なのに、日本人だよね。プレイしたコたちは、せっかっくのAIとマッチアップしても、パスしちゃったり、ディフェンスもあんましなかったり。二度とないチャンスだってのにー。もっとガンガン抜きにいけよー! スティール狙えよー!! まあでもこのコら一生の思い出よね。握手に記念写真まで撮ってたし。
d0055469_6445682.gif

d0055469_6471572.gifd0055469_6472732.gif一旦お開きのあと、夜は六本木で記者会見@TATOU TOKYO。なぜかうっかり全然関係ない☆akane☆ちんを連れて。AIに会いたいっつーもんだから。会見自体はよくある感じで、リーボック・ジャパンの社長が挨拶して、AI出てきて質疑応答&フォトセッション。彼のシグニチャーモデルの新バージョンANSWER Ⅸは、歴代モデルとともにお披露目。AIとリーボックは契約10年目(すなわちNBAキャリアも10年目)ってことで、10歳になるお子さんたちと。カワイイなコレ。でもこのコたちはAIの価値を知らないだろう。ちなみに、「今マッチアップしてて楽しいのは誰?」って質問してみたら「ゲームは誰が相手でも勝つことを目指してやるだけだし、相手がスーパースターだろうがそうじゃなかろうがリスペクトしてるよん。だから、特に誰とマッチアップしてどうこうってのはないゼ」とかわされました(笑

会見終了後、会場がパーティー仕様に変えられてクラブ状態でレセプションパーティー。いかにもな連中とちらほら著名人ゲストが登場しつつも、用事もあったしそこそこに退散。

いやはや、AI、チョーカッコ良かったっス! めちゃめちゃコーフンした!! てかやっぱ、あの体で得点王って異常!!! とまあ会っただけでバスケがうまくなった気分。明日からのバスケ合宿に向けていい弾みになったなー。
てことで、2泊3日の合宿に出るので更新ちょいストップしまーす。
[PR]
by april_foop | 2005-09-22 00:00 | 生業
感想/熱帯魚(文庫)
d0055469_110041.jpg吉田修一「熱帯魚」を読了。表題作を含む3つの小説からなる文庫。記念に感想。

ゲイが出てきたり、そこで終わるのかーってとこで終わったり、相変わらず煮え切らないテンションが、らしい感じですな。読んでて思った。吉田修一の本は"優しさ"がテーマにあるよーな気がする。もちろん単純明快な優しさではないから、一筋縄ではいかないんだけど。

今作はとりあえず、ピキーンときたセンテンスが2つ。ホントはダメだけど引用。

「グリンピース」より
"正直者なんて奴は、たいがい厚かましい奴と相場が決まっている。厚かましいからこそ、正直にもなれるのだ"

「突風」より
"告白は楽だと新田は思う。手の内を見せて、あとはすべてを相手に任せる。告白は卑怯だとも新田は思う。負けを認めて、あとは相手の情に頼る。告白は癖にもなる。曝け出せばすべてが終わると楽観する。 ~中略~ いくら高くても悲観論を買え。騙されちゃいけない、元々楽観論は無料(タダ)なのだ、と"

どっちも似たようなこと言ってるけど、オレ自身、ぶっちゃけちゃうのはラクってとこあるから、すげー刺さったわ。こう、こっちは曝してるんだから、相手にもそれを要求するよーな。

「突風」はちょっとしんどかったけど、「熱帯魚」と「グリンピース」は面白かったです、ハイ。
[PR]
by april_foop | 2005-09-21 00:00 | 文字