カテゴリ:旅情( 48 )
シンガ・プーラ(下)
d0055469_19365143.gifあっという間に滞在最終日。セントーサ島へ。これまたHISの送迎だったけど、上陸後は自由行動でひと安心。お迎えはキャンセルして勝手にホテルに戻る事にしといた。この島、全体がテーマパーク状態。いろんなアトラクションが散らばり、それらをつなぐバスはオールフリーパス。いい感じ。

d0055469_19373100.gifとりあえず着くなりソッコーでビーチにイン。砂浜キレー。ビキニーズも◎。ひとしきり海水浴気分で読書。ガンガン焼けろ。じゃないと旅に説得力が出ないでしょ? てな気分でリゾートしてから冒険島スタート。まずはアンダーウォーターワールドなる水族館。やっぱ南の魚類はビビッドだなー。そしてマーライオンタワー。どうってことはないけど、とりあえず押さえておかないとね。それからドルフィンラグーンつーイルカショー。ピンクのイルカなんてのは初めて見た! ビーチでイルカショー、いいですな。芸レベル低いけど。シーパラのほうが断然立派。

さらにレンタルバイクで島内を周遊。どこ行ってもチャリ乗ってます。ランチにサンドウィッチ食べてそろそろいいお時間。ケーブルカー乗ってシンガポール市内に戻る。楽しい島だったなー。時間とお金あればもっといろいろ行きたかったなー。

ホテルで荷物を取って、オーチャード通りで最後の自由時間。フラフラとウインドーショッピングして終了。これにてあっという間にシンガポールの旅、完結。23時シンガポール発で翌6時過ぎに成田着。特にトラブルやサプライズやアヴァンチュールはなかったけど、たっぷり満喫したっス。天気もばっちり、行って良かったっス!

P.S.
哀しいときー。チャンギ空港でチェックインしたらグランドホステスがコリアンで、オレのパスポート見て「Can you speak Korean?」と聞かれ、の、ノー,アイキャントって答えなきゃならなかったときー。しかもソーリーとか言って謝っちゃったときー。。
[PR]
by april_foop | 2006-03-08 00:00 | 旅情
シンガ・プーラ(中)
d0055469_1915328.gifd0055469_192318.gifホテルで朝食を頂いて、パックの市内観光へ。30人近くいやがって観光バス移動。しかも学生と思しき連中だらけ。別にさびしかないが邪魔くさいのは確かだな、うん。行程はチャイナタウンにあるヒンドゥー系寺院→朝市→ラッフルズ上陸の地→マーライオンパーク→国立植物園→フードコートでランチ→DFSで解散。てな感じ。

そして気付いた。個人的に超ヒンドゥー萌え! タイに行った時も感じたけど、なんでこんなに惹かれるのかしら? ってそれは「3×3EYES」好きだから。ジャパニーズマンガのチカラって偉大。もうひとつ気付いた。団体行動できん! こんな有象無象たちと一緒に居たくなーい!! 好きなとこ好きなだけ回りたーい!!! 思った以上にシンガポール、コンパクト。どこでも自力で行けたなーとちょっと後悔。下調べ不足だったな。。あ、そうそう、なりきりマーライオンもご覧の通り。通りすがりのジャップよ、意図をしっかり汲み取ってくれてありがとう。

ツアーから解放されてからは単身MRTなる地下鉄乗りつつ一人ウォークラリー。リトルインディアで再度ヒンドゥー萌え→アラブストリートはモスクが閉館時間すぎてて入れず。ブギスストリートはアメ横的で面白い→なんとかっていうデカイ噴水。見よう見まねで中心部を1周してみたところ、幸運ゲットには3周マスト!って書いてあったのを後から知った。まあ3分の1ハッピーでよしとする。高望みしないの。

d0055469_1921437.gifd0055469_1922316.gif日も暮れてきたところで再びマーライオンパークへ。てか、マーライオンって2002年だかにリニュったらしく、世界3大がっかり時代より全然大きいみたいよ? なのでオレはがっかりせず。つーか夜景ver.は断然美しく十分満足。すっかり日も沈んだところで、一人リバーサイドのテラスでタイガービール。ちょっと優雅。ホテルまではリバータクシーなるもので川上り。これも優雅。水辺って癒されるわー。

しっかしほぼ歩き倒してどえりゃー疲れましたわ。明日もガンバロー。
[PR]
by april_foop | 2006-03-07 00:00 | 旅情
シンガ・プーラ(上)
d0055469_18225020.gifd0055469_1823064.gifそんなこんなでワタクシ、初めての単身海外旅行でございまする。眼窩骨折抱えて向かったのは東南アジアの観光国家シンガポール! お気楽2泊4日の旅、始まり始まり〜☆

ところで、周りから「なぜゆえシンガポールよ?」の質問がやたら多かったので弁明。とりあえず南国に行きたかった→予算、日程的に近場限定→グアム、サイパンは一人じゃもてあましそ→じゃ、東南アジアで→タイは行った→ベトナムは微妙→じゃ、シンガポールだ。無難な感じじゃん? てね。いいのいいの、見聞を広げられればどこだって。で、HISのパックに乗ってGO。

11時成田発で到着は18時前。暑い! うだってる!! ソッコーでTシャツ。否、タンクトップ。まずはホテルにチェックイン。Hotel Miramar Singapore。ツアー中、最安値でもノープロ。アクセスはちょいイマイチ。で、早速ガイドマップ片手に晩ご飯がてら散歩。歩かないと地図上の距離感とか土地勘が掴めないからね。とりあえず、手近なチャイナ系家庭料理屋で腹ごしらえ。チキンライスとタイガービール。テーブルの柄がいかにもエイジアン。

d0055469_1823149.gifその足で、最も栄えてると思われるオーチャード通りまで足を延ばす。伊勢丹、高島屋はじめ、高級デパートと大型ショッピングセンターが立ち並ぶ。なるほろ、東南アジアっぽくないってのはこのへんかー。めちゃめちゃ都会。人種もめちゃくちゃ色々いるし。どっから観光客でどこまで現地人か不明。現地人も洒落てるわ。生活水準高いっぽーい。

行ってわかった。シンガポールって移民国家だけあって、オリジナリティに欠ける。その辺が日本人からの評価が低い理由かと。でもマレー系、チャイナ、インディア、アラブ、英国と各コミュニティーが共存してるっていうアイデンティティーは悪くないぜ。プラス世界中から観光客。見どころは確かに多くないし(てか狭い)、物価も安くないけど、フラリと遊びにくるにはかなり過ごしやすくて適と見た。

とか思いつつかなり歩いて(微妙に迷って)ヘトヘト。23時頃ホテルに辿り着き消灯。楽しいぜ、一人シンガポール!
[PR]
by april_foop | 2006-03-06 00:00 | 旅情
沖縄キャンプ day3
d0055469_1326373.gifd0055469_13264737.gif余韻覚めやらずの三日目行程_
★首里城>★玉陵>石畳の道>★識名園(休園)>国際通り>波の上ビーチ>那覇空港

最終日は足使ってくよー。まずは首里城。立派。修学旅行生わんさかで邪魔。でも広いし、玉陵とあわせて2時間以上うろうろ。それから徒歩で識名園に向かう。途中はなんか石畳の道で、「ちゅらさん」で外観使われた家なんかあったりもして、ステキ。てかアップダウン激しい。で、いざ識名園に着くと「休園日」の文字。ヲイヲイ。。

さすがに3時間歩きっぱなしで疲れたので、バスで中心部に戻る。国際通り、なんか雰囲気変わった気がする。そろそろ"裏原宿"みたいなノリで"裏国際"とかできないのかねー。で、あとはビーチでまったり。オリオンビール片手に上半身裸で本を読み、眠くなったらそのままお昼寝、起きてまた読書、みたいな。

日没までのんびりして空港へ。こうして振り返ってみるとなかなかいい3日間だったなー。思った以上に楽しめたし、やっぱいいところだ、沖縄。ぜひまた行きたいです、ってことで締めたいと思います。

沖縄で感じた事
・市街地の渋滞激しい。てか右折レーンがなさすぎて渋滞のもと。
・沖縄生まれでも、自分の土地の事しかあんま知らない。南部の人は北中部のこと知らないし、逆もまたしかり
・地元民、厚着。オレからするとTシャツ1枚で平気なのに、みんな上着着てる。ヘタすりゃマフラーも
・城跡は、本州のお城と違ってみんな廃墟なのね。あくまで兵どもが夢の跡ワールドだった。それはそれでロマンあるけど
・ゲストハウス、かなりの数がある
・やっぱ観光地よりも自然の景色がいいよね
[PR]
by april_foop | 2006-02-22 00:00 | 旅情
沖縄キャンプ day2
d0055469_12513918.gifd0055469_12514861.gif最初に言っておくと、旅は道連れってやつです。

二日目行程_
58号を北上>アラハビーチ>万座毛ビーチ>辺戸岬(本島最北端)>東の方を回って南下>★今帰仁城跡>瀬底島>沖縄自動車道でトラブル発生>宿へ

今日もレンタカー使って北へ向かおうと出発準備。7時過ぎ、宿の共有スペースで荷物をまとめつつ、いざ出発のときでした。
「にーちゃん、もう帰るんか?」
横にいたおっちゃんが話しかけてきた。こういう何気ない触れ合いがいいのよね、と思って「まだですよー、うんぬん」な返事。そしたら
「行きターイ! あたしのクルマ使っていいから、一緒に連れてってよ?」
おっちゃんと話してたネーちゃんがいきなり言い出す。返答に困るボク。でも向こうは割と本気らしい。マジ!? 狼狽。困惑。別に断ろうと思えばどうとでも断れる。けど、こーゆーのを若干期待してドミトリーとか泊まったわけだし。。ええい、もうなんでもえーわい、考えるのめんどいんじゃい、ってことで結論は「まいっか」。命までは取られまい。

そんなわけで期せずして相方とクルマをゲット。予定通り北へ。話してみると、とりあえず沖縄の人で、なんだかよくわからんけど、ちょっと変わった人っぽい。しかもお名前は"ナカリエ"。馴染みのある名前っつーか、そんな後輩がいたような気がするよ。こりゃ大丈夫かもね、とか思ってみたり。

やっぱ連れがいると、一人じゃできないこと、できんね。とりあえず写真を撮ってくれる人がいるってのはうれしい。万座のホテルビーチにも侵入。天気いいもんだから、浮かれてパンツ一丁で海にイン。勝手に海開き。一人ではできません。他の観光客見て突っ込み入れるのも、二人だからこそさ。

そんなこんなで帰り道。高速でトラブル発生! なんかクラッチがイカれたのか、まったくギアが繋がらなくなって路上で緊急停止。自走不可能で路肩に寄せる。長くなるので結果だけ話すと、PAまで押して、そこにクルマを残して一般道に降り、近くの打ちっぱなしで働いてるあんちゃんに事情を話したら、宿まで乗せてってくれました、って感じ。ちなみにトラブル発生から宿につくまで6時間くらいかかってます(笑

てことで、知らない人と1日ドライブ。危険こそなかったけど、波瀾万丈、超貴重な一日でした。濃すぎるぜ、沖縄!
[PR]
by april_foop | 2006-02-21 00:00 | 旅情
沖縄キャンプ day1
d0055469_12203620.gifd0055469_12204688.gifハイサイ〜! って感じで、プロ野球チームに倣って沖縄でキャンプ張ってきました。二泊三日、初めての一人旅! いやー、2月の沖縄ってどーなの? しかも一人って?? と自分でも思ってたけど、十分楽しかったっス。

初日行程_
10時那覇着>レンタカー借りる>南部へ>具志川城跡>喜屋武岬>ひめゆりの塔>平和創造の森公園(休園日だった。。)>平和祈念公園>知念城跡>★斎場御嶽>あざまサンサンビーチ(雨降り出す)>★勝連城跡>レンタカー返して宿へ  注/★が世界遺産

沖縄は3度目だけど、過去2回は仕事だったので観光するのは初。でもこの旅決めたのが1週間前だったから計画はほぼ無し。パックツアーも申し込めず、航空券だけ取った状態。着いてから考えよ、みたいな。で、那覇空港で決めたテーマは世界遺産制覇! レンタカーを現地調達。12時間保険ナビ込みで3500円ちょいって安いねー。ぽんこつミニカでも、無問題。今日はとりあえず南のほうを巡ることにする。

いやー、2月でも暖かいねー。ヨユーでTシャツ1枚。空港に置いてあった無料のロードマップ片手に適当に目的地を決める。赤字太字を片っ端から回ってやれ、みたいな。しかしこんな時期でも観光客はたくさんいるのね。羽田発の飛行機、沖縄行きのみ満席だったし。週間天気予報が曇り/40%とかでかなり怯えてたけど、幸いにも薄日がさす天気。夕方は降られちゃったけど夜にはあがったし、良かった良かった。

で、宿。お金ないし、ドミトリー体験してみようと思って、適当にネットで見つけたミコノスリゾート南風ってとこへ。いや、なんとなくネタになるかと思って。海外でドミトリーする勇気ないし。初めてだから比較のしようもないけど、まー可も不可もないって感じ。すでに常連ワールドができあがってて、フレンドリーではなかったなー。ま、いーけど。

そんな感じで初日、終了!
[PR]
by april_foop | 2006-02-20 00:00 | 旅情
ムネオな大地その2
d0055469_1242974.gifd0055469_1254327.gifd0055469_1245851.gifそんなこんなで明けて北海道2日目。実は今日はニセコでカヤックする予定だったのに、前日(すなわち昨日のパーティー中)に突如カヤック屋からキャンセルの電話。予約していたレンタカーだけが残って手持ち無沙汰のメンズ3人。んー。。。

ま、まったくアテないから、とりあえず山のほう行くか、とまずは羊蹄山。登山口まで行ったものの、ひと気が全然ない。キャンプ場もあったけど、人影まばら。登山できるはずもなく、とりあえず登山口で写真を一枚。想像の中で登頂したことにして、山頂の思い出を適当に語らうボクら。なんてけなげ。

続いて、今度は登れる山に、ってことでアンヌプリ国際スキー場のゴンドラに乗って1000m展望台へ。ニセコアンヌプリ 「山頂の気温:16度、視界:不良」の文字にもひるまずいざゴンドラにライドオン。登ること約10分。その間下りゴンドラですれ違ったのは熟年夫婦2組のみ! これはすごいところにきてしまった感を覚えつつ、ついに山頂へ! 足を一歩踏み出せばそこは……
五里霧中! ことわざ的な意味ではなく、文字どおり見渡す限りの霧、霧、霧。なにひとつ展望できない展望台に、なんとなしお先真っ暗感を覚えつつの記念写真。もちろん、背景真っ白。ここまでくるとテンションもどんどんあがってくるから不思議。

d0055469_1261026.gifd0055469_126211.gifd0055469_1263229.gif下山したところで、いい具合に空腹。ここにくる道中見かけた気がする「ジンギスカン」の文字を求めてドライブすること30分。ものすごい遠回りしたけど、実はすぐそばにあったという、灯台下暗しを地で行きつつ、このジンギスカンは本気で美味しかった。セットでひとり1000円。こりゃーいい。で、ラストは温泉。ここも気持ちいい。露天風呂の男湯女湯のしきりがやけに低いというセキュリティーの甘さも魅力。外部からも余裕で侵入可能。かえすがえすも、大らかだぜ道民は。

札幌に戻って、再び寿司でフィニッシュ。チェーン店でも美味しいのが北海道のお寿司。いやいや、まったく計画性ナシだったけど、なんとか楽しめるもんだね。よく笑いよく食べた一日でござった。ちなみに。本日衆議院選挙ということで、ホテルでテレビをつけるとどこもかしこも当選が決まったムネオ一色。しかも娘をつれて生出演。道民、つくづく気が大きいなぁ!

追伸。翌12日(月)、新郎君の運転で支笏湖を回りつつ、新千歳空港に送ってもらって解散。白い恋人を手土産に帰京したのでしたー。いやいやなかなかよい蝦夷旅行だった!
[PR]
by april_foop | 2005-09-11 00:00 | 旅情
ムネオな大地その1
更新滞りましてごめんあそばせ。だって北海道いってたんだもーん。

d0055469_0401728.gifd0055469_0403045.gif高校の仲良しカルテットの一員が、北海道で結婚式あげるってゆーから駆け付けてみた。ヨメも千葉出身なのに、この新婚ヤロウどもは北大で出会って、そのまま就職→定住→婚姻ですって。あらステキ。で、北海道で挙式つーわけ。お祝いにいくのも大変といえば大変だけど、こーゆーときじゃないとなかなか北海道も行けないし、最近カルテット全員集合もめっきりなかったしちょうどいい機会だったーね。

てわけで、11時羽田発。札幌に到着してランチに軽めの回転寿司。一旦ホテルにチェックインしてちょいブレイクしたあと、いざ式場へ。今回は、夫婦の意志でレストランウェディング。すすきのから車で10分ほどの、イタリアンレストラン。こぢんまりと小ぎれいな感じ。ハンドメイド感がよくってよ。って、思いのほか早く着き過ぎて一番乗り。まるでものすごく楽しみにしていたかのよう。いや、楽しみは楽しみだったけどね。つーか、この新郎、寺の息子なんだが、こんな欧風ウェディングなんてけしからんだろーに。ま、仏教徒のくせしてミッション系大学も受験してたし、わりと宗旨替えがちなオトコなのよ。遅れてきた反抗期なのか?

d0055469_039473.gifそれはともかく、ほのぼのとしたよいパーチーだったね。北海道仲間たちがたくさん集まって、千葉の地元組はオレらだけ。思うように北海道ファイターズの輪には入れなかったけど、なんとなく楽しめましたワ。つーか、北海道民やたらに大らかというか、寛容というか。すべてを好意的に受け止めるような懐の深さを感じたね。ええ人たちや。

そんなこんなで終止和やかムード。がしかし夫婦でラムをカットしだしたときは、さすが北海道!を感じつつ。2次会はすすきののダイニングバー。12時前に解散。三次会には参加せずにホテルへ。世界柔道をチラ見しつつご就寝。明日は遊びますよ、と。
[PR]
by april_foop | 2005-09-10 00:00 | 旅情