カテゴリ:旅情( 48 )
ADELAIDE TOUR_02
d0055469_052368.jpg理想都市なんて形容されることも多いアデレードは、ウィリアム・ライトさんという人が作った計画都市で、その完成度は世界的にもお手本とされるくらいなんですって。そのはじまりは1836年、流刑民ではなく自由移民たちによって作られたんだそう。緑や古い建物を残しつつ、最新のビルもうまく分散されてるってことなんですかね。人工は105万人。都市として成功するってのは、いろんな不確定要素が整わないとダメだろうから運みたいなのにかなり左右されそうだけど、そもそものコンセプトもしっかりしてたんだろーなー。

中心部にはビクトリアスクエアなるところがあって、この周りはオフィスビルが建ち並ぶ近代的ゾーン。すぐ近くにはセントラルマーケットなる市場。大変な活気で、相当数の店舗が入ってたから、じっくり見て回ったらかなり面白そう。超駆け足でなめただけになっちゃったけど、朝ご飯したり買い物したり、地元の人たちの食卓を支えてる感じだったわ。

お買い物は、遊歩道になっているランドル・モールがメイン。高級デパート、スーパーマーケット、路面店がズラリと並んで、週末はすごい人手。さすがに観光客も多かったわ。ドンキみたいな激安量販店が楽しかったっす。でもここもゆっくり見られなくてロクに買い物できず。唯一買えたのは、HAIGH'Sのチョコだけ。美味でした。ちなみに物価は日本よりちょい高い感じ。ミネラルウォーターは600mlペットで200円くらい。ランチは1000円ちょいかな。

中心部の端っこには美術館や大学、病院といった公共施設が建ち並んでて、なかなか豪勢な眺め。さらに、街をぐるっと取り囲むように公園や緑が配されてて気持ちいいのですよ。で、街の北部を流れてるマレー川の周りにはのんびりピクニックな人々。でにぎわうらしいけど、暑過ぎるのかあんまし人がいなかったぜ。青空結婚式してる人たちはいたけどね。

川を越えた北部、ノース・アデレードは高級住宅地。ここも碁盤の目をキープしてて、古い建物たちがたくさん残っててエキゾチックおしゃれでした。メインストリートはカフェがたくさん並んでて、優雅な感じ。住宅はほとんどが1階建てだから、空が近くて広いのが本当に気持ちよし。ウィリアム・ライトさんの像もこのエリアにありましたわ。

コンパクトな街と聞いていた通り、端から端まで歩いても小一時間の距離。ゆとりがあって、落ち着きがあって、なにより緑がいっぱいあって、スゲーいい街でした。
d0055469_054876.jpgd0055469_06179.jpgd0055469_1362595.jpg
[PR]
by april_foop | 2008-03-12 00:00 | 旅情
ADELAIDE TOUR_01
d0055469_19533729.jpg初めてオセアニア上陸! オーストラリア5番目の都市、南オーストラリア州のアデレードに行ってきたど。

成田からシドニーまで約9時間半。シドニーでトランジットしてアデレードまで約1時間半。カンタス航空利用でしたが、なんかいまいち気が利かないというか、のんびりしているというか、そんな感じ。食事を下げるのが遅かったり、映画があと少しのところで急に終わっちゃったり。笑 そのあたりもオージー気質なのか? あと、CAの年齢がやけに高かった気がするんだけど(帰りも)、実際のところはどうなんだろう。

まあそんなことを考えてたら、着いたぜアデレード〜〜! 季節的にはもう秋の始まりのはずなのに、なにやら記録的な猛暑だそうで、滞在中は連日35℃超! マックス40℃の日もあったよ。さすがに陽射しが強いのなんの。でも、乾燥してるのが救いで、日本の夏のような不快感はまったくなく、暑いけどヘバる感じではなし。てかせっかくの南半球だし夏気分味わいたかったので、ウェルカムだぜ、オーストラリアン猛暑!

さて。アデレード市街の印象は、コンパクトでほどよく都市。でも緑がすごい豊かで超暮らしやすそう。実際、オーストラリア人の住みたい街だったりするらしい。19世紀に作られた計画都市だそうで、基本は碁盤の目になっていて土地勘がつかみやすいのもうれしいっすね。最近は移民もけっこう増えてるそうで、アジア系の姿もたくさん見たっす。正直、アデレードって今回初めて知ったけど、日本人ツーリストも少し発見。パックツアーもほとんどないみたいで、旅慣れた人たちが2度目3度目のオーストラリアで足を運ぶような感じみたいね。上級者&富裕層向けか。

滞在は、アデレードからクルマで15分ほどのグレネルグという海沿いエリア。ホテルはOAKS PLAZA PIERっつー海の真ん前。砂浜はキレイで、夕日が抜群! コンドミニアム型で長期滞在にもオススメ。リッチな気分に浸れます。トラムが通ってて、駅周辺は多少栄えてる感じ。週末は若者たちがハシャいてましたわ。

続く。

d0055469_20103086.jpgd0055469_20104257.jpgd0055469_20105592.jpg
[PR]
by april_foop | 2008-03-11 00:00 | 旅情
大阪いこか。USJ編
d0055469_902733.jpgd0055469_903812.jpg大阪行きのホントの目的地はココ。初めてのユニバーサル・スタジオ・なんとか! いえーい!
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(TM)

AM9時オープンと聞いていたけど、その時間にはすでに行列。あれ、開園早まってた? 三連休だものね。まずは「ET」へ。通常すでに150分待ち。しかしオレにはエクスプレス・パスがあるもんね! ってコレめちゃくちゃ早いね。でもっておもしろいやんけ! ETに名前呼ばれたで~! お次、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」はちゃんと80分ほど並んで乗車。熱い、熱いよ~。朝飯を食べつつ、新作ジェットコースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」にオン。まあよくあるジェットコースターだけどやっぱテンションは上がる。「ジュラシック・パーク」は90分並んで、「ジャングルクルーズ」×「スプラッシュマウンテン」て感じね。どってことなし。

「シュレック」は飛び出しっぷりがものすごい楽しかったわ。映画を観てると楽しさ倍増。そして問題の「スパイダーマン」。並んでいるところを、とんとん、と肩を叩かれ振り向けば、あれ、あなたは雪の丞さんじゃありませんか! 大阪最大のサプライズ。もしかしてあなた、運命の人とかなんですか? 広い大阪で、しかもUSJで、さらにスパイダーマンに並んでるときにめぐり合うなんて…! 運命以外のなんですかね、これ。驚きつつ一緒に載っちゃいましたわよ。てかダントツおもしろかった。あと、ターミネーターに並んだら、ようやく始まったところでマシントラブルのため中止。オイオイ。替わりにもらったエクスプレスパスを使って「ジョーズ」へ。これは笑えたなー。

d0055469_91248.jpgてことでダラダラ書いたけど、USJ、相当面白かったゼ! アメリカ式エンターテインメントって感じで、いいわ~。火や水をじゃんじゃん使うところが楽しいね。完成度でいえば東の横綱には到底及びませんけど、十分満足。エクスプレスパスが猛烈にお高いけど(ちなみオレ様はご招待でした。あしからず)、これを使わないってのはもう無理だわね。行列するのが体にこたえますもの。

ピーターパンのショーは最初しょぼくてどうしようかと思ったけど、空飛んでからはおもしろ。最初からバンバン空中戦で勝負してほしかったね。今回はライド系中心に攻めたので、次回はショーをこなしていきたいね。ええ、すでにもう一回行きたい気分ですとも。ハリウッド、コンテンツはいっぱい抱えてるだろーから、じゃんじゃん新ライドを投入してほしーですネ!
[PR]
by april_foop | 2007-11-27 00:00 | 旅情
大阪いこか。食べ歩記編
d0055469_840341.jpg3連休で大阪まで足を伸ばしてきましたのことよ。ギリギリで決めたら、新幹線の指定は取れないわ(往路自由席)、ホテルも取れないわ(ビジネスホテルを1泊ずつ)、バタバタバタ。みな3連休をちゃんと満喫してるのですな。勉強んなるわ。てことでなんとなく大阪歩き。

まず、大阪たこ焼きミュージアムでたこ焼きをつまみんぐ。会津屋(『美味しんぼ』にも登場)と甲賀流で食す。うん、さすが本場。美味しいです。なかなか有名店なんかいな?

でもって梅田スカイビルへ。と思ったら、なんか「カキ祭」みたいなことを地上でやっていて、無料でカキを振る舞ってたよ。2回並んでカキフライとカキ焼をゲット。ラッキー。小腹を満たしたところでシースルーにちょいびびりつつ空中庭園へ。この高さでオープンエアって気持ちのいいもんだね。寒かったけど天気も良好まったりのんびり。ついでにHEP5上の観覧車もハシゴ。高いところ、ちょっと恐いけど好き。

d0055469_8401997.jpgお好み焼きは、美津濃に行ったらPM6時にして激並び1時間以上待ちで断念し、千房に行き先変更。目の前で手際良く様もさすがなら、味も良好。千房焼、山芋焼、ねぎ焼とたいらげ大満足。この焼き加減は、自分焼きでは出せないんよね。

でもって焼肉の名所・鶴橋。目当てにしていた店がすでにラストオーダー終わっていたので、入り口に貼ってあったさんまさんご来店的写真に釣られて大吉さんへ。これが正解、めちゃめちゃ美味かった!(てかどこも美味いのかもしれないけど) タン、カルビ、ハラミに続いてミノが超絶品。美味しいミノって幸せだわ。初めて食べた「ツラミ」(その名の通り"面"の身ですって)も美味しかったなー。

というわけで、名物らしきものを一通り食べて大満足。やっぱ大阪って食べ歩いてなんぼなわけ? 観光しようという気もあったけど、これって場所が見つからなかったもんね。
[PR]
by april_foop | 2007-11-26 00:00 | 旅情
アジもイルカも啼くんだね、伊豆(2)
d0055469_7593037.jpgd0055469_7594069.jpg翌日は朝から下田海中水族館へ。

ここ、イルカと泳げるみたいなのがウリみたいだけど予約いっぱいでそれは断念。イルカに餌やりってのは、八景島でもできるからスルーね。あーイルカと戯れたかったなー。と思いきや、この水族館はかなりオモシロイ。なんせ、海の生き物たちが近いのよ! "ふれあいの海"と書いてあったけど、まさに手の届く近さ。ウミガメなんて入り口に放置で触りホーダイだし。こんなに近い水族館はじめてだよ!!
下田海中水族館ウェブサイトへようこそ

d0055469_759546.jpgキャパは大きくないし数も少ないんだけど、イベントが園内で連続して開催されてて、イルカショー 〜 アシカショー 〜 ペンギン餌やり 〜 海上イルカショー 〜 ラッコ餌やり 〜 アシカ餌やり、てな具合のツアー状態。そのいちいちで、意外と盲点と思えるような生態を丁寧に教えてくれるんです。へその位置とか、イルカの音波とかそーゆーの。旭山動物園とはいわないけれど(行ったことないしね)、なんだかユルくて優しい空間なのね。いつもより感受性が開かれていちいち感動しちまったよ。イルカサーフィンとか絶対やってみたい!

そんなこんなの伊豆、海系のたび。山あり高原あり海あり温泉ありの伊豆、そりゃー人気小旅行スポットよね。保養所が思いのほか素晴らしかったのでまた行きたいと思うのでした。アクセスさえもっとよければいーのに!

(1)に戻る
[PR]
by april_foop | 2007-09-17 00:00 | 旅情
アジもイルカも啼くんだね、伊豆(1)
d0055469_7585889.jpg友人縁の保養所があるとのことで、一泊で伊豆へ。天候・晴れ時々曇り、山の中で濃霧&雨。伊豆なんて何度もきているけど、やっぱ広いよねー。通ったことはたくさんあれども行ったことないところがまだまだあるわ。今回も初めての2スポットへ。

d0055469_7591361.jpgまずは海上釣り堀。網代駅からすぐのところの港から、200m海に出ただけのところに浮かんでる釣り堀。2時間で竿&餌込みの3500円。アジとタイが釣れるってなことで、オレ様は釣りってほとんど経験ゼロですが楽しかったわ。最初は餌の付け方が悪かったらしくピクリともしなかったけど、アドバイスもらってからは入れ喰い。こんなにも違うもんなんすね。そしてアジも啼くことに驚き! 10匹釣れたところでタイの堀に移動。

こっちはこっちで誰も釣れないのね。スキルじゃなくて餌の問題としか思えない。で、漁師のおっちゃんが特製エサをみんなに付けて回ってくれて、その瞬間みんな大当たり。竿折られたり、針喰いちぎられたりしながらはしゃいでましたわ。もちろん、オレ様も大はしゃぎ。釣り、楽しいわー! 3人でタイ×3、アジ×30を釣り上げたけど手に余るので、ご一緒したご家族にほとんど進呈(リリース禁止のため)。
ryousigoya

夜、無理矢理アジをさばいてタタキにし、タイはさばけず塩焼きにしてみたら、どっちもなんとかなるもんだね。美味しかったっす。
さて、明日はナニしよーか。
[PR]
by april_foop | 2007-09-16 00:00 | 旅情
京都・観どころだらけの街
d0055469_13433432.jpg引き続き京都〜。まあいろいろ巡ったのですが、ホント観どころだらけやわー。カフェ天国だし、川床は気持ち良さそうだし、寺社仏閣なんていったいいくつあるんですか? と。しかもいちいちスケールでかい。京都をちゃんと歩くのは修学旅行以来だけどハマる気持ち、よくわかるね。何十回、何百回と行かないと味わい尽くせないもの。てことで今回印象的だったところをざっと。

d0055469_1349502.jpgまずは智積院。観光寺ではないから府外の人にはあまり知られてないらしいけど、本当にいいお寺でした。コンパクトでキレイ、そして「名勝庭園」がすばらしい。ここは座って眺めるお庭だそうで、ぼーっとお庭を愛でてたらあっというまに一時間くらい経ってましたよ。いいねぇ、なんかこの感じ。鳥居の連打が見たく伏見稲荷も行ったけど、ここはあまりピンとこず。でも広いワー。うちもなにかしでかす時は鳥居を奉納したいわー。

d0055469_13505869.jpg祇園の花見小路をひやかしつつ、八坂神社方面へ。そこで生まれてはじめて人力車に乗ることに。えびす屋さんてところだけど、鎌倉、浅草、小樽も同じ会社なんですって。知らんかったわー。お兄さん、がんばってくれはって高台寺の五重塔を見て参りました。坂の頂上に塔が見えるのは確かに絵になりますわな。祇園白川のあたりも風情があってよいですねー。ビストロぷらむさんは町家の構えと、おしゃれ内観が素敵。村沢牛のステーキは絶品でった。お高いですけど。

超有名カフェのefishにも行って参った。噂に違わぬ素敵スペースで、インテリアもおしゃれ。でもそれよりなにより、鴨川がすぐ横というこのロケーションが最高ですねー。「鴨川のサイズがちょうどいいんです」とスタッフさんが言ってたけど、なるほどなんか分かる気がするなー。幼少時、ここで川遊びをしていた身としてもなんだか癒される川なのです。

とまあ、なんの脈絡もなくつらつらと書いてしまいまひた。あ、おみやげはKYOTO DESIGN HOUSEで探すのがオススメですよ。
[PR]
by april_foop | 2007-09-05 00:00 | 旅情
京都・素敵ステイは町家から

d0055469_1325521.jpgd0055469_13303341.jpgこの間に続いて京都へゴー。盆明けの京都は暑うございましたが、東京ヒートアイランドも十分暑いので大差はなしね。

で、今回は一棟貸しの町家に宿泊! 京都町家(町屋)の庵さんにお世話になりました。よくよく見たらここ、アレックス・カーが仕掛けてるんだね。ちょっと前の『情熱大陸』で拝見しましたわよ。というアウトラインはともかく、ここ本当に超素敵なんだから!

d0055469_13252835.jpg町家だからもちろん風情ありまくり。木戸、板の間、畳、急な階段、低い天井に年季を感じさせる梁やら柱やら。おっとお庭までついてます! 匂い立つような京都っぷりは、足を踏み入れた瞬間にエクスタシーもんの情緒をくれんのよ。しかもソファやベッド、キレイな水回りなど旅行者として欲しい要素はしっかり現代的にアジャストされてて、もう至れり尽くせりな感じ。まあすべてがオリジナルなままのほうがいいという人もいるだろうけど、軽い観光気分の旅行者には最適だと思うよ。

d0055469_13253849.jpg火気厳禁なので(火事が何より恐いものね)料理はできないけれど、それはお外で食べればいいからまったく問題なし。タオル類も毎日かえてくれるし、お値段も1人1〜2万円程度だから、ヘタなホテルに泊まるより断然こっちがオススメ。人数多ければ多いほどお得になる&楽しくなるしね。スタッフに外国人の方がいらっしゃったのもアレックス先生の影響ということね。納得。

ホント、外に出たくなくなってしまうくらいの素敵なお宿。京都へお越しの際の宿泊施設の第一候補として強く薦めさせていただきたいと思います。
[PR]
by april_foop | 2007-09-04 00:00 | 旅情
人生最高地点に立つ(後編)
d0055469_21565888.jpgd0055469_2157257.jpg深夜1時半、いよいよ富士山頂を目指してラストスパート! と思いつつも、御来光渋滞が待っていた。噂には聞いていたけど、お盆前後のこの時期、山頂までの道のりはずーっと数珠つなぎ。1歩進んでは止まり、また1歩進んでは止まる、みたいな状態。自分のペースで登れないってのはストレスだね。山頂を見上げると、登山者のヘッドランプが延々と連なっててそれはまるで戦国時代の夜行軍のよう(って見たことないけど)。

でも変わりにご褒美が! 夜空を見上げると満天の星空! というか目線レベルってくらいすぐ近くに見えて、あちこちで「流れた!」って歓声あがるほど流れ星ざくざく。1分見続ければ1つは流れるくらいの感覚でボクも2つほど確認。こりゃー縁起がいいや。とかなんとかいいながら、いよいよ高山病の気が出てきて、微妙な吐き気。必死に深呼吸を繰り返しながら、早く山頂へ、と気ばかり焦る。渋滞のイライラと吐き気のムカムカでこの頃が登山中いちばん嫌な気分に。

とはいえここまでくれば引き返すこともできずなんとか耐え忍んでるうちにAM4時。いよいよ空が赤みを帯び始める。まだ山頂にはたどり着けない。迫り来る御来光。山頂未到達でも御来光は眼前に見えるけど、どうしても山頂から眺めたい! 周囲も多分おんなじ気持ちで、みんなの焦りが見える。ようやく山頂が見えたそこは、かなりの岩場地帯で、コース無視したロッククライミング状態で我先にと駆け上がる。酸欠なんて知ったことか!のAM4時半。ついに、ついに山頂の鳥居へ! ああ感無量。でも感動のフィナーレはまだこれから。

d0055469_21575416.jpgd0055469_21573899.jpg広げた布に染みいるかのように、徐々に赤みが広がる雲間を見つめて待つこと30分。来るぞ、来るぞ、来るぞ……。ん? あ、ああ!! うおおおおおおおお!!! 出た! 見えたぁ!! 眼下の雲海(これも超美!)の中に現れた一点の紅。点は瞬く間に線となり半球となり、そして静かに雲海から飛び立つ鳳凰かのように解き放たれた完全な金色が雲を山を、オレらを照らす。そう、太陽。そう、御来光〜!! 美し過ぎるぞ! 幻想的で神秘的、荘厳&圧巻な神々しさったら、ここまでの苦労が一度に吹き飛んで、プラスに振り切れて、カウンターストップな空前絶後的大感動! 登ってよかった、本当によかった。山頂まで来られた人も未達の人も心の底からそう思える瞬間。誰もが「きれい」「すげー」と叫んで笑顔。すばらしい瞬間と空間。感無量。



(しばし余韻に浸ってください)




ということで、登山自体はかなりの負荷があるけれど、倍以上のリターンが確実にあるよ(天気次第)。女性や家族連れ、年配の方も大勢いたし、体力に自信がなくても装備を整えて1歩ずつ登れば必ず頂上にたどりつけそう。とにかく今回は天気に恵まれて、うちらクルーは完璧な御来光を拝めました。個人的にはフルマラソンのほうが15倍くらいきつかったです。

ちなみに須走口の下山ルートはけっこうタフ。勢いにまかせて降りたら足パンパン、てのはご愛嬌。本当にこの素晴らしい感動と体験をぜひ。日本に生まれたからには一度は富士山、これ間違ってませんでした! ともに戦った2人の仲間よ、祝・脱富士山童貞!!(ちなみにオレは"NOT A VIRGIN"Tを着て登頂w)

前編に戻る
[PR]
by april_foop | 2007-08-19 00:00 | 旅情
人生最高地点に立つ(前編)
d0055469_21112277.gif前々から人生のto doに入れていた富士登山。『ブラインドサイト』に刺激され、友人の富士登山記に触発され、三十路前に登りたいという自己設定リミットが迫り、今しかない!とついに実行!! 富士山、登ったよー。

情報は主に富士山NETと周囲の体験談。いざ富士山に登ろうとすると、思いのほか多くの人が経験者で、未経験者の中にもかなりの人が興味を示していたのは意外な発見。で、一長一短な4つの入り口のうち、ベストと思われた「須走口」をチョイス。午後1時、五合目に到着。いざ富士山! GO!来光!!(※)

d0055469_2119315.gifd0055469_21194713.gif天候は曇り時々晴れ。暑すぎず寒くもなく、登りやすい気候。20〜30分くらい登っては道端で休み、山小屋を見つけては休みと、頑張り過ぎず怠け過ぎずのペースをキープ。最初は樹海の中を縫うように登り、時々開けたところに出れば空を仰ぎという感じでけっこう退屈しない。段々と砂利&岩っぽくなってくるのもまた一興ね。高山植物を眺めたり、なかなか楽しいぞ、これは。まだまだ余裕綽々。

六合目〜本六合目〜七合目と順調なペースで登山。少しずつ涼しくなってきて、上着を羽織る。興味本位で酸素スプレーを吸引(無駄遣いでした)。足にも疲労が見え始めるけど、まだまだテンションは高い。ただ、この辺りの登山道は砂っぽくて踏ん張りがきかない&斜度も段々きつくなってきて、確実にダメージは蓄積。いよいよ富士山ぽくなってきたじゃねーか! とりあえずこの日の目標は本八合目。さあもうひとがんばり。

d0055469_222172.jpgとかなんとかいって、五合目を出発しておよそ5時間。18時過ぎに宿泊先の富士山ホテルに到着。根拠のないプラン通りの到着に驚きつつも満足度はもちろん高い。が、ホテルと名乗ってもやっぱり山小屋。相部屋雑魚寝とは聞いていたけど、ドミトリー以下の隣人密着型極小スペースに衝撃。いくら疲れていてもこれは寝られないよ…。そしていよいよ酸素が薄い! なにもしていなくても鈍い頭痛が慢性的に居座る。あちこちで酸素スプレーの音。どうやらみんな似たようなもんみたいね。高山病手前か?

夕食のカレーをいただいて20時には就寝。眠れなくとも体は休めねば、と狭い空間に身を横たえる。起床は1時。さあ、いよいよ御来光は近い!

後編へ続く

(※)copyright/kicks
[PR]
by april_foop | 2007-08-18 00:00 | 旅情