カテゴリ:閑話( 109 )
FJQは、「ええじゃないか」に、乗ってこそ。(風のない日に行こう)
d0055469_82174.gif行楽シーズン突入てことで(ダレが決めた?)、富士急ハイランド! 振り返ってみれば大学生時代に行って以来の9年ぶり! 楽しみだ〜!! メンバーは見知らぬ男女4名。
◆ 富士急ハイランド ◆

10時明大前集合というのんびりスタートで、朝ご飯しても12時には着。あれ、河口湖ってこんな近かったっけ? いつも渋滞してる中を行くから気付かなかったなー。天気は曇り。フリーパス買って、めざすは「ええじゃないか」「ドドンパ」「FUJIYAMA」のビッグ3。「FUJIYAMA」は前回乗ったから、まずは「ええじゃないか」に参列。2時間30分待ち。うーん萎えるぜ。

おもしろしりとりして1時間も過ぎた頃、アナウンスが。「強風のため運転を見合わせます」。……え……? と絶句してる間に整理券配られて行列は強制終了。ビッグ3はおろか、オールドスクールな雑魚アトラクションまで次々と運転を見合わせていく。風って! ここまできて風って!!

仕方なく観覧車でお茶を濁し、細々と運転していた「RED TOWER」なるフリーフォール系に乗って、寒すぎたので休憩所で暖をとる。すでに17時。キッズ向けアトラクションは営業を終了し始めた。カラ元気も底をつき、夕闇に包まれ始めた18時、ついに風が止んだ! 動き出すビッグ3!! 嬉々として「ええじゃないか」に猛ダッシュです。整理券、捨てなくて良かった。。

d0055469_821121.gif!!!!!!!!!!!!
おもしろすぎるぞ「ええじゃないか」! とにかく前後左右に捻りを加えた3D高速回転ムーンサルト×コークスクリューで、脳内物質分泌しまくりのシェイクされまくり。スピードもスピンも大迫力! こんなマシン初めて! これだけでフリーパス1回分の価値あるわ。と大コーフン。これまでの鬱憤を一気に晴らせたね。

興奮覚めやらぬまま「ドドンパ」に行くと、整理券持ってる人のみということであきらめ、「FUJIYAMA」に並んだらあと1ターンのところで再び強風で運休。しょんぼりフィニッシュとなったのでした。いやーでも起死回生の「ええじゃないか」。久しぶりの遊園地と、ギネス級のマシンで最高に楽しめたわ。「ドドンパ」という宿題も残して来たし、また行きたいなー富士急!
[PR]
by april_foop | 2007-03-31 00:00 | 閑話
カメラ・ラバー
d0055469_11453861.jpg渋谷のTSUTAYAで人待ち中、こんな写真集発見。『Camera People-カメラピープル』。100人による100枚の写真が並んでて、カメラマンもいれば主婦やフリーターなど撮影者の経歴はさまざま。よくよく調べたらそもそも「カメラピープル」っていう写真愛好家たちのコミュニティがあって、そこが製作したものみたい。
Camera People-カメラピープル
コンテストやワークショップとか、いろいろ企画ものもやっていて楽しそ!

オレっち、軽度のカメラ好きで365日デジカメ携帯してるけど、最近はちょっとお熱も冷め気味。でもこの写真集観てたら、やっぱ撮りたい!スピリットがムクムクと。だって素敵なお写真が並んでるんだもの。人物、風景、建物、瞬間。写真まったく詳しくないけれど、理屈抜きに好きだわ。ここに掲載されてるのは全般やさしいテイストで、気持ちのいいものばかり。

多分、残しておきたいんだろーね。なんらかの証を。こーやってつらつらと文字を束ねるのもそうだし、写真を撮るのもきっと同じ。見聞きしたもの、感じたものを何かしらの形にするという作業がその経過含めて好きなのだわ。目に見えないものを自分というフィルターを通して具現化する行為に生きがい感じますもの。大げさに言うならば。

d0055469_1145486.jpgということで、いいきっかけが重なったので長らくの懸案事項だったデジカメ購入に踏み切った。パナソニックのLumix DMC-TZ3 (買ったのはブラック)。とにかく高倍率ズームを求めてて、いちばんコンパクトだったのが決め手ね。

春が来て、ニューのカメラ持って、ちょっとウキウキ。カモーン、決定的瞬間! 確信的被写体!!
[PR]
by april_foop | 2007-03-27 00:00 | 閑話
Rahmensをはじめよう
d0055469_18354271.jpgとある筋よりお招きいただき馳せ参じたはラーメンズの第16回公演「TEXT」@東京グローブ座! 初めてのラーメンズ、おなかいっぱい堪能した〜!
ラーメンズ公式サイト Rahmens.net

笑いに疎いオレさまなので、ラーメンズの芸風もあんまり知らず、片桐さんを映画とかで見かけるのと、最近の「Get a Mac」のCMでお目にかかったくらい。そんな一見ヤローの分際で、プラチナ公演に紛れ込んじゃって申し訳ないね、ホント。会場はコアなファンと思しき女性陣が過半数を占め、ツウっぽい男子とライトなファンが入り交じった感じ(フープ目測調べ)。

使うのは箱だけ、モノトーンの衣装(+馬のかぶりもの&勝負服)、というシンプルなスタイルでさまざまなキャラを演じ分け、かなり緻密に練り込まれてるっぽい台本をテンポよく消化。「TEXT」というタイトルよろしく、同音異義語とか、なくなくなくない?的コトバ遊びとか、愉快な日本語を巧みに積み上げる絡め合う! しかも二重三重にくみ上げられたプロットがこれまた秀逸。小林さん、スゲー。そしていい声してんなー。

あっという間に会場のテンションを掴んだら、もうあとはハシが転んでもオモシロイ状態。オレ様も手ぇ叩いて笑かしてもらいましたわ。お気に入りは「ハリウッド条例」と「ミュージカル条例」。サイコー笑った。笑

思わずラーメンズごっこでもしたくなる痛快舞台! おみそれいたしやした!!
[PR]
by april_foop | 2007-03-25 00:00 | 閑話
リンゴ・リンゴ・リンコ
d0055469_135434.jpg突然だが、リンゴが好きだ。

誰にでも、無意識的かつ無条件に心惹かれるモチーフってのがあるんじゃないかと思うが(カエル好きとかよく見るし、まあキティラーもありとしよう)、私にとってのそれは、りんごであり、林檎である(もちろんリンゴでも構わない)。そもそも果物として、果実も果汁も(シードルも)好きだし、あの変形球状な形も好き。色艶も字面も響きも好き(appleでもね)。使ってるフレグランスは青リンゴの香りだし、アップルコンピュータだって、椎名林檎だって大好きさ。

このリンゴちゃん、掘り下げてみると実にいろんな象徴として、紀元前からたくさん登場している。アダムとイヴが口にした知恵の実だとも言われてるし(実際これは一部誤解であって、「リンゴ」ではなくあくまで「果実」らしいけど)、数々の神話寓話にも登場。万有引力を導かせたのがリンゴなら、白雪姫を死に至らしめるのもまた林檎、ウィリアム・テルが射抜いてみせたのもりんごなんだよねー。虚実入り乱れつつ、なんて神秘的な存在! ふぞろいの林檎は…どうでもいっか。

とにかく、こんな果物は他に見当たりません。イチゴもミカンもブドウもメロンも雑魚! 一体リンゴのなにがここまで人を惹き付けるのでしょうか。不思議だなー。本当のフルーツの王様はリンゴなんじゃないの?

まあそんなわけで、私、リンゴをデザインモチーフにしたアイテムとかを微妙に収集してたりします。なんか素敵なアイテムあればご紹介orご提供くださいナ。青森あたりに行けばいろいろあるのかなー?

そしてリンコたん、残念だったね。<え、このひと言のためのエントリ!?
でも『バベル』は間違いなく傑作だったから。
[PR]
by april_foop | 2007-02-26 00:00 | 閑話
『ロープ』をつたって野田地図へ
d0055469_21293253.jpg野田秀樹・作演出の舞台『ロープ』を鑑賞@Bunkamuraシアターコクーン。舞台素人のボクですから、もちろん初めての野田作品。出演は宮沢りえ、藤原竜也、渡辺えり子、宇梶剛士、橋本じゅん、三宅弘城ほか。
野田地図

公演もあと少しだし、ネタバレ全開モードで。とあるマイナープロレス団体。ヘラクレス信長(藤原)は、ひきこもりレスラー。プロレスに八百長なんてないと信じてる。そしてリングの下に棲む自称未来からきたコロボックル(宮沢)。実況を得意として人間の力をアナウンスする。そこに現れたケーブルTVの撮影クルー(渡辺、野田、三宅)。彼らは八百長プロレスを隠し撮りしようとする。

前半は完全ドタバタコメディ。でも笑いのネタはパっとしないから10のうち1〜2笑える程度(ただし中年女性はかなり爆笑。要はそういう感じ)。ややシエスタ気味になったけど、実はそこかしこにたくさんの布石。いかん、もっと集中しておけば…! 後半は一転シリアスモード。前半の布石を受けてさまざまな社会的疑問をぶつけてくる。あまりの急転ぶりにびっくり。展開力がすばらしく、弛緩→緊張→弛緩と観客を巻き込む演出力はスゴイ。

とっかかりはプロレスの八百長。仕組まれたストーリーを演じることに疑問を感じないのか、という始まり。マスクマンはマスクをかぶれば別人になれるのか。演じているだけなら自分に責任はないのか。自分のためなら他者の犠牲は厭わないのか。敵という属性なら、顔を知らない相手なら、誰であれ打ちのめしていいのか。今、目の前のリアルを知らない人間の言いなりにどうしてなれるのか。という具合に、最終的には戦争にまで話が及んじゃったよ。「ロープ」はリングの内外を分かつことに引っ掛けた境界線のメタファー。いやはや、とことん硬派。

両主演、とても生き生きと演じていてすごくよかった。宮沢りえはとてもキレイで芝居も堂々たるもの。手がやたら長いのが印象的。藤原竜也もレスラーにしては筋肉が足りなかったこと以外は満点の出来。その他ベテラン陣はいうまでもないね。渡辺えり子、素敵すぎます。

貴重な舞台を拝見させてもらいました。問いかけるだけ問いかけて、最終的な結論が観客に委ねられたのはちょっと残念だけど、面白かったです。経験値少ないので比較はできませんが、観てよかった。今公演は1月31日まで。立ち見席のみ当日券あるようなので、ご興味のある方はゼヒ!
[PR]
by april_foop | 2007-01-24 00:00 | 閑話
こんなスーパー奇天烈ショーがあったなんて!
d0055469_233867.gifこれまたとんでもない奇天烈ショーでやんした。山本寛斎プロデュースの『太陽の船』。プレス招待だったからよかったけど、笑える代物でしたわ。
日本元気プロジェクト KANSAI SUPER SHOW「太陽の船」

会場は東京ドーム。出演はTOKIO松岡、上戸彩、アントニオ猪木、工藤夕貴、伊勢谷君、アンナちゃん、久本雅美に池谷幸雄と、よくわからん組み合わせだけど豪華っちゃ豪華。客席は内野1階席のみで、そこに向けて大掛かりなセットが組まれてました。あとは特に予備知識なしでどんなショーかと楽しみにしてたら、びっくりだわー。

一応のテーマは「夢を持つことがいかに大切か」らしいのだが、中身が芝居というわけでもなく、まったく伝わらない。ただひたすら出演者が櫓に乗って叫んだりワイヤーに釣られて喚いたり。「そいやー、そいやー」。猪木に至っては「元気ですかー」っていつもと同じかよ! 一体どこに夢を感じればいいのかさっぱりわからず。大型ビジョンでいろいろと大写しになるのはいいけど、誰がどこにいるの視認困難。てか久本から喋りをとったら何も残らないから!

さらにやたらめったら和太鼓集団、モトクロスショー(リハの事故により規模縮小)、阿波踊りチームと、次から次へと大量の人間が登場の大ごったがえし(エキストラ総数2000人以上!)。要するにエキセントリックな巨大お祭りを見せられてるわけ。ドームのフィールドにあんな大量の人間がいるのを初めて見たよ。そしてショーの思いっきり中盤で特別ゲスト長渕剛登場! なぜか会場のボルテージは最高潮。延々とオンステージはいいけど、ストーリーとの繋がり皆無なのよね…。

まるでわけわからんままフィナーレ。出演者総登場でカクテル光線と紙吹雪、巨大くじら気球とか、絵だけはなんか豪快で華やかだったなー。ツッコミどころ満載というか、納得のいく演出はゼロだったな。。客をバカにしてるうえ、内輪ウケにすらなってなかったよ。呆れを通り越して、ある意味スゴイものを見てしまったという気持ちから自然と笑みがこぼれました。客席全体を包んだ唖然の空気。

そういうわけで、まったく面白くないショーなのに、なぜか満足。山本寛斎って何者なのかさっぱりわかんないね。。
[PR]
by april_foop | 2007-01-14 00:00 | 閑話
Around 29th birthday
d0055469_2175348.gif今年を表す字は「命」。それを授かったのは29年前の今日。誕生日です。おめでとう、オレ。ありがとう、オレ。

d0055469_23203774.gif誕生日イブ、この日はうちのチームが総居残り仕事だったので、なにげなくさくら水産で夜食。ふと見た壁のポスターに「お誕生日(前後1日可)の方にはワインボトル進呈」。あら奇遇だわ、と赤ワインゲット。見るからに安そう。帰社するとほどなく0時を回り、バースデーよコンニチハ(コンバンハか?)。すると突然、歌声が響く。今一緒に帰って来たはずのさくら水産ズがサプライズでケーキくれました。コンビニケーキと非常用ローソクで。仮初めな感じがたまんねー。マジでマジで嬉しかったの。

翌、真・誕生日。少しだけ出勤。夜、仕事関係の忘年会にお呼ばれし、勝手に誕生会と改めさせ出席。ここでもケーキと花束を頂戴。こんなに初対面の人たちにお祝いしてもらったこと、ないぞ。でも素敵な出会い多数で、朝まで飲んで、楽しい会でしてん。ほんにありがたい限り。生きる事は、それだけで繋がっていく事、って物の本にありましたけど、これですかね。

今年は例年以上に祝賀メール&メッセも拝受。華やかな過ごし方はしてないけれど、なんだかとても満たされたアラウンド誕生日。来年は12年に一度といわれる大幸運期だというし(人生2度目)、なんだかイイコトあるかもねー。
[PR]
by april_foop | 2006-12-21 00:00 | 閑話
冬庭園散歩
d0055469_8462178.gifd0055469_8463414.gifなんだか知らんけど朝っぱらから浜離宮恩賜庭園に行ってみたり。初めて行たっけどなかなかよいもんです。大江戸線の築地市場からてくてく5分ほど。

まあね、別にただの庭園だよ。アトラクションなんてないよ。でもなんか、広々緑のバックに汐留ビル郡がニョキっと突出する様子はなかなか面白い絵。お池に写り込む高層ビルもまたをかし。たまにはこんな空気を味わうのも悪くないぜ。と小一時間さんぽ。池と橋のコンビ、なんかすごい好きっす。茶屋もあれば紅葉もあるし、うん、のどかだわわ。

d0055469_8464574.gif汐留から歩いて5分だし、てことは銀座からだって歩いて来られる。軽い気持ちで足を伸ばしてみるのもいいじゃない。都会に飽きたら、広々公園で気持ちリセット。寒くなったらまたカレッタでもなんでも行けばいいし。紅葉はそろそろ終わりだけれど(でも今日はまだキレイだった)、冬景色もそれはそれで情緒です。歩いてるのは年配の方、外人カップル、たまーに若者カップル。

ついでにいえば、水上バスで浅草にもお台場にも葛西にも出られます(本数少ないが)。疲れやすい東京人よ、青と緑に癒されたまえ~。春になったらまた行こっと。
[PR]
by april_foop | 2006-12-07 00:00 | 閑話
がっかりさせないわよぉ!
d0055469_285762.gifとあるイベントに桜塚やっくんがサプライズ登場! 生スケバン恐子鑑賞デス。スゲー笑えた。
トップコートオフィシャルウェブサイト|桜塚やっくん

サプライズだけに、この日のうちらは『エンタ』の客席みたいに、芸人目当てで集まってるわけではない有象無象が150人ほど。一部にはやっくんを知らない年配のおじさまも。そんな場でもしっかり空気を掴みきって回す技量はさすが芸人だわー。声もよく通るしウワサ通りお肌もキレイ。会場大盛り上がり!

客いじりの芸風はすっかり市民権も得て、もう鉄板ね。これがまた生体験するとやっぱ楽しい。はっきりいって日常会話の延長線上にある芸だけど、やっくんのキャラと的を射たツッコミで十分面白い。これはやっぱ頭の回転の速さでしょ。客のことも一度でよく憶えてたから記憶力もよさそうだし、ちょっとしたザワザワもしっかり拾うし、立派なエンターテイナーです。

ちなみに夏に出た写真集『艶桜』(画像)は、ホントにただの写真集でびっくり。確かにキレイだけど、いらんだろw なにはともあれ笑わせてもらいましたワ。ありがとう、やっくん!
[PR]
by april_foop | 2006-11-30 00:00 | 閑話
加瀬亮が気になる。
d0055469_21324986.gifd0055469_21361935.gif目下ムショーに気になるオトコ、加瀬亮。『硫黄島』やら『ハチクロ』やら今年は大小話題作に出まくって、年明け早々には周防監督の新作『それでもボクはやってない』(超オモロカッタヨ!)に主演。それにあわせて12〜1月は雑誌にもかなり登場するようので、この流れには早めに乗っからねば!
Ryo Kase Official Web Site

なにげにこの夏、フォトエッセイ本を出してたのね。興味あるけど、まあ地味な表紙だこと。この人らしい。てか、こないだ対面したら、ものすごい感じよくてさ。物腰柔らか、質問には明確に回答、ときにはユーモアを織り交ぜて、ふっと笑う。この笑顔が超優しい。しかもおしゃれ。なんていいムードかもしてるんだ! 完全なるバランス型の人で、中央大卒っていうし、すごくクレバーで空気が読めるんだと思う。気に入った!

派手な役は観た事ないけど、等身大の青年を演じてる感なく演じる。しっかり場に馴染む。『スクラップ・ヘブン』観た時とかは特別いいとは思わなかったけど、いろいろと観ていると、その溶け込み具合が個性なのかも。言ってしまえば地味だ。でも、だからこそ貴重。天才肌ではないんだろーけど、ソツなくこなす秀才俳優。いかんせん本人が感じいいから、俄然ひいきしたくなるわ。

街を歩いてて「瑛太さんですか?」とか言われたそーな。全然似てないけど、気持ちはわかるぞ!w いや〜、気になるなー加瀬亮。
[PR]
by april_foop | 2006-11-26 00:00 | 閑話