カテゴリ:体育( 126 )
NBAマガジン2007-12月号
d0055469_0424261.jpgBS1、ありがとう! ついにわがニューオーリンズ・ホーネッツのゲームを放映してくれました。今回はこのゲームレビューを。
NBA.com Hornets at Bobcats Game Info

もうMVPはこの人にすればいいじゃない。CP#3ことクリス・ポール! 久しぶりにゲームを観たけど、めちゃくちゃ成長してんじゃないか! 元々ボールハンドリングもパスセンスも図抜けていたけど、今や完全なるフロアリーダーでプレイメーカーで、ゲームを支配しきってましたわ。格下チーム相手とはいえ圧巻のプレイぶり。

とにかく視野が広く、キープ力とバスのスキルがしっかりしてるので、ディフェンスにまったく的を絞らせない。そのうえドライブも巧い。ドリブルテクとチェンジオブペースで翻弄しまくって、置き去りにされたディフェンスが慌てたところをあざ笑うかのようなパス。シュートもいつでも行ける状態でパス。パスを防ごうとすればレイアップありスクープショットあり。あげく、間合いを空けたら3Pがズドン! 速いけど速さに頼らず、戦況とディフェンスを見極めきった上でのプレイの選択が絶妙。チームをコーディネートするその能力はすでにナッシュ級。

なにがすごいって、3年目のこの小さな大エースをチーム全体が信頼しきっていること。どんなシチュエーションでもまずCPにボールを入れることですべてが始まる。リバウンドとったら必ずCP。前が空いていてもとにかくまずCP。このチームとしてのイズムの統一、大黒柱があるということがすべての戦術を支えていますわ。

サポートキャストも役割をしっかり果たしてました。チャンドラーは、まだまだ荒削りだけど、ディフェンスは一生懸命やってたし、なによりよく走ってオフェンスにも参加。チームのセットにしっかりフィットしてました。ストヤコビッチはもう少し確率をあげてほしいけど、やっぱり3Pがあると思わせることだけでも魅力的。モーピーは相変わらずオフェンスセンスを感じないけど、ディフェンスで意外と力を発揮できたりするし、5人目の先発としては合格点。とどめは生え抜きのウェスト。シュート力はもちろんだけど、パス含めたボールの扱いが巧いのなんの! 中でも点取れるし、なんて頼りになる男。4Qの3連続得点は素晴らしかった。

オフェンスもディフェンスも組織でプレイができてて、これはなかなかにバイロン・スコットの手腕かも。ゲーム運びで甘さがときどき見られたのが引っかかるけど、それは徐々に改善されてくと信じましょう。

ただし、シャーロットは弱過ぎた。オフェンスは1on1頼みでたまのノーマークも落としがち。リバウンドは目も当てられず。ディフェンスはチームとしてほとんど機能せず、チャンドラーに何本ダンクされてんだって具合。J-RICHのダンク見れたのはよかったけどね。

12/30現在、我がNOHは20勝10敗の好成績。主力の故障さえなければプレーオフはまず確実。カトリーナ級の旋風をリーグに起こすのだ! もちろん指揮するのはCP#3で!! いやー興奮するゲームだった。
[PR]
by april_foop | 2007-12-29 00:00 | 体育
NBAマガジン2007-11月号
d0055469_128443.jpg早く書かなくちゃと思っているうちに開幕から早くも1カ月弱! 今年はBSの放送が週3ペースと去年よりも増で、嬉しい限り!(追いつけてないけど) 楽しませてくれておりますNBA07-08シーズン。
NBA.com
何試合か観た中の印象をとりとめもなく。

開幕はPOR@SAS。王者は連覇に向けて盤石のスタート。何も変わらずただただ鉄板。パーカーはさらにアンストッパブルになりつつあって驚異だわ。それよりサプライズはPOR。オルドリッジがかなりいい! ランドルフ放出も納得。このまま成長すればかなり楽しみ。ただ、コーチが欲しいのはJ.オニールではない、ということだけはいっておきましょう。T.アウトローやM.ウェブスターあたりももう少し伸びてくると面白いけどね。

DET@MIA。ウェイド出てなくてつまらん。DETは年々迫力がなくなっていて、強いのはわかるけど優勝は厳しそうだなぁという印象。ラシード、もっとがんばれ。ビラップスも安直なシュートは止めて! ウェイドが帰ってきても低迷中のMIA。気合いを感じるのはモーニングだけか。

WAS@BOS。大トレード断行のBOS。チームとしてはまだまだ全然機能してないのにビッグ3の能力が高過ぎて超強くなってる。。ビッグだけどアンセルフィッシュな3人は、それぞれを殺すことなく今まで通りのスタッツを残しちゃってるよ。この3人がいるだけでサポートキャストのスタッツも向上。ロケットスタートに成功して、この先ケミストリーが整ってきたらどこまで強くなるんだ!?

DEN@NYK。DENは相変わらずディフェンスがザル(ジョージ・カールどうした?)で、結局アイバーソン&メロってあんまり有機的なデュオじゃないんだよね。で、ネネはいつ化けんのよ? タレントは揃っても未だチーム力のないNY、まだまだ低迷は続きそう。このチームにシステムを構築できるコーチ、いないの? アイザイアじゃ無理だってば。

DAL@GSW。去年の大アップセット再現か?といわんばかりの大接戦。なんとか勝ったけど、DALは完全に苦手意識? にしてもバロン・デービスはすごすぎ。リバウンドダンクなんて思わず飛び上がっちゃったよ。DALは今年優勝できないとそろそろ下降線が見え始めそうで怖いです。キューバンもなんだか元気なし。

CLE@SAC。CLEが強いと思ったことって一度もないんだよね。レブロンは凄いんだけどさ。どうもサポートキャストにIQを感じられないわ。レブロン頼みでプレーオフは行けても優勝は当分ないでしょう。SACはガタガタなんだね。ブラッド・ミラーの覇気のなさはびっくりするよ。あんなに熱いプレイヤーだったはずなのに。。でも全員帰ってくればそこそこ強いはず。

LAL@SAS。力の差、歴然! フィル・ジャクソンをもってしてもいかんともし難いのか!?

ごひいきのNOHは好調なスタート。ケガ人が出ないうちにゲームが観たいぞ。あとはメンフィス入りした世界選手権でベタ惚れしたファン・カルロス・ナバーロが観たい!! さあ、半年間みっちり楽しませておくれ!
[PR]
by april_foop | 2007-11-23 00:00 | 体育
マラソン、それはかくも奥深き競技
d0055469_054096.jpg野口みずき圧勝で終わった東京国際女子より1時間早くスタートしてました。埼玉県の戸田にある道満グリーンパークにて。秋晴れの気持ちのいい陽気の中、先月に続いてのハーフマラソンエントリーであります!
戸田マラソン in 彩湖2007

なんせ先月の惨敗以降、トレーニングしたのは2日だけ。あの悪夢がまだまだ生々しいし、これはまともに走れるはずないなーと思って、けっこうびびりつつ。申し込んだ夏には、快調に調子をあげているはずだったんだけどね。気温もやや高め。ああ不安で仕方ない!

スタートしても恐る恐るの前回同様10km/hペース。10kmを57分ちょっとで通過。前回同様もう少し行けるかも? と思っては、いやいやそんな楽観して前回みたくいつ突然つぶれるかわからんぞ、と守りに守ったイーブンペースをキープ。すると15kmで1時間26分くらい。あと6kmを34分で走れば2時間切れるのかーと思ったところで、ままよとペースアップ。足に疲労は蓄積してるけど行けないことはないはず! とがんばるオレ。

一緒に走った先を行く先輩もまた励みになる存在。折り返しですれ違うたびに差を広げられてたのは情けない限りだけれど、それでも少しでも差を詰めようという意志も働いたし、なんか近くにいた女子には負けねーぞ、みたいな即席のモチベーションも働いたし、なにより2時間はやっぱ切りたかったんですよ。なんだかんだでね。てことでフィニッシュタイムは手元の時計で1時間59分ちょっと。無事に目標達成! 結果的にはもう少し余力あったけれど、このエネルギー残量の見極めがまっこと難しいぜ! 単に攻める勇気が乏しいだけともいえるのだけど。

しっかし、この1カ月まともに走れてないわけで、地力自体がアップしてるはずもなく、なんで前回と8分近くタイムが違うんだろーなーと思うわけ。確かに前回のように前日バスケ+夜更かしはしていないけど、それだけのことなのか。気温の影響? ユニクロ・BODY TECHのロングタイツによる足の疲労軽減効果があった? 朝食の問題? 腕振りちょっと変えてみたから? 仮説はたてれど検証のしようもなく、経験値として一応覚えておくしかないのだよね。競技自体はシンプルなくせに、まったく奥深いやつだぜ、マラソン!

ということで人生5度目のハーフマラソン(けっこう出場したなー)は、秋空のように清々しく完走。やっぱりキツイものはキツイんだけど、この達成感、充実感はちょっとやみつきですわ。次は最終調整として1月にハーフマラソン出場を検討中。そういえば宣言してませんでしたが、来年の東京マラソン出走が決定しました! 本番までいよいよ91days。そろそろ本気トレーニングしなくては!! 待ってろ都庁to有明!

公式記録/2:01:01(グロスタイム) 523/813人
[PR]
by april_foop | 2007-11-18 00:00 | 体育
マラソン、それは過酷な競技
d0055469_22121198.jpg天高く馬肥ゆる秋、って感じの晴天の中、走ってきましたよハーフマラソン。「第36回タートルマラソン」でございます。
社団法人 日本タートル協会

3年連続3回目のエントリーとなる今回。「東京マラソン」以来8カ月ぶりの長距離レースだけど、ハーフマラソン出場は4回目だし、一応この2カ月くらいは週1ペースで走っていたから、まあ大丈夫だろうなんつって油断してたんだよねー。しかしやっぱ甘くねーよ、マラソン! 

21kmって長いんだよねー。前半は6分/kmくらいのイーブンペースを保って、調子悪くないかなと勘違いして、折り返してからややペースアップ。15〜16kmを1時間30分弱で回ってまずまずの調子だったのですよ。が、そっから突然の大失速! 急激に足が前に出なくなったかと思えばウォーキングに毛が生えた程度のスピードしか出ず、今にも歩いてしまいそうに。でも、さすがにそれだけは避けねば!とギリギリのところで踏ん張って、長い長いラスト5kmを乗り越えてよ〜〜やくフィニッシュ。しんどい、しんどすぎるぞ!! 人生3番目の辛さ(1位:東京マラソン、2位初めてのハーフマラソン)。

フィニッシュタイムは手元の時計で2時間7分前後。半分で限界じゃ42kmなんて思いやられるよ。東京マラソンまではあと119days。恐ろしい。心から恐ろしい。。とりあえず来月もハーフマラソンにエントリしてるので、なんとか2時間切れるよう精進したいと思います。

<10月28日追記>
正式タイム02:07:18(ネットタイム) 2257/3577人
[PR]
by april_foop | 2007-10-21 00:00 | 体育
10 WINNING STREAK!!!!!!!!!!
d0055469_11798.jpg9-8、2-1、そして…! 連夜のG倒で9連勝+今季初首位で迎えた阪神@巨人第3戦を生観戦。今夜もとんでもない大熱戦の末に読売をスイープ!! なんと8-7!
Yahoo!プロ野球 - 2007年9月9日巨人vs.阪神

リードしては追いつかれる嫌〜な展開だったけど、第1戦に続いて再び上原を沈めて3タテ。5時間を越える超白熱の大乱戦、本当に勝てて良かった(負けてたら疲労激増)。ここまでのシーソーゲームはなかなか見られまい。記憶に残る名勝負でった。詳細はネットのBOX SCOREをチェックしておくれ。

d0055469_1335371.jpgやっぱり野球はオモロイ! 1球ごとの緊張感を味わい、1イニングごとに変わる流れに一喜一憂し、いつ何が起こるかわからにゃーこの一触即発感はたまらんよ。プレイがひとつずつ途切れるからこその、戦略性の高さ。先を読み敵を読みそして自らを読む。単なるピッチャー対バッター以上のこのヒリヒリするような戦いがマジ最高でーす。最後の最後、藤川の渾身の投球に手汗ダラダラ。三振に切って捨てた時には涙出るかと思ったよ。

しかし今日は思いのほか巨人ファンがいたなー。三塁側にまでちらほらいて、久しぶりにアウェーな感じを味わったわ。最近はどこの球場行っても阪神ファンのほうが多いんじゃないか?って感じだもんね。巨人と阪神の優勝争いをちゃんと見守るのははじめて。ウェブでの速報チェックが欠かせない毎日。

とにかく! プロ野球だってまだまだ面白い、これ間違いない! ごちゃごちゃいわんと、みんなでもっと野球を楽しもーぜ。ああ、もう日本一しか見えない!!
[PR]
by april_foop | 2007-09-09 00:00 | 体育
東京42195アゲイン!
d0055469_0261155.gifあの感動から4ヶ月。早くも再始動だぜ「東京マラソン」!
東京マラソン2008

あの興奮と感動の激走(そして未曾有の苦行)はついこの間のような気もするけど、目線はもう来年を見据えねばならないのだ! 開催が決定していた「東京マラソン2008」のエントリー受付が今月17日よりスタート中(〜8月17日)。そして本日エントリー完了! 去年同様応募者多数の場合は抽選てことで、まず間違いなく抽選になるだろね。去年の成功でエントリーがどう推移するのか興味深いところ。

レース中はもう二度と走りたくない!と思ってたけど、喉元過ぎれば熱さ忘れるよろしく、ゴールを過ぎればツラさも忘れるわけで。どうしてももう一度東京リベンジしなきゃ気がすまんのよ。沖縄とかも考えたけど、やっぱり第一候補は東京! 去年のふがいない自分を払拭したいっす。

とはいえ、東京マラソン後は左膝の調子が思わしくなく、ランニングはフェイドアウト。月に2〜3回思い出したように走るだけの現状だから、完全にトレーニング貯金はリセットされました。本番に向けて段階踏んでシェイプしてかねば。

42195の戦いは再び始まった! 「241Days to RUN!!」

<6月22日追記>
早くも定員オーバー。去年よりも早いそうだ。。
[PR]
by april_foop | 2007-06-20 00:00 | 体育
NBA FINALS 2007 SWEPT AWAY!
d0055469_38179.jpgNBA FINALS 2007はSASが4連勝フィニッシュ! 予想通りということですなー。
NBA.com:FINALS 2007

完全に地力の差が出たGAME1と2。3と4はCLEもSASのオフェンスに慣れたようで、なんとか接戦には持ち込めたものの、結局SASのディフェンスを崩せないままで、4戦平均81.5点しか取れず。点差以上の完敗というしかないね。

キングは最後まで迷いを振り切れず。これはやはり若さゆえか。GAME4の終盤、ドライブからすべてアシストに切り替えた時間帯だけ迷いがなくなってて、これは新しい姿かもしれないと思ったけど、長続きせず。てかやっぱエースは点取らないとダメか。最後までボーエンの守り方は徹底されてたなー。

SASにも穴がなかったわけではなく、確率の高いプレーを求めるあまり、自分たちからオフェンスを重くし過ぎる傾向があり。オープンなのにパスを回して、ズレた相手ディフェンスローテが自然修復しちゃったり。それでも要所で3つのオフェンスオプションを持ってるのは強みね。ダンカンのインサイド、パーカーのドライブ、ジノビリの1on1。そしてベンチは日替わりで誰かしら活躍。そうそう、フィンリーはパブロビッチに抜かれ過ぎ。34歳、老け込むには早過ぎるってば。

これならPHXやDALに勝たせてあげたかった気すらする。UTAとCLEでいい勝負だったのかなーと思いやす。ただ、キングにとってこれはさらなる進化のきっかけになるでしょう。来季に期待。ただし、CLEは今のメンツじゃこれ以上の伸び代はない。ギブソンはシュート力を来年も維持して、ちょっと久しぶりの2巡目スターになれるかな?

ま、なにはともあれ1年間おつかれさま。また11月に会いませう!(ジャパンゲームやってよ、そろそろ)
[PR]
by april_foop | 2007-06-15 00:00 | 体育
NBA FINALS 2007 スイープの可能性
d0055469_23221252.jpgd0055469_23222374.jpg昨日スタートしたNBA FINALS。下馬評通り、SASが先勝!
NBA.com:FINALS 2007

点差こそ9点だけど、内容はSASの完勝に近かったような。ノーマークのジャンプシュートがもう少し普通に入っていれば、もっと点差は開いてたように思うぜ。というくらい、SASのディフェンスが完璧。これはスイープの可能性も少なくはないなー。

まずレブロンはボーエンがさすがのマンマーク。Wチームのタイミング、どこまでを誰が追うのかの指示が徹底されてたのが見事。それをしっかり体現できるチームディフェンス。さすがっす。ローテーションした分、グッデンやパブロビッチに少し点数取られたけど、大局には影響なし。しかしボーエンの反応は素晴らしい。ナッシュに付けなかったのは、スクリーンの掛け方、使い方の上手さなんだな、やっぱり。

レブロンは簡単にドライブできないことでリズム悪し。オフェンスのセレクトも遅れ気味。外を棄てられたからには、ある程度ジャンパーを入れて行かないとどんどん中を固められちゃうよなー。にしてもダンカンもスマートかつタフなディフェンスするよ。そしてSASのディフェンスリバウンドも特筆事項。G陣もちゃんと取りに行く&ティップするもんだから(結果的にインサイドが取るんだけど)、常に数的優位に立ってるもんね。こういう積み重ねができるのがチーム力なのね。

ということで、CLEにはスノウの起用を薦めます。ダンカンにはすべてWチームして、あとはパーカーにドライブさせないこと。そして外が落ちるのをひたすら祈るってのが基本になるのでは。レブロンの反攻にも期待しませう。

スイープ、十分にありえます。
[PR]
by april_foop | 2007-06-09 00:00 | 体育
NBA PLAYOFFS 2007 キング戴冠。その先に待つもの
d0055469_7434367.gif海外へ行ってる間にNBAはいよいよ最終決戦目前! チーム史上初のファイナルに進んだレブロン率いるCLEとここ10年のファイナル常連SAS。さあどうなる!?
NBA.com:FINALS 2007

ついにイースト頂点に立ったCLE。オフェンスは改善されないけどディフェンスを一生懸命がんばった結果かな。にしてもレブロンの破壊力はすごかった。CSFのゲーム5は驚異的。多分細かいテクやジャンパーのバリエはコービーのほうがあるんだろうけど、それを凌駕するみなぎる速さと強さ。ボディコンタクトしてからがレブロンのゾーンて感じだもんね。

でも、まだ頂点に立つには早いだろー。チームはまだ欠陥があって、やっぱりレブロン以外が物足りな過ぎる。ギブソンがラッキーボーイ化してるけど、ちょっとしっかり守られたら消されそうだしね。とりあえずここはファイナルで惨敗して出直してもらいたいです。

一方のSAS。プレーオフに入って本気を出すダンカンはやっぱり大黒柱。UTA相手ではダンカンが頑張らずともジノビリにエンジンかかってきて一蹴。経験の差と合わせて、CLEに4つ負ける気はしないなー。とはいえレブロンは止められない気がするけれど。

ファイナルを前に思うのは、やっぱりDALが一回戦負けしてしまったことが勿体なかったな、ということ。ウェストのCFがあっさり決まってしまったのもここが原因だもんね。まあいっても仕方ないけどさ。

ファイナルは日本時間8日から。熱い戦いと超絶プレーを期待します!
[PR]
by april_foop | 2007-06-02 00:00 | 体育
NBA PLAYOFFS 2007 キングが頂点に立つのはまだ先か?
d0055469_23205572.gifてことでベスト4が出揃ったNBAプレーオフ! ようやくキング・ジェームスのプレーオフを観れたぜ@NJN、ゲーム6。
NBA.com:PLAYOFFS 2007

 んー、勝つには勝ったけれども…。相変わらずレブロン頼みで、オフェンスのバリエーションが乏しい。前半の大量リードをレブロン不在の間に吐き出し、でも4Qは戻ってきたレブロンのおかげで辛くも勝利。これじゃ頂点はまだ見えないような。

そもそもCLEってチーム作りの方向性が間違ってる気がしてならないんですけど。いまさらだけどなんでヒューズ? ジャンプシュートがバラバラでパスも悪い。スティールはあるけど、ディフェンス自体はさほどよくない。グッデンはあいかわらず計算できずFTが取れない。イルガウスカスにもはやインパクトなし。総じてレブロンと相性悪いと思うの。CLEに必要なのはスポットシューターじゃないというのはジョーンズとマーシャルが証明しちゃってるし(もちろん救われることもあるけど)。もっとレブロンにパスを出せる人、さらにはレブロンに合わせて動ける人がほしいよ。

パッと思いつくところでレブロンと相性よさそうなのは、L.バルボーサ、D.フィッシャー、A.ジェイミソン、M.ミラー、B.ディアウ、L.ウォルトン、R.ウォレス、B.ミラー、A.ボガットとかかなー。南米、ユーロの選手も合わせるの上手そう。ということで、CFは勝てないと予想(7戦まで行きそうだけど)。現状のスタメンに価値があるうちにさっさとトレードしないと、レブロンはリングから遠ざかってしまいそうな気がします。

ところでNJNはクリスティッチがいればだいぶ違ったろうにね。それにしてもヴィンスの覇気の無さはなんなの? 本当に愛せねー選手だなー。
[PR]
by april_foop | 2007-05-20 00:00 | 体育