DRIVE TO GROLY
ついに開幕したNBA FINALS 2005。ディフェンディング・チャンプのDETと一昨年の王者SASという面白いマッチアップ。仕事のためライヴで観ることはかなわなかったため、日中はスポーツ系のサイトを開かないよう気をつけつつ、家帰ってソッコーでVTR観戦。

いやー、予想どおりの厳しいディフェンスが展開されて、面白かった! 両チームともハードなディフェンスでいながら、不要なファールや無駄な荒っぽさもなく、クリーンでいながらもタフなゲーム。徐々にオフェンスがアジャストしていく具合も楽しめたね。

立ち上がりはデトロイトのリズム。とにかくインサイドディフェンスが堅固で、パーカー、ジノビリがドライブするも切り崩せずTOを連発。あれよあれよという間に10点以上のリード。ここでリズムの悪いジノビリをスパっと下げるポポビッチ采配が見事。代役のバリーもパっとしなかったものの、ダンカン中心にジワジワと差をつめて、結局前半はほぼイーブン。

後半になって少しずつ流れがSAへ傾く。タフなディフェンスにもかなり順応しはじめ、ダンカンを中心にパーカー、モハメドといったところも得点を重ねる。デトロイトはピラップスが孤軍奮闘。こいつ、ホントにヤバイ。ちょっとでも前があけば正確なジャンプシュート。ボール運びもパス回しも落ち着いてる。派手さはないけど止められないプレイヤーだ。グレートの域に達しはじめてる。そういえば、ビラップスってダンカンと同じ97年組じゃん。ライバル意識あったりすんのかな?

そしてSAリードで迎えた最終クオーター、ジノビリが大爆発。得意のドライブインから信じられないレイアップ、ダンク、バスケットカウントを連発し、最後はトドメのスリーポイント。ワンマンショーでゲームを決定付けた。恐るべきアルゼンティーナ。アテネのゴールドメダリスト。抜群の運動神経だわ。

いやはや見どころ多くて、すごい面白いゲーム1だった。ゲーム2も楽しみだなー。
[PR]
by april_foop | 2005-06-10 00:00 | 体育
<< オメデタイ。 ローテク大好き >>