ドラマ中継2008年4月クール おせん
d0055469_11442074.jpgドラマはいつもまとめレビューだけど、断然特別扱い!

<<おせん 火10/NTV
主演は天才・蒼井優。毎週観られるってだけで世界で3億人いるというファンが喜びます(そう考えるとぜひ朝ドラに出てほしいもんだナ!)。昔ながらの佇まいを残す料亭に、料理人志望の若造が飛び込んできてのお話。食がメインに据えられて、食べることってどういうことなのかをテーマにしてる模様。第一話は、登場人物と基本スタンスの紹介だったからさほど掘り下げられはしなkったね。

さて、フタを空けてみれば、とりあえずあまり面白くはなかったのです。視聴者側の立ち位置で話を進めていく存在である若造のよっちゃんが、あんまりにも酷いキャラで、とても気持ちを預ける気にはなれんですよ。あえて宙ぶらりんのペラい設定にして現在(イマ)を表そうとしてるんだろうけど、いくらなんでもこんな半端モンいないでしょ(いないことはないかもしれないけど、感情移入できないんじゃリアリティ薄まるだけ)。オレのイメージだと、もう少し今のコたちって、自分に言い訳があるというか、それなりのロジックを持って生きているはずなんだけれどなぁ。いちいち腹が立つのですわ。内君の演技も軽くって、設定の上にあることだけを演ってるようにしか見えず。よっちゃんのパーソナリティってなんなの?

でも蒼井優はやっぱ魅せてくれたなー! まだキャラクターが掴みきれなかったけれど、今までに観たことのない役柄で、かなり見目麗しうござんした。 "わっち"(私)なんて呼称がまたよく似合うんだわ。でもってお着物が超カワイイのね。スタイリストはオリーブ少女にはおなじみの大森仔佑子さん。優ちゃんも大好きスタイリストさんらしく、女子ならばチェックがマスト。衣装だけを目当てに観てもいいくらいだわ。

さてさて、この先どうなっていくかはわかんないけど、食というテーマはいいと思うんだよね。原作がどういうものか知らないけれど、切り方しだいではかなり意義のあるドラマに仕上がると思うんですが。初回の視聴率は10%ちょいってことで決して良くはないけれど、本質のあるいい作品にしてほしいと思います。
[PR]
by april_foop | 2008-04-23 00:00 | 映像
<< バスケット、それは青春の呪文 感想/譜めくりの女 >>