感想/少林少女
d0055469_14485086.jpgあれ、ギャグじゃないんだ!? 『少林少女』4月26日公開。中国で3000日もの修行を終え、少林拳を日本に広めるべく帰国した桜沢凛。しかし故郷の道場は見る影もなくなっていた。かつての恩師である岩井を訪ねるも相手にされず、なぜかラクロスの助っ人を始めることに。そんな凛を見つめる黒い視線があった。
少林少女 SHAOLIN GIRL OFFICIAL BLOG [BLOG総本山]

『少林サッカー』さながらのCG×アクションギャグエンタメかと思っていたけれど、意外とギャグ要素は味付け程度で肩透かし。数の限られたギャグはしっかり滑ってました。まーなんといっても柴咲コウのカンフーアクションだよね。吹き替えなしでよくやったなー。カットの少ないシーンもあって、すっかりアクションヒロインもいける口になってます。うーん、ドラマに歌に映画に、よく働いててえらい!

それ以外、これといった特筆点はなく。どちらかといえば子供向けって感じの、がんばる少林少女のお話。ただ、CGラクロスがんばるガールズを見せたいのか、少林拳の精神性を見せたいのか、純粋にアクションを見せたいのか、多分全部なんだろうけど、もうひとつメリハリがなかったというか、ひとつひとつの掘り下げが甘かったような。せっかくならもう少しラクロスで押してほしかったけど、意外と少林拳とラクロスの相性がよくなくってね。少林拳て動作の流れの美しさがポイントだと思うので、ラクロスのスティックとボールを使う時点で、ちょっと制約が出過ぎたのだと思うぜ。『燃えピン』にもそれは言えたような。やっぱボディコンタクトしないと、カッコよさ&面白さが損なわれちゃうんだろね。となるとバスケか、やっぱ!?(『カンフーダンク』に期待!)

終わってみればやけに優等生な話で、箸にも棒にもかからず。もっとドカーンとふざけて、弾けてくれたほうが断然面白くなった企画でしょ、これは。
[PR]
by april_foop | 2008-04-27 00:00 | 映像
<< 感想/砂時計 感想/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド >>