ADELAIDE TOUR_03
d0055469_071334.jpg"カンガルー島"ってもう、名前聞いただけでトキメイちゃうよね。はい、アデレード近海に浮かぶ楽園、それがカンガルー島! オーストラリアで3番目に大きい島。アデレード空港からプロペラ機で25分。船ならアデレード中心部からクルマで1時間+フェリーで1時間。なんでも、かつて移民がこの島に上陸した時、ひどい食糧不足に苦しんだそう。で、そんときエイヤっつってカンガルーを食べて飢えをしのいだとかで、その感謝の気持ちを込めてのカンガルー島。力の抜ける由来だワー。

でも、その名前のイメージにふさわしいパラダイスなんですよ。これぞオーストラリアと感じられる赤土の大地に、独特の熱帯系植物たち。四方はキレイな海に囲まれてイルカちゃんも見られるし。てことで、まずは名所めぐりね。島の左側は大きな国立公園(島の1/3くらいが国立公園になってる)。ここにある「アドミラル・アーチ」(写真右下)ってのは、かつて鍾乳洞だったものが、潮と風でえぐられて外側に貫通して、なんだかアドベンチャーちっくな形に。写真で観るといまひとつピンとこなかったりもするけど、生で見るとこれがまたなかなか迫力あんのさ。夕日の時間は相当キレイらしーよ。

そこからクルマで30分ほど移動すると、「リマーカブル・ロック」(写真左下)という、これまた風やらなんやらで奇妙な形状になった花崗岩も。これも、生で見ると自然のアート! 大自然が生んだ不思議な曲面の連続といい、今もまだ形を変え続けている野生っぷりといい、いやー貴重な名所ですわい。

まあ普通の道や、そこらの野山もやっぱスケールが大きいし異国情緒は満点。雷による山火事もけっこう日常茶飯事らしくて、あちこちの森が焼けただれたりしてるのも、リアルな自然の脅威を感じさせるしね。どこみても驚かされるわ。日本の自然も豊だとは思いますが、こっちのは豊かの意味合いもまた違うわねぇ。

この島、意外に面積も大きくて、およそ東京都の2倍。観光客は、ガイドツアーかレンタカーで移動します。1日や2日じゃ味わいきれないぜ。なので明日に続く〜。
d0055469_07295.jpgd0055469_074240.jpgd0055469_075358.jpg
[PR]
by april_foop | 2008-03-13 00:00 | 旅情
<< ADELAIDE TOUR_04 ADELAIDE TOUR_02 >>