「ほっ」と。キャンペーン
感想/ブレス
d0055469_21182036.jpgハァ、ハァ、これはまた難しいぜ…。『ブレス』5月3日公開。夫の浮気に悩む主婦ヨン。テレビで流れる死刑囚チャンジンの自殺未遂ニュースを聞いたヨンは、面会に訪れる。なぜか会うことを許されたヨンは、面会のたびに「春」「夏」「秋」「冬」を贈りはじめる。
ブレス|オフィシャルサイト|キム・ギドク監督&チャン・チェン主演

ん、なんか雰囲気変わった? 引退騒動のあとだったからか?? とか勘ぐりつつも、やっぱり翻弄されたギドクワールド。率直にいって今作は難しかったなー! 観てすぐには落ちてきませんでした。「ブレス」かぁ、とか思いながら見つめるシークエンス。呼吸。息。命のメタファーともとれ、温もりのメタファーともとれ、ため息とか、声とか、死生観から愛情までいろいろあるんだもん。

チャンジンの背景は終盤にひと説明あるだけで、セリフもなし。鋭い眼光と、ヨンと会うことによる変化がありつつも、その胸の内はなかなか読み取れず。死刑を前にして喉を傷つけるのがまた印象深い。一方のヨンは、失われた愛を求めるようにチャンジンに四季を贈る。夫と出会った「秋」。吸い込んだ息は、同じだけ吐き出さななくてはならない。それをしないと生きていけない。そこに人生や愛を重ねたのかなぁ。

さらに今作はギドク本人がチラリと登場。全体を俯瞰するポジションもまたどう捉えていいのやら。少し時間をかけて解釈してみたいところです。

d0055469_21344713.jpg『受取人不明』をDVDにて。ギドクにしては長い120分もの。最近の作品とは若干テイストが違うけど、暴力的な描き方をした行き場のない人たちが痛々しかったわ。中盤まではなんとも苦しかったけど、後半の畳み掛け方はさすがギドク。「受取人不明」、すなわちどこへ行っても突き返される、居場所をなくした若者3人の、時代によって歪まされた青春。救いもなにもないだけに、いい映画とはいいづらいけれど、鮮烈なことは確か。
[PR]
by april_foop | 2008-05-05 00:00 | 映像
<< 感想/砂時計(1)〜(10) 感想/あの空をおぼえてる >>