感想/MONGOL モンゴル
d0055469_10244322.jpgシブイけどねー。カッコイイかもねー。『MONGOL モンゴル』4月5日公開。のちのチンギス・ハーンである若きテムジン。多くの部族が争う中、父親を毒殺され、妻を奪われ、囚われの身となりながらも、数々の苦難を乗り越えて、チンギス・ハーンとして君臨するまでを描く。浅野忠信主演、アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。
浅野忠信主演 映画『MONGOL モンゴル』公式サイト

さすがモンゴル。その雄大な自然、壮大なスケール! 数年にわたるプロジェクトだけあって、あらゆる季節・ロケーションを網羅していて、青々とした緑もあれば、一面の銀世界もあり。どこまでも続く荒野のようなシーンだってある。北京からクルマで十何時間も移動したりロケはむちゃくちゃ過酷だったっていうけど、それがこの圧巻の景色につながってるのかと思うと感慨深いですわ。

『蒼き狼』もあったし、話の筋はもう知ってるものだけど、歴史的には空白とされている期間に独自の解釈を追加した本作。浅野忠信の独特のたたずまいとか、特殊メイクもあわせて、淡々とはしてるけど、なかなか深みのある味わい。王というよりは、仏のような、そんな凄みを感じさせてくれました。で、戦闘シーンの迫力が予想よりすごい。多分、軍勢の数はさほど多くないだろうに、なんといっていいかわからないけど、カメラが巧いのかな、メリハリのある騎馬による戦いはけっこう目を見張りました。

じっくり作ってる系だから、娯楽の側面よりもチンギスの精神性のほうが強く押し出されてるジワジワ系の感じ。独特の世界観をお楽しみあれ。
[PR]
by april_foop | 2008-04-05 00:00 | 映像
<< カウント1999! 感想/ウォーク・ザ・ライン 君... >>