感想/ミリオンダラー・ベイビー(劇場)
d0055469_2203097.jpgなんとAM7時からフットサル@舞浜。一昨日急に誘われて、二つ返事で行くとは言ったもののさすがに眠かったね。でも楽しかったからいっかー!

映画『ミリオンダラー・ベイビー』を鑑賞。言わずと知れたアカデミー賞4部門受賞の超話題作。劇場はほぼ満員。やっぱ注目度高し。
女性ボクサーのマギー(ヒラリー・スワンク)とそのトレーナーであるフランキー(クリント・イーストウッド)、そしてトレーナーの友人で元ボクサーの"スクラップアイアン"(モーガン・フリーマン)を軸に、女性ボクサーの栄光と挫折、そしてあまりにも壮絶な運命を描いた物語。
ミリオンダラー・ベイビー

早起きがたたって、導入部でウトウトしてしまったけど、ファイトシーンからは完全覚醒。前半、『ファイトクラブ』並のスピード感と疾走感はかなり爽快。軽いユーモアと、マギーのサクセスは観てて素直に気持ちイイ。
が、後半からラストに向かってストーリーは急展開。前半のテンポのよさが、逆にボディブローのように重くのしかかってくる。頂点を目前にしながら、いたずらな運命がマギーを奈落の底へ突き落とし、マギーとフランキーに突き付けられる無情な現実と究極の選択。ギリギリのところで問われる、絆の深さと生命の重さ。人間にとって普遍的なテーマがストレートに描き出され、それが本能的、直接的に心を揺さぶる。
スクラップはフランキーに、自分を責めることはないと言った。マギーに悔いはなかったはずだ、と。その言葉がフランキーの迷いを消して、引き金を引かせたっていう皮肉な運命も痛い。

なんか観てて不思議な感覚に 支配された。どこがどう面白かった、とかじゃなくて、映画全体からズシリと圧力がかかってるような感じ。栄光と挫折、命の価値、ってあたりのテーマは特に目新しくもないのに、こんだけ胸に響くってのは、細かいエピソードがうまく効いてるのと、役者たちの演技がよかったからかも。

とにかく、かなり余韻の残る映画だったなー。泣きこそしなかったけど、ラストは目が離せなく、かなり目頭熱くなった。見終わっても胸がいっぱいでしばらく立ち上がれなかったし。DVD出たらもっかい観てしまいそうな、期待どおりのイイ作品。オススメですわ。
[PR]
by april_foop | 2005-05-29 00:00 | 映像
<< 感想/とげ(単行本) 作文お受験 >>