TSUTAYA DISCASでコメディ映画でも観てみた
TSUTAYA DISCASをはじめてみた。いわゆる宅配レンタルってやつ。すっかり映画漬けで旧作もじゃんじゃん観た今日この頃につき、メリットあるんじゃないかなーと思ってね。今のところ使い勝手はまあまあいい。配達も返却もスムーズだし、店舗に行かなくていいというのは何よりだ。価格は1980円/月に8枚まで。フル活用すれば店舗で借りるのとあまり変わらないかな。8枚消化するのは時間的にけっこう負担だけど、この下のプランはやや割高な気がするから、しばらくこのペースでやってみます。デメリットはやっぱりマイナータイトルの在庫が少ないとこかな。観たくてもずーっと貸し出し中だったり、そもそもストックになかったり。まあ観たい映画は腐るほどあるから、気長に待てばいいんだけどね。

d0055469_22352292.jpgてわけで、ひとりコメディ祭を開催。フリークの間じゃ避けては通れないらしい(?)3本を。

まずは『俺フィギュ』の流れで『タラデガ・ナイト オーバルの狼』。ウィル・フェレルはやっぱオモロイなー。今作ではオバカレーサーを演じてます。無駄なシーンもけっこうあるから、120分もなくていいけど、笑えるところはかなり笑えるよ。燃えてゴロゴロはサイコー! 食事前のお祈りの酷さもかなり笑えたし。あと恐怖心を克服する訓練のくだらなさは、『ナチョ・リブレ』と共通してましたな。

d0055469_22353242.jpg『スクール・オブ・ロック』はコメディっていうよりは、ヒューマンとか青春ドラマよりなんだね。子供たちのキャラがもう少し描かれてたら大傑作にっていたような気がするけど、悪いところのない良心的な映画ですわ。がんばる子供たちには敵いませんもの。ジャック・ブラックもおもしろいというよりは、イカした兄貴風で、もっと馬鹿笑い系なのかと思ってたら、やたら気持ちいい映画でした。

d0055469_22354414.jpg最後はまたまた『俺フィギュ』俳優ジョン・ヘダーの『バス男』。すげー稲中的だなー。まずアフロ×サングラスというジャパニーズマフィア風のルックスが反則。これにTシャツをパンツインてズルじゃん、完全に! ジョン・ヘダーの動きがいちいち不格好で、走るのも立ち去るのも可笑しすぎ! なのにダンスが上手いなんて! ユル系なので、爆笑とは違ったけど、これまた楽しめました。

アメリカ製コメディはウケない、みたいな話で劇場公開なしのDVDスルーが多いようだけど、面白いやつは面白いじゃんね。これからも笑わしてくんさい!
[PR]
by april_foop | 2008-02-24 00:00 | 映像
<< 美食百花dish48 エチオピ... 感想/裸足のギボン(試写) >>