感想/セレンディピティ 〜恋人たちのニューヨーク〜(DVD)
d0055469_1017619.jpgこれもセレンディピティ。『セレンディピティ 〜恋人たちのニューヨーク〜』DVD鑑賞。数年前に偶然に出逢ったジョナサンとサラ。互いに特別なものを感じながらも、運命が味方するならばきっと再会できると信じて別れる。しかしその日は来ないままそれぞれの結婚が近づいていた。今も心のどこかでお互いを忘れていない2人は、運命を手繰り寄せるべく動き始める。

昨日の茂木さんの本とリンクさせまして。「セレンディピティ」に個人的に注目しているので鑑賞。評判もそこそこいいようだったんだけど、うーん、どうってことなかったわ。フツーにすれ違い系ロマンスで、まあご都合主義な展開の雨あられ。キーアイテムが最初から教えられてるうえに、その後も頻出しまくるもんだから、なんの意外性もなかったなぁ。

それ以上にヒーロー&ヒロインに全然魅力なし。そもそもの一目惚れちっくなところはまあ良しとするよ。そんなこともあるかもしれないだろうよ。けど、オレならまったく興味もちません、この2人に。男はなんだか調子いいばかりで、頼り無さげだし、女も何考えてるんだかよくわからないし。この辺はもうちっと魅力的に膨らませてほしかった。わざわざフィアンセ捨ててまで探すところに共感できなかったからなー。役者はいいのに。

あと欲をいえば、もう少し笑わせてほしかったわ。ちょこっとだけそれっぽいシーンあるけど、まったく笑えず。「セレンディピティ」の考え方としては、まあ偶然の幸運と思えばそれでいいんだろうけど、もうちょっとね、ひらめき的な部分がほしかったのよねー。
[PR]
by april_foop | 2008-03-03 00:00 | 映像
<< ドラマ中継2008年1月クール... 感想/ひらめき脳(新書) >>