2007 Most Valuable Cinema 10
今年公開した映画の中から、最も心に残った10作品を発表!で2007年を締めくくり。
(鑑賞数/外国映画131作品、日本映画70作品)

#10/アフター・ウェディングある愛の風景
スサンネ・ビア監督と出会えた歓びを込めて、2本セット(+『しあわせな孤独』)で。人間の抱えるさまざまな淋しさを切り取りつつ、でも救いがあって、今年の"ネクラ受け大賞"。

#9/フリーダム・ライターズ
青春×熱血=明らかにツボ。ベタなんだけど、ペンとノートってのがまたいいじゃない。誰もがヒーローの"the most 事実は小説より奇なり"。

#8/厨房で逢いましょう
毒っ気のあるユーモアに魅せられた1品。キッチュとしかいいようなく、一部の人だけ喜ぶ絶妙な味わいをくれた"隠れ三ツ星リストランテ"。

#7/俺たちフィギュアスケーター
今年最も笑った、滑る"すべらない映画"。くだらなすぎて涙が出るよ。初笑いにもぴったりの現在公開中。

#6/ラブソングができるまで
"ロマンティックが止まらない"部門第1位。ドリューのキュートさが最高! 『ホリデイ』より断然上!!

#5/ボビー
映画として以上にボビーという人物に大感動。人生観、正義観すら変えてくれる本年度"座右の銘画"第1位。

#4/4分間のピアニスト
天才ジェニーの格好よさったらないぜ! 音楽もスーパークール。ラスト4分間の戦慄は今年の"ベストシークエンス"!

#3/世界最速のインディアン
"青春 of the year"はなんとぼやきジジイ! さわやかな涙がキラリの万人が感動できる好編。

#2/再会の街で
"一番泣いた映画"。喪失と喪失感の物語に、深く深く想いを寄せることができた。絶望や失望の中に一筋の希望があって、とても勇気づけられる。さあ、今すぐ劇場へ!

#1/バベル
人と人は確かに繋がっているという人間社会の本質を、逆説的ながらも鋭く、力強く、痛切なまでにメッセージ。想像力を要求されることは確かだけれど、"今、世界にもっとも必要な1本"。圧倒的!

d0055469_1215597.jpgなんだかマイナー志向なラインナップ? 残念ながら邦画は外れ年。いい作品もあったけど。共感、反感、その他ありましたら、じゃんじゃんお寄せくださいませ。来年も素敵な映画に巡りあえることを楽しみにしてます(もうすでに何本か出逢ってる)。

※去年の10本→2006 TOP10 CINEMA

さて、今年はブログ名も変更した当サイト『EDITOREAL』。多くの人にご高覧いただき、多謝でございます。来年も"1min.で読める"をモットーに映画やらなんやら、ちまちませこせこ書き連ねたいと思いますので、どうぞよろしく!
[PR]
by april_foop | 2007-12-31 00:00 | 映像
<< EQ_vol.05 人はみなそ... april_cools07-0... >>