感想/団塊ボーイズ(試写)
d0055469_2163868.jpgうーん、オジサマ向けかなー。『団塊ボーイズ』2月9日公開。郊外在住のオジさんたちは、それぞれに生活にストレスを抱えつつ、週末はハーレーを軽く転がす日々。その中の1人が自己破産を機に、愛するハーレーによる『イージー・ライダー』ばりのツーリングを提案。かくして冴えないオッサンたちの旅が始まった。
団塊ボーイズ

『世界最速のインディアン』ばりに熱いのを期待してったんだけど、毛色がだいぶ違ったなー。そりゃよくよく考えたらあんなハイパーな爺さん、そうそういるわけないもんね。てことでこちらに登場するメイン4人は、いわゆるメタボなおっさんたち。子供には疎ましがられて、妻にはケツ叩かれてっていう連中だけに、なにをやってもパっとしないわけ。おまけにストーリーもオヤジギャグみたいな展開のドタバタ・コメディ。素直に笑うというわけにもいかなかったってのが正直なところ。

全体的に体当たり感がありすぎて、うまく世界観に入り込めず。ドタバタの中でなんとか奮起してがんばるオジサマたちを応援したくはなるけど、一線引いて見ておりました。とかいってもオレもあと10年もすれば、そんな引いて見てられないのだろうか。体は動かず、気持ちも前に出ない、みたいな。それでも、あがいてもがいていられるんだろうか。ちょっと不安もありつつ。

なんか変な侘しさを感じてしまった団塊ジュニア世代。要するに笑いの趣味が合いませんでした、ってことです。『団塊ボーイズ』って感じね。
[PR]
by april_foop | 2008-01-06 00:00 | 映像
<< 感想/ミスター・ロンリー(試写) 感想/君のためなら千回でも(試写) >>