感想/Sweet Rain 死神の精度(試写)
d0055469_23113039.jpg原作がよさそうなのはよくわかった。『Sweet Rain 死神の精度』3月22日公開。死神の千葉は、突発的な死を迎える者の最期の7日間を観察する。死に値する者は「実行」。しかしまだ死ぬべきではないと判断したものには「見送り」を処す。今日、千葉が観察するのは、1985年、27歳、苦情処理係のOLだった。
Sweet Rain 死神の精度

んーー、いい話なんだと思うよ。おもしろい話なんだと思うよ。だけど全然足りないんだよなー。千葉のキャラ付けに設定以上の魅力がないし、登場人物が少ないのにそれぞれに緻密さが足りないので感情移入しづらい。特に、本筋とは関係ないところの小道具がものすごく効いていないのが致命的! なんだよあのロボット!! ミュージックも連呼するだけじゃん!!! 扱ってる「死」というテーマへのアプローチはすごく深いのに、それを映像で表現し切れていなかったなー。やけにチープ。

と、不満はあるものの、きっと原作(未読)はおもしろいんだろうなー(まあベストセラーだしね)、と感じさせるだけのものはあり。なぜってラストを締めてくれる富司純子さんがとにかく絶品だから。多分、意図的に作ったと思われるヘアスタイルとあわせてとても美しかったです。最後だけは気分よかった。

いい話だけに惜しまれる一作。もっともっと良くできた素材なのでは?という残念な気持ちが残るわ。ワーナー、邦画製作の予算をケチってるんじゃないか? ちなみに主題歌はなんとコニタンが担当。あの透明ボイスが染みます。
[PR]
by april_foop | 2008-02-09 00:00 | 映像
<< 美食百花dish47 通いたく... 感想/スルース(試写) >>