マラソン、それはかくも奥深き競技
d0055469_054096.jpg野口みずき圧勝で終わった東京国際女子より1時間早くスタートしてました。埼玉県の戸田にある道満グリーンパークにて。秋晴れの気持ちのいい陽気の中、先月に続いてのハーフマラソンエントリーであります!
戸田マラソン in 彩湖2007

なんせ先月の惨敗以降、トレーニングしたのは2日だけ。あの悪夢がまだまだ生々しいし、これはまともに走れるはずないなーと思って、けっこうびびりつつ。申し込んだ夏には、快調に調子をあげているはずだったんだけどね。気温もやや高め。ああ不安で仕方ない!

スタートしても恐る恐るの前回同様10km/hペース。10kmを57分ちょっとで通過。前回同様もう少し行けるかも? と思っては、いやいやそんな楽観して前回みたくいつ突然つぶれるかわからんぞ、と守りに守ったイーブンペースをキープ。すると15kmで1時間26分くらい。あと6kmを34分で走れば2時間切れるのかーと思ったところで、ままよとペースアップ。足に疲労は蓄積してるけど行けないことはないはず! とがんばるオレ。

一緒に走った先を行く先輩もまた励みになる存在。折り返しですれ違うたびに差を広げられてたのは情けない限りだけれど、それでも少しでも差を詰めようという意志も働いたし、なんか近くにいた女子には負けねーぞ、みたいな即席のモチベーションも働いたし、なにより2時間はやっぱ切りたかったんですよ。なんだかんだでね。てことでフィニッシュタイムは手元の時計で1時間59分ちょっと。無事に目標達成! 結果的にはもう少し余力あったけれど、このエネルギー残量の見極めがまっこと難しいぜ! 単に攻める勇気が乏しいだけともいえるのだけど。

しっかし、この1カ月まともに走れてないわけで、地力自体がアップしてるはずもなく、なんで前回と8分近くタイムが違うんだろーなーと思うわけ。確かに前回のように前日バスケ+夜更かしはしていないけど、それだけのことなのか。気温の影響? ユニクロ・BODY TECHのロングタイツによる足の疲労軽減効果があった? 朝食の問題? 腕振りちょっと変えてみたから? 仮説はたてれど検証のしようもなく、経験値として一応覚えておくしかないのだよね。競技自体はシンプルなくせに、まったく奥深いやつだぜ、マラソン!

ということで人生5度目のハーフマラソン(けっこう出場したなー)は、秋空のように清々しく完走。やっぱりキツイものはキツイんだけど、この達成感、充実感はちょっとやみつきですわ。次は最終調整として1月にハーフマラソン出場を検討中。そういえば宣言してませんでしたが、来年の東京マラソン出走が決定しました! 本番までいよいよ91days。そろそろ本気トレーニングしなくては!! 待ってろ都庁to有明!

公式記録/2:01:01(グロスタイム) 523/813人
[PR]
by april_foop | 2007-11-18 00:00 | 体育
<< 完走/走ることについて語るとき... 感想/その名にちなんで(試写) >>