感想/銀色のシーズン(試写)
d0055469_17563525.jpg雪山熱上昇は約束できます。『銀色のシーズン』1月12日公開。桃山町のゲレンデの何でも屋、銀、佑治、次郎の3人。コース外滑走はもちろん、詐欺まがいの悪さまでやりたい放題の3人に目を瞑る町の面々。そんなある日、町おこしの一環として企画した雪上結婚式の記念すべき第一号花嫁がやってきた。スキーのできない彼女のコーチをひょんなことから銀がやることになり…。
映画「銀色のシーズン」オフィシャルサイト2008年1月12日(土)全国ロードショー

まあ作りは浅いですけど、エンタメ作品と割り切ればこれでいいんだろね。別にキャラ造形に新しさはないし、ストーリーは思わせぶりなわりに意外性とかも特にはなし。リアリティもあるとは言い難いかなー。でもテンポはいいし、スキーシーン、笑い、恋愛といった見せ場要素が万遍なく盛り込まれてるから、なんか古くささはあるものの、ぼんやり観てる分にはそれなりに楽しめるんじゃないかしら。

オープニングは雪山のイメージ映像のごとく非常に爽快かつ迫力あったし(皮肉にも同じ雪山舞台の『ミッドナイトイーグル』より!)ね。雪山景色は、ボーダー心をくすぐってくれますよ。あー早く滑りに行きたいなー。ちなみに瑛太君たちはスキー初心者だったけど合宿してがんばったそうです。去年の撮影で雪不足に相当悩まされたらしいけど、とはいえ山頂の撮影は寒くてキツかったとか。

軽い気持ちでエンタメ映画。オレ的には趣味じゃないけど、たまにはいいんじゃないでしょーか。
[PR]
by april_foop | 2007-11-30 00:00 | 映像
<< EQ_vol.04 ビジネスを... 感想/はじらい(試写) >>