感想/ぜんぶ、フィデルのせい(試写)
d0055469_051547.jpgふくれっつら萌え〜。『ぜんぶ、フィデルのせい』1月19日公開。あたしアンナ、9歳。名門のカトリック学校に通ってて、パパは弁護士、ママは編集者なの。大好きなお手伝いさんフィロメナと一緒に、お庭付きのおうちに暮らしてたんだ。なのに、パパがキョーサン主義にめざめて小さなアパートにおひっこししたの。よくわからないおじさんたちがたくさんいるし、ママもなんだかおかしいし、ねえ、一体どうなっちゃってるの、フィロメナ? え、フィデル・カストロって人が悪いの??
:::ぜんぶ、フィデルのせい:::

子供目線で大人の事情とか立場みたいなのをちょっとシニカルに切って撮ったお話ですねー。って大人はともかくおいといて、イチにもニにも、主人公アンナ役のニナちゃんが愛くるしすぎよ! 役柄上、終始不機嫌顔なんだけど、ぱっちりオメメときりっとマユゲのなんたる美形! あまりに顔立ちが整い過ぎてて将来が不安になるくらいだよ。フランスの成海璃子だよ。

お話は、どんな理屈にも表と裏の側面てものがあって、どっちの立場につくかで主張も変わってしまうもの。それを悪いこととするのではなく、人って変わるものだから、自分でよく考えて判断しなくちゃだめですよ、っていう感じ。大人たちは、アンナに向かってわかりやすく説明したり、都合良く押し付けたり、調子良く主張を変えたり。特段アイロニカルというわけじゃなく、世の中ってこういうもんだよね、くらいに捉えてます。政治色も別に強くないし、入りやすいことは入りやすい。加えて、女性の自立みたいな要素も突っ込んであるね。

ただ、そんなふうにあっちこっちに話がとんでしまって、着地点がどこなのか少しわかりづらかったかな。最終的にはアンナが大人たちに振り回されながらも自分の考えを少しずつ持てるようになって、大人の階段登り始めるってことで、少女の成長物語としても成立してるし、大人の都合というものを見直すという意味でもなかなか面白かったかな、うん。

とりあえず、アンナもニナちゃんも、素敵な大人になってね★
[PR]
by april_foop | 2007-12-09 00:00 | 映像
<< 美食百花dish43 新感覚チ... 感想/ヒトラーの贋札(試写) >>