マラソン、それは過酷な競技
d0055469_22121198.jpg天高く馬肥ゆる秋、って感じの晴天の中、走ってきましたよハーフマラソン。「第36回タートルマラソン」でございます。
社団法人 日本タートル協会

3年連続3回目のエントリーとなる今回。「東京マラソン」以来8カ月ぶりの長距離レースだけど、ハーフマラソン出場は4回目だし、一応この2カ月くらいは週1ペースで走っていたから、まあ大丈夫だろうなんつって油断してたんだよねー。しかしやっぱ甘くねーよ、マラソン! 

21kmって長いんだよねー。前半は6分/kmくらいのイーブンペースを保って、調子悪くないかなと勘違いして、折り返してからややペースアップ。15〜16kmを1時間30分弱で回ってまずまずの調子だったのですよ。が、そっから突然の大失速! 急激に足が前に出なくなったかと思えばウォーキングに毛が生えた程度のスピードしか出ず、今にも歩いてしまいそうに。でも、さすがにそれだけは避けねば!とギリギリのところで踏ん張って、長い長いラスト5kmを乗り越えてよ〜〜やくフィニッシュ。しんどい、しんどすぎるぞ!! 人生3番目の辛さ(1位:東京マラソン、2位初めてのハーフマラソン)。

フィニッシュタイムは手元の時計で2時間7分前後。半分で限界じゃ42kmなんて思いやられるよ。東京マラソンまではあと119days。恐ろしい。心から恐ろしい。。とりあえず来月もハーフマラソンにエントリしてるので、なんとか2時間切れるよう精進したいと思います。

<10月28日追記>
正式タイム02:07:18(ネットタイム) 2257/3577人
[PR]
by april_foop | 2007-10-21 00:00 | 体育
<< ドラマ中継2007年10月クール 感想/ミッドナイトイーグル(試写) >>