感想/全然大丈夫(試写)
d0055469_0493915.jpgそこそこOKのヌル系。『全然大丈夫』1月26日公開。古本屋の息子・照男。好物・恐いもの。趣味・怖がらせること。友人・久信の上から発言に腹立てて、ついでにブッ立てた夢は、世界最恐お化け屋敷を作ること。2人の前に現れたのはスーパー不器用女・あかり。知らぬ間に灯った恋の灯り。さて3人はどこへ行く? 奈良に行く?
全然大丈夫

平たくいってしまえばユルいよ。ユルユル。今時のユル系。あまりにキワキワで笑うに笑えなくて前半はイラっとしてたけど、そんなふうに眉間にシワ寄せてたのも、段々どうでもよくなってくるんだよね。ふわふわと流れるハワイアンに乗せられてさ。オレ、なにいちいち突っ込んでんだよ。このくらい許せなくってどうするんだよ。てな具合にさ。この映画は多分、ユル系笑いを提供するっつーよりは、ちっとも笑えないユルさをいつの間にか許させてしまう、そんな感じなのよ。途中で寝ちゃっても多分オーケー。

d0055469_8563277.jpg荒川良々(ナニ? まだ33歳!?)じゃないとできそうもない、このいわゆるキモカワ人間。と思ったらこれ当て書きでしたか。納得。周りの役者もちょうどいいヌルさ。岡田君も木村佳乃もよかったと思うし、蟹江さんのウクレレ、すごい好きでした。三木聡組とは似て非なる感じで、くだらないけどこんなのもまあいっか、って気分。写真は、劇中にも出てくる小物です。THEキモカワ。

多分、ごく限られた人にしか喜ばれないであろうヌル系ムービー。別段好みではないけれど、まあそれでも大丈夫。て感じです。あうー。
[PR]
by april_foop | 2007-12-17 00:00 | 映像
<< 感想/スウィーニー・トッド フ... 感想/マリア・カラス 最後の恋... >>