感想/ヴィットリオ広場のオーケストラ(試写)
d0055469_15561131.jpg実録・多国籍のだめ。『ヴィットリオ広場のオーケストラ』11月3日公開。ローマの近く、ヴィットリオ広場近郊は60以上の地域からの移住者が暮らす移民街。移民排斥運動なんかもあったりして、やや混乱気味。そこでこの街を守るべく誕生した「アポロ11」のマリオは、移民ミュージシャンを集めて無国籍オーケストラを作ろうと奔走する。なドキュメンタリ、なり。
映画『ヴィットリオ広場のオーケストラ』公式サイト

企画が持ち上がってから、初公演までの数年を季節単位で切っていて、まずはどこそこの誰それ、みたいな感じで口コミでメンバー集め。その時点でけっこう難航してるらしいんだけど、あっさりナレーションで通り過ぎてるので苦戦してる感じがあんま伝わんないの。そもそもミュージシャンたどっていけばけっこうすぐ見つかりそうな気がしてしまうんだけど、そんな簡単じゃないんだよね。

途中はもちろん仲間内のトラブルなんかもあったりするんだけど、これまたあっさりさっぱりスルー。いまいち誰も苦悩してる風じゃないので、大した問題でもなかったのかしら?という感じ。お金に困ってるムードも全然しなかったし。なので、最終的にオケ結成の歓びとかもあんまし伝わってこなかったんですが…。

とはいえ、チュニジア、イタリア、キューバ、アメリカ、エクアドル、アルゼンチン、セネガル、ハンガリー、ルーマニアなどなど本当に多国籍と多様な楽器が集まった初公演はやっぱ楽しそう。ラスト10分だけ心うきうき、って感じのドキュメンタリでした。ただ、街に大量にいるらしい中国人移民の参加者がゼロってところがなんだか哀しかったのです。
[PR]
by april_foop | 2007-10-11 00:00 | 映像
<< 感想/ロンリーハート(試写) 美食百花 dish39 使い勝... >>