感想/カンナさん大成功です!(試写)
d0055469_0583231.jpgうわー、コテコテやわー。『カンナさん大成功です!』12月15日公開。アイドル歌手のゴーストボーカルを務めるカンナ。歌唱力は一流だけどデブで不細工なのが悩み。プロデューサーのサンジュンへの片想いに破れ、一念発起して全身整形! 超スリム美人に生まれ変わったカンナは、プロフィールを偽りジェニーとしてキムの眼に止まり、スターダムを駆け上がる。
12月15日公開『カンナさん大成功です!』公式サイト

スーパーコテコテの韓流ロマコメ。どうしても笑いの趣味があわなくてコメ部分でちっとも笑えなかったわ。あらゆる要素があまりにもベタすぎて、ハイ、ここで笑わせますよー、と構えさせておいて予想通りのオチがずどん。原作コミックがどんなもんか知らないけどオレ的には完全に凍傷みたいな気分。でも隣に座っていたご婦人は大いに楽しんでいたようだけれど。

終盤のロマモード、すなわち外見じゃなくて中身であり自分自身を認めるというテーマ、それらも予定調和すぎやしないかと映りつつ。でも韓国じゃ大ヒットだってんだからわからないもんです。確かにキム・アジュンちゃんは可愛かったし、チュ・ジンモもかっこいいとは思うけれど(『うつせみ』に出てたとは)、全体的に野暮ったい気がするんだよなー。同じ整形モチーフなら『絶対の愛』のが断然好みなことは確かです。比べる映画じゃないけど。

コンプレックスを抱える女の子の恋と幸せってことで、完璧女子向け映画。韓国映画低調の昨今、日本の原作ものがどのくらい受け入れられるのか? 注目してみましょう。
[PR]
by april_foop | 2007-11-07 00:00 | 映像
<< 感想/ベティ・ペイジ(試写) 感想/Little DJ〜小さ... >>