感想/恋空(試写、単行本)
d0055469_23485919.jpgオッサン(=オレ)には理解不能。『恋空』11月3日公開。美嘉、高校一年。別のクラスのヒロと出会い、やがて付き合うことに。しかし2人を待っていたのはさまざまな困難だった。
〜 恋 空 〜

ごぞんじ伝説的ケータイ小説の映画化ということで、まあ原作エピソードのハイライトをなぞったなーという作り。キャラクターは掘り下げられず、なんだかよくわからんまま矢継ぎ早にシーンが通り過ぎて言ってああそうですかー、みたいな。実話がベースにあるからストーリーにケチつける気はないとはいえ、80年台後期〜90年台初頭メロドラマ風の展開になんとも微妙な気分。純愛は純愛なんだろうけど。

高校生の話だから、起こりうる出来事としてはこんなもんなんだろうけど、感情表現とかがあまりにもペラペラ。切なさや痛みを、もっと真に迫って表現する方法がほかにあったような? それがリアルといえばリアルなのだろうけど、第三者の感情を動かしうるものには思えませんでした。それにしてもガッキーはとことん守られてんなー!(本編観ればわかる)って内容と関係ないところが気になったり。

d0055469_932183.jpgd0055469_933042.jpg原作はスウェーデン行ったときに読了。往復20時間でやっとこ読み終わったくらいつまらなくて。別にケータイ小説を否定するつもりは毛頭なく、新しいツールとしてどんどん展開していけばいいと思うんだけど(DSでもPSPでもiPodでも読書していいじゃないか)、今、世に出ているものはあまりにも文学的価値がなさすぎるわ。インスタントというかなんというか。この本にしてもそうで、ただ出来事と刹那的な気持ちの羅列にしか見えず、日記としか思えない。まったく知らない他人の日記を読んで楽しむ趣味はありませぬ。

それでもティーンたちにはこれが響くというのだから驚き!(高校生カップルが『恋空』観た〜い、というのを聞いた)  一体どんな活字・映像体験してきたらこれを受け入れられんのか? それなりの教養ある大人には、まったく理解不能な世界だと思いました。
[PR]
by april_foop | 2007-10-03 00:00 | 映像
<< 感想/4分間のピアニスト(試写×2) 感想/自虐の詩(試写&コミック) >>