感想/やじきた道中 てれすこ(試写)
d0055469_10591265.jpg年長者向けなのかなー。『やじきた道中 てれすこ』11月10日公開。幼なじみの弥次さん喜多さんが、落ち目の花魁、お喜乃の足抜けを手伝うことに。お喜乃の実家のある沼津へ3人の珍道中のはじまりはじまり〜!
やじきた道中 てれすこ

「てれすこ」をはじめとした落語ネタを散りばめた人情劇。んー、なんにも悪いところはないと思うんだけど単純に面白くはなかったな。人情とかちょっとした機微とかを描いているんだけど、心を動かすほどの物はなく。勘三郎&柄本さんに言うことあるはずもなく、キョンキョンもいつも通りおきゃんな感じだったのだけど。

時代劇を時代劇として撮ってて、そもそもが多分、年配の方向けだと思うんだよなー。『水戸黄門』的な。もちろん今の時代を意識はしているんだろうけど、笑いのテイストも普遍的なうっかり系、話の流れもステレオタイプな感じ。残念ながらオレの琴線に触れるモノは皆無でした。

キャストや時代劇のファンが、その鉄板な感じを安心して楽しんでくださいね、ってとこでしょーな。
[PR]
by april_foop | 2007-10-06 00:00 | 映像
<< 感想/ボーン・アルティメイタム... 企画倒れなのか!? YOSHI... >>