感想/オフサイド・ガールズ(試写)
d0055469_0561456.jpg異色のサッカームービー! 『オフサイド・ガールズ』9月1日公開。イランでサッカーは国民的スポーツ。でありながら女性は男子の試合をスタジアム観戦することが法律で禁じられている。しかしどうしても現地観戦したい女性たちが、男装によるスタジアム潜入を敢行! ガールズたちのオフサイドにフラッグは!?
|オフサイド・ガールズ|

実際に2005年のW杯アジア予選の対バーレーン戦@アザディ・スタジアムで撮影を敢行してるから、ドキュメンタリーちっくな展開。スタジアムの外のドラマなのに、スクリーンのこちら側まで試合の熱気ムンムン。電波少年的ともいえるかなー。とにかく女子たちと警備の兵士たちのトンチンカンな会話で笑わせるのがメイン。ヘリクツと問題のすり替えと取引で説得にかかるガールズ、説明とキレと拒絶で対応する兵士。このリアル会話劇がおかしみを生んでます。

でも、そこにあるのは根本的なギモン。「なんで女子はダメなんだ!」というシンプルかつ究極的な問い。これはもうイランの宗教観と文化の問題であって、理屈じゃないからどうしようもないけど、男女平等を謳う現代国家の我々からしたらひどく不自由でしょーがないよね。男子のオレでも同情するわ。

プラス徴兵だったり、サッカーへの情熱だったり、死者への哀悼だったり、いろんなエッセンスも加わってて、ちょっとほんのりあったか映画。想像してたのはもっとオバカ映画だったけど、コメディの裏には意外に真摯な態度がよく見える。話に大きなサイドチェンジもなく最後はしりすぼんだ感じもするけど、イランの一端を知ることもできたし楽しめましたです。
[PR]
by april_foop | 2007-08-03 00:00 | 映像
<< 打ち上げ花火、真下から見よう 感想/プラネット・テラー in... >>