アオイモリ・トラベル(2)
d0055469_1291743.gif続いてご紹介するのは同じく青森にある「国際芸術センター青森」。これは今回初めて知った施設。青森駅からクルマで30分、森の中でアート好きを待ってます。
国際芸術センター青森・ACAC

ここんち安藤忠雄が設計を担当。「見えない建築」と呼ばれる世界、そのココロはすなわち自然との共存。地形を生かし、なるべく木を切らずに設計した結果、山・森に溶け込み、調和して"見えない"建築となるそうだ。実際に建物の高さは木の高さより低かったり、色もグレーで周囲から浮かないし、棟の向きや高さが不均一なのもまさに自然との共存をめざした結果。長年この森とともにあったかのような一体感があってサスガっす。

このセンターの一番のポイントは、アーティストを招聘しこの地に滞在させ、そしてその場で創作活動をしてもらう「アーティスト イン レジデンス」。春と秋の2回、ここで生まれた作品の展示をメインにしてます。青森の大自然からインスピレーションを得て生まれる作品を、市民に公開することでアーティストと一般人の交流、そして青森アート文化の形成を担うと、そんなあんばい。宿泊棟、創作棟は、アーティスト用で一般人は基本的に入れません(ワークショップで入れる)。

今は「遊びの経路」というテーマの展示がはじまってて、いきなりプラレールを無数につなぎあわせた作品がメインステージに登場。発想の柔軟さと、コンセプトとのマッチングが素晴らしい! そもそも展示タイトルもすごくイイよね。右脳、刺激されるわ〜。この展示はまさに現在滞在中アーティストが創作中で、まだ未完成の現在進行形。そんな経過を見て行くのも楽しそうだわ。あ、ちなみに入場無料なんです! スバラシイ。

その他、森の中を散策しているといきなり登場するさまざまな作品群。これもまた感性豊かなアート。そしてなによりも、この地の緑がキレイなわけですよ。自然こそ最高のアート。で、それを生かしながら生み出される新たなアート。このハーモニー、ぜひ体感してほしーですな。

d0055469_1293514.gifd0055469_1295140.gifd0055469_1210113.gif
[PR]
by april_foop | 2007-06-30 00:00 | 旅情
<< アオイモリ・トラベル(3) アオイモリ・トラベル(1) >>