アオイモリ・トラベル(1)
d0055469_11551454.gif祝・青森初進出〜。お天気にも恵まれて非常によきところでした。まずは今ツアーの目玉・青森県立美術館。昨年「最後の県立美術館」という触れ込みでオープンしたことはご存じでしたかな?
青森県立美術館

三内丸山遺跡の隣の広大な敷地に出現したこの美術館。真っ白×スクエアなフォルムがカッチョイイ! 設計は青木淳氏。遺跡から着想を得て設計したそうな。かなり大きいから青森らしい雄大なスケール感あるし、シンプルさが際立って美しいね。目の前のシロツメクサとのコントラストも美やわ〜。シンプルなんだけど、凹凸の感じやハコの組み合わせがおもしろいの。そして木をモチーフにしたアイコン(夜はネオンが点灯)も愛らしい! まずはこの外観だけで心ウキウキ!!

中もまたホワイトキューブが不均等に連続していて、不思議な迷路感覚。自分がどこにいるのかちょっとわからなくなってしまうような空間が興味深い。地上は1Fだけで(2Fはオフィス)、展示はすべて地下に2フロア。やっぱり白ベースなんだけど、時に土壁みたいなものも出現して、これもまた遺跡モチーフなんだろうと推察されます。あ、もちろん「あおもり犬」にも出逢えますし、「アレコホール」にも圧倒されるねぇ。

加えて大注目はオリジナルフォント。館内の表記はすべて独自のフォントが採用されていて、なんと90°と45°の直線しか使われていない(唯一の例外は車イスマークで車輪に曲線が用いられてる)。これが劇的にカワイイ! 案内表記を見て楽しいなんてハジメテ!

その他、ライブラリー、カフェ、ミュージアムショップなど無料施設も充実。ワークショップやシアター、アトリエルームなんかもあって、かなり楽しいホワイトスペースになってます。地元密着を基本にして、子供たちをはじめとした近隣住民がアートに触れて、少しでも心豊かになってほしい、そんな願いが込められているそう。もちろん県外のお客さんだってウェルカム。

あちこち歩き回って本当に楽しい美術館! 一度は訪れておきたいアートスポットです。

d0055469_11553020.gifd0055469_11554143.gifd0055469_11555233.gif
[PR]
by april_foop | 2007-06-29 00:00 | 旅情
<< アオイモリ・トラベル(2) 感想/河童のクゥと夏休み(試写) >>