感想/インランド・エンパイア(試写)
d0055469_1332347.jpg迷宮入り必至の180分! 『インランド・エンパイア』7月21日公開。女優のニッキーは新作映画『暗い明日の空の上で』への出演が決まる。その映画は、かつて主演俳優が殺され未完のままであったポーランド映画『47』のリメイクだった。2つの国、現実と映画、そして謎の世界が交錯するリンチ的「内なる帝国」ワールド!
INLAND EMPIRE

ストーリー説明のしようもないくらい、途方も無く入り組んだ構成。てか筋と呼べそうなもんはないんじゃないかってくらい交錯倒錯シャフリングしまくり。なにかを読み取ろうと目を凝らすことがまるで無意味な気がしてくるわ。だけど、どっかで何かが繋がっている"ような感じ"だけはするんだよね。ズルイわー。難解とかいう次元じゃないね。だって「解」なんてないんだもの。平たく言ってしまえばイミフメイ!

180分ていう尺にかなり及び腰だったけど、意外とそこまでの長さを感じなかったのは、この映像世界に魅せられてたってことね。意味わかんないのに、なぜか目が離せない。そんな世界でございます。怖いもの見たさや、謎解き大好きさんはぜひチャレンジしてみてよ。わからなすぎてもう1回観たくなるから。

てことで自分なりに解釈すると、これはやっぱり誰かの精神世界なのかな、と。ニッキーの精神世界だと思っていたけど、冒頭の謎の引っ越しおばさんの作り話かもしれないし、ロストガールちゃんの死後の世界だったりもするかもしれない。あーダメだ、あと2回は観ないと多分しっくりと繋がらないよ。。

d0055469_1333232.jpgで、予習がわりの『マルホランド・ドライブ』は衝撃的な面白さ! 進んでるんだか進んでないんだかわからないシーンのいちいちから、まったく目が離せなく、そしてすべてを一気にひっくり返し、そして1つに紡いでしまうような究極的プロット。観終わった瞬間にもう一度観たくなるという、大傑作でした。

『インランド・エンパイア』も『マルホランド・ドライブ』の延長線上に位置してはいるものの、飛躍的に右脳度があがってます。なんにせよ、観て良かったかな。こんだけ意味不明だと、役者たちはどんな気分で演じてるんだろーなー?
[PR]
by april_foop | 2007-06-23 00:00 | 映像
<< 感想/片想い、サンタのおばさん... 感想/虚構 堀江と私とライブド... >>