感想/パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(劇場)
d0055469_23584169.jpg海賊たちが自由を謳歌する! 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』鑑賞@品川プリンスシネマ。海賊時代終焉の危機を前に、ジャック救出に向かうウィル&エリザベス他ご一行。彼らの冒険の行方は〜!?
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

楽しい一作目、おちゃらけた二作目を経て、思った以上に硬派に締めた三作目。行きつ戻りつ、ちょっと忘れてた部分もありつつ、変に笑いに走ることなくとも楽しかったわ。終盤のバトルは映像もアクションも見応えあって、前作でグダグダだったジャックも、またカッコよくなってたしね。エリザベスもますます逞しいですワ。

この意外に硬派な展開(そして敵味方入れ替わりまくり)でキッズたちが楽しめるのかどうかはよくわからないけど、自由を謳歌するパイレーツ魂はなんとなく伝わったし、超娯楽作でありながら、それなりの意義もあったのかもねー。さらに続編製作の可能性も微妙に残す終わり方だったけど、どうなんでしょ。

ただ、この手の作品で150分オーバーはきついわ。どうしても途中、集中力が切れちゃうんだば。120分に収めてほしいんだけど、少数意見かしら?
[PR]
by april_foop | 2007-06-10 00:00 | 映像
<< 感想/ドルフィンブルー フジ、... NBA FINALS 2007... >>