感想/ワルボロ(試写)
d0055469_9371514.jpg今さら不良物語なのか? 『ワルボロ』9月8日公開。中学生のコーちゃnは、優等生から不良に大変身。仲間6人でつるんで、ケンカやその他いろいろに明け暮れる。そんな日々の中、別の中学に鑑別所帰りの不良が現れ、そして卒業式の日、圧倒的不利な状況で決戦を迎える!
映画「ワルボロ」オフィシャルサイト

原作モノ(未読)で、思いっきり80年代不良ストーリー。誰一人中学生に見えないのはまあいいとして、やってることは懐かしい感じだわねぇ。短ラン、ぼんたん、リーゼント。なにかね、こういうところまで回顧主義がはびこっちゃってるのかしら? よくある青春モノで、ケンカして仲間割れしてっていう想像通りのことが起こる。あんまり硬派な感じはしないところが当時世代には響くかな?

一応、格好とか風景とか、なんとなく当時っぽい感じにはなってるけど、人物たちのしゃべりというかイントネーションというかがイマドキっぽいのがちと減点。あとはまあ、こういう話なんだろね、って感じで特になんもなし。駆け足な感じもあったからか、キャラの魅力不足が致命的。惜しいなー。

でも松田翔太はそこそこいい感じでった。ガッキーは出番少なし。
[PR]
by april_foop | 2007-08-08 00:00 | 映像
<< 感想/ミルコのひかり(試写) 感想/恋とスフレと娘とわたし(試写) >>