swedish trip_マルメ4
d0055469_22445854.gifスウェーデン最終日は今行程中最高の晴天。早く帰れと?
<6日目の行程>
「Turning Torso」>ヒュース城>市立図書館>おみやげ探索>コペンハーゲン空港>成田(6/1AM着)

駅からバスで15分、マルメの新興開発地域へ。シンボルはヨーロッパの住居建築で4番目に高いという「Turning Torso」へ(193m。スカンジナビアに限れば最も高い)。その名の通り捻れた胴体は、真下から見るとさらに面白い。そしてこの周りは高級住宅地として開発が進んでいるらしく、どこもかしこも工事中。ハイテクな感じの建築物ができつつあります。海も近くて緑も豊か。いい感じです。

駅まで戻ってスロット公園の横にあるヒュース城へ。1434年にできたというお城は、まあなんてことはないけれど歴史を思えば楽しいよね。牢獄として使用された歴史もあるとか。そしてスロット公園を横切るようにして市立図書館へ。これは1998年に建てられたとかで、旧図書館に隣接。ガラス張りで中もおしゃれ。イスや書棚もセンスありあり。こんなところで読書や勉強したら気持ちよかろうに。

こういうハイエンドが、古くからのレトロと共存できるのがこの国のいいところ。ゆとりがあるからか、それぞれが浮くこと無くそこにあれる。エリアごと、通りごとに表情があるってのがいいんだよね。日本だと1カ所にすべてを集めようとしてカオスっちゃってるから。5年後とかにまた来たら、きっと新しい物がたくさんできて、でも変わらない物があって、いっそう素敵な街になってるに違いない。

そんなこんなで幕を閉じたスウェーデン行脚。駆け足でしか回れなかったけれど、公用でないとなかなか来られなかっただろうから、かなり思い出深い時間となりました。初めてのヨーロッパだし海外経験も乏しいから、よそと比較できないけど、抜群に美しい国だったぜ! ガイド的に書けばもっといろいろあるけど、感じたこと中心に絞って書きました。でも十分長いけど。

最後に、今回の段取りをしてくれた先輩、現地で関係あることないこと聞いてもすべて丁寧に教えてくれた2人のコーディネーター、異国の取材に快く応じてくれた方々、カタコトの英語でコミュニケートしてくれた現地の人々、そして同行スタッフ、さらに今回少しでも関わったすべての人たちに、深く感謝。美しい国、スウェーデン。また行きたい!!

d0055469_22452334.gifd0055469_2245373.gifd0055469_22455297.gif
[PR]
by april_foop | 2007-05-31 00:00 | 旅情
<< 感想/サイドカーに犬(試写) swedish trip_マルメ3 >>