swedish trip_マルメ1
d0055469_18524837.gif初めてのヨーロッパは公用によるスウェーデン×5泊7日。直行便はないのでコペンハーゲン経由。フライトは12時間弱で、時差マイナス7時間(サマータイム中)。気温は曇りベースで小雨や晴れ間も。日中は15〜18℃くらいで、長袖+パーカーがあればOK(地元人はもっと薄着)。
<1日目の行程>
成田>コペンハーゲン>電車>マルメ>市街地

マルメはスウェーデン第3の都市。人工約27万人。コペンハーゲンから約30分。デンマークとスウェーデンを繋ぐのは、2000年に開通したオースレン橋。この橋ができたおかげで両国間の行き来がかなりスムーズになったみたい。その効果で近年マルメも変わりつつあるとか。デンマークよりも物価が安いため、デンマークからの移住者が増加。マルメ大学の創立による若者の進出などもあって、今世紀に入りいろいろと発展しているそう。造船などから、サービス業へと移行し、IT関係、さらにはデザイン関係が伸びてるらしい。市内はあちこちで地下鉄敷設工事の真っ最中。

でも! この街の魅力はなんたって水と緑と15~16世紀の面影を残した駅前の旧市街。マルメセントラルステーション付近は大広場の市庁舎や、石畳の路地など、古きよき街並みがそこかしこ。欧州の雰囲気だけで十二分にヤラれてるのに、こんな中世の雰囲気見せられたらたまらん! そして街中を運河が流れ、道々に公園があり緑あふれる。スーパー素敵タウンだな、マルメ!

第3の都市といっても、やっぱ小国の地方都市で、観光客もほとんどいない。そこがのんびりしてて穏やかでいいのよ。ひとまず駅から5分のメステル・ヨハンにチェックインして近所を散策。パっと見の印象は、とにかくテラス席が多い(ストーブ付きなので肌寒い日も平気)。日照時間が少ないから、少しでもたくさん太陽の下にいたいんだって。カーテンもあんまりしないんだそうだ。なるほどねぇ。

で、やっぱインパクトあるのは、21時回ってもまだまだ明るいってことね。この頃からようやく広場も賑わいを見せ始める具合。22時過ぎてやっとこ訪れる夕闇。感覚狂うわー、とか思いながらもいい加減くたびれたので就寝。まだまだ旅(じゃない、仕事!)は始まったばかり。

d0055469_18533347.gifd0055469_18535265.gifd0055469_1854789.gif
[PR]
by april_foop | 2007-05-26 00:00 | 旅情
<< swedish trip_マルメ2 うめかよみたよ >>